+WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

    実感力を重視したフルスペクトラム系のCBD リキッドが人気ですが、値段が高くてちょっと手を出しにくい、って方も多いかと思います。

    コスパに優れていると話題の「+WEED(プラスウィード)」を実際に買って効果をレビューしてみました。

    フルスペ系が効くって聞いたけど、途中でやめてしまった…なんてことにならないように、まずは+WEEDをチェックして頂ければと思います。

    • 実際に他のメーカーと比べて値段は安いの?
    • 使い続けてみてどんな効果を実感できた?
    • どこで買うと1番お得なの?

    などなど、徹底検証して参ります。

     

    プラスウィードの公式サイトはコチラ!

    この記事の概要

    最大のメリット・コスパを重視したフルスペはココだけ!

    フルスペクトラムの製品を、1mgあたりのコストを比較してみた結果、やっぱり+WEEDが1番安上がりだと判明しました。

    まずはCBDリキッドのコスパを比較してみました。

    ◼️CBDリキッドの1mgあたりの価格を比較

     

    +WEED(プラスウィード)ファーマヘンプアステカ
    販売価格73.590円9.800円14.800円
    濃度60パーセント5パーセント10パーセント
    仕様フルスペクトラムフルスペクトラムフルスペクトラム
    CBD1mgの価格12.26円19.6円14.8円

     

    次にCBDカートリッジです。

    ◼️CBDカートリッジの1mgあたりの価格を比較

    +WEED(プラスウィード)ファーマヘンプアステカ
    販売価格7.700円14.800円8.800円
    内容量0.5ml1.0ml0.5ml
    濃度60パーセント40パーセント65パーセント
    仕様フルスペクトラムフルスペクトラムフルスペクトラム
    CBD1mgの価格25.66円37.0円27.07円

     

    実感力で選ぶなら、ピュア系よりフルスペクトラム系を選ぶことが鉄則ですが、一般的に価格が高くなってしまうことがネックでした

    CBDリキッドはサプリメントなので、しっかり継続させることが何より大事です。

    +WEEDであれば価格設定が安いだけでなく、初回限定でVape本体がついてきたり、消耗品であるアトマイザーが無料になったり、トータルでコスパに優れているので、最安&最短で健康を増進できる唯一のCBDなんですね。

    補足:フルスペクトラムとは?豊富な有効成分で相乗効果が期待できる

    CBD以外にも豊富なカンナビノイド成分を配合してあるのがフルスペクトラム製品。

    CBDだけを配合したピュア系にありがちな「パワーの低下」が起こりにくく、相乗効果のおかげで効果を実感しやすいメリット。

    ただ、一般的にピュア系より値段が高いものが多い。

    +WEEDをレビュー!たった3服で満足!

    今回は圧倒的な使いやすさと評判の高い「カートリッジタイプ」を選んでみました。

    使い捨てタイプは、リキッドが充填されているカートリッジ部分を取りかえるだけ、タンクを掃除したりリキッドを充填する必要がないのでかなり便利ですよ。

    バッテリーの部分はそのまま使いまわせるので、一体型の「ペン型」よりコスパが高く、経済的です。

    ちなみに、コンパクトなCBDペンも人気ですが、バッテリー部分も使い捨てなのでかなり高くついてしまうのがネックなんですね。

    で、まずはピーチシャンパン(ピュア系)から一服。

    ピーチシャンパン(ピュア系3%濃度)のレビュー

    いちおう予熱してから吸ってみます。

    ボタンを押しながら吸いこみます。。。

    うん、ピュア系ならではのスムーズな吸い心地。

    鼻から出すと、しっかりピーチ。甘ったるい感じではなく、スッキリしてますね。

    3服目でちょっとCBDの「あの感じ」がスタート。

    5服目で十分な感じですね。ピュア系はあまり深い追いするともったいないので。

    ナチュラルフレーバー(フルスペクトラム系60%濃度)のレビュー

    60パーセント濃度のナチュラルフレーバーを一服。

    1服目。。。しっかりしたキック感。。。

    油断してむせてしまいました 笑。

    鼻から出すと、ヘンプの芳香なフレーバーがしっかり。ピーチよりは青臭さがありますが、ちょうどいいヘンプ感。これまでのタイプとは全然違う感じ。

    うん、これはいいかも。。。もう一服します。

    うん、やっぱりキック感はちょっと強め。慣れてる人だと嬉しくなっちゃう感じですが、慣れてない人はボタン押しは半分の時間でいいかも。

    ん?肺で溜めている時点でCBD感がやってきました。

    かなりガッツリですね、さすが60パーセント!

    2服目でかなり十分ですが、初めてなのでもうちょっといってみます。

    3服目はもうキック感に慣れて、スムーズに吸いこめます。

    贅沢に早めに吐いて。。。

    あ〜これはもう十分ですね。

    3服目で十分、ガッツリいけました。

    3パーセントと比較にならないくらい、60パーセントはほんとキますね!

    時間ないけど一服したい!ってときは、ほんと1分、3服で済むのでいいですね。

    フルスペ高濃度+カートリッジ。スマートさが気に入りました!

    あまり深追いしないで、CBD感がはじまったらやめる、くらいがいいかと思います。深追いしても、最初のピークより深くならないですから。

     

    レビューした+WEED カートリッジはコチラ!

     

    +WEEDの味は?青臭さがなく圧倒的に吸いやすい!

    ピーチシャンパン味は、青臭さが気にならないのでめちゃくちゃ吸いやすかったです。個人的には、甘すぎるのはダメなんですが、甘さに苦味があるピーチなのでよかったですね。

    逆に玄人の方であれば「ネイチャーフレーバー」は余計な味つけがなく、本来の味が楽しめるのでおすすめですね。

    プラス ウィードを実際に吸ってみた効き目は?

    どれだけコスパが高くても、肝心の効果を実感できなければ意味がありませんよね。

    最初はわたしも初日でもバッチリCBD感をキャッチすることができました。

    まずは睡眠に対する効果ですね。

    毎日スノーボードをしている生活をしていると、疲れすぎて眠れないことがよくあります。とくに3日以上連続でゲレンデに行った日なんかは、カラダはバキバキなのにアタマが冴えて全然眠れなくなってしまいます。

    「今日は眠れなさそうだな」って日の夜に、お風呂上がりにカフェインなしの温かいお茶を飲みながら、スローテンポな音楽をかけて、+WEEDを2〜5服。

    吸って数分で例のCBD感がやってきます。

    リラックス感というか、ボワーっとしてくる感じですね。

    そこで歯磨きをして布団に入ると、20分もしないうちに眠りにつくことができました。

    朝が早いので22時には布団に入るんですが、いつもなら逆に目が冴えて布団の中でモンモンと2時間くらい経ってしまいますが、

    +WEEDを吸うことで自然と眠気がやってきましたね。

    また、睡眠の質のアップも実感できました。

    CBDにはノンレム睡眠を抑える効果があるんですが、夢をみることもなく、気がついたら朝になっている感じになっていました。

    長期的には疲労回復・1週間で翌朝のスッキリ感が違ってきた!

    以上は短期的に実感できた効き目ですが、長期的には疲労回復への効果です。

    夜22時から朝5時まで、しっかり7時間の睡眠をとれるようになりましたが、1週間くらいで日中のパフォーマンスが違ってきました。

    実感できるのは、ゲレンデで滑りはじめた瞬間。

    スノーボードは朝イチが勝負で、翌日の疲れが残っていると集中力が下がっているため、滑り方に満足できなくなってきます。

    +WEEDをとるようになって、朝イチでガンガンに攻められますし、パウダーの日は朝からナイターまで滑ってしまうくらい、疲労を感じなくなっていました。

    よく眠れると疲労がとれ、翌日のスッキリ感がまるで違ってきます。

    +WEEDは一般的にどんな効果が期待できるの?

    +WEEDにたっぷり配合されているCBD(カンナビジオール)は、ひと言で表現すると「恒常性の維持」という効果があります。

    恒常性というには「バランス」のことで、足りなければ多く、多すぎたら少なく、という作用が+WEEDの効果です。

    例えば、クラブに行って遊びまくった日をイメージしてみてください。

    さんざんお酒を飲みまくって、始発で家に帰ったのはいいものの、全然眠ることができません。

    そのまま何もせず無理やり布団に入って、いざ寝つけたと思ったら、寝すぎてしまい、そのまま対策をしないと昼夜が逆転してしまいますよね。

    そこでCBDリキッドの登場です。

    朝帰りしたあとに一服することで、忘れていた眠気がやってきて自然に寝つけるようになり、また寝すぎることがありせん。

    自然と本来のバランスが維持されるんですね。

    この「自然」というのがポイントで、睡眠薬のような無理やり感がありません。

    安易に処方薬に頼らず、カラダ本来の恒常性に働きかける。

    これが+WEEDの効果の本質なんですね。

     

    効果抜群!+WEEDの詳細はコチラ!

     

    +WEEDの害はほとんどない!

    健康被害はほとんどないことが研究を通して知られていますが、軽く副作用のような反応が起こる可能性があるそうです。

    以下の7つの症状が起こる可能性があります。

    • 喉が乾く
    • 血圧の低下
    • 眠気
    • 肝臓で酵素に反応して処方薬の効果を変化させてしまう
    • だるさ
    • 食欲がわかない
    • おなかがユルくなる

    また妊娠中や授乳中の方は使わない方が賢明だと言われていますね。

    ただ、繰り返しますが深刻になる必要はないかと思います。

    私が2013年から使い続けてきても、悪い影響を感じたことはありませんよ。

    また、依存性や耐性がつくなどが起こらないことがWHO(世界保健機関)で証明されているほどなので、安全性が高いのはお墨つきです。

    +WEEDの使い方・充填〜ミスト量調整〜予熱まで

    +WEEDにはリキッドタイプとカートリッジタイプ(使い捨て)の2種類あります。

    ほとんど使い方は同じですが、それぞれの使い方についてご紹介していきます。

    リキッドタイプの補充方法・充填して数十分待つ

    リキッドタイプはアトマイザーにリキッドを充填させて吸うタイプです。

    • プラスウィードキットのマウスピースを外して充填の準備

    まずはリキッドを充填するために、アトマイザーを開けましょう。アトマイザーは上部にある、リキッドを充填させるタンクのことです。口ににあてる部分(マウスピース)を左に回すとフタが開くようになっています。

    次にCBDリキッドのフタを開けます。チャイルドロックになっているので、フタを下に押しながら左に回すと開くようになっています。

    1つ注意点は、アトマイザーやリキッドのフタに、繊維や毛がつかないように気をつけましょう。

    多少ベタつくので、繊維がつきやすいく、特にアトマイザーはフタが閉まりにくくなってしまうこともあります。

    掃除するときは乾いたティッシュではなく、アルコールシートを使うといいでしょう。

    • アトマイザーのタンクにリキッドを充填する

    あまりリキッドを入れすぎないのがコツで、だいたい半分から80%くらいにしましょう。また、アトマイザーの端から入れるようにして、真ん中のコイル部分にリキッドが入らないように気をつけましょう。

    リキッドはスポイト状になっているので、はじめの1回は満タンにして、2回目に足りない分を足す感じですね。

    あ、それと充填する前にリキッドをよくふっておくようにしましょう。特にフルスペクトラム系は成分が分離している場合があるので。

    • 10〜20分くらい待つ

    リキッドを充填したらスグに吸いたいところですが、20分くらい待つ必要があります。

    アトマイザー内のウィック(綿)にリキッドが染みこんでからでないと、熱くなりすぎるだけでCBDが煙にのってきません。

    また空焚きが続くとコイルが故障してしまうこともあるので注意ですよ。

    +WEED(キット)の電源をオン!ライトが点滅したらスタンバイ

    さてさて、充填が終わったらプラスウィードキット本体の電源をオンににしましょう。

    手に持つ部分にあるボタンを「カチカチカチカチカチッ」と5回すばやく押すと、ライトが点滅してオン。これがスタンバイモードです。

    逆にもう一度5回スイッチを押すとオフになります。

    さらに2回すばやくボタンを押すと予熱がスタート。特にフルスペ系の場合はしっかり予熱させると気化しやすいのでおすすめです。

    もっと吸いやすく!電圧を変えてミスト量を調整

    ボタンを3回すばやく押すとLEDライトの色が変化します。

    ホワイトが電圧2.7ボルト、ブルーが3.1ボルト、レッドが3.6ボルトで、ホワイトが1番ミスト量が少なく、レッドが多くなります。

    例えばレッドにしていて喉が痛いな、と思ったらホワイトにして電圧を下げることでよりスムーズになります。

    逆にホワイトかブルーにしていて、もっとキック感が欲しいってときは、レッドにして電圧をあげるようにします。

    細いVape本体って電圧を調整できないものが多いんですが、このプラスウィードキットはかなり調子いいですね。

    またアトマイザーにある「穴」を調整することでミスト量を調整することができます。

    穴が1つの場合は少なく、3つを全開にすると多くなります。

    まとめると、電圧とアトマイザーの穴を調整すること、この2つでミスト量を調整することができます。

    カートリッジタイプの使い方・補充の必要ナシ

    カートリッジタイプ(スターターキット)の使い方は、リキッドタイプ(プラスウィードキット)とほとんど同じです。

    リキッドを補充する必要がなく、カートリッジ部分を使い捨てるだけなので手間がかからないのがメリットですね。

    アトマイザーに穴がないので、ミスト量の調整は電圧を変えることだけで行います。

     

    使い方簡単!+WEEDの詳細はコチラ!

     

    +WEEDの吸い方・10秒くらい肺でためてから吐きだす!

    普通のタバコとは違う吸い方なのでしっかり覚えておきましょう。

    吸いこんだらスグに吐きださず、10秒くらい肺でためてから、ゆっくり鼻から吐きだします。鼻の粘膜から吸収させるイメージですね。

    また、吸い方だけでなくセッティングも大事です。

    やるべきことはやっておいて、アロマやお香を焚いて、好きな音楽を用意して、ゆったりベイピングを楽しめる環境を作ってから一服すると、よりイイ時間を過ごせますよ。

    +WEED(本体)の充電方法・約2時間で完了!

    充電は付属のUSBケーブルを使います。micro USBを本体の底にある部分に差しこみ、AC-USBアダプターでコンセントか、パソコンで充電できます。

    充電が始まると本体の底が赤く光り、約2時間くらいで充電終了です。充電が終了するとライトが消えます。

    差しこむ向きを間違いように!

    よくある間違いがUSBケーブルを逆に差しこんでしまうこと。「つなげたけど充電されない」って場合はもう一度チェックしてみましょうね。

    また、まだ充電の必要ない場合、ライトが赤く光りますが、少し経つと消えるようになっています。

    ボタン部分がピカピカしたら充電サイン!

    使っていてボタン部分が点滅しだしたら充電のサインです。フルで充電してから使いましょう。

    +WEED(本体)が故障する原因4つ!

    +WEED(本体)が故障してしまう原因をまとめました。

    • アトマイザーのコイル部分(中央にある穴)にリキッドを入れない

    故障したり、液漏れの原因になります。また吸う際に口にリキッドが入ってきたりして楽しめません。もし間違ってコイル部分に入ってしまったら、息をふきかけてリキッドを飛ばしましょう。ちなみにリキッドの入れすぎにも注意しましょうね。

    • 空焚きしすぎに注意

    アトマイザーのコイルが熱くなりすぎて壊れる原因になります。新しいアトマイザーにリキッドを充填したら数十分は待ってから吸いましょう。

    • カートリッジのマウスピースを無理やり取ろうとしない

    カートリッジ部分は一体になっているので、分解できないようになっています。

    • 充電のしすぎに注意

    赤いライトが消えたら充電完了です。そのまま放置しないように、スグにケーブルを外しましょう。

    +WEED(リキッド)の回数・2週間から1ヶ月はもつ

    Vape本体によって異なりますが、CBDリキッド1瓶でだいたい2週間から〜1ヶ月で使いきる回数です。

    たとえば1番人気のリキッド10%濃度(1000mg)で計算してみると、1日の目安である20mgを毎日使うと50日になります。

    毎日50mgで20日間です。

    また目安の上限は100mgで、10日間で使いきる計算になりますが、正直これは多すぎると思います。

    20〜50mgを毎日使うと計算すると、だいたい20〜50日間で1瓶使いきる計算になりますね。

    実際使ってみたら、わたしの場合は25日間くらいもちました。

    +WEED(カートリッジ)の回数・だいたい100回くらい

    カートリッジタイプも吸いこむスピードによって異なってきますが、60%濃度であればだいたい100回くらいは吸えますね。

    1日に2〜5服して1週間から20日くらいでしょうか。

    リキッドのようにスパスパ吸うのではなく、セッティングをしてからじっくり楽しむようにするといいかもです。

    たとえばアロマを焚いて、スローなテンポの音楽を聴きながら、ソファーにどっしり座って一服。。。そんなイメージですね。

    +WEEDのアトマイザーの交換時期は?チェックポイントは4つ

    古いアトマイザーを使い続けてしまうと味が悪くなってしまうので、以下のタイミングで取り替えるようにしましょう。

    • 使いはじめて1ヶ月経った
    • 喉への抵抗感がハンパない
    • 味が悪くなってきた
    • コゲくさい

    ちなみにアトマイザーとは、プラスウィードキット(リキッドタイプ)に必要な消耗品で、コイルとウィック(綿)が一体になっているものです。

    +WEEDの公式サイトでは1個1.000円(税抜)で販売されていて、ポイントが33円分ついてきます。

    また定期コースであれば毎月無料なのでお得ですよ。

    【2020年最新版】売れ筋ランキング!

    +WEED(プラスウィード)の公式サイトで人気のある製品を、メリットや特徴と共にご紹介していきます。

    🟥第1位🟥:+WEED カートリッジ 60%濃度・便利さで選ぶならコレ!

    この記事でもご紹介しているカートリッジタイプ(フルスペクトラム系)が売れ筋1位です。

    人気の秘密はとにかく便利なこと。リキッドをわざわざ充填する必要がなく、本体はそのまま、カートリッジを買いかえるだけ。

    公式サイトの定期コースであれば初回限定で5.500円分の「プラスウィードキット」がセットでついてきます。

    またCBD1mgあたりの価格は、国内のメーカーの中でも低価格なので、続けやすいですね。

    +WEEDファーマヘンプアステカ
    販売価格7.700円14.800円8.800円
    内容量0.5ml1.0ml0.5ml
    濃度60パーセント40パーセント65パーセント
    仕様フルスペクトラムフルスペクトラムフルスペクトラム
    CBD1mgの価格25.66円37.0円27.07円

     

    +WEED カートリッジの詳細はコチラ!

     

    第2位:+WEED リキッド 10%濃度・コスパの良さと吸いやすさがウリ!

    +WEEDのラインナップの中でもコストパフォーマンスに優れたピュア系が2位です。

    ピュア系はフルスペクトラムと比べて吸いやすいので初心者の方にも扱いやすいと思いますよ。

    フレーバーはピーチシャンパンが人気で、普通のピーチより深みのある感じ。

    定期コースであればプラスウィードキットが無料、消耗品であるアトマイザーが毎月1個無料です。

    また1個からでも送料無料(10.000円以上)なので、ドンキホーテにわざわざ行くよりお得ですね。

     

    +WEED リキッドの詳細はコチラ!

     

    第3位:+WEED パウダー・純度99%!使い方イロイロ

    そのまま食べたり、お酒に混ぜたり、リキッドに混ぜて濃度を上げたり、いろんな使い方ができるCBDパウダーも人気のようです。

    個人的には価格の安さに驚いてます。他のメーカーとくらべて半額くらいなので掘りだしものですよ!

     

    +WEED パウダーの詳細はコチラ!

     

    +WEEDはフルスペクトラム系、ピュア系どちらを選ぶべき?

    +WEEDには、大きく分けてフルスペクトラム系とピュア系がありますが、

    • 実感力を重視するならフルスペクトラム
    • コスパと吸いやすさを重視するならピュア系

    これを基準に選んでおくといいでしょう。

    フルスペクトラムは、ちょっとキック感が強めですが効果はバツグンです。

    ピュア系は、吸い続けるとパワーが落ちてくるデメリットはありますが、スムーズなベイパーを楽しむことができます。またフルスペと比べると低価格です。

    ランキング1位のカートリッジはフルスペクトラム、2位、3位はピュア系になります。

    好みもありますが、やっぱり今の流行はフルスペ系なので、初めての方でも挑戦してみる価値はあるかと。

    かなりガッツリなんで、CBD感をキャッチしやすいはずです。

    ウィードはペン型なのでコンパクト!

    プラスウィードのVape本体はコンパクトなので、大きさで選ぶならカートリッジ、リキッドどちらでもOKです。

    ただ、利便性で選ぶならカートリッジタイプがいいかと。

    リキッドを充填する手間がなく、カートリッジ部分を使い捨てるだけなので扱いやすいです。

    リキッドタイプは、アトマイザーを掃除する手間があります。

    +WEED cbd

    +WEEDのスターターキットは初めての方に!

    初めての方は、やっぱり全部がセットになっている方がいいかと思います。

    +WEEDのスターターキットは以下がセットになっています。

    • カートリッジ(リキッドが充填されている)
    • バッテリー本体(使いまわせるのでコスパがいい)
    • USBケーブル

    カートリッジを交換するタイプで、8500円(税抜)。

    他のメーカーと比べても低価格で、しっかり電圧の切りかえ機能がついているので、申し分ないですよ^^

    +WEEDは100%違法ではないのでご安心を!

    +WEEDは茎と種から成分を抽出した製品なので、日本で使っていても違法ではありません。

    しっかり厚労省に証明書を提出した安全性が証明されているものです。

    逆に、許可を得ていないものは違法成分(THC)が入っている場合があるので、+WEED以外のCBDリキッド、とくに海外から個人輸入する際は気をつけてくださいね。

    +WEEDの口コミを5つ集めてみた!

    ネット上で+WEEDの口コミや評価を集めてみました。

    *著作権の観点から、意味はそのままで文章を変えています。

    +WEEDの口コミ①:名前 Sさん

    定期コースでの購入です。フレーバーにクセがあったらイヤだな〜と思っていたんですが、ピーチシャンパンは甘すぎず吸いやすかったです。CBD感の余韻もいい感じで気に入っています。

    +WEEDの口コミ②:名前 Kさん

    禁煙のために始めましたが、タバコよりもコストがかからない上に健康にもいいなんて!これからも続けていきます。

    +WEEDの口コミ③:名前 Eさん

    これまでいろんなCBDを試してきましたが、プラスウィードが1番気に入っています。

    +WEEDの口コミ④:名前 Yさん

    低濃度の3パーセントを選んでみましたが、しっかりCBDのほっこりした感じを味わえます。ヘンプっぽくない甘いフレーバーなので、タバコを吸わない僕でも楽しめてます。

    +WEEDの口コミ⑤:名前 Aさん

    わからないことがあって質問してみたら、スグに返信がきました。サポート体制がわかりやすいと感じました。

    +WEEDの評判まとめ・ネガティブな感想ナシ!

    まだ口コミ評判が少ない印象でしたが、7〜8割の方がなにかしらポジティブな効果を実感しているようでした。

    とくに多かった感想は、

    • フレーバーが甘めで吸いやすい!

    というものでした。

    フルスペクトラム系はヘンプの青臭さが出てしまうこともありますが、+WEEDのフレーバーには定評があるようです。

    また

    • 3パーンセント濃度でも効果を実感できた!

    という口コミもあったのは、ちょっと驚きでした。

    というのも、低濃度ではCBD感をキャッチしづらい人が多く、「効果ナシ!」なんてレビューしている人がいるのを見かけるんですね。

    あとは

    • 電話のサポートが丁寧だった

    というのも多かったです。

    +WEEDはamazonで取り扱いナシ!

    そもそもアマゾンではCBD製品の取り扱いがありません。

    2013年あたりまでは売っていたんですが…

    噂ではアマゾンオリジナルのCBDの販売を画策しているとかいないとか。

    楽天で買うとマージンが発生するので高くつく

    楽天市場での取り扱いはありますが、中間マージンが発生するので公式サイトより高くついてしまいます。

    定期コースとの差は歴然ですし、1個でもポイントが数%も違ってくるので注意が必要です。

    +WEEDはドンキではなく公式サイトがダンゼンお得!

    近くにドンキホーテがあれば別ですが、わざわざ交通費をかけてもポイントや特典がつかないので公式サイトの方がダンゼンお得です。

    まずは送料無料

    また最大10%オフ、ポイント3%バック、初回にVape本体がついてきて、さらに消耗品のアトマイザーがついてきます。

    CBDリキッドはイロイロとコストがかかってしまいますが、+WEEDの公式サイトであればまさに至れり尽せりって感じですよ。

     

    ドンキよりお得!+WEEDはコチラ!

     

    以下追記になります。

    CBDとは・どんな症状に効能が期待されている?

    以上はプラスウィードの製品についてご紹介してきましたが、もっと一般的な情報について追記していきたいと思います。

    そもそもCBDってどんなものなのか、メリットやデメリットについて、実体験をもとに科学的なエビデンスについても検証していきます。

    有効成分「CBD(カンナビジオール)」とは?

    近年、CBDと呼ばれる有効成分が日本国内で健康にいいという理由で急速に注目を集めつつあります。

    欧米では「必需品」に該当するくらいポピュラーなサプリメントです。

    この有効成分の正式名称は「カンナビジオール」というもので、ヘンプから抽出される成分のことです。

    麻に含まれる成分は総称して「カンナビノイド」と呼ばれているのですが、CBDはカンナビノイドのうちおよそ40パーセントも占めています。

    一般的にリキッドで吸引することができますが、最近人気なのはエディブルグミで服用することです。

    エディブルグミで摂取する場合、直接口から食べるだけで簡単、手軽に持ち運びができる、周りの目を気にしないで飲べられるなどのメリットがあります。

    そのため、仕事先をはじめ外出先などに気軽に携帯が可能です。

    ヘンプのもう一つの有効成分として、テトラヒドロカンナビノールという成分もありますが、テトラヒドロカンナビノールを摂取すると、高揚感や時間感覚の歪み、五感が鋭敏になるなどの強い向精神作用があります。

    いわゆる「ハイ」の状態になるので、法律的には摂取するのは禁止されています。

    CBDには一切、向精神作用がないことから、仕事の休憩時間をはじめ食事の前後などに気軽に愛飲することができ、もちろん日本では合法になります。

    CBDはどんな症状に効能が期待されているのか?

    CBDの効果を謳うことは薬機法で禁止されていますが、研究対象とされている症状についてご紹介していきます。

    CBDオイルの摂取で、リウマチの炎症や痛み防止効果を期待することができます。

    そもそもリウマチは、ウイルス感染や過労、ストレスが原因で身体の免疫機能が正常に働かなくなることで生じます。

    免疫機能がきちんと働かないと、自らの関節を攻撃して炎症や腫れや痛みなどの症状をもたらすことになるのです。

    その点、CBDには痛みを和らげる作用があることから、症状が軽くなります。

    その他にも、CBDオイルには高い抗酸化力があることから、アトピーを緩和する効果もあります。

    そもそもアトピーも免疫機能が低下することで、肌にかゆみや湿疹などの症状を引き起こすものです。

    その点、CBDオイルには免疫機能を低下させる活性酸素の蓄積を防ぐことができるので、アトピーが緩和されるというわけです。

    最後に、CBDはガン治療にも有効だと考えられています。

    CBDには抗ガン作用があることが研究で判明していて、実際、アメリカをはじめとする国ではガン治療に活用しているのです。

    研究によると、CBDオイルを継続して摂取することで腫瘍を縮小させる作用があるとのことです。

    さらに、化学治療にCBDを併せて投与することで、吐き気などの副作用を抑える効果があることも分かっています。

    プラスウィードの公式サイトはコチラ!

     

    CBDが効かない・効果ないと感じたら?試してほしい対処法2つ

    CBDオイルを摂取すれば、ひと言で表現すると生活のバランスを整える効果が期待できます。

    即効性が高いものですが、CBDオイルを摂取しているのに効果がないと訴える人も少なくありません。

    実は、CBDの効果が出る時間は体質や症状によって異なります。

    同じ量をきちんと摂取したとしても、すぐに効果がある人と効かない人がいるのです。

    CBDオイルの効果がない場合は、まずは少なくとも2週間は継続して摂取するように心がけると良いといわれています。

    そもそもCBDは、長期間にわたって使い続けるほどに効果が出やすくなるといわれています。

    CBDを摂取し続けると徐々に体内に蓄積されていくため、少ない摂取量でも効果が発揮されやすくなるからです。

    もう1つの対処法は、CBDオイルの摂取量を増やしてみることです。

    CBDオイルの1日の摂取目安は、25ミリグラムだと言われていて、ほとんどの方は1日の摂取量を守れば効果を実感することができるはずです。

    しかし、個人によって適切な摂取量は異なるため、25ミリグラムでは効果がないこともあるのです。

    CBDは過剰摂取しても副作用が生じるリスクがほとんどないので、もしも効果を感じないのであれば、自分なりに量を増やしたり減らしたりしながら、自分の最適な量を見つけるといいですよ。

    ちなみに、1日あたり1.280mgを4週間続けても過剰摂取にならないという研究結果もあるので、思いきって量を増やしても安全です。

    CBDの副作用はほとんどない!けど気をつけたいこともあります

    CBDオイルは植物由来の成分なので、はじめて摂取したとしても強い副作用が起こることはないといわれています。

    しかし、副作用がまったく起こらないわけではなく、体質によっては摂取時に予想していない症状が現れることがあります。

    たとえば、高濃度のCBDオイルをたくさん摂取した際には強い眠気を感じることがあります。

    そもそもCBDには高いリラックス効果があるため、たくさん摂取すると眠たくなってしまうということです。

    したがって、車を運転する前には念のためにCBDを摂取するのは控えた方がいいです。

    また、喉が渇くこともCBDの典型的な副作用だといえます。

    唾液を分泌する器官の中にカンナビノイド受容体というものがあるのですが、CBDが受容体に強い影響を与えることで口が乾燥しやすくなります。

    口が乾燥するといっても健康に悪影響を及ぼすものではないので、あまり危惧しなくても大丈夫です。

    最後に、CBDには心をリラックスさせて欲を抑えるという効果もあります。

    このことから、CBDオイルを摂取すると稀に食欲が減るなどの副作用が生じることがあります。

    このため、ダイエットをしたい方が食後にCBDオイルを摂取すれば、ダイエット補助剤として活用することが可能です。

     

    副作用の心配なし!プラスウィードを見てみる

     

     

    ↓2020年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドを厳選【高濃度】↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    忖度なんてしてらんない・高濃度CBDリキッドを厳選!

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ