CBDリキッド『高濃度タイプ』ベスト10選はコレだ!

    CBDリキッドの種類が多すぎて迷ってしまいますよね。高濃度タイプであれば、期待している効果を実感しやすいですよ。

    参考記事
    ヴェポライザー用CBDリキッドおすすめランキング

    参考記事
    CBDオイル総合ランキング

    ここではサイトで人気の高濃度リキッドを10本選んでみたのでご紹介していきます。お気に入りの1本を手に入れるためにお役立てください。

    人気高濃度CBD1:ファーマヘンプ・高濃度ジェルワックス

    ファーマヘンプ・CBD ワックス

    高濃度フルスペクトラムの濃縮ワックス。一番人気は濃度55%です。

    売り上げランキングでも1位を記録しています。少ない量で実感できるので、喉への負担が少なくて済みます。また 1㎎ あたりのコスパも良いので、続けやすいのもメリットですね。

    公式代理店のCBDラボさんでは、お試しサイズのオイルドロップも 8%OFF の4.400円です。

    CBDラボ

    • PharmaHemp CBD JELL WAX PHEC
    • 濃度:33、55%
    • 8.000円 → 7.200円(55%濃度)
    • 1㎎あたり:13.09円
    • おススメ度:

    人気高濃度CBD2:プレミアムブラック・リキッド

    プレミアムブラック・CBDリキッド

    2018年5月から売れ続けているカンナビスフレーバーの5%濃度です。クセのあるテイストと、フルスペクトラムの実感力でリピーター続出の1本です。

    レビュー数の多さが評価の高さを物語っています。

    レビュー 一覧

    • PharmaHemp E-LIQUID CBD5% (500mg) PREMIUM BLACK CANNABIS 10ml
    • 濃度:3、5%
    • 9.800円(5%濃度)
    • 1㎎:19.6円
    • おススメ度:

    人気高濃度CBD3:ファーマヘンプ社 プレミアムブラック:ライムフレーバー

    ファーマヘンプ社 プレミアムブラック:ライムフレーバー

    フルスペクトラム・濃度5%のライムフレーバーは、カンナビスフレーバーの次に人気があります。ヘンプ本来の味わいとライムの爽やかさが加わった1本です。

    CBDラボさんで 8%OFFの9.000円で売ってます。

    • PharmaHemp E-LIQUID CBD PREMIUM BLACK
    • 濃度:3、5%
    • 9.800円 → 9.000円(5%濃度)
    • 1㎎:18円
    • おススメ度:

    人気高濃度CBD4:Koi リキッド

     Koi CBD リキッド

    甘すぎないベリーとフルーツのミックスフレーバーで、入荷と即完を繰り返す超人気の1本です。

    CBD単一(クリスタルベース)なので、吸い心地がダントツにスムーズです。また1㎎ あたりのコストも良いので 1000㎎ / 30㎖ で1か月は持ちます。

    他にもスイーツ系のフレーバーもあるので、甘い系であれば Koi(コイ)を押さえておくと間違いないです。

    • Koi CBD 30ml
    • 濃度:0.8、1.7、3.3%
    • 12.800円 → 11.500円(3.3%濃度)
    • 1㎎あたり:12.8円
    • おススメ度:

    人気高濃度CBD5:ベイプナチュラ / VapeNatura

    ベイプナチュラ(ヘンプナビ楽天)

    甘味料、保存料、ジアセチル、アルコールを一切含まないスロベニア産のCBDリキッドです。カンナビスフレーバーは他のリキッドと合わせても相性抜群です。

    • 濃度:3、5%
    • 6.980円(5%濃度)
    • 1㎎あたり:13.96円
    • おススメ度:

    人気高濃度CBD6:ファーマヘンプ・クランブル

    ファーマヘンプ・CBD クランブル

    CBD含有量90%にフルスペクトラムというイイトコ取りの1本。お好きなリキッドに混ぜて濃度を高めて使います。数量限定です。

    • 純度:90%
    • 8,800円 → 8.000円(0.5g)
    • おススメ度:

    人気高濃度CBD7:ナチュール CBD ワックス(シャッター)

    ナチュール CBD ワックス(シャッター)

    CBD99%とテルペンのアントラージュ効果が期待できる固形ワックス「シャッター」です。専用のベポライザーでそのまま吸っても、CBDリキッドに混ぜて濃度を上げることで実感力が期待できる1本になっています。

    • NATUuR CBD99% SHATTER WITH TERPENES 500MG
    • 純度:99%
    • 8,640円
    • 1㎎あたり:17.28円
    • おススメ度:

    人気高濃度CBD8:NATUuR CBD E-Liquid with TERPENES 420

    NATUuR CBD E-Liquid with TERPENES 420

    吸い心地と実感力のバランスが良い、テルペン配合のカンナビスミックスです。濃度は4.2%でフレーバーは5種類あります。

    • NATUuR CBD E-Liquid with TERPENES 420
    • 濃度:4.2%
    • 9,380円
    • 1㎎あたり:20.95円
    • おススメ度:

    人気高濃度CBD9:ディクシーボタニカル・リキッドダブオイル

    ディクシーボタニカル・CBDリキッドダブオイル

    新気鋭の30%のダブ用オイル(ワックス)です。高濃度CBDと高濃度テルペンの恩恵を実感できる濃縮系の新作です。

    • DIXIE BOTANICALS社
    • 濃度:30%
    • 6.500円
    • 1㎎あたり:21.67円
    • おススメ度:

    人気高濃度CBD10:カンナプレッソ・リキッド

     カンナプレッソ・CBD リキッド

    濃度で言えばナンバーワンの6.6濃度を誇るカンナプレッソ。コスパも11.98円でお得ですよ。定期的にクーポンももらえます。

    • CANNAPRESSO CBD E-Liquid
    • 濃度:0.67、1.3、3.3、6.6%
    • 11,980円(6.6%濃度)
    • 1㎎あたり:11.98円
    • おススメ度:

    自作する①:CBDパウダー(粉末)で濃度を高める

    CBDリキッドの効果に満足できない場合は、CBDクリスタルパウダーを混ぜて超高濃度にする方法があります。リキッドにパウダーを混ぜるだけでスグに一服できます。

    とにかく早く溶かしたい場合はスピリタスなどの高アルコールやPG(プロピレングリコール)を使いますが、手間なので以下では媒体を使わずに喫煙する方法をご紹介します

    1. 電子タバコ本体にCBDリキッドを注入する

    ベースになるリキッドは高めの濃度で、フルスペクトラム仕様が溶けやすいと思います。ファーマヘンプ社のプレミアムブラックや、AZTEC社がオススメです。ヴェポライザーのタンクに注入します。

    パウダーの量も考えて、最大量よりちょっと少なめにしておきましょう。

    (FOG1であれば「MAX」より少なく)

    2. パウダーを追加する

    ベイプマニアさんの特典でついてくる小さいサジが便利です。ちなみにプロピレングリコール入りの容器と、空の容器ももらえるのでお得ですよ。

    サジが無ければ小さい軽量スプーンがないと、こぼれてしまうので注意が必要です。

    パウダーはいろいろありますが、ファーマヘンプのCBDクリスタルがコスパも良くてオススメですね。

    タンクにリキッドが入っている状態でパウダーを追加します。

    ✔︎ CBDクリスタルパウダーは VapeManiaさんが一番お得です。送料無料やポイントバックの条件を考慮して、実質の価格が安いサイトを選ぶようにしましょう。

    パウダーとフルスペのセットもあります↓

    Sasairazu(笹不要)Pharma Hemp クリスタルスペクトラムセット#Lime 期間限定販売
    22,600円(内税)

    濃度10%のベースリキッドの計算方法

    基本的に副作用の心配はなく、多少多すぎても大丈夫なので結構適当に入れても大丈夫です。念のため濃度10%のベースリキッドの作り方をご紹介します。

    FOG1で計算すると、タンクの最大が2㎖なので「CBD10㎎」にパウダーを100㎎追加するとトータルで200㎎。すると200㎎ / 2㎖となり10%濃度となりますね。

    わざわざ軽量するのはメンドウなので、付属のサジの3〜5回分がおよそ100㎎になる、と覚えておくといいですよ。

    3. よく混ぜる

    30分程度で溶け始め、60分も経てば溶けきります。

    サジでよくミックスしたり、振ったりするとよく溶けます。

    自作する②:CBDシャッターで濃度を高める

    純度99%の固形CBDワックス(シャッター)をCBDリキッドに混ぜて高濃度にする方法もあります。シャッターはテルペンが配合されているので、健康へのフィードバックも期待できます。

    空の容器にシャッターを入れてPGで溶かすとベースリキッドが完成します。好みの分量でタンクに注入して喫煙します。

    PGに溶かす場合は半日程度かかるので、パウダーと同様にフルスペクトラムのリキッドに溶かした方が楽かもしれませんね。むせるのが気になる方は、はじめはKoi(コイ)に混ぜて使うといいでしょう。

    ✔︎ CBDシャッターは専用のヴェポライザーで吸えますが、リキッドに溶かした使い方が人気のようですね

    自作する③:CBDクランブルで濃度を高める

    純度80%の固形ワックス(クランブル)で高濃度にする方法もあります。作り方はシャッターと同じですが、フルスペクトラムなので効率良く健康増進にアプローチできると評判です。

    どうして高濃度タイプを選ぶべきなのか?

    低い濃度はどうしても量が必要になるので、熱しすぎてしまいますよね。コイルを消耗しやすくなるので、それだけコストがかかってしまいます。またCBDリキッドは熱に弱いので、パフボタンを押す回数が少ないと成分が分解しません。コストパフォーマンスも高いので、1㎎あたりの価格も安くなります。(まとめ買いと同じ原理ですね)

    それとやはり効果を実感しやすいメリットもあります。

    ✔︎ どうしても体感が薄いという方も、諦めずに高濃度タイプを選ぶようにするとフィーリングを得やすいと思います

    JUSTFOG FOG1
    4,380円(内税)

    ヴェポライザーはクリアロのFOG1でも十分ですが、温度が上がりすぎないような吸い方を意識しましょう。パフボタンを長く押しすぎない(1〜2秒で離す)ようにするだけでもかなり違ってきますが、少ない量で満足するためにも高濃度を選んでおくと温度が上がりすぎないのでメリットは大きいですね。

    家で楽しむなら温度を管理できるヴェポライザーがあると便利です。

    Eleaf iStick Pico スターターキット
    8,500円(内税)

    ファーマヘンプ・高濃度CBDジェルワックスが最強!

    で、結局はどれがイイの?と迷ったら、ファーマヘンプの濃縮ワックスがオススメです。濃度が55%というだけでなく、フルスペクトラムなので健康増進にアプローチしやすいです。

    ひと吸いあたりの量がハンパじゃないので、少ない量で済みます。またヴェポライザー本体もコンパクトなので携帯しやすいので、個人的にもお気に入りの1本です。

    • PharmaHemp CBD JELL WAX PHEC
    • 濃度:33、55%
    • 8.000円 → 7.200円(55%濃度)
    • 1㎎あたり:13.09円
    • おススメ度:

     

    ✅健康増進効果を期待するならフルスペクトラム仕様を選ぶようにしましょう。CBD単一<テルペン配合<フルスペクトラム、という具合に健康アプローチ度はアップします。

     

    ↓2018年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓