CBN リキッドは「きまる」?420mgをじっくり吸ってみた

カンナビノイドはどれもキマる・キマらないは重要な争点となるのですが、
CBNに関しては「ごく微弱にキマる」ということとなるでしょうか。

キマるって精神作用があるということです。

2012年・2019年と「非向精神性」「非精神活性」
との研究成果が出てますし、

2021年のレビューでも「THCとかに似た効果はない」
とはっきりと書かれてます。

むしろ「精神作用なし=キマらない」
と言い切ってもよさそうなものですが、

一応「ごく微弱な精神作用」との記述も見られる以上は
ゼロにしてしまうわけにはいきません
よね?

キマる・精神作用があるってどういう状態なんでしょう?

CBNを使用することでどんな体感があるのか。

CBN リキッドは「きまる」?
420mgをじっくり吸ってみた

残念ながらキマり方は人それぞれです。

  • 服用量
  • 摂取方法
  • 使用頻度
  • 年齢とか体質
  • アルコール

などの同時摂取の有無によって変わってきます。

自身の体感を言葉にして伝えるのもむずかしいことで、
キマるにはいろんな意味が含まれてるのです。

CBNでキマってみたい?

うれしい効き目だけとは限らないですよ。

人や状況によっても効果と副作用、
どちらと捉えるかも異なります。

仕事の合間に服用して、
リラックスして肩の力を抜いてる場合じゃないでしょう。

車の運転中にグッスリ休息できる、
危険極まりない。

吉と出るか凶と出るか分からない成分を
取り入れるのっておそろしいことです。

CBNならどちらにしても微妙にしか作用しない、
合法だしどうやら安心して使ってよさそうです。

でもどうしてCBNのキマるは微妙なの?

受容体CB1・CB2とは?

カンナビノイドと体の中の受容体CB1・CB2についてご説明します。

我々の体にはカンナビノイドの作用を受け止める
CB1・CB2という受容体・レセプターがあるのです。

中枢神経系に多く、認知とか気持ち・記憶といった機能に影響するのがCB1

CB2は免疫細胞に存在しており、
抗炎症作用や免疫調整作用に関連
してきます。

CB1に働きかける・結合して活性化させる物質が
多く含まれているカンナビノイドなら、キマる。

一方で、CB2を選んで働きかける物質ならキマることはないし
医療の面で役立ちそうな期待感たっぷりです。

ではCBNは?

最小限ではあるものの、
CB1に対して親和性を発揮するそうです。

ガッツリ影響を及ぼすことはないので微弱なキマる。

CB2にこそ優先的に結合するので、
健康な毎日を維持するためにもぜひ続けてねってことです。

CBNをキマると捉える方もいればキマらないといった記事も、
180度異なる理由はお判りいただけましたか。

確かに、日常生活に支障をきたすようなことはないので
「キマる」と伝えて過剰に警戒させる必要もないでしょう。

でもゼロじゃないものを「キマらない」と断言して良いものなのか。

「CBNってキマるの?」って聞かれたとき、
あなたはどう答えますか?

CB1に強い親和性を発揮するカンナビノイドといえば、
THCがあります。

日本では違法認定されているので取り入れることはできません。

ただ、海外では合法の地域もあり。

語学留学とかで訪れて、若気の至りで
THCのキマるを体感してみたことがあるって方もいるのでは、

さすがに日本から離れて使用する方をすべて取り締まるのは
不可能なのでスルーされるでしょうが初めて吸う場合は
十分注意が必要です。

CBNと違いましたか?

どちらも試した方の中には、
「THCと似ている」といった声もあります。

おなじヘンプ由来の成分。

しかもCBNってヘンプが成熟していくなかで
THCから変換されて作られるのですから当然かもしれません。

THCのキマるを試してみたいって方は、
CBNで雰囲気を味わってみてはいかがですか。

CBNのキマる、薄すぎずちょうどよい濃度を取り入れることができて
カンナビノイドでキマりやすい体質を持ってる方であれば、
「本当に合法なの?」と不安になるほどにガツンとキマるを感じることもあります。

CBNは日本やアメリカでは合法。

ですがイギリスでは規制の対象となっており、
「商品内の含有量は1mg以下であること」とされています。

微弱にですがCB1と結合します。

アルコールだって、カクテルなんてジュースみたいと
ガバガバ飲んでる方もいれば香りを嗅いだだけで
真っ赤になってる方もいるでしょう。

注意は必要ですよ。

心して使用してもらえるためにも、
CBNは微弱だけどキマるよ
とお伝えしておいた方が良いのかもしれませんね。

もちろん、CBDとおなじくCBNの偽物も出回っています。

THCが含まれていれば、
CB1への結合は強まりガッツリキマることとなってしまいます。

その前に、違法の成分を取り寄せようとした罪で
捕まってしまうでしょうね。

CBNリキッドにビタミンEアセテートが含まれていた場合、
キマるよりもおそろしい命の危険がもたらされることもあるのです。

 

ぜひ信頼できるサイトからの購入を、
チラクシーとかでも取り扱われています。

日本人が多く使用し、
口コミ評判上々のサイトを選んでくださいね。

吉と出ることがある一方で凶となることもあるカンナビノイドだって、
合法のものはあります。

CB1とガッツリ結びつくことを知っておいて、
自宅で試すなど凶となる可能性をとことん減らすことができる方なら、
自己責任で試してみていただいても結構です。

THCを取り寄せてタイホされるよりは全然いい。

 

最後に・CBN配合のフルリキッドは体感も強い

CBNは微弱である、という結論ですが、
最近のカンナビノイドは濃度だけではなく
体感も向上してきています。

CBNにCBD、CBG、CBC、CBTなど
いろんな成分をかけ合わせた「フルリキッド」は

ブリブリに決まっているとしか言いようのない
体感を得ることができます。

これまで効かなかったという人は
ヘンプの本当の良さを実感できる
ハズです。

 

【チラクシーのフルリキッド】

 

➡️ CBN配合のフルリキッドを見てみる

 

 

関連記事CBNハーブはキマる?

 

 

(Visited 240 times, 1 visits today)
 

↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓