CBD リキッド

CBDリキッドが「濁る」原因と対処法2つをご紹介!

CBDリキッドが濁るのは、液体とCBDが分離しているサインです。

CBDの結晶粉末・CBDクリスタルを、PG・プロピレングリコールやVG・植物性グリセリンに溶かしたものがCBDリキッドです。

PGもVGもネット通販で簡単に手に入れられるので、CBDリキッドは自作することも可能です。

自分で作るなら濃度は自由自在、ちょっとした手間でお値段も安くなるので自作リキッドを使っている方も少なくは無いでしょう。

高温多湿が敵のCBDリキッド、夏の暑さを避けるためにと冷蔵庫に入れている方は濁らせることも多いはずです。

メーカーごとにも濁りやすいものとそうでないのとあり、AZTECシリーズなどは濁りやすいといった口コミが多いです。

というか、すでに購入時にドロドロした粘性が強い液体となっているのです。

Koiシリーズの場合、香料の影響なのでしょうかPINKKoiだけが結晶化しやすいです。

BLUE Koi CBDリキッドを本音で評価&レビュー

テルペンの影響か、NatuR420withTERPENESもよく結晶化するという声が上がってきます。

もちろん濃度が濃いものの方が結晶化しやすい傾向にあります。

透明な水のような状態でしか見ていなかったら、CBDリキッドが濁ることで品質が変わってしまったのでは・使用したら危険なのではと不安を感じるかもしれません。

でも状態に変化が起きただけ、また元の状態に戻してやればいいのです。

続きを読む

CBD リキッドが「まずい」?7割は相性、3割は「摂取方法」が関係

CBDはサプリメント感覚で日々摂取すればいいのですが、もしも「まずい」と感じたら、続けることさえ苦痛ならば困りますよね。

煙なのにと思われるかもしれませんが、まずい・美味しいはあります。

CBDリキッドというのはCBDの成分を入れた液体状のもの、これを熱してその煙を味わうのですが、普通のリキッドと違ってCBD入りだと健康や精神面への良い効果も期待されています。

ただ基本的にCBD入りリキッドだと初めて摂取してまずいと感じてしまうケースは多いかも、独特の草っぽい香りがするのです。

だってその原材料はヘンプという草なのですから当然と言えば当然かもしれません。

甘い味付けをしたCBDグミなどは、初めてでも結構親しみやすいです。

CBDリキッドのヘンプ味・カンナビス味だって使って行く中で癖になることも、しっかり効果が得られているといった実感がわくのでしょうか。

メーカーごとの違いもあるので、いろいろと試してみるのも良いでしょう。

CBDリキッドは喉にツライ?むせる原因と対処法

続きを読む

CBDリキッドで「決まる」ことはない!ニコチンとは大きく異なる心地よさ

CBDリキッドで「決まる」?勘違いさせるようなブログに注意

タバコの健康被害が注目されるようになり、電子タバコの普及から加熱式タバコの普及、VAPEの普及により、以前よりもニコチンを摂取しない方が増加しています。

特にVAPEの場合は、ニコチンを一切含まないリキッドを使って吸うという方法が主流になり、デバイスによる違いはありますが、水蒸気としてそれなりの煙が出ることから本物のタバコを吸っていることと同じような感覚を得ることができます。

VAPE用のリキッドは各種メーカーからかなりの種類が販売されており、利用者は好みに合わせてリキッドを自由に選べる楽しさもあります。

一部の商品ではニコチンを含むリキッドはありますが、購入するお店やネット通販のサイトから確認することでニコチンの有無は正しく判断できます。

このリキッドは、進化を続けている段階でもあり、数多くの種類の中でも世界中で注目されるようになったものはCBDリキッドです。

麻から抽出をした成分が入れられているもので、人体に害を与えてしまうこともありません。

既に利用経験がある方であれば直ぐに分かりますが、CBDリキッドは高品質な商品を購入することが前提です。

生成する際に異物や良くない成分が入ってしまうと身体に何らかの悪影響を及ぼす可能性があるので、有名なブランド品から選べばこの問題は無くなります。

ヘンプから抽出した成分というだけで、イメージ的には吸った際にハイになったり、決まる決まるという現象や、幻覚に近い状態になるのではと考える方が多いのですが、実際には成分の質が良く、濃度が高めであっても決まるということは無いと判断をしても間違いではありません。

タバコを長年にわたって吸ってきた方の中にも、VAPEに移行している方も多く、ニコチンの中毒性から抜けることも不可能ではなく、実際にCBDリキッドを吸い続けることで体調が良くなったという方も実在しています。

禁煙をするための道具と材料ということでもありませんが、一度吸ってみると中毒性は無いものの、本来のタバコとは異なる体感を感じ取ることができる成分です。

吸い続けてみて慣れてきた際には、以前吸っていたタバコは吸えないような方も多く、その背景にはニコチンとは大きく異なる心地よさを感じることをあげられます。

肝心なことは継続をして利用することで、本来の効果を発揮させられると言われている通り、気になる方はデバイスとリキッドの相性の良いセットを購入することで、これまで体験したことが無いような効果を発揮します。

続きを読む

CBD リキッドの危険性は?持病がなければ基本的に安全

CBD リキッドの危険性について・持病がなければ用量を守っている限り安全

CBD リキッドは、世界中で使用者が増え続け市場も急拡大しています。

日本でも徐々に使用者は増え市場も広がりつつありますが、一般にはまだまだ浸透していません。

それどこから依存症や毒性などの危険性があるとイメージする人も多く、間違った知識が広がっている状況です。

CBDは、植物から抽出されるカンナビノイドと呼ばれる成分です。

現在100種類以上が確認されていますが、研究が進んでいるのはCBDを含めても数種類のみとまだまだこれからとなっています。

カンナビノイドには向精神作用、いわゆる気分をハイにさせるTHCと呼ばれる成分もあり、これが依存症などの危険性を指摘される理由になっています。

しかしTHCが含まれる製品というのは、日本では違法です。

法律に違反する成分ですから、国産のCBD リキッドには一切含まれていません。

国産の製品は国内で認められている成分のみを配合し製造されているので、依存性はありません。

逆に気分を高めてハイにさせるのではなく、落ち着かせる効果があると言われています。

一部には使用することによって目が覚める人もいますが、一般的には良質な睡眠に導いてくれるとされています。

使用後に興奮したといった報告もなく、気分が高揚して気持ち良くなったり、依存症となり手放せなくなるといったことはないので安心です。

CBD リキッドの危険性では、依存性とともに副作用も気になるかもしれません。

これまでの報告によると、CBD リキッドには重大な副作用はないとされています。

下痢や口の渇き、食欲の変化に強い眠気といった副作用は報告されていますが、どれも軽いもので重症化する恐れはありません。

ただし指定されている用量以上の使用をしてしまうと、重い副作用が発症してしまう可能性はありません。

具体的には用量を守らず大量に摂取した一部の患者では、肝臓の機能が悪化したとする報告があります。

現時点ではなぜ肝臓の機能が悪化した原因と、CBD リキッドの関係性は詳しくわかっていません。

しかしマウスによる実験では、大量投与した場合に肝臓の機能が悪化した実験結果が残されています。

ですから指定された用量を超える使い方をしたり、元々肝臓に持病を抱えている方は使用を避けるのが安全でしょう。

一部には重篤な副作用を引き起こす可能性はあるものの、用量を守っている限りは症状が重くなる可能性は極端に低いので、肝臓に持病がある方以外は心配する必要はありません。

続きを読む

CBDリキッドでバッドトリップ?心配なら低濃度から始めてみましょう

CBDリキッドでバッドトリップ?心配なら低濃度から始めるべし!

CBDリキッドは、気分を落ち着けたい時などに吸うことで効果を実感することができますが、中には初めて吸うので濃度や使う頻度などがわからずに、吐き気がしたり気分が悪くなってしまうケースがあるので注意が必要です。

CBDリキッドは、吸いすぎても毒にはなりませんし5パーセント程度のものを、香りを楽しむ感じで吸っている分には何の問題もありませんが、初めてで超高濃度タイプを思いっきり吸うことで気分が悪くなったように感じることがありますが、焦らず30分程度休んでいれば元に戻りますし気にすることもありません。

初めての時にはその使用感に戸惑うかもしれませんが、濃度に気を付けていれば大丈夫です。10パーセントのものを使うとかなり濃いと感じることがあるので、3から5パーセント程度のものをたしなむようにしましょう。

バッドトリップになるのではないかと心配するかもしれませんが、その心配をする必要はないです。

たいていの場合は、少し休んでいれば元に戻るので安心して吸うことができます。

バッドトリップになることはないですが、初心者のうちは濃度の低いものから初めて楽しむ感じで味わうのがお勧めの使い方です。

THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

 

気分が悪くなってしまったら?30分くらい横になれば大丈夫。

CBDリキッドを吸いすぎて気分が悪くなってしまった時の対処法は、特にありませんが少し休んでいれば改善することがほとんどです。

初めのうちは、吸い方に慣れていないので大きく深呼吸をするように吸い込んでしまったため、リラックスよりもだるさの方が買ってしまうことがあります。

人によっては、それが気分が悪くなったと感じることがありますが吸い方の問題が大きいですし、濃度を低くすることでそうした症状が感じられなくなることが多いです。

人に合う予定の時は、少し時間をずらしてもらって横になるなどの対応をするのをお勧めします。

CBDリキッドは、推奨されている濃度や頻度を守っている限りは具合が悪くなるというケースは少ないです。

でも、体調がもともと悪かったり濃度が高いものを吸うと気分がすぐれなくなることがあります。

横になることができるなら、30分程度休んでいると症状が治まってきますしそこまでかからないケースも多いです。

初めて使う場合には、濃度の高すぎるものを避けてゆっくり香りを楽しむ感じで吸うと、トラブルを避けることができます。

又、体調の悪い時に使って効果を感じる人もいますが、効果には個人差があるのでそういう時には避ける必要もあります。

数少ない国産のCBDリキッドはプラスウィードです。濃度も5パーセントから60パーセントと幅広いので、目的にあった商品を選びやすいですよ。

 

バッドトリップの心配なし!安心・安全のCBDはコチラ

(国産のプラスウィード公式サイトへ)

 

CBDリキッドの偽物 !!?? 販売元や会社名が明記されていますか?

CBDリキッドの偽物に注意!販売元や会社名がしっかりと明記されていますか?

CBDリキッドの商品を見かけることが増えましたが、その分偽物ではないかと疑わしい商品も多く出回っています。

一瞬見ただけで分かるようなものなら良いのですが、かなり本物と似通っていてよく知っている人でも騙されてしまうこともあります。

ですから、購入する時には見分け方をマスターしておくと安心です。

見分け方のポイントとして、販売元や会社名がしっかりと明記されていることが大切です。信頼できるブランドのものを選ぶことで安全に取り入れることができ、偽物をつかまされるリスクを軽減できます。

気を付けたいのは、正規品をコピーしているような商品も多く出回っているということで、会社名だけでなく、販売元や売り手を徹底的に調査することも忘れてはいけません。

原料の産地や加工方法が公開されていることも重要であり、原料の質は品質を大きく左右する部分です。加工方法についての記載が無い場合には、販売元に問い合わせましょう。

他にも含有量の記載があることや安すぎないことがポイントです。

公開されているデータと実際の商品の内容とが異なることもあるため、メーカー基準の調査以外にも第三者機関で検査を受けているものや臨床試験を通ったものが信頼できます。

有名どころの海外メーカーの製品は税関時に検査されているので安心感が違うって話

CBDリキッドについて詳しくない人が選ぶ場合には、有名メーカーのものが安心だとされています。

税関を通過する時にきちんとした検査を受けていて、安全性に問題が無いことを確認できているからです。

税関では開封検査が実施されていて、成分に関しても詳細に調べられています。

検査で止められたり没収されるのは、酩酊を引き起こすような違法成分やTHCが検出された商品です。実際に問題が無いと通過できたものは、商品として安全に輸入されていることになります。

ですから、安全に利用できますし、予想していないような体の変化に驚かされることもありません。

正規品を取り扱っているサイトを見つけたら、リピートで購入すると偽物を購入する可能性を減らせますので、一番最初に購入する時の調査が大事です。

公式ページならそれぞれのメーカーの正規品が全て揃っており、その中からその時の用途に合ったものを選べます。

税関で検査を受けた安心できるCBDリキッドを利用すると、安心して日々の生活に取り入れることが可能です。

配合されているのは安全な成分ばかりであり、健康補助食品および健康食品として安全に摂取できます。

正規品なら副作用がないのも、注目すべき点です。

 

THCリキッドに混ぜ物?違法の製品に混入している「アレ」

 

CBDリキッドは筋トレに合う?プロのアスリートも愛用中

WADA が CBD を禁止リストから除外

CBD(カンナビジオール)はストレスや不眠に効果があるといわれている薬物成分の一種、海外ではこの成分が含まれている製品を利用するスポーツ選手やアスリートが増えているといいます。

カナダ・モントリオールに本部を置く世界ドーピング防止機構のWADAでは、ドーピング検査の対象物質からCBDを禁止リストから外しています。

そもそもWADAは、世界各国の中でのドーピングの根絶および公正なドーピング防止活動の促進を目的として1999年に国際オリンピック委員会から独立して設立が行われた機関で、国際的なドーピング検査基準の統一を図っています。

ドーピング検査の対象物質から除外をした背景の中には、世界保健機関によるCBDの安全性および有効性保証が行われたためであるといわれており、2018年1月にリストから外された経緯があります。

なお、このような事象はドーピング界の中での出来事、体に有効である・中毒性はない・体に無害で副作用もない、などスポーツ選手やアスリートは公の機関から認可されたものであると認識、利用しても良いと判断ができるようになりました。

ちなみに、日本のJADAについてもWADA国際基準をフォローする形で除外しているようです。

CBDリキッドは筋トレに合う?

日本の中でもCBDを利用しても問題がないといわれているのですが、CBDはカンナビノイドの主成分の一つで、カンナビノイド自体は使用が禁止されています。

少々複雑に感じる人も多いかと思われますが、使用しても良いとされるものはCBDリキッドなどの製品になっているカンナビジオールです。

プロのスポーツ選手やオリンピックのアスリートは、このCBDリキッドを用いて体調管理を行う、筋トレなどの効果を最大限に引き出すなどの使い道がありますしい、CBDは強力な抗炎症性作用があるといわれており、この作用により激しいスポーツ後の体のダメージ緩和するといいます。

体のダメージと聞くとわかりにくいのですが、スポーツを行うことで生じる筋肉痛などの緩和にも効果を示すといわれており、スポーツ選手だけでなく一般の人が利用した場合も筋トレ後の筋肉痛の緩和に役立てることができるわけです。

これは鎮痛剤の代替薬としての効果を期待できるためです。

なお、CBDリキッドは通販サイトを通じて購入することができるのですが、購入する場合には信頼できる通販サイトを選ぶことが大切です。

中には粗悪なものや偽物、体に害を持つ他の成分が含まれているものがないとは言い切れませんので注意が必要です。

関連記事:CBDクリームがスポーツに有効?世界アンチ・ドーピング機関が認可

 

+WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

実感力を重視したフルスペクトラム系のCBD リキッドが人気ですが、値段が高くてちょっと手を出しにくい、って方も多いかと思います。

コスパに優れていると話題の「+WEED(プラスウィード)」を実際に買って効果をレビューしてみました。

フルスペ系が効くって聞いたけど、途中でやめてしまった…なんてことにならないように、まずは+WEEDをチェックして頂ければと思います。

  • 実際に他のメーカーと比べて値段は安いの?
  • 使い続けてみてどんな効果を実感できた?
  • どこで買うと1番お得なの?

などなど、徹底検証して参ります。

 

プラスウィードの公式サイトはコチラ!

続きを読む

CBD リキッドは町田のショップより、コッチのがラインナップ豊富ですよ!

CBD リキッドは町田のsource-9に売ってるけど、種類が少ない

CBD リキッドは、都内にある販売店の方でも買い求めることができます。ですがその数はまだあまりなく、代表的な店舗と言えば、町田にあるsource-9くらいしかありません。

更にそのsource-9でさえ、取り扱っているCBD リキッドの種類が少ないのが特徴です。

まだ世間ではあまりこの需要が高まっておらず、入荷をするにもそこまで多種多様に揃えることはしないのでしょう。よって入門編のような買い方をしたい人にはおすすめですが、それなりにこだわりを持っている人には高い満足度は得られないかもしれません。

実はCBD リキッドには、CBDの濃度や配合成分によって、いくつもの種類が存在しているのをご存知でしょうか。効果の出方や感じ方もバラバラで、自分に合ったものを見つけるまでにいくつも試したという人は少なくありません。

店舗に足を運んで実物を見られれば便利なものの、そこでさえ種類が乏しいのであればインターネット通販を利用した方が賢明なのではないでしょうか。

もちろん、今後は次々と販売店が増えていく期待があります。今はまだ少数ですが、町田以外にも販売店はできていくでしょう。そうなるまでは、豊富な種類を取り扱っているインターネット通販を是非ご利用ください。

Vapemaniaは種類の多さ、ポイントバックが高いのでおすすめ

それでは一体どこのサイトがいいのか、それがVapemaniaというサイトです。こちらはCBD リキッドを始めとする、CBD製品に特化したお店であり、圧倒的な種類の多さとポイントバック制度が最大の魅力になっています。

先述のように、まだ日本ではCBD リキッドの販売店は少数です。しかしVapemaniaなら、実店舗では買うのが難しい種類まで置いてあり、色々と試すにしてもここだけで間に合ってしまいます。ビギナーからマスターまで、非常に満足度の高い買い方ができるのではないでしょうか。

また各商品にはポイントが付けられており、商品の価格に対して結構な高額ポイントが付きます。ポイントを貯めればVapemania内の買い物で使えますし、何度もリピート買いをする人にはどんどんお得になっていくでしょう。ポイントバック自体は珍しくないものの、ここまで割合が高いところはそうありません。

そしてレビューの閲覧や、初歩的な質問集などがあるのも利点です。

CBD リキッドは体質によって効果が変わったりもしますから、不安な人は必ず目を通しておいてください。専門店と名乗るだけあり、痒いところに手が届くサイトです。まだ軽い興味くらいしかない人も、一度は覗いてみてはいかがでしょうか。

CBD リキッドは名古屋で手に入る?店舗まとめ

CBD リキッドは名古屋で売ってる?【Dr.VAPOR】

ベッドに入ると色々と考え込んでしまい不安感が襲ってきて寝付けなくなる、ちょっとした物音で目が覚めてしまい熟睡することが出来ない、毎朝スッキリと目覚めることが出来ず前の日の疲れが抜けていない、夜は眠れないのに日中になると眠くなってしまい日常生活に支障をきたすなど、不眠にまつわる悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

アルコールやカフェインの摂取を控える、就寝前は睡眠の妨げとなるブルーライトを浴びないようにするためにパソコンやスマートフォンの画面を見ない、体温が下がると睡眠導入がスムーズになるので体温が上がるような行動は寝る2時間前までに済ませておく、寝室の明るさや空調を整えたり寝具を快適なものに変えたりして環境を整えるなど、安眠に誘うための方法には様々なものがありますが、電子タバコを使用してCBD リキッドの蒸気を摂取するというのもその1つです。

CBDは麻に含まれるカンナビノイドが配合されているカンナビジオールという化合物で、摂取することで安眠効果が期待できます。

名古屋にもCBD リキッドを販売しているお店があります。それは、Dr.VAPORです。

中区大須に店舗を構えており、CBDや電子タバコの品揃えの豊富さに定評があります。

操作方法やメンテナンス方法などのアドバイスもしてくれるので、初心者でも安心してお買い物をすることが出来ます。

CBDグミを名古屋でお探しの方は、当サイトのレビューもあわせてチェックしてみてくださいね。

CBD グミとは?場所を選ばない・たった1粒で十分過ぎる効果!