CBNでマンチ!?ハーブを吸ってみたら…【注目!】

    「痩せたい」が口ぐせの万年ダイエッターさん、あなたの周りにもいるでしょう。

    あなた自身もそうですか?

    街を歩けばおいしそうなお店がいっぱい、テレビを見ても雑誌を読んでもおいしい料理がいくらでも目に飛び込んでくるのですから気持ちはわかります。

    でもさすがに、欲望のままに山盛りたべた後は食べたいって気持ちは起こらないですよね。

    すぐにも消化されてあっという間にまたお腹が空いてくるかもしれませんが、一定期間は食べ物を見て触手が動かされないときはあるはずです。

    マンチーの意味って?

    そんな時にも変わらず食欲が増進されてしまう、それが「マンチ」と呼ばれる作用です。「マンチー」と言われることも、日本では禁止されているTHCを使用することで引き起こされます。

    THCに対する好奇心、抑えられたんじゃあないですか。

    デブでタイホ歴もあるなんて、最悪ですもんね。日本でも広まりを見せてるCBDにはマンチの作用はないみたい、CBNはどうなんでしょう。

    CBNは「マンチー」になるって人も多数!管理人は感じなかったかも

    最近、広まりつつあるカンナビノイドです。

    CBDとおなじく精神作用がなく、安心で合法でCBDとはまたちがった刺激も楽しめて、利用を考えてる方も多いんじゃあないですか。

    残念ながらCBNはマンチ作用を持つハーブです。

    「リキッドを吸うことで味覚が鋭敏になった・食べ物がおいしく感じられた」なんて口コミもあります。

    CBNってCBDよりも1000円くらい値段が高いですよね。

    それだけ希少だってこと、成熟したヘンプにしかない成分だからです。

    若いヘンプの持つTHCが酸化してCBNへと変換されるのです。

    THCならではの精神作用は薄れたものの、マンチの作用はそのままに残されたというわけですね。CBNを使用する際には、ジュースや食べ物を横に置いておいた方がいいかもしれませんね。

    きっと普段通りのオレンジジュースが、何倍もおいしく感じられますよ。

    体感もTHCに似てるとか、値段は高いけれど刺激的なCBNの人気が高まっているのもよくわかります。

    おデブ作用をこわがってCBNを遠ざけるのはモッタイナイことです。

    CBNを使用したときだけの作用なんですから、普段の食事を少し抑え気味にして調節するようにすれば体重増加を心配しなくてもいいんじゃないですか。

    お酒を飲むイコールビール腹になるってことでもありません。

    ツマミをヘルシー系にする・ご飯は食べないなどの工夫をして、全然太ってないって方もいるでしょう。おなじことです。

    CBNのマンチ作用を太った理由にしないで、強い精神作用はありませんから制御は不可能ではありません。

    むしゃむしゃと食べる様子を表す言葉「munch」がマンチの由来です。

    ストレスを感じる日々で、食事時間さえリラックスできずおいしく食べられずにいたんじゃないですか。

    取りあえずのレトルト食品やコンビニメニューを片っ端から食べてたんじゃあ太って当たり前です。

    ご飯とお味噌汁、簡単で質素な献立もこれまで以上に味がはっきりと感じられておいしくなるのですからむしろ敬遠していたヘルシー献立を続けてストレスなく続けられればダイエットにもなるかもしれませんよ。

    CBDにマンチの作用はありません。

    THCにCBNで食欲が増進されるからこそ、ヘンプ製品はどれをとり入れてもマンチが起こると思われているのであれば間違いです。

    むしろ食欲を抑えるという逆の作用を持つカンナビノイドだってあります。

    まだまだ研究段階にあるのですが、食欲増進作用と抑制作用をうまく使いこなすことができるようになれば体重が自由自在に操れるようになるかもしれませんね。

    THCやCBNの持つ食欲増進作用「マンチ」、飽食の現代社会においては悪いイメージしかありません。

    でも例えば医療の現場などでは、ちゃんと役立っています。手術をしたり、抗がん剤治療を受けたときって食欲が出なくなることってありますよね。

    元気を取り戻すには栄養摂取は必須、CBNのマンチの作用で無理やりにでも食欲を取り戻させてきちんと食事を食べるようにさせられれば、患者さんの回復を早められるかもしれません。

    楽しみのため・日常での使用はダメですが、医療用としてTHCを使用するのは合法って国は多数あります。

    マンチの作用で人々は救われているのです。

    日本でも、CBNならば合法でマンチ作用も得ることができますね。

    遅れている日本のヘンプ事情ですがさまざまなカンナビノイドが入ってくることで我々の日常だけでなく医療の現場にも、良い影響が及ぼされるかもしれませんね。

    CBNとちがってCBDにマンチを起こす作用はないのですが、食欲が増加したって方もいるのでマンチの作用を持っていると勘違いされてた方もいるはずです。

    きっとストレスや不安が和らいだからこそ、本来の食欲が戻ってきたのでしょう。

    エピディオレックスというCBDを由来とする薬があるのですが、食欲不振の副作用を持っているそうです。

    むしろCBNとは逆の作用を持っているというわけです。

    おなじヘンプから抽出される成分なのに、違法のものもあれば合法のものも・マンチが引きおこされたり全く逆の作用をもたらしたりとおもしろいですね。

    (Visited 6 times, 1 visits today)
     

    ↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓コスパでフルスペクトラムを選ぶなら↓

     

    ➡️ プラスウィードの効果レビュー