CBD リキッド

CBDは「きまる」?100種類以上のリキッドを試してきた結論!!

「お酒は二十歳から」ですが、実際のところ初めて飲んだのはいくつの時ですか?

もちろん小さな子どもの頃は誰もがお酒を飲む機会なんてなかったはずですが、問題なく毎日楽しく過ごせてましたよね。

でも日常にアルコールが加わったことで、友達ともっとざっくばらんに話せるようになったんじゃあないですか。

勇気がわいて思い切って告白したら、彼女ができたという方もいるはずです。

無くてもいいけどあったらもっとイキイキと毎日が送れる、そんなアイテムです。

CBDをぜひ取りいれていただきたいのも、同じ理由からです。

アルコールは過ぎると飲まれて大失敗につながることもあります。

違法とされてるTHCリキッドも似たような存在です。

でもCBDリキッドなら大丈夫です。

大量摂取したところで、大きな害となることはありません。

CBDリキッドもきまる」なんて情報もあったりしますが、誤解です。

遠ざけるのはモッタイナイですよ。

続きを読む

CBD リキッドは何回吸う?9年間吸い続けてる管理人のアドバイス

CBDについて調べてると、THCが入ってたらタイホされるとかアメリカで多くの方が亡くなったとか、物騒な情報を目にすること多いですよね。

そもそも日々の教育の成果でヘンプに対する嫌悪感たっぷりの日本人、CBDリキッドを使うことにしり込みしちゃってませんか。

モッタイナイですよ。

とりあえず、信頼できるサイトを見つけたら大丈夫です。

そのサイトから買ってる限りは、THCもビタミンEアセテートも入ってません。

タイホされるはずがない。

薬なんかよりもよっぽどテキトー、吸引回数とか一回に吸う量とか一日の頻度とかカッチリ決められてるわけではなくちょっとくらい過剰摂取しちゃったところで重篤な状態になることもないのです。

サプリメントを使用されてる方ならお分かりいただけるはず、薬よりも自由度高いですよね。

CBDリキッドもドンキホーテでサプリメントコーナーに置かれてます。

何回吸うか、まちがって吸う回数が多くなったらどうなるかと硬くならずおおらかな気持ちでお試しください。

とはいえ、目の前にCBDリキッドが置かれて「テキトーにやって」と言われても困ってしまうでしょう。

何回吸うかですが、「なんだか効果があるな」って程度まで吸ってください。

そして、「気持ちが悪い」のであれば回数を減らすと良いです。

続きを読む

CBD リキッドが吸えない?「見落としがちな原因」と対処法まとめ

あなたはCBDリキッドをどこで知りましたか。

まずはベイプリキッドから入り、同じ電子タバコつながりでCBDにといったパターンの方はけっこう多いはずです。

だからこそCBDイコールリキッドとなってるかもしれませんが、CBDってグミにオイル・ワックスといろいろありますよ。

特に女性の方は電子機器が苦手なのでは、のんびり一服するのにおすすめのCBDなのに毎度おっかなびっくり使ってるようだとストレスも溜まるばかりです。

もうすでに電子タバコを買っちゃいましたか。

CBDリキッドが吸えない場合の原因と対処法についての記事を書いてますので、よかったら参考にしてみてくださいね。

電気関係に強い男性にとってはとても考えられない初歩的なところでつまずいて、CBDリキッドが吸えないと困ってる女性はけっこう多いのです。

男性だって得意な方ばかりではないでしょう。

続きを読む

CBD リキッドの危険性は?持病がなければ基本的に安全

CBD リキッドの危険性について・持病がなければ用量を守っている限り安全

CBD リキッドは、世界中で使用者が増え続け市場も急拡大しています。

日本でも徐々に使用者は増え市場も広がりつつありますが、一般にはまだまだ浸透していません。

それどこから依存症や毒性などの危険性があるとイメージする人も多く、間違った知識が広がっている状況です。

CBDは、植物から抽出されるカンナビノイドと呼ばれる成分です。

現在100種類以上が確認されていますが、研究が進んでいるのはCBDを含めても数種類のみとまだまだこれからとなっています。

カンナビノイドには向精神作用、いわゆる気分をハイにさせるTHCと呼ばれる成分もあり、これが依存症などの危険性を指摘される理由になっています。

しかしTHCが含まれる製品というのは、日本では違法です。

法律に違反する成分ですから、国産のCBD リキッドには一切含まれていません。

国産の製品は国内で認められている成分のみを配合し製造されているので、依存性はありません。

逆に気分を高めてハイにさせるのではなく、落ち着かせる効果があると言われています。

一部には使用することによって目が覚める人もいますが、一般的には良質な睡眠に導いてくれるとされています。

使用後に興奮したといった報告もなく、気分が高揚して気持ち良くなったり、依存症となり手放せなくなるといったことはないので安心です。

CBD リキッドの危険性では、依存性とともに副作用も気になるかもしれません。

これまでの報告によると、CBD リキッドには重大な副作用はないとされています。

下痢や口の渇き、食欲の変化に強い眠気といった副作用は報告されていますが、どれも軽いもので重症化する恐れはありません。

ただし指定されている用量以上の使用をしてしまうと、重い副作用が発症してしまう可能性はありません。

具体的には用量を守らず大量に摂取した一部の患者では、肝臓の機能が悪化したとする報告があります。

現時点ではなぜ肝臓の機能が悪化した原因と、CBD リキッドの関係性は詳しくわかっていません。

しかしマウスによる実験では、大量投与した場合に肝臓の機能が悪化した実験結果が残されています。

ですから指定された用量を超える使い方をしたり、元々肝臓に持病を抱えている方は使用を避けるのが安全でしょう。

一部には重篤な副作用を引き起こす可能性はあるものの、用量を守っている限りは症状が重くなる可能性は極端に低いので、肝臓に持病がある方以外は心配する必要はありません。

続きを読む