CBDオイルは陰部などに塗るものではなく、セックス前に摂取するもの

CBDオイルはてんかんやガンなど、多くの病気に対して有効な薬理作用があるため、健康面にも有益なオイルといわれています。

しかし、このオイルの作用はそれだけではなく、強いリラックス効果を得ることも可能です。

この程よいリラックス効果の作用は、眠れないときや極度に緊張してしまって眠れないときなどに有効な作用ですが、それだけではなくパートナーとのセックスにも有効だと好評となっています。

自律神経のバランスを整えることにより、パートナーとのセックスに落ち着いた状態で臨めます。

一方、CBDオイルをセックスのときに使用すると聞くと、使い方を勘違いしてしまう方は少なくありません。

このオイルは、基本的に飲むことによって効果が現れます。ローションや何か潤滑用のオイルなどのように陰部などに塗るものではなく、セックス前に摂取するものです。

ただ、塗る場所によって多少なり効果が得られる場合もあります。

基本的には飲んで摂取することによって作用が現れますが、口周りなど体内にオイルが吸収されそうな箇所であれば、アルコールなどと同じく効果が現れる可能性も考えられます。

ですが、効果を確実に得たい場合はCBDオイルを飲むよう心がけましょう。

続きを読む