CBGで「きまる」感覚を味わう!効果的な摂取法やおすすめ商品

CBG(カンナビゲロール)は、心と体に穏やかな「きまる(キマる)」感覚を提供すると話題です。特に、心のバランスを求めるあなたにはこの記事が必見。CBDやTHCが長らく主役でしたが、今回はCBGとその独自の効果、摂取方法に焦点を当てます。

CBGは新しい「きまる」感覚:そもそもキマるとは?

何かと話題になるカンナビノイド。THCやCBDはすっかり有名ですが、今回焦点を当てるのは、CBGという一歩裏方の存在です。一体、このCBGで「きまる」とは何なのでしょうか?まず基本をおさらい。THCとは、心にはたらく作用があり、陶酔感があるもの。カンナビノイドというカテゴリーにはこれが含まれるわけです。でも、言葉の使い方に注意。ここでいう「薬物」とは、悪い意味ではなく、単に薬理作用を持つ物質を指します。例えば、抗ウイルス薬のレムデシビルや胃酸を抑える炭酸カルシウムもその一例。ちなみに、「ハイになる」とは、この薬理作用を使って自分を心地よくすること。アルコールもハイになる手段の一つ。

でも、CBGはどうなのかと言いますと、それはまた一味違います。

アルコールに酔うと楽しい時もあれば、悪い時も。THCにはその「ハイ」と対照的に「バッド」と呼ばれる状態も。ですが、CBGはどちらもない、新しい「きまる」感覚を提供してくれると言われています。

CBGとは?

北米でCBDやTHCが流通しやすい状況でも、CBGが新たな可能性として脚光を浴びているのは興味深いポイント。THCが時として強すぎる精神作用を持つのに対し、CBGはそのようなリスクが低いとされています。この特性が、精神疾患が社会問題となっている日本でも非常に注目されているわけです。イスラエルがメディカルカンナビス研究のフロンティアであることは有名ですが、その陰で黙々と役割を果たしているのがCBG、いわゆる「レアカンナビノイド」です。

CBDやTHCが一般的に知られるカンナビノイドですが、CBGはこれらと一線を画す存在。特に、精神的なバランスを求める人々が注目しています

さらに、CBGには抗うつ薬と同様の効果が見られるという研究結果が出ており、これが特に日本人に向いているとの説も。長らくCBDやTHCに焦点が当てられてきましたが、CBGが持つ新たな魅力と可能性に、次第に多くの目が向けられつつあります。

GABA(ギャバ)との組み合わせ

CBG(カンナビゲロール)は、ヘンプの世界に新たな風をもたらしています。よく耳にするTHCやCBDと違い、このカンナビノイドは“穏やかな効果”で注目されているんですよ。

CBGは、自然界で言うところの神経伝達物質「GABA(ギャバ)」に働きかける能力があります。GABAといえば、最近はコンビニでも目にするチョコレートにも使われていますよね。GABAは、シンプルに言うと、脳の興奮を鎮めたり、ストレスを緩和したりする、いわゆる「スーパーフード」みたいなもの。そして、CBGはそのスーパーフードをさらにパワーアップさせる、ブースターというワケです。実際、GABAの再取り込みを阻害して、その効果を高めることがわかっています。実は、研究界でも話題になっており、医療用カンナビスの権威であるDr.Bonni Goldsteinも注目しています。なぜなら、CBGには重篤な副作用が確認されていないから。これがCBG研究が進む大きな動機となっています。ちなみに、GABAの効果を感じるためには食事でも摂取可能。ビタミンB6が豊富な食材、例えばししとうやブロッコリー、マグロを積極的に食べるといいですよ。

このように、CBGとGABAはお互いを高め合い、心地よい「きまる」感覚を味わえる素晴らしいコンビなのです。

栄養素/成分 効果 食材例
GABA 脳の興奮を鎮める、ストレスを緩和する
  • チョコレート
  • 緑茶
  • 玄米
  • 野菜(特に葉っぱの緑色のもの)
  • フェルメンテーション(発酵)食品(例:味噌、納豆、キムチ)
  • アーモンド
  • バナナ
ビタミンB6 GABAの生成をサポートする
  • サバ、マグロなどの魚
  • 鶏肉や七面鳥
  • 豆類(レンズ豆、大豆など)
  • ピーナッツやアーモンド
  • ジャガイモ
  • バナナ
  • アボカド
  • ししとう
  • ブロッコリー
  • スイートポテト(さつまいも)

テルペンとの組み合わせは間違いない

最近面白いと思った話。北米ではすでに、「CBGが豊富なヘンプ株」の開発が進められており、CBGワックスも市場に登場しています。それに対して、日本やアメリカではCBDやTHCがよく知られていますが、CBGはまだまだ新参者。しかも、通常よりも特定のヘンプにCBGが多く含まれることが明らかになっています。また、CBGの興味深い点は、独自の受容体への作用。たとえば、α2-アドレナリン受容体には鎮痛や鎮静効果があるとされ、その役割はさまざまなサブタイプに分かれます。実は、βカリオフィレンというテルペンも、CBGと同様にCB2受容体に作用するんです。胡椒やローズマリーにも含まれるこの成分、炎症や痛みに効果があるとクリニックでも評価されています。

何が言いたいかというと、CBGと特定のテルペンとの組み合わせが、次世代のウェルネスとして注目を集めているのです。既に炎症や痛みに対する有望な臨床試験も行われていますし、この流れは増える一方。だからこそ、CBGとテルペンの相性、これからの展開にご注目あれ。

効果的な摂取方法は?CBGが効かない場合の原因と対処法

CBG(カンナビゲロール)で何も感じない、ってことありますよね。それって一体なぜ? さて、舞台裏の原因と、効果的な摂取方法を見てみましょう。

摂取量がハズレ:効果を感じられない一つの原因は、単純に摂取量の問題。少なすぎるとちびっ子感覚、多すぎると“おや?!”な状態。自分にぴったりの量を見つけるアドベンチャーが必要です。

安物買いの銭失い:市場には残念なCBG製品も出回っています。品質がいまいちだと、CBGのパワーもフワフワになってしまう。賢く、質の高い製品を選ぶことが大切。

摂取方法の違いを理解してる?:CBGは、口から飲むのと吸入するのとで、吸収の速さや効果の持続時間が変わります。適した摂取方法を見つけるのが、CBGとの良い関係の始まり。

体質が合っていない:人それぞれ、体の反応は違います。CBGが合わないって人もいるかも。ここでのカギは、試行錯誤と継続。新しい方法や製品を探る過程が、実は楽しいのです。

効果を期待しすぎている:CBGはすごいけど、万能薬ではない。期待値が高すぎると、現実がちょっと見えなくなることも。

リキッドを気化して吸入する方法がベスト

CBGの効果を最も即座に体感できる方法です。特に初めてCBGを試す方には、効果が数秒から数分で感じられるこの方法がアプローチしやすいでしょう。ただし、持続時間は1時間程度なので、その点も考慮に入れてみてください。

CBG リキッドのイチオシ:チラクシーのマウイワウイが話題

著者も愛用してるチラクシーのCBG(HHCH)リキッド

だからこそ、より体感を重視するなら、「CBGにHHCHが配合された製品」で、かつ「気化摂取タイプ」に目を向けるのも一考の余地あり。特にサティバ愛用者には、チラクシーのマウイワウイが話題となっています。魅力的な体験を求めるなら、この組み合わせは注目に値しますよ。パイナップルとマンゴーの香りに少々のペッパーがアクセント。

これ一本で、活気づけたい瞬間やクリエイティブな気分に浸りたいときにちょうどいいんです。

特に注目すべきは、カンナビノイド濃度。驚くべきはHHCHが10.5%、CBGが20.4%と、これはかなりの高濃度です。HHCHとCBGは違いがあり、前者はレクリエーション的要素が強く、後者はよりバランスの取れた効果を提供します。使い方は簡単。510規格のベイプバッテリーにセットして、マウスピースから吸引するだけ。どれだけ吸引するかは、あなた次第。ちなみに、これはTHCフリーで、日本製。

気になる方は、もっと詳しく知りたいならチラクシーの公式サイトで探してみてください。研究熱心なチラクシーは、このような高品質な製品を提供しているのですから。

CBGと他のカンナビノイド10種類を比較

CBGと他のカンナビノイドの違いに注目して調査を行いました。一つ目は「①:法的制限がある成分」、二つ目は「②:合法的に使用できる成分」として比較を進めています。

① 法的制限がある成分6種:(THCH.THCB.HHC.HHC-O.THC-O.THC)との比較

2023年9月現在違法とされている成分と比較していきます。

THCHとCBGの違い

THCHは精神作用が非常に強く、まだ研究が不足している一方、CBGは穏やかな精神作用で抗うつ効果も指摘されています。

THCHとは

イタリアの研究チームが新たなカンナビノイド、THCHを発見。ヘンプ出身だけど、まるで探検家のように未知なる領域に挑む感じ。この強力な成分、精神作用はTHCの20倍以上と言われており、ひとくちに言えば「超強力」。その上、鎮痛効果も期待されている。一方で、実験が少なく、その安全性はまだ確認されていない。(違法)

THCBとCBGの違い

THCBはヘンプのダークホースであり、効果は謎が多く不明瞭。一方、CBGは精神バランスの新星で、リラックスと平穏を求める人々には注目されています。

THCBとは

テトラヒドロカンナビヘキソール(THCB)は、ヘンプ界の謎のプレイヤー。イタリアのスター研究チームP Lincianoらがスポットライトを当てました。強烈なハイの噂もあり、マウス実験では抗炎症や鎮痛効果があるかもしれないとチラホラ。ユーザーレビューからは、マジな多幸感やリラックス効果も聞かれます。ただ、完全には解明されていない。効果がTHCより強いという話もあるけど、まだ確定打はない。(違法)

HHCとCBGの違い

HHCはTHCを水素化させ安定させた兄貴分みたいな成分で、長い貯蔵寿命と痛み止め効果が注目されていますが、CBGは精神作用が少ない新星で、精神的バランスや抗うつ効果で評価されています。(違法)

HHCとは

HHC、いわゆるヘキサヒドロカンナビノール、はTHCの安定版ですね。紫外線や熱に強く、長く保存できます。量産にも問題ないらしい。痛み止めにも効果があると、42年前にすでに論文で話題になってました。ただし、注意点は研究が進んでないこと。市場は動いてますが、研究はちょっと遅れてるんですよ。

HHC-OとCBGの違い

HHC-Oは科学者たちが手を加えた「ハイ」を提供する合成カンナビノイド、一方でCBGは天然で精神作用が少ないレアカンナビノイド。(違法)

HHC-Oとは

化学式で言うなら、HHC-OとTHC-Oはスピリチュアルな「ハイ」を科学の力で強化したカンナビノイド。自然界では見つからない、まさにラボ生まれの子供たちです。ハイの感じ方もユニーク。HHC-Oは、時間をゆっくり感じさせる、穏やかなハイ。一方で、THC-Oはより強烈な、サイケデリックな体験を提供。

ちなみに、これらのO系カンナビノイドは、HHCやTHCに酢酸を付加して作られます。自然界のカンナビノイドとは一線を画す存在なので、健康効果については?と聞かれたら、「その辺はグレーゾーン」と答えざるを得ません。

THC-OとCBGの違い

THC-Oは「自作の強烈ハイ」を提供する合成カンナビノイド、CBGは「自然な穏やかさ」で人気のレアカンナビノイド。(違法)

THC-Oとは

THC-Oはラボ生まれのカンナビノイド、自然界では顔を出さないミステリアスな存在です。この子は、実はTHCにちょっとしたケミカルトリックを使って生まれたもの。要は、酢酸を付加して「超強化」しているんです。何を隠そう、これが科学者たちのアートワーク。だから、THC-Oのハイは重めでサイケデリックなタッチ。健康に良いかって?うーん、「微妙なところ」って感じ。

THCとCBGの違い

ひと言で言えば、THCはあなたを「ハイ」にするカンナビノイド。「ハイ」になりたいかどうかは一つの選択肢。でも、それだけじゃないんですよ。

THCとは

テトラヒドロカンナビノール、通称THC。この名前だけで、多くの人が興味を持つでしょう。医療、嗜好品、そして議論の的。日本でもついに医療用が解禁されるというお知らせがありましたが、それは一面の話。世界的には既に多くの先進国で合法化が進んでいます。短く言えば、THCはヘンプのスーパースター。ただし、副作用で「不安感」を感じる可能性も。高用量が必要な人とそうでない人、そのバランスは人それぞれ。(違法)

知っておきたいこと

どちらも素晴らしいポテンシャルを持っていますが、使い道は人それぞれ。THCはハイになりたい人、医療用で使いたい人。CBGは精神的な安定や新しい可能性を探る人。選択肢は豊富です。

最後に、WADAもTHCを禁止薬物リストに残しています。スポーツ選手のみなさん、ご注意を。THCもCBGも、各国での研究が盛んに行われています。興味が湧いたら、是非深堀りしてみてください。選択肢は広がるばかりですから。

② 合法的に使用できる成分4種(CBD.CBN.THCPO.HHCH)と比較

話題のカンナビノイド、CBDとCBGだけでなく、CBNや最新トピックの「HHCH」も含め、それぞれの特性と効果は実に多様です。名前の「CB」が共通でも、各成分の挙動は異なるのが珍しくありません。2023年9月時点で法的に許可され、特に焦点を集めているこれらの成分を比較検証してみたいと思います。

CBDとCBGの違い

CBDは体全体のバランスを整える効果があり、CBGは精神的なバランスに特化した新星です。

CBDとは

ヘンプに含まれる主要成分で、世界中でその効果が研究されています。なんと、この成分はわたしたちの体内にも自然に存在するエンドカンナビノイドと相互作用を持つんですよ。エンドカンナビノイドシステムは、身体のバランスを整える大事な役割を果たしています。CBDはこのシステムに働きかけ、ストレスや不安、睡眠といった問題にも対応可能。特に1990年代以降、この成分についての研究が進展しています。CBDの反応は人それぞれ。量やタイミングを調整して、自分に最適な使い方を見つける過程が大事です。何よりも、同じ商品を一週間以上続けて試すことがポイントです。

CBNとCBGの違い

CBNとCBGの違いを一言でいうなら、CBNはリラクゼーションを強調、CBGはメンタルヘルスに力点を置いています。

CBNとは

CBNは時代の先駆者。100年以上前に発見されたんですよ。一般的には陶酔作用がほとんどなく、穏やかな精神的影響を持つとされています。もちろん、発見は古いものの、現代日本で流通するには制限も多い。なんたって、HEMP抽出しか許されていないんですから。テルペンとの相性も抜群で、ひと味違う体験を求める人にはちょうどいい。研究はまだまだ足りないけれど、次第に注目されている現状があります。そんなCBNですが、日本でも2021年からよく見かけるようになりました。人気商品も増えてきていますよ。CBDやCBNが長らく主役でしたが、CBGもその座を狙っています。

THCPOとCBGの違い

THCPOはヘンプの中で興奮をもたらすメイン成分、一方CBGはゆったりとした舞台裏の成分です。

THCPOとは

さて、THCPOについて話すと、同じヘンプの成分で、テンションをグッと上げる効果があります。ちょっとしたパーティ気分に浸るなら、THCPOが答えになるかもしれません。ただ、強力なので使いすぎには要注意。頭痛やめまい、それだけじゃなくて逆効果も考慮してね。

気分を高める効果

  1. 高揚感:物事が楽しみやすくなる。
  2. 陶酔効果:多幸感が得られる、ちょっとお酒に酔ったような感じ。
  3. リフレッシュ効果:思考がクリアになり、心がリセットできる。

それでは、自分が何を求めているのか、次に何が欲しいのか考えて、選びましょう。どちらも魅力的な成分で、ユーザーによっては、あるいはメーカーによっては、ここぞという場面で使い分けられています。

HHCHとCBGの違い

HHCHは新登場のエンターテイメント寄りのカンナビノイド、CBGは精神の健康を支えるシリアスなカンナビノイド。どちらも今後の展開が楽しみな成分ですね。

HHCHとは

舞台は2023年。突如として登場したHHCH(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)は、カンナビ界の新星とまで呼ばれています。元々は規制された強力なTHCHを、科学の力でソフトに仕立て直したのがHHCH。熱にも光にも強く、化合物としての安定性も高めました。レクリエーション愛好者にとっては、HHCと名前が似ているけれど、成分は異なるというポイントが興味深い。どちらも楽しみながら使えるとレビューにも書かれています。注意点としては、効果が現れるまでには個人差があるので、15分ほど様子を見ながら摂取量を調整してください。

THC系が強すぎると感じるなら、CBGはそんなリスクが低い優れもの。精神疾患が社会問題となっている日本でも、このCBGは静かにその存在感を増しています。抗うつ薬と同様の効果もあると言われ、精神的なバランスを求める人たちにはまさに朗報。

CBGとの相性良し?新成分「HHCH」にフォーカス

HHCH、つまりヘキサヒドロカンナビヘキソールは、2023年にスポットライトを浴び始めた新星のカンナビノイド。でも、どうやってこの世に誕生したのか、一緒に探ってみましょう。

2023年8月に規制された成分の次世代版

このカンナビノイドは、実は大麻内で少量しか見つかっていないTHCH(テトラヒドロカンナビヘキソール)が進化した形。THCHは、より強力なレクリエーション効果を誇っていましたが、2023年8月4日には規制がかかってしまいました。それを水素化して生まれ変わったのがHHCHで、熱や光に強い点が特長。まだ新しくて不明な点も多いけれど、THCHと同様のパワーが期待できるんです。

爆発的人気を誇った「HHC」との違いは?

HHCとHHCH、名前がよく似ていて紛らわしいですよね。簡単に言えば、HHCは通常THCから、HHCHはTHCHから生成されます。効果も相似形で、多くのレビューでHHCとほぼ同じレクリエーション効果があるとされています。

摂取のタイミングは大切

HHCHを使うには、状況によって異なるのが普通です。仕事が終わった後の一息に、あるいはリラックスや就寝前に使う人もいます。効果が出るまでの時間は人それぞれなので、最初は15分くらい様子を見て調整してみてください。ちなみに、口渇が起こる可能性もあるから、水分補給は忘れずに。

興味が湧きましたか?HHCHはまだ新しくて謎も多いですが、それがまた魅力的。今後の研究にも注目していきましょう。

HHCHとCBGのパワフルなブレンドでクリエイティビティを高める

興味を持ってアッパー系のカンナビノイド製品を探している方、もしくはクリエイティブなスパークが必要なときに、チラクシーの「グリーンドリーム」は独自の選択肢として立ちはだかる一品です。このリキッドには、元気を感じさせるカンナビス品種「グリーンドリーム」の風味が再現されています。何が特別かと言えば、HHCHとCBGが絶妙な比率で配合されている点です。リキッドカートリッジは、フレッシュなライムとミントハーブのような香りで、モチベーションと創造性を引き出します。

驚くべきことに、カンナビノイド濃度は90%以上。HHCHが10.5%、CBGが20.4%となっています。欧米産ヘンプと植物由来テルペンのみを使用し、THCは一切含まれていません。加えて、510規格のベイプバッテリーと相性ピッタリ。

製品詳細や成分比率は研究に基づいています。チラクシーは、独自の研究と妥協のない品質管理で、高級感あふれるブレンドを提供しています。さらに詳しい情報については、チラクシーの公式サイトで確認してみてください。

チラクシーはあなたのモチベーションとクリエイティビティを高めるための選択肢を提供する、真剣に考えられた高品質製品です。興味があれば、公式サイトで更に探求してみてください。独自のブレンドで、あなたの日常に新しい風を吹き込みましょう。

 

INFORMATIONチラクシーCBGカートリッジ一覧

 

CBG(HHCH)カートリッジのレビュー記事も別で用意してます。

 

記事まとめ

CBGの世界はまだ未知数ですが、心地よく「きまる」新しい感覚を求めるなら、この成分に目を向ける価値は十分にあります。THCやCBDと違い、法的リスクが低いため、精神的な安定を求める多くの人にとって、CBGは新たな選択肢となり得ます。さまざまな摂取方法と製品を比較しながら、自分に最適なCBG体験を見つけてください。

 

(Visited 7,065 times, 1 visits today)
 

↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓