CBGは「きまる」?きまらないけど実際に使ってみたらヤバかった!

    「きまる・決まる・キマる」と表記の仕方はさまざまありますが、取りあえず精神活性作用があればきまることとなります。

    きまるかきまらないかって、重要なことです。

    だってTHCが違法でCBDが合法なのは「THCだときまってCBDはきまらない」ことこそが決めてだから、構造もよく似てるし化学式も同じ成分です。

    原子配置がちがって構造がちがうことから、生体への効果にちがいが出るみたいです。

    ヘンプのカンナビノイド類はどれもがどこか似通っていて、一方で180度ちがった部分もあるからややこしい。

    次々とカンナビノイドが日本にも広まっていく中で、THCよりもきまるはずのTHC-Oが合法となってたりするのもややこしいですよね。

    合法なのではなく単に政府の対応が追いついてなくて違法にしてないだけ、日本政府も認める安全安心な成分なんだと思われてはいけません。

    HHCが突然に規制されて、駆けこみの行列が2000人も連なっていたニュース映像をご覧になった方もいるでしょう。

    CBGについても自身の身を守るためには、「違法か合法」かよりも「きまるかきまらないか」を基準に見ていった方が良さそうです。

    CBGは「きまる(=キマる)」?カラダにどんな影響がある?

    CBG(カンナビゲロール)、日本だとまだご存じない方が多いでしょうがすでに海外ではアイソレート商品が売られています。

    海外で当たり前に使われてるから、「きまらない」と捉えるのは早急です。

    THCが合法の国もあります。

    THCも含まれたフルスペクトラムのCBDリキッドも、世界にはたくさん出回っているのです。

    THCオンリーならきまる、でもフルスペクトラムとなりCBDなど他のカンナビノイドと共に配合されると、悪い作用を打ち消しあうのできまることはありません。

    むしろ相乗効果が期待されるので、フルスペクトラムは評価が高いのです。

    でも日本だととにかく違法、THC入り製品は手にしちゃダメですよ。

    CBGはどうなのでしょう。

    CBGはアイソレートとフルスペクトラム、どちらを使用したとしてもきまることはありません。

    CBDと同じく精神活性作用がないのです。

    まったく同じではなく、CB1受容体とCB2受容体のいずれにも結合しないCBDとちがってCBGはCB2受容体には結合する、という特徴を持っています。

    恐ろしいのは脳神経に直接作用し精神活性作用をもたらすこと、俗にいう「きまった」状態ですね。

    過剰に摂取しすぎると、身体に悪影響となるでしょう。

    社会的問題を引きおこすきっかけとなるかもしれません。

    GHQが日本の勢力を弱めるためにと政治的理由から作った取締法ですが、変わらずあり続けるのには意味があるのです。

    きまるかきまらないか、きちんと調べて取りいれてくださいね。

    ちなみに、新たに出てきたカンナビノイドがすべてきまるわけではありません。

    HHCのように将来的に違法薬物となるカンナビノイドも中にはあるでしょうが、少なくともきまらないCBGは大丈夫そうです。

    HHCにTHC-O以外にもTHCV・CBN、いろんなカンナビノイドの名を目にする機会が増えましたね。

    「どうやらヘンプ製品は金になるらしい」と世界で注目され、多くの研究者や企業が目を付けているからこそです。

    次々と発見され商品化されることで、日本でもインターネットを通じて情報が入ってきているのです。

    CBDもいいけど、いつも同じだと飽きてしまうでしょう。

    ぜひとも取りいれていただきたいのですが、CBGのようにきまらないものもあればきまるものもあり、テキトーに選んでると痛い目にあいますよ。

    CBG、きまらないだけでなくどうやら医学的にも役には立ちそうです。

    ただまだ分かっていることはほんのわずかです。

    1899年イギリスの科学者がCBNを発見したのを起源として、カンナビノイドの研究の歴史は長いのですが、CBGを始め一気に研究が加速したのは最近になってからです。

    金の匂いがしてこそ人は動くのでしょう。

    自身が使うこととなるからこそ、きまる・きまらないなど身体への作用がどういうものかも徹底して調べられるようになったのではないでしょうか。

    CBGを含めカンナビノイドについての情報を知りたいのなら、より最新のものを集めるようにしてください。

    きまることなくはないし身体にも良さそうだしというCBGですが、CBD以上にお値段が高いのはネックとなるかもしれません。

    CBGはCBD・THCの前駆体であり、ヘンプが成熟していく中でどんどんと変換されていってしまいます。

    成熟しきったヘンプには、わずか1パーセントほどしかCBGは含まれていません。

    身近な食材でも、もやしやラム肉など敢えて若いうちに摘み取って食用に変えてしまうものはあります。

    CBGの需要が高まれば、CBDやTHCを抽出するためのヘンプ畑だけでなくCBGのための畑も作られるようになるでしょう。

    回転は速いので、値段も下がっていくはずです。

    きまることはありませんがエンドカンナビノイドシステムに関与することで身体への影響は確実にあり、CBDは日常をもっとイキイキとしたものに変えてくれていることでしょう。

    でも毎日同じだと、飽きてはきませんか。

    CBGはごほうび的存在、時に取り入れてやることで単調になっていたライフスタイルを変える良いきっかけとなるのではないでしょうか。

    東京だと金と変わらない値段がするというTHCと比べれば、全然安いです。

    (Visited 15 times, 1 visits today)
     

    ↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓コスパでフルスペクトラムを選ぶなら↓

     

    ➡️ プラスウィードの効果レビュー