個人輸入

CBDクリームを個人輸入?届かなかったとしても泣き寝入り

口から摂取するCBDオイルやグミ・煙を吸い込むCBDリキッド、体内に入れるのはちょっと怖いというならCBDクリームはどうでしょう。

個人輸入での取り寄せも可能、ただし注意は必要です。

患部に塗ることで力を発揮してくれるCBDクリーム、ニキビやアトピーで荒れてしまったお肌や腰痛や肩凝りの痛みもどちらも改善されるはずです。

皮膚表面に刷り込むだけなので、副作用の心配もありません。

それに患部周辺の組織に・細胞に・毛細血管に直接入り込むのですから効果も抜群、持続時間がその他の摂取方法と比べて長いというメリットもあって、愛用してる方も多くなりました。

自分も試してみたい、と思ったときにまず思いつくのが実店舗でしょう。

でも近くのスーパーやドラッグストアにはありません。

ドンキホーテでも取り扱われてないCBDクリーム、ネット経由で手に入れるしかないのです。

常備薬とかちょっと恥ずかしいAGAや性関係のお薬を個人輸入で買っているのならば、CBDクリームも個人輸入でと思いつくのも当然の流れです。

日本の代理店を通すことなく海外から直接取り寄せる個人輸入、その分お値段が安くなるのは利点です。

輸入に関係するあれやこれやの書類作り・海外の方との交渉が面倒かもしれませんが、英語は必須科目なんですからそれなりに皆さんしゃべれるでしょう。

一番最初は難しくてもやることは毎度同じ、慣れてしまえば輸入関係の手続きだって簡単にできるようになります。

継続して使ってこそ効果を発揮するCBDクリーム、少しでも安く手に入れたいからと個人輸入を利用するのは違法ではありません。

続きを読む

Koi CBDを個人輸入する際の注意点・密輸で逮捕?

ヘンプの栽培も制限されている日本、CBD製品のほとんどが海外製です。

KoiCBDもアメリカはカリフォルニア州を拠点に活躍しているCBDブランドです。

こちらの製品を手に入れるのに個人輸入はちょっと待って、Vapemaniaがおすすめです。

日本製じゃあないからといってやたら不安がる必要もなし、だって海外の方だって少しでも安全で品質の良い製品が使いたいという気持ちは同じです。

だから悪徳業者が長年のさばることなんてできないし、きちんとした企業ならちゃんと高い評価を受けてるんです。

Koi CBDはCBDエキスポで最優秀賞も受賞しています。

Koiとは鯉のこと、忍耐力の強さや努力して目的を成し遂げるといった企業の姿勢が現れているのです。

だから日本人の愛用者も多いです。

世界的に評価を受けている製品だから大丈夫、CBDに関してはそうとも言い切れません。

続きを読む

ENDOCAを個人輸入?日本の公式サイト経由が安全で便利!

個人輸入は危険、ENDOCAなど海外の代理店ルートでの入手がおすすめです。

やたらとルールに厳しく高い審査基準を通過したものしか使わせてくれない、ちょっとでも副作用の心配があるもの・ルールを守らず作られた品は遠ざけて、日本という国は母親のように過保護に我々を守ってくれてます。

そのおかげで治安が良く安心安全な国となったのです。

国産品の品質の高さは世界に誇れるレベルです。

でも世界の人たちは普通にそれを使って効果があったと喜んでるのだから、そんな不満の声もあることでしょう。

それなら個人輸入、自分で個人的に買うんだからいいでしょというわけです。

もちろん勝手にやって自爆しても自己責任、ただ日本には無いものが手に入るしお値段も安い、こっそりお買い物できるという利点もあり利用者は増えてきてるのです。

それならCBDも個人輸入で、それはちょっと待ってください。

続きを読む

AZTEC CBDの個人輸入はメンドウ!時間をムダにしないために

海外ブランドのCBD製品が欲しいという場合には日本の代理店経由で手に入れること、最近ではAZTECのCBDオイルドロップスも発売されてます。

個人輸入に応じてくれる海外のメーカー、よっぽど親切なのか考え無しなのか、すごい悪人かのどれかに分類されるはずです。

だってわざわざ自国で売れている品を海外から発信してきた個人に分け与えてくれるのです。

まあそれも商売、流通システムもレベルが上がってるしインターネット経由で簡単にやり取りはできるのですから家具や薬などCBD以外のものならば、ハードルはそれほど高くはないでしょう。

日本には取締法という法律があります。

CBD製品の中にはTHC配合のものもあり、このTHCという成分が禁止薬物となるのです。

AZTECを含め、フルスペクトラム系CBDも多く販売されてますがTHC配合のものもあればそうじゃないものもあり、それに悪徳業者が密輸目的で敢えてTHCを多く入れて送りこんでくることもあります。

日本では使用するだけでなく所持も譲渡も違法のTHC、それを水際で止めようと税関では常に厳しいチェックを行っています。

その製品が大丈夫だということを証明するためにも、日本用に特別に何枚もの書類を準備してもらわなければならず、そんなことをやってくれる親切心に頭が下がるというわけです。

続きを読む

THCリキッドは個人輸入しちゃダメ【増粘剤が混入しているリスク】

THCリキッドの個人輸入は絶対にやめておきましょう。

とにかく様々なリスクが降りかかってきます。

海外のショッピングサイトで売られている商品を日本に居ながら購入すること、それが個人輸入です。

日本では売られていない商品が手に入るし、同じ商品でも日本よりもかなりお安くなっていたりして、こういったメリットから利用される方は多いのです。

インターネット経由だからこそ24時間いつでもどこでも注文出来て自宅に届けてもらえる、日本だと医者の処方箋が必要となるような薬であってもまとめ買いが可能ということから、忙しい毎日を送る現代人にピッタリの買い方なのです。

実店舗で買うとなると恥ずかしいダイエット薬や薄毛治療薬もこっそり手に入って、ただしTHCリキッドの個人輸入のこっそりは意味が違います。

 

THCリキッドの個人輸入より合法のリキッドはコチラ

 

続きを読む

サティベックスの個人輸入はできない!将来的には可能性アリ?

サティベックスの個人輸入はできないので注意!サティベックスとはどんなもの?

サティベックスは日本でも注目を集めていますが、個人輸入はできないです。

サティベックスとは多発性硬化症の豚痛治療薬で、イギリスの大手製薬会社GW社が開発しています。

サティベックスの主成分はCBDとTHCで、液体を口腔内にスプレーして使用します。

日本では薬事法に違反するため承認されず、海外からの輸入も近視されています。

サティベックスを開発したイギリスのGW社は創薬ベンチャー企業で、1998年にイギリスで医薬品製造の免許を取得しています。

医薬品の開発には多額の資金が飛鳥で、様々な臨床試験を行って市販に至るには長い年月がかかります。

GW社は2001年6月にロンドン証券取引所で株式を公開し、世界で初めて天然由来のCannabinoids医薬品を発売します。

アメリカでは日本の大塚製薬が独占販売権を持ち、他にも様々な一流製薬会社がGW社のパートナー企業になっています。

多発性硬化症患者の疼痛や過活動膀胱などの症状を緩和するサティベックスには、様々な特徴があります。

液化二酸化炭素を使用して、乾燥した植物から成分を抽出します。

抽出した成分にエタノールや医薬品添加物、ペパーミントなどを加えて小型スプレーに封入しています。

舌下型スプレーなので使いやすく、1回で必要量を正確に噴射できます。

患者によって必要量が変化するので、自分に合った回数を決めて使います。

目安は1度に4回から8回程度で、摂取すると15分から40分後には効果が発現します。

1日に使用するスプレー回数には上限があり、1日12回まで使えます。

THCだけでなくCBDも入っているので、余計な酩酊はないです。

医薬品なので植物性原液の規格が決められ、品質が保てるように厳しく管理されています。

国際的な基準に準じた天然由来の医薬品は、THCとCBDの組み合わせによって様々な疾患に対応できます。

日本では価格が高い医薬品を個人輸入代行会社を利用して安く購入する人が増えていますが、輸入を禁止されている医薬品は購入できないので注意が必要です。

GW社ではCBDが主成分のEPIDIOLEXも製造していますが、EPIDIOLEXはアメリカ食品医薬品局に認可されています。

現時点では日本での購入は無理ですが、合法になれば将来的に輸入できる可能性はあります。

日本で医薬品の個人輸入を検討している場合は、地方厚生局に必要な書類を提出して証明を受ける必要があります。

最近は個人輸入代行会社を利用する人も多いですが、医薬品の個人輸入は自己責任になります。

 

ファーマヘンプの個人輸入・手元に届かないリスクも考慮すべき!

THCリキッドは個人輸入しちゃダメ【増粘剤が混入しているリスク】

 

続きを読む

ファーマヘンプの個人輸入・手元に届かないリスクも考慮すべき!

ファーマヘンプ(Pharmahemp)を個人輸入するリスク3つ・最悪届かないことも

日本でもCBDリキッドが話題になっていますが、CBDとは植物から抽出される天然物質で、人間が本来持っている機能をサポートするため、世界中にファンがいます。特に欧米諸国ではブームになり、徐々に日本での認知度も高まっています。

CBDリキッドのブランドには様々なブランドがありますが、世界的に有名なのが老舗ブランドのファーマヘンプです。

ファーマヘンプは1965年に創業された企業で、本社はスロベニアにあり、最高品質のCBDを生産し、世界中の健康市場に提供しています。

革新的な技術と自然成分に情熱を注いでいるファーマヘンプは、作物を栽培する土壌選びにも気を配ります。適切な土壌を選び最も有効な抽出手段を使って抽出を行い、迅速に流通させています。

また、生産から流通まで一貫して行っているので、品質の高いCBDオイルを届けられます。ファーマヘンプは自社の製品を独立した第三者機関に検査させているので、初めて利用する人でも安心です。

ファーマヘンプは違法ではない!第三者機関による品質検査も徹底

世界中の様々なメーカーがCBDオイルを製造していますが、購入する場合には品質のチェックが必要になります。

健康のために使う人も多いですが、事前に成分の知識や使用方法の知識について把握しておくと購入後にスムーズに使用できます。

CBDリキッドに興味を持つ人が増えたため、情報量も多くなっています。

人気ブランドなので個人輸入で安く購入したいと検討している人もいますが、CBDオイルを個人で輸入する場合は3つの問題点があります。

1つ目は税関で止められてしまう問題で、違法ではない商品だと証明する必要があります。

2つ目は様々な疑いをかけられるリスクで、検査で疑いをかけられるとトラブルの原因になります。疑いをかけられないように、購入する際はTHCが含まれていないかを確認します。

3つ目は商品が到着するまでに時間がかかる問題で、個人輸入だと製品によっては2週間以上かかるケースもあります。

無事に指定先の住所に届いても、商品を見てみたら通関時に中身を見られてサンプルを採取されていたケースもあり嫌な子持ちになる人もいます。

CBDリキッドの個人輸入では、厚労省への書類提出や、税関の厳正なチェックをパスする必要があり、トラブルに悩む人も少なくありません

トラブルが発生すると、せっかく商品を注文したのに手元に届かないケースもあります。税関を通過できないときに購入先が迅速に対応してくれるのか、事前に確認が必要です。

続きを読む

エピ ディオ レックスを個人輸入?可能性はあるが現実的ではない….

エピ ディオ レックス(Epidiolex)はアメリカから個人輸入できる?日本国内で検査が完了しないと認可できない

エピ ディオ レックス(Epidiolex)はカンナビノイド製剤としては初めてアメリカのFDAで認可された薬であり、これが今後の製薬の常識を大きく変えるものと注目されています。

その理由はカンナビノイド製剤は世界の多くの国で違法薬物と指定されている薬剤と同じ成分から抽出されるものであるため、人体に対する影響が問題視されることが多いものでした。

しかし最近では抽出方法も非常に正確となっており、同じ違法薬物とは全く異なる性質を持ち医療分野でも様々な方面で役立つものと期待されています。

今回アメリカのFDAがこの薬品を承認したことにより、その動きは今後世界の様々な国で広がるのではないかと期待されているのです。

しかしこの薬品をアメリカから個人輸入しようとした場合には、なかなか難しい状況になると考えられます。

1つは米国の厚生労働省とも言われるFDAが採用したのが最近であるため、日本の厚生労働省がこれに追従できないのではないかと言う問題です。

日本の厚生労働省では海外の医薬品がその国で承認された場合であっても、日本国内で一定の検査が完了してからでないと認可をすることができない仕組みとなっているのが特徴です。

1部には個人輸入をすることができるものもありますが、このような薬の場合には基本的には医師の処方のもとで使用することができる薬であることが前提であり、現在のエピ ディオ レックスはこの条件をまだ満たしていないと考えられるためです。

エピ ディオ レックスはてんかんの治療に効果的な医薬品であると言われており、CBDが精神的なリラックス効果があることからこれを応用して開発された薬品となっています。

日本国内ではてんかんの治療薬は大塚製薬が独自の研究開発により既に開発を行っており、これは一般的には医師の処方のもとでよく利用される薬となっていますが、新薬であるためその価格が非常に高額であることが問題となる場合が少なくありません。

てんかんは精神的な病気であるためその効果を期待する人も多いのですが、日本国内では薬剤にかかる費用が非常に高いためになかなか効果的な治療を受けることができない状況にあります。

そのため、非常にエピ ディオ レックスに対する期待も大きくなっていますが、現場の日本の様々な薬に関する法律の下では使用することが非常に難しく、そのため個人輸入をする事は非常に難しいのが現場です。

そのため現在では、大塚製薬が販売する薬品を使用することが唯一の手段となっています。

続きを読む

HEMP Babyの個人輸入に注意!税関で差し止めの可能性?

HEMP Babyを個人輸入する場合の問題点3つ・最悪税関で差し止めの可能性も

Hemp babyは最近話題のCBDですが、これを購入する場合には3つのポイントに注意をすることが必要です。

1つは最近話題となっている、違法性の問題です。

CBDの特徴として、常習性や依存性の原因となる成分を取り除いていると言う特徴がありますが、その製造方法がしっかりとしたものでないとその成分が残っておりトラブルを引き起こす恐れがあると言う点です。

そのため信頼できるところから購入をすることが必要で、そうでない場合には様々な問題が発生することもあると言うことを意識することが必要となります。

2つ目は、購入価格の問題です。

最近ではCBDが注目を集めていることから、これを取り扱う通販サイトも非常に増えており、中には粗悪なものを販売しているところも増えているため注意をしなければなりません。

原材料が非常に安いものとなっているのに、価格が高額に設定されていることも多いため、十分にその見極めをすることが必要となります。

3つ目は、個人輸入をする際の様々な手続きの問題です。

CBDは医薬品の1種と取り扱われていることが多いことから、多くの通販サイトでは日本の薬事法に則り個人輸入の形態となる場合が多いため、様々な制限が加えられていることが少なくありません。

購入数量も個人で利用する常識的な数量でないと様々な問題を生じてしまうことが多く、場合によっては税関などで差し止めを受けてしまうこともあるので注意が必要です。

また成分の検査などが行われる場合もあるため、知らずにTHCグミを輸入してしまった場合には違法な成分が検出されてしまうこともあり、トラブルとなってしまうことも多いのです。

これらの問題を避けるためには、安心して購入することができる代理店を選ぶことが重要なポイントとなります。

様々な情報を駆使して安心できる購入先を見つけることが非常に重要であり、また同時に相場価格も把握しておくことが大切です。

この相場価格に対して極端に価格が安いなどの場合には、粗悪品である可能性があるため注意をしなければなりません。

また販売実績や輸入実績なども十分にチェックをすることが必要で、その実績が少ないところからは購入をしない方が無難です。

Hemp babyはその効果が非常に良いと近年多くの人に注目されており、その名称も広く知られるようになっています。そのため、Hemp babyであれば安心して購入をすることができると考えている人も多いものですが、実際には粗悪品も多いため十分に注意をしなければなりません。

続きを読む

CBDオイル・リキッドを個人輸入する前に代理店をチェック

問題となる中毒性が低いこともあり、世界各地で注目されているヘンプは、必要な成分だけを抽出することで健康を増進させるサプリメントとして用いることができます。

ヘンプに含まれる成分はカンナビジオール(CBD)、カンナビゲロール(CBG)、カンナビクロメン(CBC)、カンナビジバリン(CBDV)などがあります。

その代表的なもので注目を集めているのが、ヘンプ特有の成分カンナビジオールを注出したCBDオイル、またはCBDリキッドです。

続きを読む