CBDは尿検査でも問題ナシ!その根拠とは?

    CBDをとり入れての毎日を経て受ける健康診断
    尿検査で引っかかって牢屋行きなんてことはありません。

    だってCBDって、日本で違法認定されているTHCとは別物なのです。

    ヘンプから抽出されるカンナビノイドの種類は100以上、
    特徴はバラバラです。

    日々の不調、カンナビノイドが不足してるからこそなのかも。

    とり入れていたら、リラックス効果やストレス軽減効果で
    眠れなかったのがゆったり眠れるようになって、
    食欲湧かなかったのにしっかり食べられるようになるかもしれません。

    健康診断結果、良い意味で変化が訪れるかもしれませんよ。

    なのでカンナビノイド全般とり入れてほしいところですが、
    THCは違法と言われてるのでやめときましょう。

    CBDはぜひとり入れていただきたい成分です。

    値段も高いので正しい摂取方法を心掛けること、
    更にはCBDがTHCとちがって安全だという知識も
    きちんと身につけてからにしてくださいね。

    「もしかしたら尿検査に引っかかるかも」

    「健康診断結果が悪くなったらどうしよう」

    なんて不安を感じながらCBDを摂取していると、
    本当に体調に悪影響が出てしまうかもしれませんよ。

    ビタミン剤で病気が治る、プラシーボ効果の逆。

    人間の身体は神秘です。

    CBDは健康診断でも尿検査でも薬物検査でも
    問題ナシ。

    タイホされるかもなんて思いながらいると
    警察を目の前にしたときの行動が怪しくなってしまって、
    職務質問を受けることとなります。

    当然ながら薬物検査をすれば
    あっという間に無実の証明ができるとはいえ、
    大変でしょう?

    違法じゃないCBD、
    使用しても誰かにあげたり持っていても問題なし。

    堂々としておいてください。

    職質を受けることなければ、
    健康診断くらいしか日常で
    尿検査を受ける機会ってないですよね。

    健康かどうかを調べることが目的の検査、
    違法薬物を使用してるかどうかまで詳しく調査されることはありません。

    尿検査でCBDってヤバいのかどうか、
    一般市民が心配しなければならない場面って訪れることはないんですよ。

    世界では当たり前となっているカンナビノイド、
    日本では知名度が低くCBDの名前さえ聞いたことないって方がけっこう多かったりします。

    THCO、HHCOは尿検査に引っかかる?
    今のところ問題ないけど。。。

    THCだけじゃなくHHCも違法認定を受けましたが、
    一方で似た名称のTHCOHHCOは合法です。

    中途半端な知識のままにカンナビノイドの世界に関わっていると、
    おすすめの成分を遠ざけたり所持すら許されない成分を
    誤って取りよせてしまったり、キケンです。

    HHCが違法となったのは最近のこと、突然でした。

    CBDはともかく、THCOなど今は合法で尿検査に引っかからなくても
    将来的にはわかりません。

    何しろTHCを超えるキマるの強さ、
    大量摂取していると健康診断で悪影響が出ても
    おかしくない成分なのです。

    一度勉強したから安心と思ってないで、
    常に最新情報を取りよせるようにしといてくださいね。

    信頼性も重要ポイントです。

    CBD製品、「日本人の方からの」信頼が高い
    ショップで購入されましたか。

    ならば確実にCBD、
    尿検査で引っかかることはなく
    健康診断結果にも期待ができるはずです。

    場合によっては、
    尿検査がスルーできないケースが出てきます。

    THCが含まれていて、
    知らない間に体内に成分が蓄積していっているのです。

    でも海外の人たちが絶賛してたから?

    CBDやTHCなどカンナビノイドは、
    他のカンナビノイドと一緒に体内にとり入れることで
    相乗効果で効果が高まります。

    世界にはTHCが合法の地域もあって、
    THCも含めてのフルスペクトラムも広く出まわっているのです。

    堂々としているので職務質問を受けて
    そのまま尿検査なんて事態にはならないでしょうが、
    ネット経由であなたが購入した履歴はバッチリ残されてます。

    CBDのつもりで気にせず大量摂取してしまったら、
    健康診断に影響が出てもおかしくない。

    気をつけてください。

    安さをポイントにしたCBDショップ選びなんて、
    絶対にダメです。

    安すぎる製品だと、尿検査で引っかかるような違法成分が入ってるだけでなく
    健康診断で引っかかってしまう副作用をもたらす成分が入ってる可能性が高いからです。

    健康を害する以上に、命を落としてしまうリスクもあります。

    実際に、アメリカで多くの若者が
    リキッド製品を取りよせて使用し何十人も死んでしまいました。

    どうやらビタミンEアセテートが含まれていたことが
    原因のようだということが、後日の調べで明らかとなっています。

    とろみを出してCBDがたっぷり入ってるかのように
    見せかけるだけの添加物でした。

    CBDはもちろん、HHCOにTHCOと合法のカンナビノイドは多数あり。

    使用しても尿検査で引っかかることはありません。

    ただし、THCOなどは使い方によっては
    健康診断で引っかかるかもしれない危険性もある成分です。

    ではTHCは?

    もちろん違法、所持してるだけでもダメです。

    一般の方は決して関わることないでしょうが、
    CBDの取り寄せ方によっては気が付かないままに体内にとり入れていることもあるのです。

    尿検査に引っかかってからでは遅い。

    知らなかったと言っても許されず捕まってしまうかもしれません。

    知識を身につけ、信頼できるサイト経由での購入を心掛けましょう。

     

    コチラの記事も人気です

    (Visited 430 times, 1 visits today)
     

    ↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    まさかのTHCO超え?チラクシーのアッパーCBD

    ↓画像クリックでレビューを確認できます↓