CBDオイルを直腸から摂取するメリットと注意点

CBDオイルはその効果から、多くの人々によって注目され、利用されています。しかし、一方でその価格の高さや、全量を効率的に体内に取り入れることの難しさも問題とされています。そこで提案したいのが、直腸からのCBDオイルの摂取です。

この記事では

  • 直腸摂取のCBDオイルの種類や入手方法
  • 効果の速さや持続時間
  • 摂取量や服用時間の調節方法
  • 副作用や安全性について
  • 他の摂取方法との比較や使い分けについて

詳しく解説していきます。

直腸摂取のCBDオイルとは?

CBDオイルを直腸から摂取するというと、何となく抵抗感を感じるかもしれません。しかし、実際には腸溶性のカプセルを使用し、座薬のようにお尻から入れるわけではなく、口から摂取する方法です。腸溶性カプセルはその名の通り、胃では溶けずに腸で溶けるため、CBDオイルの成分を直腸までしっかりと届けることができます。

CBDオイルの直腸摂取のメリット

CBDオイル直腸から摂取する方法の一番のメリットは、吸収率の向上です。気化吸引や経口摂取では、CBDの全量を体内に取り入れることが難しいですが、直腸摂取ではその問題を大きく解消できます。また、直腸摂取によってCBDオイルが全身に広がる速さも早く、効果の持続時間も長いと報告されています。さらに、CBDオイルの臭みが苦手な方でも、カプセル内に封じ込めることで気にならないという利点もあります。

CBDオイルの直腸摂取の注意点

直腸摂取のCBDオイルは、その効果の持続時間や吸収率の高さから、多くの方々にとって有効な方法と言えますが、一方でいくつか注意点もあります。まず、即効性があるわけではないことを理解することが重要です。効果が出始めるまでには、だいたい2時間ほどの時間が必要です。そのため、服用時間を

逆算して決めることをおすすめします。また、カプセル作成が手間に感じる方にとっては、既製品のカプセル型CBD製品を購入することも一つの選択肢と言えるでしょう。

直腸摂取のCBDオイルの入手方法

直腸摂取用のCBDオイルは、インターネットの通販サイトなどで購入することができます。特に「グリーナスのCBD SOFT CAPSULEソフトカプセル」は、1粒に10mgのブロードスペクトラムCBDが配合されており、日本国内でも購入可能です。このカプセルは、直径1cm程度のサイズで飲みやすく、1日に1~3粒を水やぬるま湯と一緒に飲み込むだけという手軽さが魅力です。

まとめ

高価なCBDオイル、その全成分を効率的に体内に取り入れたいなら、直腸から専用カプセルで摂取する方法がおすすめです。しかし、その方法を選ぶ際には、自身の体調やライフスタイルに合わせた摂取量や服用時間の調節、副作用への注意など、様々な点を考慮する必要があります。今回紹介した情報を参考に、あなたにとって最適なCBDオイルの摂取方法を見つけてみてください。

 

直腸摂取でCBDの効果を最大限に引き出したいなら、以下の商品がベストです。CBDオイルが腸溶性カプセルに入っているので、胃液に影響されずに直腸まで届きます。

 

➡️ 腸溶性カプセルCBD(グリーナス)を購入する

 

追記:CBDやTHCHをアナルに塗ってもOK?

最近ではレクリエーション感の強いTHCHというカンナビノイドも登場しています。アナルに塗るのは。。。ちょっとわたしにはわかりません。

 

関連記事:

https://cbd-oil.tokyo/greeus/

 

(Visited 1,569 times, 1 visits today)
 

↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓