サティベックスの個人輸入はできない!将来的には可能性アリ?

    「サティベックス」は個人輸入が許されません。

    THCが配合されていることから、
    法律に違反してしまうのです。

    「ナビキシモルス」なる別名もある薬ですが、
    イギリスの大手製薬会社GWファーマシューティカルズが開発しました。

    実は日本の大手製薬会社、
    大塚製薬株式会社も開発に関わっていたりします。

    大塚製薬は、米国でのサティベックスの開発や販売を
    独占的に行う権利も取得していたりするのですから、
    ガッツリ関係していますよね。

    ですが、サティベックスの主成分となるのは
    CBD・そしてTHCです。

    THCは、日本では使用はおろか所持も
    譲渡も許されない成分なのです。

    サティベックスはTHCが入っている仕様なので
    個人輸入はできない!

    取締法で制限されている以上は日本に入ってくることはなく、
    個人的に取りよせることだって同じように禁止されます。

    個人輸入でさえ手に入らないとなるとむしろ
    興味が湧いてくる方もいるでしょうか。

    サティベックスというのは多発性硬化症のための
    疼痛治療薬です。

    多発性硬化症は、
    脳とか脊髄・視神経など中枢神経系の病気。

    電気信号で暑さや寒さを伝えたり身体を動かすよう指令を送る
    大切な役割を持つ中枢神経に炎症が起こることで、

    信号が伝わりにくくなったり誤った異常な信号を
    伝えてしまうようになるのです。

    視力障害に感覚障害・運動障害・排尿障害と
    さまざまな症状が起き、日常生活を送るのは
    むずかしくなりますね。

    慢性的な疼痛もツライもの、
    舌下型スプレーのサティベックスを必要量噴射すれば

    痛み緩和につながるとか、
    日々苦しむ方にとって強い味方となってくれるはずです。

    でも、日本人である以上は
    日本の法律は守らなければならないのです。

    勝手に個人輸入してはダメですよ。

    他にも、過活動膀胱の症状緩和にも
    役立ってくれるようです。

    世界を見わたせばTHC合法の地域もあり、
    医療の世界でTHCが力を発揮している場面はさまざまあります。

    手術で体力を使い果たした患者に
    必要なのはしっかり食べて栄養を摂ること、

    でもバテすぎるとお腹が空いてるはずの場面でも
    食欲なんてわいてこない
    ってのは日常の中ですでに経験済みなんじゃあないですか?

    THCの食欲を増進させてくれる
    マンチという作用をとり入れれば、
    患者の回復が早くなるのです。

    アルコールやカフェインとおなじ、
    THCだってうまくとり入れることができれば
    日常をもっと良くしてくれます。

    決して怖がりすぎる必要はないのですよ。

    と言っても日本の法律では禁止されてますから、
    サティベックスの個人輸入はどうあれ禁止です。

    となるともしも多発性硬化症を発症してしまったら、
    疼痛に苦しみながら病気と共存していかなければならないのでしょうか。

    現時点では購入禁止、ですが合法になれば
    輸入できるようになるはずです。

    ヘンプ製品はキケンだからとにかく近づくべからず
    といった風潮だったのが、CBDが広まる中で一方で
    良さもあることが世間に知られるようになってきました。

    世界でヘンプ製品が熱くなっており、
    どんどんいろんなカンナビノイドが入ってきています。

     

    医療目的であればTHCも一部合法に、
    といった時代はすぐそこまで来ているのかもしれませんね。

    サティベックスはTHCが入っているから個人輸入禁止。

    THCは入ってないCBD製品は自由に購入できます。

    個人輸入で取りよせも可、なのですが
    THCとCBDって見た目で区別はつきません。

    「THCは入ってないよ」って証明する書類が
    あれこれ必要となって、かなりめんどうなんです。

    実はTHCがこっそり入ってる製品も出回っています。

    農薬がたっぷり使われたヘンプから抽出された
    CBDだってどんな副作用をもたらすかわかりませんよね。

    個人的に海外のどことも知れない企業から
    取りよせるのはリスクが大きすぎます。

    CBD製品だって個人輸入は禁止、
    ドンキホーテでも購入できますし代理店からも安く手にはいります。

    とにかく信頼できるところから買うように気をつけてくださいね。

    他にもいろんなカンナビノイドが出てきてますが、
    「個人輸入は使わない!」は共通する注意事項です。

    痛みとか不調に苦しむことなく、
    イキイキと毎日を過ごしたいと思われているなら
    ぜひカンナビノイドをとり入れましょう。

    カンナビノイドが足りてないからこその不調に効果をもたらしてくれ、
    健康維持に役立ちます。

    もしも禁止されているサティベックスを注文した場合、
    タイホされて人生を持ち崩すことに。

    代償が大きすぎます。

    個人輸入を使って正規ではないカンナビノイド製品を
    取りよせてしまったなら、キケンな添加物で
    命を落とすことだってありますよ。

    多くの企業が参戦するヘンプの世界、
    どんな悪徳業者が紛れこんでいるかもわからず
    個人輸入で素人が個人的に海外からというのは無謀すぎます。

    第二次世界大戦後より続く「取締法」により、
    我々日本人はサティベックスを使うことができない。

    それが今の我々の現状です。

    残念ですが、法律と税関職員によって守られているからこそ
    治安は守られているのです。

    CBDなど合法の成分をうまく活用することで、
    少しでも不調を軽くしてやることです。

     

    関連記事エピディオレックスは個人輸入できる?

     

    (Visited 363 times, 1 visits today)
     

    ↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    まさかのTHCO超え?チラクシーのアッパーCBD

    ↓画像クリックでレビューを確認できます↓