CBD リキッドを使って死亡!!??【勘違いする前に】

    「CBDって使ってみたいけど、体に悪い影響がないのか心配」って方も少なくないかと思います。

    そんな中、2019年にVape(ベイプ)で死亡事故が起こってしまいました。

    Vape用リキッドを使って死亡!?
    https://www.businessinsider.com/category/vaping?utm_source=intl&utm_medium=ingest

    気になりますよね。

    日本ではなくアメリカですが、CBDリキッドで事故につながってしまう可能性はあるのでしょうか?

    結論から言うと、信頼のできるショップで買っておけば、思いもよらない副作用に悩むことはありません。ただ、海外から個人輸入する場合は、知っておかないと肺にダメージを与えてしまうような製品をつかまされる危険性があります。

    あらゆるニュースを網羅して、管理人なりに検証してみましたので、リスクが気になる方は続きを読んでみてくださいね。

     

    死亡原因となった成分の混入なし!国産CBDはコチラ

     

    CBDリキッドで死亡?いやいや悪者は添加物の「ビタミンEアセテート」

    2019年、アメリカでベイプ用リキッドによる死亡事故の報道が流れ、世界中が震撼とさせられました。

    ただ、「そんなはずはない」という世界の衝撃の受け方と異なり日本人の場合は、「やっぱりCBDリキッドってキケンなものだったのね」と妙に納得してしまう方の数が多かったはずです。

    取締法があり所持も譲渡も強く禁止されているため、日本人はヘンプに対して強い忌避感情を持っているのです。

    実際に違法となるのはヘンプから抽出されるTHCという成分、しかし合法のはずのCBDリキッドさえ怖いからと遠ざけてしまって、モッタイナイことです。

    とはいえ、キケンと言っても中毒症状に苦しめられるといった程度のイメージだったはずで、まさか死亡事故という最悪なケースまで至るとはと日本人だって衝撃だったことでしょう。

    事件後さっそくアメリカでは調査が開始されました。

    日本以上にCBDが、そしてTHCやベイプも身近な国ですから何が悪者か原因が分からないことには誰もが枕を高くして眠ることができません。

    そして、CBDリキッドを吸引することでの死亡例は過去にまったくなかったこともあり、早い段階でCBDは容疑者から外されたのです。

    次に候補に挙がってきたのがTHC、日本では違法とされる成分です。

    とはいえアメリカの一部の州では合法、フルスペクトラム系のCBDリキッドにだって当たり前に含まれておりだれもが普通に摂取されているのです。

    そもそもベイプだって20年ほどの歴史しかない、THCとベイプのどっちが悪いのか・容疑者は2つに絞られました。

    ですが死亡した人たち皆に共通して見つかったのは、CBDでもTHCやベイプでも無かったのです。

    被害者たちはCBDリキッドではなく、非合法のTHCリキッドを買っていました。

    アメリカにはTHCが合法の州もあり、自由に売買できるはずなのにと日本人はきっと不思議に思われることでしょう。

    実は正規の品だと重い税金が課せられていることもあり、お金を持たない貧困層は買えずにいたのです。

    法律違反だと国内にはめったに出まわらないからこそ、どれだけお値段が高くってもなんとかお金を捻出してTHC製品を買うという日本とは正反対です。

    アメリカで出まわっていた安い・けれども粗悪な製品の中に共通して入っていたのは「ビタミンEアセテート」という成分です。

    CBDリキッドを使ったからと言って、日本では違法なTHCが入っていたとしても死亡するようなことはありません。

    変わらずCBDリキッドを使っても大丈夫ですよ、悪者はビタミンEアセテートというだったのです。

    THCリキッドに混ぜ物?違法の製品に混入している「アレ」

    Vape(ベイプ)で肺に水や油がたまるリスク

    CBDリキッドを使用しての死亡事故の例はありません。

    THCと同じくキケンな成分と怖がり近づけずにいる日本人も多いですが、ぜひ日々の生活に取りいれることをご検討いただきたい。

    スムーズな毎日を送るのにきっと役立ってくれるはずです。

    何しろこの度の事件の諸悪の根源はビタミンEアセテート、この成分のこともっと詳しく見ていくこととしましょう。

    「ビタミンE」とあるから体に必須な栄養素と思ってしまってるでしょう、ビタミンEが酸化しにくいようにエステル化・すなわち化学修飾が施されたもので人工的に作られた成分です。

    もちろん自然由来のものなら安全・人工物はキケンという分け方自体、短絡的です。あのTHCもヘンプという植物を由来とする自然のものなのです。

    でも日本では違法となってるでしょう。

    そして、同じくヘンプから作られたCBDリキッドは合法です。

    ややこしいことに、ビタミンEアセテートはというと使い方によって死亡事故を起こすようなキケンな犯人となることもあれば我々の役に立つ成分となることもあります。実際に、ビタミンEアセテートはさまざまな化粧品や医薬品に配合され活躍しています。

    お肌への浸透が良い・保湿効果が高いと評判なのです。

    粘度が高い油性のこの液体、混ぜこむととろみが増します。まるでTHCがたっぷり入ってるみたい、そこに悪徳業者が目を付けてしまったのです。濃度が高い製品ほど高値で取引されるのはCBDリキッドもTHCリキッドも同じです。

    この度の死亡事故はTHCリキッドが用いられていましたが、CBDリキッドで発生してもおかしくはなかったのです。

    本当にTHCが大量に配合されてるわけではないのですから、THCの効果がしっかりと得られたなんてことはありません。

    むしろ、気化された肺に入ってきたビタミンEアセテートは熱をうしなう中でまた固まり、患者の肺にはまるでラードのようなものが絡みついていたと言います。

    一度温められて液状化・肺の段階で冷めて粘度が高くなり絡みついたというのが原因です。

    お肌への塗布や経口摂取が悪影響をおよぼすようなことはなし、ビタミンEアセテートだからやばいといった誤った知識を身に付けないことです。

    ここで重要となるのは、国で正式に認められていないような粗悪なものに手を出してしまったということです。

    ちなみに、自然由来のものなら安全というのはある意味正しいことなのかもしれません。CBDリキッドだけでなく日本では違法のTHCリキッドだって、死亡事故の例はないのです。

     

    死亡事故の心配なし!日本産のCBDリキッドはコチラ

    (プラスウィード公式サイトへ)

     

    赤ちゃんが死亡したブルーベービー症候群の原因「硝酸態窒素」

    ドンキホーテとかに行けば、日本国内でも普通にCBDリキッドが手に入るようになりました。

    その手軽さゆえに、今回の死亡事故とはとてもイメージが重ならなかったという方もいるはずです。

    でもそれは正規の品だから、CBDリキッドだって粗悪なものはやばいのです。

    ビタミンEアセテートが混入しているかもしれません。

    日本だと違法とされるTHCが配合されていてもおかしくはないのです。

    その他にもどんな恐ろしい成分を体内に取りこむこととなるか、目先のお得さに目がくらんでませんか。

    結局は医療費がたくさんかかるのならば本末転倒です。ましてや命を落とすこととなったら、もう二度と死亡事故など起こってはならないのです。

    CBDの原料となるのはヘンプという植物です。CBDリキッドを試してみようと考えた方、お値段けっこうすることに驚かれたはずです。さぞや生育の難しい希少な植物なのだろうと思われているかもしれません。

    でもそれは誤解、実はヘンプはどんな不毛な土地でも育つ育てやすい植物なのです。取締法ができるまでは、日本でも普通に栽培農家が多数存在したのです。

    もしもそれが正規の品であれば、ヘンプの段階からこだわりの土壌で育てられ与える肥料についても徹底管理されているはずです。

    だってヘンプは不純物を蓄積しやすいという特徴を持っているのです。

    不毛な土地で育てられたヘンプの中にはその土地の持つ危険な成分がたっぷり入っているということ、そんなヘンプを由来とするCBDリキッドを使っていたら死亡はせずとも体調に悪影響を受けてしまいます。

    悪徳業者が第一に考えるのは金儲け、安く手に入る不毛な土地で少しでも多く大きく育てられたら材料費は安く抑えられます。

    そこでたっぷりの肥料が与えられますこととなるのですが、肥料を与え過ぎると硝酸態窒素という成分が過剰に蓄積してしまう、それもまたヘンプの特徴なのです。

    同じくアメリカ、1950年代のことですが赤ちゃんの突然死が多発します。

    ブルーベービー症候群と言われるこちら、その原因が硝酸態窒素だったのです。

    今のところはCBDリキッドによる日本での死亡事故も健康被害の報告もありませんが、今後も大丈夫とは言いきれないでしょう。

    小さな赤ちゃんだからこそ強く影響を受けてしまったのだという考え方もありますが、自身の体内に残った悪い成分が、結婚し子を宿した時にその子に影響を及ぼさないという保証もないのです。

    THCリキッドは個人輸入しちゃダメ【増粘剤が混入しているリスク】

    THCリキッドで死亡したアメリカの事件、日本への影響は?

    「ベイプ用リキッドを使って死亡した」、このニュースを受けてアメリカではその当時ベイプそのものを禁止しようという動きさえ見られました。

    結局、原因はベイプじゃあありませんでした。

    CBDリキッドやTHCリキッドでもなくビタミンEアセテートという意外なものだったのですが、今も尚この事件以前と比べてベイプ関連のルールは一部厳しく規制されたままです。

    販売停止となった機種さえもあります。

    一般的なタバコが活躍の場を失っていくこととなっている中で、日本たばこ産業はブルームテックやアイコスといった製品を世の中に送り出しました。

    これらもまた、使用は規制されてしまうのでしょうか。

    実はアイコスなどは加熱式タバコ、アメリカで問題視された電子タバコとは異なります。つまりこの度の事件とは一切関係ないのです。

    ベイパー(蒸気)を楽しむからベイプ、電子タバコはCBDリキッドやTHCリキッドといった溶液を加熱し気化して摂取します。

    それに対し加熱式タバコはたばこ葉の入ったスティックを加熱するためのデバイスです。ビタミンEアセテートが入り込む余地はなし、もちろんタバコを吸っているのと同じことですからニコチンなどの害はありますが、少なくとも死亡事故に発展するようなことは無いでしょう。

    アメリカで被害に遭った方たちが使っていたのはTHCリキッドの粗悪品です。

    そもそもTHC自体が違法ですから、アメリカで問題となったリキッド製品が日本で出まわっているはずもありません。

    アメリカでは60人もの方が死亡した大惨事となったこの事件、どうやら日本は対岸の火事でいられるようです。

    ただし、日本でだってCBDリキッドが・そしてベイプが少しずつ広まっている中で、いつ火の粉が飛んでこないとは限らないです。

    油断は禁物です。

    今のところ、日本のCBDリキッドにビタミンEアセテートが混入していたといった報告はなされていません。

    ですがアンダーグラウンドで取引されていないとは言いきれません。THCを違法に所持していた有名芸能人の逮捕のニュースだって、ちょくちょく聞こえてきます。

    多くの犠牲者を出したこの事件、でもそもそも利用者の安全性は二の次と考えていた悪徳業者たちがビタミンEアセテート入り製品を自主回収しようなんて殊勝な考えをもつはずはないのです。

    死亡事故なんて恐ろしいことを起こさないためにも、CBDリキッドの買い方を今一度考えるべきです。

    CBD リキッドを売ってる場所まとめ

    粗悪なリキッドで健康を害する前に、私たちが気を付けること

    ドンキホーテに行くと、CBDリキッドはサプリメントコーナーに置かれてます。

    健康な毎日を送りたいと思って取りいれるCBDリキッドで、死亡事故なんて恐ろしい結末は決して起きてほしくはありません。

    ドンキホーテなら正規の品のみが並んでいますが、インターネットでの購入だと悪徳業者も製品と行き当たる可能性は高いです。

    もしかしたら日本では違法のTHCやアメリカで赤ちゃんたちを殺した硝酸態窒素も入っているかもしれません。

    専門家である税関職員だって見た目だけで判断することは不可能、だからこそ海外から取り寄せるた製品の中には開封されて届くものもあるのです。

    そのことに不満を言ってはいけません、もしビタミンEアセテート入りCBDリキッドを摂取したら死亡してしまうのです。

    自身の身を守るためにも、品質の高さを第一に選ぶようにしましょう。

    口コミ評判なども見て、信頼できるショップで買うことです。

    CBDリキッドは、CBD単一よりもさまざまなカンナビノイドが入ってる方がアントラージュ効果が得られるのでおすすめです。

    なので海外ではTHC入りフルスペ系製品も多数あり、これを日本で取り寄せたら逮捕です。メーカー側は悪徳商売しようとはこれっぽっちも考えておらず親切心からやってることも、キケンなのは悪徳業者だけではないので厄介です。

    海外にて口コミ評判ばっちり、そんなCBDリキッドなら少なくとも死亡事故は防ぐことができるでしょうが捕まってしまったら元も子もない、日本での評判こそ気にかけるべきです。

    サプリのように日々の日常に取り入れるCBDリキッド、お値段のお得さこそ第一ポイントに選んでませんか。悪徳業者の目的は金儲け、だから粗悪品はお値段も高いはずという考え方はまちがってます。

    不毛な土地なら地代は安く、でもたっぷり肥料を入れればヘンプはすくすくと育ちます。安く手に入れた材料、抽出も高い機械不要で安価に大量抽出できる方法はあります。

    ただこの方法、余計な化学成分が残ってしまうのでキケンなのです。

    粗悪なCBDリキッドこそ安く作れてしまう。

    もしも死亡の可能性さえあるビタミンEアセテートを配合すれば、CBD自体の量も減らせます。CBDリキッドで死亡のニュース、誤報でしたがいつ現実とならないとも限りません。

    2021年になって一気に取り扱い店舗が増えた感のあるCBD。特にネットで買う際は気をつけていただきたいと思います。

     

    死亡事故の心配なし!日本産のCBDリキッドはコチラ

    (プラスウィード公式サイトへ)

     

    関連記事:

    CBDリキッドの「やばい」ヤツが入荷しました

    THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

    CBDオイルは陰部に塗るものではなく「飲んだり吸ったり」するもの

     

    (Visited 1,385 times, 1 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ