エピ ディオ レックスを個人輸入?可能性はあるが現実的ではない….

    エピディオレックスはアメリカFDAでは
    すでに認可されているのですが、

    日本の方が個人輸入で取りよせて
    使用することは現状不可能
    です。

    イギリスの大手製薬会社である
    GWファーマシューティカルズ開発のエピディオレックス、
    抗てんかん薬として世界中で愛用されます。

    日本にも患者がいないわけでもなく、
    他の薬とおなじく手軽に個人輸入できれば
    もっと楽に毎日を過ごせるようになるでしょう。

    なんとも歯がゆい状態です。

    なぜエピディオレックスは
    個人輸入が許されないのかはご存じですか。

    花粉症など、毎年のように症状が現れるたびに
    病院に行って薬を処方してもらうのはめんどうでしかありません。

    すでにご自身で病名もピッタリの薬もわかっている。

    そんな時に個人輸入は処方箋不要でまとめ買いもできて、
    大変便利なのです。

    ネットを通じての購入ということからプライバシーも守られ、
    性関係や水虫などはずかしい薬だってこっそり手に入ります。

    便利なはずの個人輸入が使えないのは、
    エピディオレックスがヘンプ由来の成分が使用されているからです。

    エピ ディオ レックス(Epidiolex)は
    アメリカから個人輸入できる?
    日本国内で検査が完了しないと認可できない

    ヘンプと言えば日本では、
    抽出されたカンナビノイドの一部であるTHCやHHCが
    取締法で禁止されています。

    使用はおろか所持・譲渡することさえ許されません。

    一方でCBDにCBN・THCVなど
    合法のカンナビノイドもあって、
    とにかく複雑な分野なのです。

    注目され始めての歴史が浅く分かってないこともたくさん、
    でも世界が注目してるからこそ製品もどんどん入ってきています。

    日本の基準だと違法だろうと思われるような、
    THCの何倍もキマる成分が合法だったりしてしっちゃかめっちゃか。

    混乱の中、エピディオレックスの個人輸入が
    許されるまでの状態となっていないだけです。

    将来的には個人輸入可能となるはず、
    何しろあのFDAが承認しているのです。

    承認されたのはごく最近のことですから、
    日本を含め世界のさまざまな国で影響がでるのは
    もうちょっと後になるでしょうね。

    他の薬で個人輸入を利用されてるならお分かりになるはず、
    日本は得体の知れない存在はとにかく徹底排除
    といった姿勢が貫かれている国です。

    たとえ海外で承認されて当たり前に使われている薬であっても、
    日本で改めて一定の検査を行い副作用など
    1つずつ確認してからようやく認可といった流れです。

    医師の処方箋を受けることで使用を許可
    といった例外もありますが、エピディオレックはいずれにも
    当てはまらず個人輸入はできないでいます。

    ヘンプ製品って日本はまだ医療の分野には
    深く入り込んでおらず、処方する以前に医師も
    説明できる方はほぼいないでしょうね。

    第二次世界大戦で負けたものの驚異的な経済成長を遂げ、
    アメリカも無視できないような大国となった日本。

    広島・長崎といった尊い犠牲はともかく、
    敗戦したけれど捕虜になったりといったことはなく
    大きな被害は受けてないと思われていませんか。

    戦後、GHQ指導の元で作られたのが取締法です。

    当たり前に生活の中にあったヘンプが遠ざけられ、
    強い拒否反応を植え付けられたことで
    ヘンプの世界ではすっかり後れを取った日本。

    エピディオレックスが個人輸入できないのも、
    ヘンプ由来の薬だからこそですよね。

    意外なところでも、深く爪痕は残されているのです。

    ようやく日本でもCBDに感心を持つ方も増えてきており、
    ヘンプに対する偏見も少しずつ薄れようとしています。

    エピディオレックスが当たり前に個人輸入できる時代、
    そう遠くはないのかもしれません。

    てんかん患者はいつともわからない時を待つしかない?

    日本の大手製薬会社である大塚製薬が、
    独自にてんかん治療薬を研究開発し
    医師の処方の元で利用されるようになっています。

    新薬だからこそ値段が高いのはネックとなりますが、
    お金を出せばエピディオレックスを個人輸入で買わなくても

    苦しみを和らげてくれる薬を日本に居ながらにして
    使用することは不可能ではないのです。

    エピディオレックスはアメリカから取り寄せることはできませんが、
    CBDなら代理店を通して・あるいはドンキホーテなど
    日本の実店舗からでも手に入りますよ。

    実はPharmahemp社の12パーセント濃度のCBDオイルと成分が似ているとか、
    代用品として試してみるといった手もあります。

    CBD製品をさまざまとり扱う代理店のエピディオレックスに
    相当する成分をもつものを選んで購入すれば、

    おなじような効果がもたらされ、
    大塚製薬の新薬よりも安価に利用できるというわけです。

    エピディオレックスは個人輸入できませんが、
    てんかんの症状を持っていても楽に生きる方法はまだまだ他にもあります。

    試してみてください。

    世界中の人々が使ってるのであれば、
    検査とか面倒なことを言わず

    どんどんカンナビノイド配合の薬も流してほしい
    と思われるかもしれません。

    ですが欧米の方よりも小柄な日本人だからこそ、
    強く副作用が出てしまうキケン性はありますよね。

    厳しすぎるくらいの審査基準で
    しっかり取り締まっているからこそ治安も健康も守られ、
    今の日本があるのです。

     

    関連記事サティベックスは個人輸入できる?

     

    (Visited 694 times, 1 visits today)
     

    ↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    まさかのTHCO超え?チラクシーのアッパーCBD

    ↓画像クリックでレビューを確認できます↓