CBDリキッドが茶色になる原因と「美味しく吸うため」の対処法

    CBDリキッドが濁るのはCBDそのものと液体が分離してきているサイン、それでは茶色くなるのはそこにどのような原因があるのでしょう。

    カートリッジ式の電子タバコは初心者でも使いやすくて便利、カートリッジの中にCBDリキッドが入っているのでそれをバッテリースティックと組み合わせるだけです。

    1週間から10日くらいが交換の目安、でももったいないとそれ以上の期間使用している方もいることでしょう。

    CBDリキッドが茶色く濁るのは、カートリッジを交換しろというサインなのです。

    諦めて指示に従いましょう。

    すでにCBDの成分は出て終わった出がらしなので、あまり効果も無くなっていることでしょう。

    吸引する時に喉がイガイガしたり焦げ臭さを感じたり、最初の頃の美味しさも無くなっています。

    交換カートリッジはお値段も手ごろでコストパフォーマンスは良いので、無理してCBDリキッドが茶色くなるまで使っているのはただのケチです。

    かっこ悪くて全然スマートではありません。

    プリンのカラメルが茶色くて苦みがあるのは、砂糖を焦がして作るからです。

    コーラの茶色も同じ理由、そしてCBDリキッドが茶色くなっているのはそこに詰まっているコットンが焦げたことで起こっている場合もあります。

     

    関連記事:

    CBDリキッドは喉にツライ?むせる原因と対処法

     

    CBDリキッドが茶色になる原因と「美味しく吸うため」の対処法

    乾いてしまったコットンが熱せられることで起こる現象、色と共に焦げの味が感じられることにも違和感を感じていたことでしょう。

    毎日のように使っているのに乾くなんてと思われているかもしれませんが、使用頻度が低いことで乾いているわけではありません。

    それよりも短期間に何度もチェーンすることでコイルが常時熱くなっていて、それで乾いてしまっているのです。

    CBDリキッドが供給されるよりも吸う頻度が多くなっているからこその茶色、同じやり方を続けていたらどんどん焦げは広がり苦みは増していく一方です。

    アトマイザーに熱を感じた場合、少し置いて冷ましてやりましょう。

    機器が熱くなりすぎると、その他にも不具合をもたらしそうで危険です。

    簡単な仕組みながら電気機器、取り扱いには十分注意しなければなりません。

    限界を超えての出力は、爆発なんて最悪の事態が起こっても不思議ではなく知識の無い素人は特に気を付けろと警告も出ているのです。

    CBDリキッドが茶色くなったのに、苦みとか焦げ感はなくむしろおいしくなったという場合はスティープ化しているのかもしれません

    カレーやワイン、寝かせることで美味しくなります。

    それと同じく、一定期間寝かせたことで味に深みが出てきているのです。

    特にベイプリキッドは、成分を体内に吸収するというよりも香りを楽しむためのものです。

    敢えてスティープ化させようと様々な方法を試している方がいるのに、気が付かないうちにいい感じに熟成できてたとすればラッキーです。

    何か特別なことを行ってはいませんか。

    CBDリキッドのふたを開けて空気に触れさせること1分間、それからふたを閉じシェイクします。

    そしてもう一度蓋を開けてボトルの中の空気を入れ替える。

    この作業を1週間から2週間程度続けましたか。

    CBDリキッドは放っておくと沈殿して成分が下がっていきます。

    なので使う時には振ってからが基本、そのために茶色くなったのかもしれません。

    直射日光が当たらない冷暗所に一定期間寝かせることでも味わいや風味は増していきます。

    光とか熱は品質を悪化させる大敵、こちらもCBDリキッドについてある程度の知識がある方ならば当然行っていることでしょう。

    「シェイクする・寝かせる」この手順を繰り返していく中で好みの味へと近づけていくのです。

    ボトルのふたをはずしたまま、半日程度空気に触れさせるといった方法・ブリージングもありますが空気も品質悪化の原因の一つとなることも、吉と出るか凶となるか危険なかけです。

    あまり安い品でもないので、それなりにスティープ上級者となってからの方が良いでしょう。

    最初は透明だったCBDリキッド、熟成させることで色合いが濃くなっていき茶色に近づいていきます。

    色の変化がどちらなのか、香りを確かめればすぐに分かります。

    スティープを行う場合、ふたの開閉を何度も行うので埃や雑菌が入り込み中で繁殖してしまうといった危険性があります。

    そうなってはおいしいはずもなく、何より危険なので使用することもできません。

    繊細な作業です。

    CBDリキッドの場合は味は二の次、それほどこだわらなくとも良いのではないでしょうか。

    熟成された茶色ならいいですが、焦げによる茶色は品質が良いとは言い切れません。

    CBDリキッドが茶色くおいしくなくなったらすぐにも服用はやめること、諦めて別のカートリッジに交換するなりコットンを新しくして吸い方を変えるなりしましょう。

    CBDリキッドが濁ったのとは原因が違うので、湯煎にかけたところで元にもどることはありません。

    安全に楽しむためにも、正しい使い方が重要なのです。

    高い授業料だったと諦めて、次からは茶色くならないよう気を付けて使用することです。

     

    ちゃんと保管してますか?最後まで美味しく吸いきる方法

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ