CBDリキッドは喉にツライ?むせる原因と対処法

・美味しい
・コスパが良い
・効果の実感が早い

・・・と、いいことづくめなCBDリキッドですが、デメリットも無いわけではありません。

それは、吸引した時に感じる喉の痛みや辛みでむせることです。

この記事では、初めてCBDリキッドを購入される方に知っておいていただきたい「ヒット感」や「アタック感」についてまとめてあります。

CBDリキッドの喉への刺激は仕方ない?

CBDリキッドのレビューなどを見ると、このような喉の刺激は「ヒット感」「アタック感」などと呼ばれているようです。CBDが含まれていないリキッドを吸ってもこのような刺激はありませんから、この「ヒット感」「アタック感」はCBD独特のものです。

感じ方にはかなり個人差があり、ほとんど気にならない方もいれば、むせてしまう方もいらっしゃいます。特に喫煙経験のない方は、煙(蒸気)を吸い込むこと自体に抵抗があるでしょうから、喫煙者よりは刺激を感じやすいかもしれません。

タバコと違って、CBDリキッドは喘息の方でも問題なく吸っていただけるものですから、この刺激は決して身体に害のあるものではありません

でも、嗜好品である以上、使用感はとても大事ですよね!

刺激がマイルドでむせにくいリキッドのメーカーは?

CBDが高濃度のものほどむせやすいというわけではなく、メーカーや吸い方にもよるようです。

喉への痛みが少ないという点でのむせてしまう方におすすめのメーカーは、個人的には

1位:ファーマヘンプ

最強?PharmaHemp PREMIUM BLACK CBDリキッドを徹底レビュー

2位:Koi CBDリキッド

3位:ナチュール

の順番で吸いやすい気がします。

次に吸い方の問題ですが、CBDリキッドを吸うためのVAPEという機器は、「アトマイザー」と、それを動作させるための「バッテリー」から成っています。

この「アトマイザー」の部分がCBDリキッドを水蒸気化してくれるのですが、これもさらにいくつかのパーツで構成されています。

CBDリキッドの刺激をなるべく感じないように、これらのパーツを調整したり、アトマイザーそのものを交換したりして、皆さん味や水蒸気の量などを工夫することである程度は緩和できます。

初心者なので、それはちょっとハードルが高い!という方、もしくはどうしても喉の刺激がツライという方は、無理をせずに、まずはオイルタイプなど他のものを使用しましょう。

でも、どうしてもCBDリキッドにチャレンジしてみたい!という方は、「喉に痛みや刺激を感じることがある」という事を理解された上で、ご購入をお願いします。

以下ではいままで私が体験したCBD製品をランキングでご紹介しています。

【更新中】都会でオーガニックに生きる!CBDランキング

 

 

↓2017年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓