CBDリキッドを吸いすぎた !!?? でも大丈夫。

    CBDリキッドをはじめてみたいけど「過剰摂取しちゃったらやばいんじゃないの?」と二の足を踏んでしまう方も少なくないでしょう。

    もしCBDを吸いすぎてしまっても重大な事故につながることはありません。2013年から吸い続けてきた体験から、とても安全性の高いものであると確信してます。

    読み終える頃には「あ〜なんだ、けっこう適当に使っても大丈夫じゃんか」って思ってますよ、きっと。

     

    吸いすぎても安心のCBDリキッドはコチラ

     

    CBDリキッドを吸いすぎても焦らなくてイイですよ

    CBD リキッドは、蒸気化させて吸い込みますが、吸いすぎると咳き込むことなどがありますが心配ないです

    万が一吸い過ぎで気分が悪くなった場合には、焦らずに安心して横になっていれば気分は改善します。

    CBDリキッドは、吸い方によって上手にCBDを摂取できないこともあるので、正しく摂取することが大切です。

    CBDリキッドを吸いすぎる事に不安を感じることもありますが、実はCBDリキッドを吸う場合、蒸気化して肺に溜めることがポイントとなります。

    そのためCBDを可能な限り肺に溜めるようにします。

    吸い方のポイントは、吸い込み過ぎにならないように空気を吸える状態を残す必要はあります。

    1度に沢山吸い込むというよりも、何回かに分けて吸うほうがCBDを余すことなく摂取することができます。

    パフボタンから指を離すと同時にドリップチップから口を離すと、水蒸気化したCBDがデバイスに残ってしまいます。

    そのためパフボタンから指を離した後も息を吸い続けます。その際、息を吸い込むことができる半分くらいの量を吸い込むようにします。

    肺に半分くらいの余力を残し、できるだけ息を止めて蒸気を肺に長く留めます。苦しくなったら息を吸いますが、息を吐き出さないようにすることがポイントです。

    可能な限り息を吐かないようにする事でCBDを余すことなく血液に乗せて摂取することが出来ます。

    過剰摂取について・基本的に気にしなくて大丈夫!

    CBDリキッドを過剰摂取することに不安を感じる場合もありますが、実はCBDリキッドは、研究で1日1280mgを4週間続けても健康に悪い影響はない、と言う報告があるほどなので、過剰摂取については特に気にする必要はありません。

    研究の1日1280mgという量はとても多い量で、1日2瓶は使い切る量と考えられます。通常この量を摂取することは難しいため、普通に吸う程度であれば過剰摂取にはならないという事です。

    CBDリキッドを吸い過ぎたとしても、お酒やタバコほど深刻な問題はありません。

    CBDリキッドはメーカーによって推奨平均量は異なりますが、1日50~150mgを目安に使い続けるようにして、健康状態や体質に合わせて1日200~300mg程度に徐々に増やしていくようにします。

    CBDリキッドは嗜好品というだけではなく、健康増進のために使うという人も増えています。

    CBDは体の恒常性というバランスをつかさどる部分に深く関係し、食事では足りない分を補うことで健康への効果が期待できます。生活のサポートのために効能をしっかりと実感するには1日50~150mg程度です。体質などによって量を増やすことが可能で、自分の適量がわからないとあまり効果を実感できない場合もあるので、自分の適量を見つけるようにすることが大切です。

    関連記事:CBDは吸うと「どうなる?」

    CBDリキッドは何回 吸う?個人差があるので吸引回数は計算できない

    はじめての方であれば、CBDリキッドを何回吸う必要があるのか気になりますよね。結論から言うと、CBDリキッドの吸引回数は決まっていません。

    というか、一度に吸う量には個人差があるので、吸う回数では計算できません。

    ひと吸いでCBD1mgを吸う人もいれば、5mgを吸う人もいます。

    例えば、ひと吸いで5mgの人であれば、10回吸引すると50mgになります。

    摂取量については後ほど説明しますが、ヴェポライザーの「タンク」の量で、摂取する量を測るしか方法はありません。

    例えばタンクの容量が2mlですから、10パーセント濃度のリキッドであれば、タンクの4分の1で50mgを摂取できることになります。

    ちなみにCBDワックスも同様に、何回吸うのかはわかりませんが、リキッドより高濃度なので、ワックスの吸引回数はリキッドより少なくなるはずです。

    ただ、何回も吸ったからといって過剰摂取を心配する必要はありませんので、思いきって吸ってみても問題ありません。

    CBDリキッドの吸引回数で摂取量を測ることはできませんが、自分に合った量を探す意味でも、まずは5〜20回くらい吸ってみてはどうでしょう?

    CBDの吸う量はどうやって測る?一日あたり20mg前後が目安

    体重や体質にもよりますが、まずは1〜20mg程度が目安とされています。

    副作用の影響がないように、適量を見つけるためにも、まずは少量からはじめてみるのがいいでしょう。

    もし足りないようであれば少しずつ増やしていき、十分だと感じる量を毎日続けるようにしましょう。

    増やすタイミングは、毎日でもいいですが、数日おきにすると、はじめに吸った量の効果がわかりやすいかと思います。

    いちいち書き残しておくのもアリですが、わたしのように面倒くさがりの人は「今日はタンクの半分を吸ったから何mg」という感じでザックリでもいいでしょう。またCBDリキッドの吸う量は、タンクに入れる方法もありますが、スポイトで測ることもできます。

    例えば10パーセント濃度(10ml)のCBDリキッドで計算してみます。

    まずは、1mlあたり20滴と考えると、1滴の体積は0.05mlです。

    10mlの容量に1000mgのCBDなので、1滴あたりのCBD量は5mgになりますね。

    1000(mg)÷200(回数)=5(mg)

    つまり、吸う量が15mgであれば3滴が必要という計算になります。

    。。。

    ここまで計算してみましたが、結構スポイトの種類によってまちまちなので、やっぱり吸う量はヴェポライザーのタンクでの計算がラクですね。

    あなたが使っているヴェポライザーのタンクの容量を確認しておきましょう。

    CBD量の調整が簡単なのは「吸うやつ」より「食べられる・飲むタイプ」

    CBD製品には吸うやつ以外にもグミやカプセルなどイロイロあります。

    *吸うやつ=リキッド、ワックス、カートリッジ、ペンなどなど

    リキッドは気化させて摂取しますが、グミはモグモグ食べて胃や腸から吸収させます。カプセルは飲むだけでオッケーです。

    グミとカプセルは即効性の面では吸うやつに劣りますが、1個何mgといった具合に配合量がハッキリしているので、摂取量が調整しやすいメリットがあります。

    例えばCBDグミ界イチ売れていると言っても過言ではない「ヘンプベイビー」のグミは、1粒5〜25mgのCBDが配合されています。

    1〜3粒程度をサクッと食べるだけで、1日に必要なCBDを気軽に摂取できますね。

    また最近注目されている「CBD腸溶性カプセル」。

    耐酸性カプセルとも呼ばれ、胃ではなく腸で吸収されるので吸うやつより吸収率が高い点が優れています。

    吸収率は、

    グミ<吸うやつ<腸溶性カプセル

    という具合に、右に行くほど高くなります。

    逆に即効性は、

    腸溶性カプセル<グミ<吸うやつ

    となり、カプセルがイチバン遅くなります。

    単純に摂取する量を簡単にしたければCBDグミやCBDカプセルがベストですが、効果が現れるまでに時間がかかってしまうことを覚えておきましょうね。

    CBD グミとは?場所を選ばない・たった1粒で十分過ぎる効果!

    まとめ・吸いすぎても横になっていればOK!

    さてさて、この記事では CBDリキッド を吸いすぎてしまった場合の対処法をご紹介してきました。具合が悪くなってしまったら横になって、時間が経てば元の状態に戻るのでご安心くださいね。過剰摂取は、科学的な根拠と私自身の経験から、深刻に心配する必要はありませんよ。

    ちなみに最近の人気はプラスウィード。間違いありません。コスパが高くて安全性が高いCBDリキッドをお探しの方は、ぜひチェックしてみてくださいませ。

    送料無料、最大10%オフ、ポイントバックアリ。ドンキホーテにもありますが、公式サイトで通販するのがイチバン賢い選択なのは間違いないですよ。

     

    プラスウィード!国産だから安心!公式サイトはコチラ

     

    プラスウィードの効果レビューはコチラからどうぞ^^

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ