CBNは何パフ吸う?CBDよりも少ないパフ回数で始めてみる

CBNは何パフすれば良いのか、人それぞれで適量はちがうので具体的にお伝えすることはできません。CBDで散々言ってきましたよね。

確かにCBDとCBNとでは体感が違う。構造とか効果効能も違ってるのですが、おなじヘンプのカンナビノイドってことで選び方のポイントとか吸い方・ついでに言うと電子タバコの使い方とCBDと同じように取り扱えばいいですよ。

次々とカンナビノイドが出てきていて詳しい情報もまだって状態ですが、CBDに関してはけっこういろんなサイトで書かれてるでしょう?

ただし、まったく同じってわけではないのでご注意を。

CBNは何パフ吸う?CBDよりも少ないパフ回数で始めてみる

CBDのことはけっこう分かっているものの、最近発見されたばかりっていうカンナビノイドだと安全性も効果や副作用も何もかも不明の状態です。

何パフもしているとキケンな副作用に苦しめられてしまうこととなるかもしれません。CBD以上に少量から慎重にってことです。

CBNは、CBD・THCと共に三大主成分と言われておりある程度の研究が進められてはいます。ただ、適量の100倍以上なんて無謀ともいう量を実際に摂取してみてどうなるかの実験がなされたのはCBDだけなのです。

有名店舗とかにも置かれているCBN、CBD並みに安心して使えるカンナビノイドと思われてる方もいらっしゃるでしょうね。

そもそもCBDだって、未成年者が使用することで成長にどう影響するか分からないってこともあって、日本では判断能力のある成人じゃないと利用してはいけない成分だってことを頭の片隅に常に入れておくことです。

CBNも、日本で合法とされるいろんなカンナビノイドとおなじように何パフもしすぎて大量摂取となるのは避けた方がよさそうです。

だけじゃなく、CBD以上に使うシチュエーションに気を配るべきなのです。

CBNって「休息のカンナビノイド」という呼ばれ方をしているの、ご存じでしょうか。CBDを取り入れることでぐっすり休息できるようになったという方、CBNは更に実感できるはずです。

そんなCBNを、常に周りの様子に気を配りながら一定の緊張感をもって行わなければならない車の運転中に使用したとしたら、どうなることか。

カンナビノイドによっては、リラックス&リフレッシュできてメンタルの維持につながるのでぜひ仕事中に取り入れて、という成分もあります。

濃度の高さで180度ちがった効き目が得られるなんてことも、CBNを使用する際にも特徴をよくつかんでからベストな時に何パフか適量を摂取するようにしてください。

大量摂取するとキケンな副作用が無いとも言えない。

すっかりCBNのこと、怖くなってませんか?何パフだと大量摂取?万が一があったらどうしよう?すでに世界中で多くの方が使用していて、死亡事故とか起きているわけでもありません。アメリカでのできごとは、CBDやCBNではなく添加物のビタミンEアセテートが原因とされてます。

重篤な事態に陥ったという報告例もないので、まあ大丈夫なんじゃあないですか。まずはCBDで何パフが自分にとっての適量なのかを探って、CBN使用時の参考としてください。

CBDと同じ濃度で同じくフルスペクトラムのCBNを手に入れたのであれば、CBDよりも少ないパフ回数より試してみることです。確実に、CBNの方がガツンとくるからです。

だって、そもそもは日本で違法となっているTHCだった成分です。ヘンプが成熟していく中で酸化し、CBNへと変化していったのです。

THCの10分の1程度の精神作用があると言われています。CBD以上のパフ数はやめておいた方が無難。

同じパフ数でも、もしかしたらのどに強いキック感があってむせてしまうかもしれませんね。

わからないカンナビノイドは、とにかく少量から慎重にってのが原則です。

中にはたとえリキッドを使ったとしてもすぐに効果が発現しないといったカンナビノイドもあるので、効かないって時に次々と何パフも取り入れていくのはやめておいてください。

CBNも、何パフかして効かなかった場合に翌日に更にパフ数を増やして試す。少しずつ、取り入れる量を増やしていくのです。万が一に備えて、自宅で使ってみるようにしましょう。何かあったときに、ベッドで横になることができます。

車の運転中なんかよりもよっぽど安全ですね。

特にCBNは休息のカンナビノイド。夜、ベッドでぜひ試してみてください。

正しい電子タバコの使い方・吸引方法をもう一度おさらいを。謝ったやり方だと、体内へと取り込まれる量が減ってしまうので何パフしようとCBNの効き目が得られないまま、モッタイナイ。電子タバコの中のコットンがさっそく焦げて焦げ臭い匂いが発生してしまったら、休息どころじゃあありませんよね。

「CBD・電子タバコの使い方」で検索すればいくらでも出てきます。

CBD関連の記事でカンナビノイドの基本について学び、更にはCBNならではの特徴もきちんと掴んでおくようにすれば、素敵なCBNライフが送れるようになるのです。

研究は今も続けられており、常に最新の情報を掴むようにしてくださいね。

 

関連記事:

CBNでむせる原因

 

(Visited 104 times, 1 visits today)
 

↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓