CBDリキッド(VAPE)の最強ブランド・ベスト3選!【高濃度】

CBDリキッドを使ってみたけど、効果を感じられない・・・。

そんな方は高濃度のCBDリキッド(電子タバコ)を使ってみるのも1つの手です。メディカルグレードなど飲むタイプもありますが、飲むタイプと比べ効果時間が短くなるデメリットはありますが、VAPEで喫煙すると吸収率が1.5倍になるメリットがあります。

どうしても電子タバコが苦手・・・という方にはおすすめできませんが、効果を実感できるなら別に構わないという方は続きを読んでいただけると幸いです。

とにかく早く欲しい!という方は以下のリンクからどうぞ。

【正規店舗】まずは高濃度CBDリキッドの詳細を見てみる

CBD ORAGANIC STYLER
この記事では、数ある高濃度CBDリキッドを実際に通販&体験してみて、しっかり効果を実感できたメーカーのベスト3をご紹介していきます

この記事の概要

CBD(カンナビジオール)・リキッドとは?

高濃度CBDリキッドのオススメをご紹介する前に、配合されている成分カンナビジオールについて改めてご紹介していきます。

欧米を中心にユーザーが増えているヘンプの茎から抽出されるサプリメントに該当する成分で、リキッドの中にはCBDの他にも天然由来の成分であるテルペンなどが含まれている電子タバコ用CBDリキッドもあります。

成分の抽出方法もチェックしておきましょう

価格のワリに濃度が低い粗悪なCBD製品もありますから、ヘンプからCBDを抽出する方法も確認しておきたいところです。

輸入した原料を煮詰める原始的な方法もありますが、高圧プレッシャーであれば高い含有量のCBDリキッドを抽出することができます。

ファーマヘンプ社で実際に使われているCO2高圧プレッシャー

摂取方法

リキッド専用のVapeデバイスにCBDリキッドを充填して、プルームテックなどの電子タバコと同じように喫煙して肺から吸収させます。

基本的には飲むタイプのCBDオイルと同じで吸い方に制限はありませんから、好きなタイミングでパフっといきましょう。

ただ、のべつまくなしに吸っても吸収されない分は体外に排出されてしまいますからタバコやお酒と同じようにしっかり時間をおいて一服すると効率もいいですし、リキッドがムダにならずに済みますよ。

摂取量(目安)

メーカーによって摂取量の目安はまちまちですが、だいたい50〜150mgを目安に始めてみるといいでしょう。慣れてきたら200〜300mg程度を半年程度続けて効果を確かめてみるといいでしょう。

最大1280mgを毎日4週間使い続けても悪い影響はない、という研究結果もありますからちょっとくらい多すぎても心配ないでしょう。

1280mgはどう考えてもとても1日では摂取できないくらいの量ですから。

CBDリキッドを喫煙するデメリット・メリット

まずはVAPE(ベイプ)でCBDリキッドを喫煙するデメリットやメリットをご紹介していきます。

デメリット:持続時間が短い

飲むタイプのCBDオイルと比べ、持続時間が短くなるデメリットがあります。胃から吸収させるとジワジワ効いてきますが、VAPEで肺から吸引すると即効性はあるのものの、作用する時間は短くなります。

ただ、お酒とは違いCBDは蓄積されていきますから、喫煙する量は徐々に少なくなってきます。

メリット:吸収率が1.5倍になる

胃や腸から吸収されないCBDは体外へ排出されてしまいますが、CBDリキッドを電子タバコのように喫煙すると1.5倍効果を実感しやすくなるメリットがあります。

坐薬タイプはもっと吸収されやすくなるそうですが、国内で手に入れることはできません。なので、CBDリキッドで喫煙することでもっとも吸収率をあげることができるということになりますね。

以下では低い濃度から高い濃度の順番に人気のCBDリキッドをご紹介していきますね。

作用や効き目について

はじめての方はどんな効果や効能があるのか気になるところだと思いますが、CBD製品はサプリメントに該当するものですから病名や病理を出して薬効をうたうことは薬機法にひっかかる恐れがあります。

とはいえ、CBDリキッドに興味を持つ人はどんなキーワードで検索するのか参考までにご紹介していきます。

*あくまで効果ではなく、CBDリキッドと一緒に検索されるキーワードです。

CBDリキッドと一緒に検索されるキーワード
ADHD・てんかん・うつ病・ガン・自閉症・発達障害・花粉症・認知症・不眠・アトピー・不安・クローン病・パーキンソン病・パニック障害・大脳基底核変性症などの難病・頭痛(偏頭痛)・生理痛・風邪・ニキビ・喘息・蕁麻疹・便秘・イライラ・ダイエット・二日酔い・まったり・食欲(増進)・ストレス・集中力・脳・大脳・脳血流・肝臓・肌・胆嚢・総胆管・胆道・胆管・眼球運動・自律神経 ・直腸

いまこのサイトを見ていらっしゃる方は嗜好品としてだけではなく健康増進のためにCBDリキッドをお探しかと思いますが、CBDは病気の症状を好転させるような魔法のクスリではありません。

薬機法どうこう以前に、病気で苦しんでいる方に過度な期待を持たせたくありません。解禁当初から安くなったとはいえ、まだまだ安くない商品ですから思っていたような効果が得られないときとてもがっかりしてしまいますよね。

ただでさえ悩んでいるのに、追い打ちをかけるようなことは絶対に避けなければならないと考えています。

効果を期待しすぎず生活のサポートに使いましょう

サプリメントは栄養補助食品ですから、普段の食事で不足しがちな栄養を補う目的で使います。

CBDリキッドはあなたの恒常性というメカニズムに働きかけてくれる効果がありますから、即効性を期待しすぎたりせず数週間から3ヶ月は使い続けていただきたいと思います。

恒常性というのは簡単にいうと「バランスを整える作用」のことで、多すぎれば少なく少なすぎれば多くするもともとカラダに備わっている機能のことを言います。

ちょっと曖昧でわからないと思いますので、わたし自身が4年以上使い続けて実感しているCBDリキッドの恩恵をまとめてみました。

仕事の合間にリラックス

季節の変わり目でも健康を維持できるように

家に帰ってまったりするのが楽しみ

穏やかな毎日を送れる

 睡眠に関係していると感じる

効果には個人差があると思いますが、食事や習慣をちょっと変えることでよりCBDリキッドの恩恵を受けとることができると思いますよ^^

【最強】VAPE(ヴェポライザー)用CBDリキッド・3選!

前置きが長くなってしまいましたが、わたしが実際に購入してきた一押しの3メーカーをご紹介していこうと思います。

「Koi CBD E-Juice」:濃度1.7~3.3%

当サイトのおすすめランキングでも上位にさせてもらっているKoi CBDリキッドは、容量が多くコスパ最強で余計なことを気にせずパフパフするにはもってこいです。

1.7%と3.3%の2タイプです。他のCBDリキッドと比べると低いように感じますが、数字では測れないメリットがあります。

まずコスパが優れていること。他のメーカーに比べて低価格で手に入れることができますから、ついついチェーンスモーキングしてしまっても気にせず喫煙できることが最大の魅力になっています。

また、フレーバーも6種類楽しめるのも人気の秘密です。1日に14本タバコを吸っていた方が1日3本まで節煙したという口コミもありますから、お気に入りのフレーバーを発見できれば禁煙に挑戦することもできるでしょう^^

肝心の効果もまず間違いありません。ほっこり感や健康増進効果など、CBDリキッドに求める効果はひと通り実感することができますよ。

一番人気の1000mg/30ml(3.3濃度)の通常価格は12.800円ですが、Vape Mania(ベイプマニア)で簡単な会員登録を済ませれば10%OFFの11.500円で購入できるようになります。

また700円分のポイント付きですから実質10.800円となり、しかも送料無料ですからVape Maniaで購入するのが一番安い方法だと思います。

CBD濃度 定価 割引後 特典 効果・メリット
1.7%(500mg/30ml)
3.3%(1000mg/30ml)
7.500円
12.800円
 7.000円(6%オフ)
11.500円(10%オフ)
送料無料
700円分のポイント
詰め替え用容器
リラックス感
禁煙・節煙
健康増進

 

人気NO.1「BLUE」Koiの口コミ・体験談はコチラから

BLUE Koi CBDリキッドの効果は?本音で評価&レビュー

「GOLD」Koi CBDリキッドの口コミ・体験談はコチラから

【高濃度】GOLD Koi CBDリキッド 1000mgの効果レビュー!

「ナチュール CBDリキッド」:濃度2~4.2%

確信犯的なフレーバーと心地いい刺激が病みつきになるオランダ産のNATUuR(ナチュール)のCBDリキッド(E-Liquid)は最大4.2%濃度があります。

Koi CBDリキッドと比べてフレーバーは甘すぎない感じですね。気を抜くといつまでも吸い続けてしまいます 笑。最強フレーバーと言っても過言ではありません。

フレーバーの数もかなり豊富でVape Maniaでは22種類の商品を取り扱っていますが、味付けなしのピュアからレモンやストロベリーなどのフルーツ系、ヘンプ本来の味を楽しめるカンナビスフレーバー、コアなVaperに人気のスカンクフレーバーまでCBDを美味しくいただけるラインナップになっています。

もちろんNATUuRのCBDリキッドをしっかり続ければ十分に効果を実感できる高濃度タイプもありますから、十分価値のある商品になっています。

また、2018年4月から販売価格が安くなり定価4.580円から購入できるようになったところもユーザーの支持を集めている理由です。

ネット上の店舗を調べ上げた結果、Vape Maniaで簡単な会員登録を済ませればポイントや特典などももらえますから、実質の最安値で購入可能ということがわかりました。

デメリットはストレインによっては在庫切れになりやすいことでしょうか。

CBD濃度 販売価格 特典 効果・メリット
2.0%(200mg/10ml)
4.2%(420mg/10ml)
4.580円
7.580円
送料無料
ポイント
詰め替え用容器
リラックス感
アップリフティング
健康増進

 

NATUuR CBDリキッド 「Parple Haze」の口コミ・体験談はコチラから

NATUuR CBDリキッド『パープルヘイズ』をガチでレビュー

「ファーマヘンプ CBDリキッド」:3~5%

オーガニックなスロベニア産のヘンプから抽出したCBDリキッドは、販売店でも常に人気で、濃度は3%から5%までありますから、文句なく最高濃度です。

また、個人的には喉へのキック感(刺激)やイガイガ感も少なく、非常に吸いやすいメーカーです。

CBD成分を電子たばこで喫煙するデメリットというか、通過儀礼というかある程度喉の痛みは仕方のないことですが、ファーマヘンプは補助成分の配合バランスが絶妙だからだと思いますがスムーズな吸い心地とヘヴィーなリラックス感を同時に楽しめる数少ないCBDリキッドを揃えています。

CBD濃度 定価 割引後 特典 効果・メリット
3.0%(300mg/10ml)
5.0%(500mg/10ml)
7.780円
7.950円
 6.480円(16%オフ)
7.950円
送料無料
ポイント
詰め替え用容器
リラックス感
ヘヴィー感
健康増進

 

ファーマヘンプ社 プレミアム・リキッド 「カンナビス風味」の口コミ・体験談はコチラから

最強?PharmaHemp PREMIUM BLACK CBDリキッドを徹底レビュー

関連記事:ファーマヘンプ社 リキッド カンナビス風味(スタンダード)の口コミ・体験談

*ブルーバードのリキッドは現在日本では手に入れることができなくなりました。

効果なし・効かないと思ったら

よくレビューサイトやユーザーの口コミで「効かない」という感想を見かけますが、使ってたった数日での判断は早すぎます。

たしかにCBDリキッドは喫煙してワリとスグにリラックス感を味わうことができますが長期的に健康を増進していきたいとお考えであれば少なくとも1ヶ月は使ってみることをオススメします。

もしそれでも効果を実感できなければ、思い切って喫煙する量を増やしてみてください。

効かないと思ってやめてしまったらせっかくの健康増進の機会を失ってしまいますから、繰り返しになりますが慣れてきたら200〜300mg程度を半年程度続けていただければと思います。

お酒やタバコと違い、CBD成分が徐々に蓄積されていきますから同じ効果を得るために使う量がだんだんと少なくなっていきますよ。

もっと濃いリキッドが欲しい!というハードコア・ベイパーはCBDパウダーを溶かす方法もあります↓

CBDパウダーを溶かして超高濃度リキッドを自作!

お気に入りのCBDリキッドがあれば、パウダー(粉末クリスタル)を溶かすことで超高濃度リキッドを自作することができます。

あまりにパウダーを入れるすぎると結晶化してしまいますが、煙がドッシリと重い自作リキッドは簡単にできちゃいますよ^^

スピリタスなどの純度の高いアルコールにパウダーを溶かす使い方が一番簡単だと思います。

詰め替え容器とスプーンががあれば便利ですね。

パウダーでもアイソレートでもいいのですが、アルコールは必ず純度の高いものにしましょう。

ラム酒など不純物が多いものは、結晶が溶けにくかったり吸い心地が悪くなってしまいます。

溶かしたパウダーをCBDリキッドに混ぜていきますが溶けにくい場合はラップして湯煎で温めると溶けきりますから、覚えておいていただければと思います。

別売りのCBDパウダーで簡単に自作CBDリキッドを楽しめます。

出典:https://vapemania.tokyo/

Vapeデバイスはコレ一択!オススメのスターターキット

CBDリキッドを美味しくいただくためにはベイプ本体(アトマイザー)選びも重要ですがドレを選んでいいのかわからない方も多いと思います。

自作するRDAタイプがイイらしいけど、コイルやメッシュを巻いたりするのがメンドウ・・・。

そんな方は組み立てるだけでスグ吸引できるスターターキットがベストですが、AIO(オールインワンタイプ)は液漏れするものやフレーバーを十分楽しめないものも多いのが現状です。

数ある中でもコアVAPERの期待にも答えてくれるヴェポライザー「JUSTFOG FOG1」から初めると失敗せずに済みますよ^^

たとえばナチュールのリキッドは繊細なフレーバーですから、安価なアトマイザーだと十分風味を楽しめなかったり「むせる」原因になってしまいますが、FOG1との相性は抜群だと感じています。

説明書付きですから、初めてでも使い方がわかりやすいです。

最強デバイス『FOG1』の詳細はこちらから

CBDリキッドに合った吸い方(セッティング)

RDAタイプをお使いの方は、CBDリキッドには風味を重視したセッティングにするといいようで、抵抗値も高くてオッケーです。

「20W-35W」程度、「0.5Ωー1Ω」程度が推奨のセッティングです。

また、一般的な電子タバコの吸い方とはちょっと違って煙を吸い込んでから少し肺にためてから吐き出すようにすると効果的です。

もちろんムリのない範囲でしっかり成分を吸収させるようにしましょう。

*Vape=ベイプ=ヴェポライザー=ベポライザー

CBDリキッドを正しい吸い方で続けるとGOOD!

marysvapes
今日、CBDリキッドの正しい吸い方について、当サイトでもお伝えいしてきましたが、ココでもう一度お知らせしていこうと思います。

正しい吸い方

CBDリキッドは通常の電子タバコ用のリキッドとは異なった吸い方をするってご存知ですか?

肺にゆっくり吸い込んでから吐きだすことが大事です。いわゆる「爆煙」ではなく、ひと吸いでしっかり溜めてからにすると効果を感じやすいと思います。

Vapeデバイスの設定

ワット数を調整できるタイプのVapeデバイスを使っている場合は、「約20W〜35W」、「約0.5Ω〜1Ω」を意識するといいでしょう。

爆煙よりテイストを大事にするための設定ですから、低抵抗にする必要はありません。

爆弾煙仕様のMODはマッチしない可能性もありますから、今いちどお使いのVapeデバイスを確認しておきましょう^^

パウダー(クリスタル)の吸い方も同じ

パウダーを使う場合も吸い方は基本的に同じです。パウダーをガラスパイプやリキッドに混ぜて吸う場合、一気に「スゥー!」と吸いあげる方がいいです。

肺にしっかりと溜めておくことも忘れないでくださいね。CBDは刺激が強いため、無理をせずに溜めましょう。どうしてもキック感が耐えられずどうしてもむせる場合は、粉末の量を減らし、肺に溜まる時間を短めにして、鼻からゆっくりと吐き出すと効果的です。

結論

CBDは体内に蓄積することをうまく利用すれば、成分を効率よく吸収できます。

日本酒やビールは数時間で体外へ排出されますが、CBDは体内に蓄積するメリットがあるため、継続することが健康増進への近道になります。

設定はテイスト重視の設定で、パウダーの場合でも、無理のない範囲でゆっくり吸ってゆっくりと吐きだすことを意識してみてくださいね。まずは、30日間程度続けてみてください。

高濃度タイプのCBDリキッドはコイルを消耗しやすい?

rta_vandyvape_kylin_65

高濃度タイプのCBDリキッドに関する疑問の中で、一番多いのが「ドライヒットでコイルを消耗しやすい?」ということ。

初めてお使いになる方に多い勘違いなのですが、高濃度タイプのCBDリキッドだからといって、コイルを消耗しやすいということはありません

CBDに熱を加えて吸うと喉に辛さを感じることがありますが、必ずしもコイルの消耗による影響ということではありません。

RDA(自作タイプのVapeデバイス)を使っている人や、パウダーをそのまま吸っている人など、上級者の方であればコイルのせいではないことがわかると思います。クリアロまたはRTAタイプを使ってCBDリキッドを吸っている人は、勘違いしてしまう方も多くいらっしゃいます。

喉の痛みはCBD特有のもの

ガラスパイプでパウダーを炙って吸うとよくわかりますが、CBDの結晶を吸うとスグに喉の痛みを感じることができます。

その痛みはCBDを吸う上での「通過儀礼」のようなものです。

たとえ結晶化していない高濃度タイプのものでも、新しいコイルでさえ、特有の喉の痛みを感じます。

コイルを替えたばかりであれば、コイルが消耗したワケではなくCBDを吸う上ではある程度ガマンしなければなりません。

慣れると「吸ってるな〜」って感じで楽しめるようになりますよ^^

副作用は大丈夫?

CBDリキッドは天然由来の成分がメインですから、病院で処方されるクスリと比べ副作用がほとんどありませんが、気をつけておきたいことをまとめてみました。

たまに眠くなることがある

CBD製品を摂取すると人によっては眠気が強く現れることがあります。CBDリキッドと睡眠の関係は研究段階ですから、CBDの効果でまだわかっていないこともあります。車の運転の際には気をつけていただきたいと思います。特に徹夜明けで運転する場合は喫煙しない方が賢明ですね。

過剰摂取について

1日の最大摂取量は1280mgまでと言われていますから、CBDリキッドは過剰摂取を深刻に心配する必要はない安全性の高いサプリメントです。しかし、高濃度タイプを一気に摂取するとごく稀に気分が悪くなることがありますから注意していただきたいと思います。

アレルギーが心配・・・

CBDリキッドは主成分CBD(カンナビジオール)の他に、補助成分としてPG(ポロプロピレングリコール)とVG(植物性グリセリン)が含まれていますが、PGとVGにアレルギーをお持ちの方が少なからずいらっしゃるそうです。心配な方はアレルギーテストやかかりつけのお医者さんに相談してから喫煙するようにしてくださいね。

精神に作用する?

CBDリキッドは精神症状を悪化させるような成分は入っていませんからご安心ください。

喫煙することで不安を増幅させたり、イライラしたりすることはありません。

依存性について

CBDリキッドはタバコのように喫煙する嗜好品の側面もありますが、お酒(アルコール)やニコチンと比べても依存性は低いと言えます。

嗜好品に依存性はつきものですからまったく依存性がないとは言えませんが、個人的にはコーヒーより依存性が低いと感じています。

イイものが目の前にあればいつでも使いたくなりますが「無くてもまぁイイか〜」って感じです。

耐性について

のべつまくなしに吸っていると吸い始めの頃のように効果を感じられなくなっていきます。

表面的には実感できなくても成分は蓄積されますから深い部分で作用していると思いますが、インパクトはなくなってきます。

ちょっと耐性がついてきたな、と感じたら2〜3日禁煙してみてください。また、スポーツやサウナなどで汗を流して代謝を上げるとインパクトが戻ってきます。

個人的な経験から「目覚めの一服」と「お疲れの一服」が目標とすべきCBDリキッドの上手な付き合い方で、その間は12時間開けるのがベストです。

ペットへの悪影響について

ペットへの悪影響が心配・・・という方も多いと思いますが、リキッドに含まれるPG(プロピレングリコール)が猫に悪影響をもたらすことがわかっています

猫が酩酊状態になったり、最悪の場合失神や昏睡状態になってしまうという研究結果がありますから、十分注意していただきたいと思います。

犬には影響はないと言われていますが、いい気はしませんよね。

家の中で喫煙する際はやっぱり換気しておくと安心です。

本気で健康と向き合っていきたい方は

やはり知識と経験が豊富なクリニックで指導を受けるのが、健康増進への近道なのは言うまでもありません。とはいえ、病院の先生でCBDサプリメントに理解がある方はそう多くいません。

「クスリの飲み合わせが心配」

「本格的に健康増進を目指していきたい」

という方はCBDサプリの販売もしている「銀座東京クリニック」へ訪問してみてはいかがでしょうか。

ネット上をイロイロ調べて見ましたが、ココは信頼できるクリニックだと思いますから、念のため公式サイトのURLをご紹介しておきます。

銀座東京クリニック
http://www.1ginzaclinic.com/

NATUuRの使い捨てCBDペン「DISPOSABLE CBD PEN」もアリ

効果や副作用などご紹介してきましたが、やはり実際に試してみるのが一番です。

とはいえ、いきなりCBDリキッドとヴェポライザーを買うのはハードルが高いという方はナチュールからリリースされている使い捨てのCBD PENで試してみるのもイイと思います

バージョン1はスカンクフレーバーでしたが、現在取り扱いのあるバージョン2はダントツ人気のフレーバー「Mary Jane(メリージェーン)」です。

使い捨てのワリに重厚な作りで吸った感じもしっかり味わえますから、使い切ってからCBDリキッドを購入すれば失敗せずに済みますよ◎

 

NATUuR 使いすてVapeセット「CBDペン」の口コミ・体験談はコチラから

ナチュール CBDペンの効果をレビュー!【お試しVapeセット】

CBDリキッドの違法性について検証

少し前にCBD製品が税関で止められてしまうこともありましたが、CBDリキッドは日本では本当に合法なのでしょうか。

現在購入できるCBDリキッドは酩酊成分をほとんど含まないため、代理店を通してあなたの自宅に届く商品は100パーセント合法です

現代の最新技術で取りのぞかれていて、かぎりなく0%に近い程度の酩酊成分しか残っていませんから、ご安心くださいね。

たとえ税関で止められるようなことがあっても、ありがたいことに代理店の損失になるだけですから、かならず正規代理店舗からCBDリキッドを購入していただきたいと願っています。

パッケージ裏にも成分量がしっかり明記されていますから、気になる方は確認できますよ。

少しでも基準値を上回る違法成分が入っていれば、日本に流通させることはできませんから、しっかり成分分析表を提出して厚生労働省の許可がおりたものを選ぶようにしていただければと思います。

代理店の公式サイトに成分分析表や厚生労働省の許可証を明らかにしているかしっかり確認しましょう。

CBD Labで公表されている許可通知書

当サイトがご紹介している代理店はすべて許可がおりたCBD製品を取り扱っていますから、安心して楽しんでいただければと思います。

ベイプマニアのHPでも成分比率などがしっかりあきらかにされています↓

安全性は一流アスリートのおスミ付き

2018年の平昌オリンピックから選手がCBD製品を使えるようになったことをご存知でしょうか?

世界アンチドーピング機関(WADA)は、これまで禁止リストに含まれていたCBD製品をドラッグ・リストから外すことを表明しました。

選手がCBDリキッドを使っても検査に引っかかることは一切なくなりましたが、ストイックな体調管理を求められるアスリートがわざわざ安全性の低いものを使うハズありませんよね。

あ、総合格闘家のネイト・ディアス選手も試合前にリキッドを一服してるってご存知ですか?

下の写真が安全性の高さを証明していると思います↓

CBDリキッドを個人輸入する前に

CBDオイル・リキッドは海外から個人輸入で購入することが可能ですが、安全性などを考慮すると代理店を通じて購入する方がおすすめです。

CBDサプリが個人輸入に適さない理由は税関での規制が厳格になり、海外から日本に合法的に発送することは極めてハードルが高くなっているからです。

CBDオイルやリキッドの原料はヘンプですが、成分量が明記されていないCBD製品は、最悪の場合税関で没収されてしまうこともありえます。

CBD製品は酩酊症状を引き起こす違法成分「テトラヒドロカンナビノール」という成分はかぎりなく0%ですから、ほとんど含まれていません。

そのため、CBDリキッドは違法なものではなく、純粋な植物由来のオイルです。

しかし、税関当局は原料の成分表記がされていないヘンプ製品は、個人輸入すると税関でストップをかけられてしまうこともあります

安全に通販するために

このような理由でCBDリキッドを個人輸入の形態で購入することは非常に難しくなっていますが、代理店からだと問題なく購入することができます。

代理店は合法的に海外からCBDリキッドを輸入して、それを一般顧客に販売しているため、個人輸入で購入できなかった場合でも大丈夫です。

代理店での購入方法は通常のネット通販と同じで、代理店のショッピングサイトから購入することになります。

代理店のサイトにはCBDリキッドの詳細が詳しく書かれていますので、初めて購入される方はリキッドの効能などを確認したうえで購入することができます。

含有成分などもサイトに明記されているため、事前に含有成分を確認することが可能です。

代理店だと値段が高いのでは?と思うかもしれませんが、海外からの購入は手数料がかかったり商品の到着が遅れる場合もありますから、代理店の方がコスパ的にも安上がりですよ^^

CBD ラボやVapemaniaなど正規代理店の中には割引価格や送料無料、限定特典、ポイントバックに対応しているものもあり、Amazonや楽天ショップより安く通販可能です

決済方法は代理店によって違いがありますが、ほとんどの代理店はクレジットカード決済や銀行振込に対応していますので、手軽に購入することが可能です。

ヤフオクでの購入はおすすめしない

ヤフーオークションなどでもCBDリキッドを見かけますが、保存方法がしっかりしているかわかりませんから、個人的にはおすすめしていません。

温度や日光の管理がしっかりされていないと、肝心の有効成分が分解されてしまいます。

VAPE(ヴェポライザー)用CBDリキッドの比較まとめ

CBDリキッドといえばKoi CBD、NATUuR(ナチュール)かpharmahemp(ファーマヘンプ)があります。わかりやすく比較してみました。

販売メーカー 容量 濃度
ファーマヘンプ 300mg/10ml
500mg/10ml
3%
5%
ナチュール 200mg/10ml
420mg/10ml
2%
4.2%
Koi(コイ) 500mg/30ml
1000mg/30ml
1.7%
3.3%

以上からもっとも濃度が高いCBDリキッドはファーマヘンプとわかりましたね。

高濃度CBDリキッドといえばファーマヘンプが最強!

ファーマヘンプ(Pharmahemp)のCBDリキッドの5%濃度を超えるものは、いまのところありません。2位のナチュールも4.2%濃度ですが、0.8%も違ってきますから文句なく最強でしょう。

濃度が高いほど容量は少なくなりますが、その分ひと吸いのパワーがスゴいです。吸引している最中は喉にちょっと抵抗があります。でも、鼻からブハ〜ッ!と出せば思いの他スッキリした後味にあなたもハマるはずです。

もちろんCBDリキッドの特徴でもある「スグにやってくる心地良いリラックス感」も健在。(個人差はありますが)高濃度というだけあってかなりドッシリとしたリラックス。椅子の背もたれを倒してゆっくりしたい気分になります。

ファーマヘンプの高濃度リキッドを喫煙するタイミングは、基本的にはいつでもオッケーです。おすすめはしっかり時間をとってからの1服ですね。部屋の空気を入れかえたり、心を落ち着かせればなお良し。眠りにつく1時間くらい前のタイミングもよいですね。

様々なメーカーからCBDリキッドが発売されていますが、高濃度タイプであればファーマヘンプで間違いありませんよ。

ファーマヘンプ社のおすすめ最強リキッドはコレ!

ファーマヘンプ社から販売されている高濃度タイプのCBDリキッドは、実にいろいろあります。その中でも個人的におすすめなのがCBD E-LIQUID ヘンプフレーバー 5%濃度です。

CBDを含む含まないに関係なく試してきましたが、しっかりしたヘンプ感を味わえるフレーバーがかなり美味いですね。これで5%濃度ですから、ホントいうことありません。

あ、これでも効果なし!という方は以下の裏技を試してみてください。

CBDクリスタルや結晶パウダーを溶かしてみる

5%濃度であればかなりの方が効果を実感できると思いますが、もしそれでも効かないと思ったらCBDクリスタルを溶かしてリキッドに混ぜる方法もあります。

使い方は簡単で、スピリタスにクリスタルを溶かしてアルコールが飛んでからCBDリキッドに混ぜるだけです。ファーマヘンプ社の5%濃度はすでに飽和に近い状態ですから、入れすぎには注意してくださいね。

ファーマヘンプのCBDリキッド+CBDクリスタル

これで効果なし!と思ったら・・・。もうCBDサプリは買わない方がいいかもしれません^^;

それくらいガッツリ効果を実感できるハズです。

実際に私がファーマヘンプ社のE-LIQUID カンナビスフレーバー 5%濃度を通販してレビューしていますから、ご購入をお考えの方はご参考にしていただけると嬉しいです。

ポイントバックの方法や限定特典の詳細も確認できますよ↓

最強?PharmaHemp PREMIUM BLACK CBDリキッドを徹底レビュー

 

Vapemaniaでは最大20%OFFでもちろん送料無料。5月31日まで+500円分のポイントもらえます

 

もう一度高濃度リキッドのオススメを最初からチェックする

 

↓2017年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓