CBD リキッドを使って死亡!!??【勘違いする前に】

    CBD リキッドを使う上で気になるのが副作用ですが、2019年になって嫌なニュースを目にすることが増えてきました。

    Vape用リキッドを使って死亡!?
    https://www.businessinsider.com/category/vaping?utm_source=intl&utm_medium=ingest

    これはちょっと無視できませんね。

    Vape(ベイプ)が原因で健康を害してしまう可能性があることが最近アメリカを中心に明らかになってきているようですが、実際のところどうなのでしょうか。

    日本国内で手に入るCBDリキッドは大丈夫なのか、詳しく調べてみたので、ご紹介していきます。

    CBD リキッドを使って死亡?少なくともTHCや混入物が入っていなければ大丈夫

    アメリカではVapeに関係するルールの一部が厳しくなったり、販売停止になっているそうです。

    2019年の数ヶ月で死亡する例が相次いでしまったからです。

    でも、CBDリキッドを吸引して死亡した例は見つかっていないようです

    日本では禁止されている成分「THC(テトラヒドロカンナビノール)」を使っていたことが濃厚、ということでした。

    「濃厚」というのは、詳しい原因はわかっていない、ということです。

    死亡した原因がリキッドなのか、デバイスのコイルの金属なのか、まだまだ未知数、という見解です。

    Vapeが一般的に使われるようになって、まだ20年くらいしか経ってしないこともあるので、「Vapeが体に悪影響を与える」と断定することはできません。

    信頼のできるショップで買うのが鉄則!

    日本でも人気の兆しを見せはじめているCBD製品ですが、安いから、という理由だけで、よくわからないサイトで通販するのは控えるようにして欲しいと願っています。

    違法とされている成分THCや、体に悪い成分が混入している可能性は、完全には否定できないからです。

    中には成分分析を明らかにしていないメーカーから輸入している製品もあるようです。

    CBD製品の中でも、気化させて吸うタイプのリキッドは、飲むタイプより吸収率が高く、吸いすぎてしまった場合に、予期しない反応が出てしまう恐れがあります。

    私がいつも利用させてもらっている「Vapemania(ベイプマニア)」であれば、余計な心配はせずに済む話なのですが….

    成分分析が明らかになっている、厚生労働省の厳正な審査をパスした製品だけを取り扱っているからです。

    また、健康意識の高い人に人気のCBDワックスや、使い捨てタイプのCBDカートリッジなど、目的にあった製品を選ぶことができます。

    まとめ

    この記事では、アメリカで問題となっているVape用リキッドの死亡例についてご紹介してきました。

    まとめると、

    • 違法成分THCの吸いすぎで死亡した可能性が高い
    • 詳細な因果関係は明らかになっていない
    • よくわからないお店で買うのは控えたほうがイイ

    こんな感じでした。

    2019年になって一気に取り扱い店舗が増えた感のあるCBD。特にネットで買う際は気をつけていただきたいと思います。

     

    ↓2020年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドを厳選【高濃度】↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    忖度なんてしてらんない・高濃度CBDリキッドを厳選!

    ↓オイル、リキッド、ワックス、カートリッジ、グミ…。最強の1本は?↓

     

    オールジャンルでランダムに「最強」なヤツを集めてみた!