タバコに混ぜる?リキッドに混ぜる?【自分好みにカスタマイズ】

    日本でも認知度が高まってきているCBD、実際にインターネットで調べてみてその種類の多さに驚かされたのではないでしょうか。

    何しろ世界中でいくつものメーカーが参戦しているのですからその種類は無限大です。

    日本からも、胃ではなく腸にたどり着いた段階で溶ける腸溶性のカプセルタイプなど売り出されています。

    人それぞれにCBDを取り入れてのライフスタイルや、そもそもなぜCBDを導入しようと考えたかの目的が異なるのですから、自分に合ったものを選べるのは大きな利点です。

     

    生活のクオリティアップが期待できるCBDリキッドはコチラ

     

    CBDをタバコに混ぜる?余ったリキッドに混ぜる?【自分好みにカスタマイズ】

    CBDの上級者だと、CBDパウダーやペーパーを買って自身でジョイントを作成するという方もいます。

    中に入れるヤクモソウなどを含めてインターネットで手軽に手に入れることが出来るので、実は上級者でなくとも誰でも試せる方法です。

    更にお手軽なのはタバコにCBDオイルやワックスを塗ってというバージョンのジョイント、ただそれだとタバコのニコチンはそのまま変わらず体内に入ってきます。

    健康効果を少しでも得たいとCBDに興味を持ったのであれば、CBDとタバコを混ぜ合わせたこちらを使用している限り寿命は縮まっていく一方でしょう。

    それよりもおすすめは、電子タバコとCBDを混ぜるという方法です。

    やり方は簡単、リキッドの代わりにCBDリキッドを使うのです。

    でもそれはごくごく一般的なやり方、余っているリキッドに新しく購入したCBDリキッドを混ぜてみるのはいかがでしょう。

    CBDリキッドはメーカーによっては香りのバリエーションが少なく楽しめない、そんな不満を抱えていた方にピッタリです。

    とにかく様々な香りがあるリキッド、そこにCBDリキッドを垂らすことで甘い香りからスッキリ系まで幅広いバリエーションでCBDリキッドが楽しめるようになります。

    しかも健康効果も得られて、一石二鳥となるのです。

    もちろんCBD濃度はリキッドを混ぜる分、下がってしまいます。そのことをデメリットに思われる方もいるかもしれません。
    ただ、濃ければ濃いほど良いというものではありません。

    自身にとってちょうど良い濃度を見つけて続けることで、健康効果が得られるのです。

    CBDは毒性が低く濃すぎたとしても重篤な症状が出てくるわけではなさそうです。

    それでも、人によっては気持ちが悪くなったり頭痛が起こったり副作用に苦しめられることもあります。

    一方で濃度の低すぎるCBDリキッドだと効き目が得られないこともあるでしょう。

    濃いCBDリキッドにリキッドをまずは多めに配合し、徐々に量を減らしていくことで自身にピッタリの濃度を見極める、CBDリキッドとリキッドを混ぜ合わせるとそういった使い方が出来るのです。

    電子タバコで使用するCBDリキッド、これ自体を自作する方もいます。

    リキッドにしろCBDリキッドも、ベースとなる液体があって香料とCBDがあればそれらを混ぜ合わせれば出来上がりです。

    自分で作るのだから好みの濃さ・香りにできて普通に買うよりもお値段も安く、そんなメリットがあります。

    ベースとなるのはPG・プロピレングリコールあるいはVG・グリセリンとなります。

    すっきりとした味わいのPGか甘さが感じられるVG、好みに合わせてベースを決めてやり、後は香料とCBDのパウダーやオイルを加えるのです。

    CBDが入っているかどうかが、ただのリキッドかCBDリキッドかの分かれ目となります。

    タバコは害、小さな子供でも知っている日本人の常識です。

    タバコがかっこいい・大人っぽいといったイメージがあった昔と違って、危険と分かっているのに手を出す人はごく一部のはずです。

    電子タバコが若者の間に広まったのは、禁煙のためというよりむしろ様々な香りのバリエーションが楽しめることに心惹かれたのです。

    自作だとバリエーション豊かにとは言えず、自作リキッドのお得度は下がってしまうかもしれません。

    でもCBDリキッドの使用者はリラックス効果などプラスの健康効果に重点を置いていることも多く、自作するがゆえに安上がりに済ませられるのなら更にストレスが解消されることでしょう。

    とにかく続けることが重要、混ぜて作って安上がりだけれど自分好みなCBDリキッドを電子タバコで使用してみてはいかがですか。

    どうやらラム酒・ポッカレモン・ミンティアといった身の回りのものを混ぜて自作リキッドを作り出す上級者もいるようですが、めちゃくちゃをやりすぎるとアトマイザーを壊す危険もあります。

    初心者はリキッド・CBDリキッドと一般的な方法から試していき、無理をしない程度に少しずつ挑戦していった方がよいのかもしれません。

    タバコにCBDを塗ったり電子タバコにCBDを混ぜたり、活用の幅はどこまでも広がります。

    そもそも電子タバコだって自分好みにカスタマイズできる自由さに惹かれて利用を続けているという方も多数います。

    好みを追求する中でどこまでも挑戦できる幅広さも良さなのです。

    世界中で広まり、日本でも愛用者が増えてきている電子タバコ・CBDリキッドをより豊かに使いこなすためにも普通に使用した後は混ぜるというやり方に目を向けてみてもいいかもしれません。

     

    生活のクオリティアップが期待できるCBDリキッドはコチラ

     

    関連記事:

    CBDオイルをタバコに垂らす方法よりVapeで気化させた方が気軽

     

    (Visited 188 times, 1 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ