合法 リキッド!アッパー系のおすすめ3選:CBD.CBN.CBGのバランスで選ぶ

最近、合法なリキッドで気分を高揚させたいと考えている人が、年代を問わず増加しているようです。ラッパーたちの影響もあるのかもしれませんね。

あなたもそうした人々の中にいて、次のような疑問や不安を持っていませんか?

  • 合法だけど、ちょっと怖いと感じる。
  • どのリキッドがいいのか見当がつかない。
  • おすすめのリキッドを知りたい。

このような問題に当てはまるかどうかは別として、この記事を読むことで「失敗しないためのリキッド選びのコツ」が学べます。実は、失敗を避けるためにはいくつか覚えておくべきポイントがあります。たとえば、口コミやレビューが多い商品は、多くの人に購入されており、それだけ品質が確かである可能性が高いです。つまり、口コミやレビューが豊富なオプションを選ぶことで、失敗するリスクを減らすことができるのです。

この記事にはそのようなポイントがいくつも解説されています。

「え、そんなに色々と考慮するのは面倒くさい」という方、少々お待ちください!記事の後半では、これらのポイントを考慮したおすすめのリキッドが、商品リンク付きで紹介されています。ぜひ、直接その部分へ飛んで確認してみてください。

 

ご注意をお願いします。2023年11月22日、厚生労働省がHHCHを指定薬物に認定しました。この決定に伴い、2023年12月2日からHHCHを含む製品の医療目的以外での製造、輸入、販売、所持、使用が全面的に禁止されます。市場に出回っているHHCH製品は、12月1日までに廃棄する必要があるので、ご留意ください。今後は、法律の変更を注意深く見守りながら、安全かつ合法的なカンナビノイドの利用を模索していきましょう。

 

合法リキッド選びでの注意点:安全で確実に購入する方法

合法と言えども、リキッド購入の際は慎重さが必要です。なぜなら、違法成分が含まれている可能性や、低品質な商品に手を出してしまうリスクが存在するからです。想像してみてください。何も知らずに違法成分が混ざっているリキッドを買い、突然の職務質問。警察が物品を検査し、「これは何ですか?」と問われたら、そこでゲームオーバーです。法の目は厳しいのです。また、質の悪い成分が混じっているリキッドを使い続けると、健康にも害を及ぼす可能性があります。海外でも、このようなトラブルが報告されています。そうした危険を避けるため、購入するリキッドを選ぶ際は細心の注意を払いましょう。

次に、おすすめのリキッドを紹介する前に、「アッパー系とダウナー系」のカンナビノイド成分の違いについて説明します。

アッパー系はモチベーション、集中力アップ?

アッパー系リキッドに興味がある方は多いと思いますが、これには注意が必要です。アッパー系リキッドは一般に心地よい感覚をもたらすとされていますが、効果には個人差があります

また、違法成分であるTHCはこのカテゴリに多く含まれることがあります。特にリキッドの摂取は慎重に行い、その反応や体調に注意を払う必要があります。一部の人々には興奮状態や普段と異なる感覚を引き起こす可能性があるとされています。そのような状態で何らかの問題を引き起こす可能性も否定できません。ダウナー系については、通常は落ち着いた状態をもたらすと言われていますが、こちらも同様に慎重な取り扱いが求められます。

ダウナー系はリフレッシュ!休息系

もし摂取後にベッドやソファでグッスリ休息したくなるような感じがするのなら、それはダウナー系の作用でしょう。主な成分としてはCBNが挙げられ、これを摂取すると、布団でくつろぎたくなることが多いです。「ダウナー」という名前から、何らかのネガティブな影響があると思われがちですが、そのようなことはありません。ただし、いずれの成分も用法・用量を守ることが重要です。適量を超えると不快な体験があるかもしれません。

要するに、「エネルギッシュになりたいならアッパー系、リラックスしたいならダウナー系」が一般的な選び方です。気分や目的に応じて選ぶと、より充実した体験ができるでしょう。日本では薬機法による規制があるため、どの成分が合法でどの成分が違法かをしっかりと調べてから摂取することが非常に重要です。特にアッパー系の成分について、法的な問題が発生する可能性があるので、細心の注意を払いましょう。

次に、日本で合法的に摂取できるアッパー系の成分について簡単に説明していきます。

日本で合法なアッパー系カンナビノイド成分について

アッパー系のカンナビノイド成分には、一般に「多幸感」や「興奮状態」などの体験が期待されます。日本で合法的に利用できるアッパー系の成分は限られています。主なものとしては、HHCH(合法)とHHCP(合法)が挙げられます。

逆に、THCH、THCO、HHCOなどは日本では違法とされています。これらの成分については、カンナビノイドに興味を持つ多くの人が知っているでしょう。

日本の薬機法によっては、これらの成分の合法性が変更される可能性もあるため、最新の法的情報を常に確認することが重要です。この記事で取り上げている成分は全て、記事執筆時点での合法的なものです。カンナビノイド成分を摂取する際は合法性を十分に確認してから行うようにしましょう。

HHCHで驚きの体感を得る!

HHCH、またはその他の名を持つこの成分は、日本で合法的に摂取できるカンナビノイドの中でも非常に体感が強いと言われています。このHHCHは天然成分であり、その希少価値も高いです。特にオーガニック製品を好む人々にとって、この成分は非常に注目されています。

HHCHには、多くの人々が「ハイ」や「マンチ」、「多幸感」などの体感を報告しています。特に、化学的に合成された成分と比較して、臭いも少なく、多くのユーザーから高い評価を受けています。口コミでも、「天然成分でこれだけの体感が得られるなんて!」という声が多数聞かれます。

では、このように体感が強いとされるHHCHですが、その危険性はどうなのでしょうか?

危険性についての認識

HHCHも比較的新しい成分であるため、その危険性についての確固とした科学的証拠はまだ少ないのが現状です。特に体感が強いとされるこの成分については、用法や用量に非常に注意が必要です。

初めてHHCHを試す方は、低濃度から始めることをおすすめします。このようにすることで、予期せぬ副作用や不快な体験(バッド)のリスクを最小限に抑えることができます。

一般的なカンナビノイド成分には、目の充血や喉の乾きといった副作用が報告されています。特に喉の乾きは、不快な体験へとつながる可能性がありますので、予め摂取する前に水分を確保しておくと良いでしょう。

アッパー系リキッドの合法オプション:おすすめ3品目!

日本で合法的なアッパー系リキッドを求めている方々に朗報です。選び方のポイントを知っていれば、失敗することなく最適な製品を手に入れられます。

選び方のコツ:要点を押さえよう!

  1. 多くの口コミやレビューを持つ製品を選ぶ
  2. 価格が過度に高い、または安すぎるものは避ける
  3. 第三者機関の検査報告があるか確認
  4. 初めは低濃度の製品を選ぶ
  5. 販売者の信頼性を確認
  6. テルペンが豊富な製品を選ぶ

これらのポイントをしっかりと考慮すれば、質の良いリキッドが選べます。煩わしく感じるかもしれませんが、この要点を押さえておくだけで、素晴らしいリキッドに出会える可能性が高まります。このガイドを参考にして、ぜひ購入を検討してみてください。

👑おすすめ1位👑:チラクシー:HHCHビギナーのためのイチオシリキッド

項目 内容
商品名 510規格フルリキッド オージークッシュ
価格 ¥8,800(税込)
容量 1ml
成分 カンナビノイド濃度 90パーセント以上:HHCH 9.7%、CBN 11.4%、CBG 10.3%、CBC 6.3%、CBT 2.0%、CBD及びその他麻抽出物 52.3%、テルペン 8.0%
使用回数 使用回数不明
PG/VG/MCT/O系カンナビノイド 一切不使用

アッパー系の特性を活かしつつバランスを考えた成分配合が魅力!

この製品の一番の特長は、多種多様なカンナビノイドがバランスよく配合されている点です。一般的に、複数のカンナビノイドを組み合わせることで「アントラージュ効果」と称される相乗作用が得られると言われています。HHCH、CBD、CBG、CBNなど、多くの成分がこのリキッドには含まれています。特に、アッパー系の特性を持つHHCHの効果を、CBDが適度に緩和してくれるとされています。

「CBDでHHCHの効果が調整されるのか?」という疑問に対しては、CBDはその強烈なアッパー作用を和らげる役割があるとされています。そういった意味で、この製品は「HHCHには興味があるけれど少し不安」と感じる方にとっても安心材料です。興味を持った方は、チラクシーの公式サイトで実際の体験談も読めるので、ぜひチェックしてみてください。

 

公式ウェブ:CHILLAXYの新作リキッド

 

個人体験レビュー:「チラクシーのリキッド、吸ってみた感じは?」

 

おすすめ2位:CBD HOUSE:レア系無しのフルリキッド

レアなカンナビノイド、例えばHHCHが少々気になるという方も多いかと思いますが、そんな方には次にご紹介する製品がぴったりかもしれません。この製品では、HHCHなどのレアカンナビノイドは含まれていないので、初心者でも安心してお試しいただけます。CBD HOUSEからさらに興味深い製品が登場していますね。次にご紹介するのは、

項目 内容
商品名 FULL CANNABINOID LIQUID: CALIFORNIA ORANGE
価格 ¥8,800(税込、売り切れ)
容量 1ml
成分 CBG 30%, CRD SATIVA 15%, CBN 15%, CBT 15%, CBC 10%, CBDA 5%, テルペン 10%
使用回数 約200回

このリキッドはDr. Green Labs製で、総カンナビノイド含有率は驚異の90%。特に目を引くのは、レアな「CRD SATIVA」が含まれている点。サティバ種なので、活性化(アッパー)効果を期待できます。

また、「CALIFORNIA ORANGE」はオールドスクールな品種で、柑橘系の爽やかなフレーバーとスカンキーな香りが特徴です。この製品は、40種類以上のテルペンが含まれているというから驚きです。添加物フリー、重金属もクリアなので安心感もあります。ただし、510スレッド対応のバッテリーが必要です。ニコチンは一切含まれていないため、純粋なカンナビノイド体験ができます。この製品も初心者には注意が必要ですが、興味がある方はDr. Green Labsの限定品としてぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

公式ウェブ:CBD HOUSE

 

おすすめ3位:Kush JP:HHCH×THCBリキッド

当サイトでも散々ご紹介してきたKush JP。恐らくこの記事を読んでいる方はカンナビノイド初心者だと思うので、上級者用は3位。興味があれば、ストーナーの人なら大丈夫でしょう。

HHCH×THCBリキッドのレビューはコチラから。

まとめ:自分に合った製品を選びましょう◎

3つのおすすめリキッドをご紹介しました。

1. チラクシー

– おすすめする理由:多種のカンナビノイド成分を一度に摂取可能で、特にHHCHとCBDのバランスが良い。アントラージュ効果も期待できる。

2. CBD HOUSE

– おすすめする理由:レアカンナビノイドを含まないで、初心者にも優しく、品質と安全性にも配慮している。

3. Kush JP

– 上級者向けのHHCH×THCBリキッド。

結論として、合法だからといって安全だと過信しないように。規制はいつ変わるか分からないので、常に最新の情報をチェックしてください。また、カンナビノイドを摂取して危険な作業は絶対に避けましょう。以上の製品と情報は個々の好みやニーズによって最適な選択が異なるため、各製品の詳細レビューを参考に、自分に合った製品を選んでください。

最後に:チラクシーの人気商品2つピックアップ

チラクシーの注目製品は、”オージークッシュ”の風味を持つフルカンナビノイド含有リキッドです。このアッパー系リキッドは、選抜されたカンナビノイドと植物起源のテルペンで高品質なブレンドを形成しています。特に、集中力とモチベーションを向上させたいが、リラックスも求める場合に適しています。その成分濃度は90%以上で、THCは不含。動作には510規格のバッテリー。風味は、土のニュアンスとパインウッドの香りが組み合わさった特異なものです。推奨される使用シーンは、リラックスしながらも意欲と集中力を高めたい時です。

使い捨てPODもオススメ!価格も手頃

使い捨てPOD「オージークッシュ」は、税込で¥3,960と手頃な価格設定が魅力です。さらに3点以上のまとめ買いで10%オフとなり、お得に購入することが可能です。この使い捨てPODも、複数のカンナビノイドと麻以外の植物由来テルペンだけを使用したチラクシーの高品質なブレンドが含まれています。

風味は「オージークッシュ」に基づき、土の要素とパインウッドのアロマが組み合わさった自然な感じがします。リラックスしながらも目的に集中し、意欲を高めたい瞬間におすすめです。

カンナビノイド濃度も90%以上と高く、主要なテルペンにはリモネン、ミルセン、βカリオフィレンが含まれています。欧米産のヘンプと植物由来テルペンのみが使用され、THCは含まれていない安心設計です。

COA(成分検査証明書)もあり、国内で最終製造されています。リキッドと同様にレクリエーション要素が高く、インディカ、ハイブリッド、サティバの順にランク付けされています。安全と品質を確保しながらも、手軽に楽しめる使い捨てPODは多くの方にオススメです。

興味が湧いた方は、ぜひチラクシーの公式サイトで更なる詳細をチェックしてみてください。新製品の情報や、より深い知識が待っていますよ!チラクシー公式サイトはコチラから。

 

関連:アッパー系合法ハーブのおすすめ:選び方から効果,注意点まで徹底ガイド

 

(Visited 2,834 times, 1 visits today)
 

↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓