CBDリキッドでバッドトリップ?心配なら低濃度から始めてみましょう

CBD(カンナビジオール)はリラックスや緊張解消の効果で注目されていますが、摂取量によっては不快な「バッドトリップ」を経験することも。特に初心者が心配するポイントですが、適切な管理と知識があれば安心して使用できます。

本記事では、CBDリキッドの選び方、バッドトリップのリスク、そして低濃度から始めるメリットについて解説します。

バッドトリップとは?

バッドトリップ、聞いたことありますか?向精神薬や幻覚剤を使った際に起こる、かなり不愉快な体験です。恐怖や究極の閉塞感、自己同一性の喪失など、気を付けないと本当に厄介な状態になることも。しかし、専門家たちは「適切に管理すれば問題ない」と指摘しています。つまり、注意深く使えば問題なし。

CBD、THCH、HHCHとは?

CBDはリラックスや緊張解消のためによく用いられるカンナビノイドです。一方で、THCHは違法な成分で、使うと気分が高揚します。新世代カンナビノイドのHHCHは、THCHに似た多様な体感が得られると評価されている印象です。

CBDにおけるバッドトリップの可能性:

注意点 具体的な状況 可能な副作用 解決策
睡眠不足 眠い時にCBDを摂る 頭痛や更なる眠気 横になる、温かいお茶を飲む
緊張する環境 仕事のプレゼン前など 集中力が散漫になる 低濃度から始める

CBDは多くの人にリラックスや緊張解消の効果を提供していますが、吸い過ぎると好転反応とは逆の、不快な体感もあるのです。特に初心者が高濃度のCBDを過剰に摂取すると、気分が悪くなるケースがあります。注意すべきは、睡眠不足や緊張する環境での使用。眠い時にCBDを摂ると、頭痛や更なる眠気が起こることも。緊張が高まる場面、例えば仕事のプレゼン前などで使うと、集中力が散漫になる可能性も。解決策としては、横になる、温かいお茶を飲む、低濃度から始めるなどがあります。

低濃度で体感が期待できるCBDリキッド:SKEW(スキュー)

SKEWのDGN リキッドは多彩なカンナビノイド配合が魅力です。特に、CBD 60%、CBG 5%、CBN 5%といったバランスは他の製品と一線を画しています。補助成分も豊富に含まれており、その70%の濃度は驚くほど絶妙です。「濃度が高ければ良い」という時代の流れに逆らって、このリキッドはガンガン吸って、いつでも気軽に楽しめます。特に、喉への負担が少なく、むせることなく70〜80%の濃度で満足な効果を感じられます。

フレーバーは「OG Kush」、「Blue Dream」、「Strawberry Cough」から選べ、私が試した「OG Kush」は土っぽさと柑橘系が絶妙にマッチしています。Vapeは510規格で、カートリッジタイプなので取り扱いも簡単。吸うだけでオッケーのボタンレスデザインは使いやすいです。開封するとブロードスペクトラムの匂いが広がり、味わい深いフレーバーに感動。吸い心地は非常にスムーズで、体感レベルも高いです。レクリエーション感が格段に違い、このリキッドでクラブへ出かける前に吸うのが最適です。<<続きを見てみる

次の日に残る心配もなく、生活のクオリティを考慮すると、他の製品よりも断然使いやすいです。楽天で1位に輝いた実力を感じ、レア系(HHCH)が手に負えない方には特に試してほしい一品です。安心してCBDの世界を楽しむならコレですね。

THCHやHHCH リキッドのバッドトリップ:

状況 問題点 解決策
バッドトリップ時の陶酔感 陶酔感が強くなりすぎて立っていられない。不安が高まり、無限ループに陥る。 焦らずにピークが落ち着くのを待つ(大体2〜3時間)。好きな音楽を聞く、友達と話す。

THCHやHHCHに関するバッドトリップのリスクは非常に注意が必要です。THCHは違法で、HHCHはTHCHに似た成分です。以下、HHCHについて説明していきますね。特に、効果が出るまでに時間がかかる特性があるため、使用者が「まだ効いていない」と感じて過剰摂取してしまう可能性が高いです。その結果、不快な体験やバッドトリップを引き起こすケースが多いようです。このような事例が増えると、HHCH製品全体や関連するカンナビノイド製品に対する規制が厳しくなる可能性があります。新しいリキッドや製品が市場に出るたびに、事故や不具合が報告されると、規制当局が介入する可能性が高まるでしょう。ユーザー自身が安全な使用方法を知り、実践することが非常に重要です。もしHHCHを試す場合は、必ず製品の説明や推奨される摂取量をよく読み、自分の体に合った量を摂取することが大切です。

チラクシー:HHCHのパイオニア、そして信頼性

誰もが知ってるHHCHブランド、それがチラクシーですよね。初めてHHCHに手を出した人も、熟練者も、多くはチラクシーを知っています。なぜかというと、早々とHHCHを手がけ、品質と安全性でトップクラス。信頼するなら、ここです。

さらに信頼度アップなニュース。チラクシーは名だたる「TIME」雑誌で取り上げられましたよ。日本のヘンプ産業の舞台裏まで網羅する記事で、ちゃんと代表もコメントしています。政治からエンタメまで幅広く取り扱う雑誌が紹介するって、さすがです。

HHCHはドンキホーテに置いてない

ドンキホーテでチラクシーを探す?うーん、そこはちょっと期待はずれ。プラスウィードやグリーンブルドッグが主役です。でも、オンラインか専門店で探せば大丈夫。質と体験にこだわってるから、探してみる価値あり。公式サイトで買えば、3個以上なら10%OFFもついてきますよー。興味がある人は、チラクシーの直営店で試飲してみてください。リラックスした日々が待っています。

 

HHCHリキッド関連:チラクシー・小さいけどかなりキラー:体験談

 

CBDの世界は多くの人にとって新しいものです。リスクを最小限に抑えながら楽しむためには、製品選びと摂取方法がキーとなります。特に初心者は低濃度から始め、自分の体に合った量を見つけることが大切です。信頼できるメーカーを選ぶことで、より安全で満足のいくCBD体験ができるでしょう。

 

(Visited 784 times, 1 visits today)
 

↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓