CBDオイルを顔に塗ると?皮膚のCB2受容体と結合する!

    様々な種類があるCBD製品、大きく分けると気化して吸引するタイプと直接摂取するタイプとになります。

    気化するのがリキッドなど、そしてCBDグミやオイルは食べて効果を得るのです。

    ただ、CBDオイルの場合はお肌に塗ることもできます。

    乾くのに時間がかかるのがデメリットと感じるのならば、軟膏・クリーム状のCBD製品だって売られているのです。

    お肌に塗ること、局所投与・トピカルと言いますが皮膚に多数のCB2受容体があり、それと結合してその力を発揮するのです。

    それが血液中に入り込んだり、身体の内部で使われるといったことはありません。

    つまり塗った部分にのみ、他に影響を及ぼすようなことはなく副作用のリスクが最小限にできるといったメリットもあります。

     

    最近ではフェイスマスクだったり、

    リップバームなんかも人気がありますね!

     

    ベイプマニアでコスメCBDをチェックしてみる⤴︎

     

    CBDオイルを顔に塗ると?皮膚のCB2受容体と結合する!

    局所投与すると10分から15分程度で吸収され、そのまま2時間から4時間は効果が持続します。

    あっという間に、しかも長く効くというのも嬉しいことです。

    CBDリキッドの煙を吸い込んだりグミを食べたり、リラックス効果が得られてぐっすり眠ることができるようになるでしょう。

    でも皮膚がリラックス・眠るなんてことは無し、スキンケア効果を求めて使用することとなります。

    例えば皮膚に残った炎症やアトピーが改善されます。

    アトピー性皮膚炎と言えばステロイド外用薬というのが常識でしたが、ステロイドは効果も高いけれど副作用も強いといった弱点が

    あり、小さなお子さんに使うのは可哀そうで心いためながら塗ってやっていたというお母さんたちもいるでしょう。

    一方で、CBDは毒性が低く副作用が少ないという特徴あり、多くの人々が救われることとなるのです。

    思春期のお子さんだけでなく、最近では大人ニキビと言って思春期を過ぎてニキビが落ち着いてきたと思われる年齢にまたお肌のぷ

    つぷつに悩まされる方も多くなりました。

    CBDオイルはニキビにも良い影響あり、カンナビジオールが人の脂線細胞の止血と抗炎症効果を持っているといったことが分かり始めているのです。

    まだまだ研究段階なので確実に効果をもたらしてくれるとも言い切れませんが、副作用もなくお肌がきれいになる期待が持てるのであれば使ってみたいと思われる方は多いはずです。

    CBDというよりもヘンプ自体が抗菌作用を持っており、皮膚に付いた汚染物質から守ってくれるという働きもあります。

    目には見えないから防ぐことが出来なかった皮膚に悪い影響をもたらすあれこれ、オイルを塗るだけでガード出来るのであればありがたいことです。

    今は大丈夫でも外部からの刺激が蓄積されていけば、いつどういった肌トラブルが起こらないとも限りません。

    紫外線にクーラーによる乾燥・ストレスなどなど、忙しい日々を送る現代女性たちのお肌は疲れ切っています。

    年齢を重ねていく中で肌トラブルが起こるのは必至、美肌を保つためにもすぐにもCBDオイルの導入を検討しましょう。

    ただし、これらの効果が得られるのは品質の良い製品からのみです。

    取り合えずお値段の安さだけを基準にしていると、CBDがほとんど入っていないのにCBDオイルと名を冠していたり、他のお肌に害を成す危険な成分も入っているものを選んでしまったら大変です。

    経口摂取もされるCBDオイル、他のCBD製品以上に安全性には気を配っているもののすり抜けて入ってくる粗悪な品だって多数出回っているのです。

    より品質に気を使いながら選ぶようにしましょう。

    お顔だけでなく腕や足など全身どこに塗るのもよし、火傷跡などを消すのにも役立ちます。

    例えば、ヘンプタッチのスージングCBDスキンバームは赤ちゃんや妊婦さんにも使用できる品質の良さ、ヘンプシードオイルも配合されているので、相乗効果でより高いスキンケア性を期待できます。

    カモミールやリナロールといった自然由来の香料が優しく香って、リラックス効果も同時に得られるでしょう。

    ただしカモミールはキク科の植物、アレルギーを持つ方もいるので注意が必要です。

    同シリーズに「ジェントルCBDスキンバーム」というトラブル肌用タイプも販売されていますが、なんとこちらは名前に入っているのに肝心のCBDが入っていないのです。

    選んでしまわないように気を付けておかなければなりません。

    ENDOCAのHempSalve750㎎CBDもおすすめ、食べることができるスキンケア製品です。

    口に入れられる品質の良さ、お肌に塗って悪影響となる心配はありません。

    檸檬のような香りのシトラールにバニラも配合、爽やかさと甘さが心地よく全身を包んでくれるのです。

    他社製品よりもCBDの配合量が多い、それゆえ美容効果も高いです。

    ただし、その分お値段は高めになります。

    アンチエイジング化粧品などどれも1万円超えでお高く、使用したのに意味がないという製品は多いです。

    どうせお金をかけるのならば、こちらを思い切って買ってみても良いでしょう。

    その他にもおすすめのCBDオイルはあります。

    口コミ評判や成分表示などを参考にして、良い製品を選ぶようにしましょう。

    日々お肌に付けるのですから、妥協は禁物です。

     

     

    980円でお試し!飲むCBDはコチラ

     

     

    関連記事:

    CBDオイルは陰部に塗るものではなく「飲んだり吸ったり」するもの

     

    (Visited 197 times, 1 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ