CBD リキッドの危険性について・持病がなければ用量を守っている限り安全

CBD リキッドは、世界中で使用者が増え続け市場も急拡大しています。

日本でも徐々に使用者は増え市場も広がりつつありますが、一般にはまだまだ浸透していません。

それどこから依存症や毒性などの危険性があるとイメージする人も多く、間違った知識が広がっている状況です。

CBDは、植物から抽出されるカンナビノイドと呼ばれる成分です。

現在100種類以上が確認されていますが、研究が進んでいるのはCBDを含めても数種類のみとまだまだこれからとなっています。

カンナビノイドには向精神作用、いわゆる気分をハイにさせるTHCと呼ばれる成分もあり、これが依存症などの危険性を指摘される理由になっています。

しかしTHCが含まれる製品というのは、日本では違法です。

法律に違反する成分ですから、国産のCBD リキッドには一切含まれていません。

国産の製品は国内で認められている成分のみを配合し製造されているので、依存性はありません。

逆に気分を高めてハイにさせるのではなく、落ち着かせる効果があると言われています。

一部には使用することによって目が覚める人もいますが、一般的には良質な睡眠に導いてくれるとされています。

使用後に興奮したといった報告もなく、気分が高揚して気持ち良くなったり、依存症となり手放せなくなるといったことはないので安心です。

CBD リキッドの危険性では、依存性とともに副作用も気になるかもしれません。

これまでの報告によると、CBD リキッドには重大な副作用はないとされています。

下痢や口の渇き、食欲の変化に強い眠気といった副作用は報告されていますが、どれも軽いもので重症化する恐れはありません。

ただし指定されている用量以上の使用をしてしまうと、重い副作用が発症してしまう可能性はありません。

具体的には用量を守らず大量に摂取した一部の患者では、肝臓の機能が悪化したとする報告があります。

現時点ではなぜ肝臓の機能が悪化した原因と、CBD リキッドの関係性は詳しくわかっていません。

しかしマウスによる実験では、大量投与した場合に肝臓の機能が悪化した実験結果が残されています。

ですから指定された用量を超える使い方をしたり、元々肝臓に持病を抱えている方は使用を避けるのが安全でしょう。

一部には重篤な副作用を引き起こす可能性はあるものの、用量を守っている限りは症状が重くなる可能性は極端に低いので、肝臓に持病がある方以外は心配する必要はありません。

続きを読む