【CBNの持続時間】吸引と舌下摂取・それぞれの特徴を比較!!!!

    CBDがようやく日本でも浸透してきたとおもったら次はCBNにTHC-O、どんどん他のカンナビノイドの名前も聞くようになってきましたね。

    世界が注目している証拠です。

    どれもこれも気になってるでしょうが、中には違法のTHC以上にキマってしまう取り扱い注意な成分もあるのでお気を付けください。

    とりあえずCBNは大丈夫、ベイプマニアとかで見かけることもありますよね。

    CBDもいいけどCBNもまたちがっていい、ちょっとした気分転換にも試してみてはどうですか。

    いろんなカンナビノイド、ふりかけに例えてみるとわかりやすいかもしれません。

    白米そのままもおいしいけど、ふりかけをかけたらまたちがっておいしいよねってことです。

    で、のりたまばっかり使っててもまあいいんだけど明太子味とかおかかとかせっかくいろんなバリエーションがあるんだから試さない手はないわけです。

    味はちがうけど塩分とかカロリーとかはどれも似たようなもの、身体に対しての作用もおなじですよね。

    CBNについても、持続時間や使い方に関してはCBDとおなじって思っていただいて大丈夫です。

    CBNは効果実感までに10~20分・持続時間は2時間から4時間

    そもそもCBDの効き目がどれくらいかご存じないないですか?

    ぜひもう一度お勉強してみてください。

    CBDやCBNというのはヘンプから抽出された成分・カンナビノイドの一つです。

    そのまま乾燥させたのがCBDパウダーで、食用油やVG・PGを混ぜることでCBDオイル・CBDリキッドとなるわけです。

    日本だとまだなじみはないでしょうが、世界にはCBNオイルやリキッドも出回ってますよ。

    たっぷり配合の濃度が濃いものほど効き目もしっかりと思われてるでしょうが、ちがいます。

    CBNが使われてる製品ならばどれもおなじとも言い切れない、摂取方法によって持続時間も効果が出てくるまでの時間にも差ができるのです。

    ついでに、使いやすさやお値段だってちがう。

    知っていれば迷わない、あなたのライフスタイルに一番ピッタリのものをえらんでください。

    CBDやCBNのパウダーこそが成分100パーセント、もっとも高い濃度を誇るわけです。

    そう思って試すと意外と拍子抜けするかも、「フルスペクトラム系」のワックスやオイルの方がよっぽどガツンと来ませんでしたか。

    他のカンナビノイドもフルで入ってるからフルスペクトラム、相乗効果で効果が高まるというCBDの性質が生かされてるのです。

    ちなみに、フルとは言っても違法のTHCは入ってないものをおえらびくださいね。

    CBN製品、リキッドやワックスは電子タバコで気化吸引によって体内にとり入れることとなります。

    吸いこんだ途端にガツンとキック感ありませんでしたか。

    すぐにも効果が実感できる、気化吸引って効果発現までの時間が短いのです。

    吸いこまれた成分は肺へ送りこまれ張り巡らされた毛細血管から全身へ、最短ルートを通るからこそです。

    すぐに楽しめるのはメリット、一方で効き目が薄れるまで早いというデメリットがあります。

    人それぞれ差はありますが、効果実感までに10~20分・持続時間は2時間から4時間と思っておいてください。

    CBDとCBNどちらもです。

    CBDやCBNのオイルやグミは経口摂取ですが効果を感じるまでに早くても30分、遅ければ1時間もかかることとなります。

    口から入れて消化器官などを通って肝臓までの長い道のりを行くのですから、肺から直よりも時間がかかって当然ですよね。

    持続時間はその分長く、6時間から8時間は効き目が実感できるでしょう。

    CBNグミためしたのに全然効果ないじゃん、と次々追加で口に放り込んではいけませんよ。

    大きなキケンはないものの、成分のムダ遣いです。

    効果発動までと持続時間を知らないと、いざというタイミングを逃してしまってモッタイナイんです。

    会議を前にして、好きなあの子に声を掛ける直前にCBNグミを慌てて食べてませんでした?

    緊張が緩まないままに本番に臨んで大失敗に終わったのでは、まあプラシーボ効果でうまくいった方もいるかもしれませんね。

    CBDやCBNは持続時間も知っとくべし!ってことです。

    グミタイプ愛用者の方に、知ってて得する情報をお教えしましょう。

    効果を早めたいなら舌下摂取してください。

    肺とおなじく、舌の裏側にも毛細血管は張り巡らされているのです。

    飲みこんだらすぐに飲み込んで食道へ、その前に2分ほど舌下でとどめてみてはいかがですか。

    毛細血管より全身へ、気化吸引とくらべると多少は遅くなるものの経口摂取よりは確実にはやく15分から30分もあれば効果実感できますよ。

    もちろん効果の持続時間は短くなるのでご注意を、4時間から6時間もすると効果が落ちついてしまいます。

    ニコチンタバコの害が叫ばれてるなか公共施設はどこも禁煙、電子タバコも人目が気になって吸いにくいでしょう。

    CBDやCBNを会議の直前に一服して心を落ち着かせようと思ったのに、喫煙場所が見つからず更にあせってしまった経験ありませんか。

    グミなら人目が気にならずこっそり舌の下からとり入れられます。

    持続時間は6時間、ちょこっと早めに摂取したとしても会議終わりまで落ちついて本来の力が発揮できますよ。

     

    で、肝心の効果は?って気になる方は以下のレビュー記事で確認できますよ↓

    CBNでブリブリ?ハーブを700mg使いきってみたら…!!!!!

     

    (Visited 37 times, 1 visits today)
     

    ↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓コスパでフルスペクトラムを選ぶなら↓

     

    ➡️ プラスウィードの効果レビュー