サティベックスの個人輸入はできない!将来的には可能性アリ?

    サティベックスの個人輸入はできないので注意!サティベックスとはどんなもの?

    サティベックスは日本でも注目を集めていますが、個人輸入はできないです。

    サティベックスとは多発性硬化症の豚痛治療薬で、イギリスの大手製薬会社GW社が開発しています。

    サティベックスの主成分はCBDとTHCで、液体を口腔内にスプレーして使用します。

    日本では薬事法に違反するため承認されず、海外からの輸入も近視されています。

    サティベックスを開発したイギリスのGW社は創薬ベンチャー企業で、1998年にイギリスで医薬品製造の免許を取得しています。

    医薬品の開発には多額の資金が飛鳥で、様々な臨床試験を行って市販に至るには長い年月がかかります。

    GW社は2001年6月にロンドン証券取引所で株式を公開し、世界で初めて天然由来のCannabinoids医薬品を発売します。

    アメリカでは日本の大塚製薬が独占販売権を持ち、他にも様々な一流製薬会社がGW社のパートナー企業になっています。

    多発性硬化症患者の疼痛や過活動膀胱などの症状を緩和するサティベックスには、様々な特徴があります。

    液化二酸化炭素を使用して、乾燥した植物から成分を抽出します。

    抽出した成分にエタノールや医薬品添加物、ペパーミントなどを加えて小型スプレーに封入しています。

    舌下型スプレーなので使いやすく、1回で必要量を正確に噴射できます。

    患者によって必要量が変化するので、自分に合った回数を決めて使います。

    目安は1度に4回から8回程度で、摂取すると15分から40分後には効果が発現します。

    1日に使用するスプレー回数には上限があり、1日12回まで使えます。

    THCだけでなくCBDも入っているので、余計な酩酊はないです。

    医薬品なので植物性原液の規格が決められ、品質が保てるように厳しく管理されています。

    国際的な基準に準じた天然由来の医薬品は、THCとCBDの組み合わせによって様々な疾患に対応できます。

    日本では価格が高い医薬品を個人輸入代行会社を利用して安く購入する人が増えていますが、輸入を禁止されている医薬品は購入できないので注意が必要です。

    GW社ではCBDが主成分のEPIDIOLEXも製造していますが、EPIDIOLEXはアメリカ食品医薬品局に認可されています。

    現時点では日本での購入は無理ですが、合法になれば将来的に輸入できる可能性はあります。

    日本で医薬品の個人輸入を検討している場合は、地方厚生局に必要な書類を提出して証明を受ける必要があります。

    最近は個人輸入代行会社を利用する人も多いですが、医薬品の個人輸入は自己責任になります。

    サティベックスは無理だけどCBDであれば現時点でも通販可

    日本でも話題のCBDオイルなら、合法なので代理店から気軽に購入できます。

    ネット通販でも人気が高いオイルはTHCとは別物で、健康のために安全に使えます。

    抗炎症作用や抗不安作用など様々な作用があり、不眠症から原因不明の疾患まで幅広く利用されています。

    健康食品でもあるのでCBDが含まれたオイルやVAPEリキッド、ペーストなどは専門のオンラインショップで簡単に購入できます。

    健康増進に役立つため世界中で愛用され、リピーターも多いです。

    精神作用のあるTHCとは異なり精神作用がないので、安心して代理店での購入を検討できます。

    代理店で取り扱っているオイルやリキッド、パウダーなどの製品は正式な手続きを行って税関を通ったものです。

    個人輸入だと税関でのトラブルが心配ですが、トラブルなしで高品質な製品を購入できます。

    オイルやペーストは経口摂取なのでCBD以外の成分が含まれているケースが多いです。

    リキッドの場合は蒸気で摂取するため、主成分とリキッドの成分だけで製造されています。

    経口摂取は、舌下に垂らして摂取するのが一般的です。オイルは種類が豊富なので、自分に合った製品を選びやすいです。舌下に垂らすだけなので、どこでも好きな場所で摂取できます。

    特別な道具や機器が必要なく、手軽に摂取できるのがオイルタイプのメリットです。

    簡単に摂取できるCBDオイルですが、経口生体利用効率は15%程度になります。

    経口生体利用効率が低いため高濃度のオイルが人気を集めていますが、CBDの含有量が多くなると価格も上がります。

    電子タバコなどを利用して蒸気摂取を行う場合は、生体利用率が高くなります。蒸気が体内に入ると、内臓を通らずに毛細血管から成分を摂取できます。経口摂取と比べて約4倍もの量を摂取できるため、蒸気摂取を好むユーザーが増えています。

    リキッドタイプを利用した蒸気摂取の場合は費用も安価なので、毎月の出費を抑えられます。リキッドはオイルと異なり、多様なフレーバーを楽しめます。

    フルーツ系のフレーバーが多いですが、カスタードやバニラなど女性好みのフレーバーも増えています。

    フレーバーの種類が多いので、気分によって味を変えて楽しめます。

    オイルよりも取り扱っているメーカーが少ないですが、主なリキッドメーカーを全て取り扱っている代理店を利用すると欲しい商品をスムーズに購入できます。

    蒸気摂取の場合は専用機器が必要になりますが、専用機器は比較的リーズナブルな価格なので若い世代でも購入しやすいです。

    関連記事:

    エピ ディオ レックスを個人輸入?可能性はあるが現実的ではない….

     

    ↓2020年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドを厳選【高濃度】↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    忖度なんてしてらんない・高濃度CBDリキッドを厳選!

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ