ENDOCAを個人輸入?日本の公式サイト経由が安全で便利!

    個人輸入は危険、ENDOCAなど海外の代理店ルートでの入手がおすすめです。

    やたらとルールに厳しく高い審査基準を通過したものしか使わせてくれない、ちょっとでも副作用の心配があるもの・ルールを守らず作られた品は遠ざけて、日本という国は母親のように過保護に我々を守ってくれてます。

    そのおかげで治安が良く安心安全な国となったのです。

    国産品の品質の高さは世界に誇れるレベルです。

    でも世界の人たちは普通にそれを使って効果があったと喜んでるのだから、そんな不満の声もあることでしょう。

    それなら個人輸入、自分で個人的に買うんだからいいでしょというわけです。

    もちろん勝手にやって自爆しても自己責任、ただ日本には無いものが手に入るしお値段も安い、こっそりお買い物できるという利点もあり利用者は増えてきてるのです。

    それならCBDも個人輸入で、それはちょっと待ってください。

    ENDOCAを個人輸入?日本の公式サイト経由が安全で便利!

    ぬるま湯に浸かってきた日本人の場合、せめてENDOCAなど海外の大手CBDメーカー経由での入手をおすすめします。

    世界の人々が大絶賛するのだから、それが安全とは限らないのは日本と世界の法律面での違いが関係しています。

    定期的に繰り返される一流芸能人らの逮捕劇、大麻所持が関係していることは多いです。

    持っているだけなのにと思われるかもしれないけれど、日本では使用やもちろん所持も譲渡も全部だめです。

    依存症とか幻覚・幻聴、使用することでどういった危険がもたらされるのかは学校でも学んでいるでしょう。

    総じてアジア諸国は大麻に対する拒否反応が強く、特に日本はそうなのです。

    個人輸入はもちろん、海外のCBDメーカーとして有名なところでも危険なことがあるのは、このヘンプの元となるTHCが入っている可能性があるから、ENDOCAはどうなのでしょう。

    日本人にとっては驚愕の事実、世界を見渡すとTHCが合法という国もあります。

    確かにタバコもアルコールだって使い方を誤れば依存症とかを引き起こすのですから、同じことです。

    その危険性は知っている、でも少量ならそれもCBDと一緒に入っているならCBDの良さを引き出してくれるんだから大丈夫と、その他のカンナビノイドと一緒に配合されたフルスペクトラム製品のなんと多い事、安全でも世界が認めていても日本のルールに合致しなければダメ、なのでそんな理屈が通用するわけもないのです。

    個人輸入だとルール違反の製品がいくらでも目に飛び込んできます。

    海外ブランドサイトも、ENDOCAに関しては国内代理店での販売が始まったこともあり安心して購入できるようになったのです。
    ENDOCAJapan、日本の法律で大丈夫な品のみが売られています。

    心配な事や疑問、何かあったらすぐに相談できるのもありがたいところ、ある程度は語学が堪能な方でもCBDに関連しての相談は専門用語が飛び交うこととなり、細かいニュアンスが伝えられず困ってたんではないでしょうか。

    経口摂取に気化吸引、どっちにしても体内に毎日のように入れるものなんですから安心して使用したいものです。

    個人輸入よりもおすすめのENDOCA、こちらはヘンリー・ヴィンセンティ氏によって作られたデンマークの会社です。

    日本製じゃないからと不安に思うでしょうがしょうがない、だって日本はTHC禁止国なんですからヘンプの栽培だって限られてます。

    そもそも日本製CBDは少ない、世界に目を向けてとにかく安心安全なものを探し出すしかないんです。

    ENDOCAのものなら100パーセントオーガニックです。

    種からすべての生産プロセスが管理されているので、危険なものが入ってくる心配がないのです。

    第三者機関の検査も受けていて、世界でも初となる国際的なCBDオイルカンパニーのため日本人だけでなく世界から注目を受けてます。

    品質が確かで日本支社がある以上は法的問題もクリア、個人輸入で怪しげな製品を買うよりは全然いい、ENDOCAを選ぶべきなんです。

    性関係のお薬・AGA治療薬を個人輸入するようなメリット、CBDでも同じように受けられると思ったら大間違いです。

    特に隠さなくともいい、最近は日本でもCBDの知名度が上がってきました。

    だってドンキホーテにも置かれている製品、THCならともかくこそこそと手に入れなくともいいのです。

    安く購入できるからといった理由もあるかもしれませんが、だってもしかしたら届かないかもしれないんです。

    それだと商品価格丸々損、お金を出して手間を手に入れてと馬鹿らしいことをしてるだけです。

    ただそれはマシな方、もしもTHCを密輸しようとしてると思われたらたいほ、今後の人生はどうなってしまうのでしょう。

    ENDOCAのような品質の良い製品ばかりが出回ってるとは言えない個人輸入の世界、身体に恐ろしい後遺症を残すこととなるかもしれません。

    世界では、CBDの劣悪なものを使ったことで命を落としてしまったという例も挙がってるんです。

    命をとるかお金をとるか、もちろん答えは決まってるはずです。

    というわけで、個人輸入はできないわけでもないでしょうが禁止です。

    ENDOCAのサイト経由で安全な品を手に入れて、CBDライフを楽しみましょう。

     

    ファーマヘンプの個人輸入・手元に届かないリスクも考慮すべき!

    THCリキッドは個人輸入しちゃダメ【増粘剤が混入しているリスク】

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ