CHILLAXYは「きまる」?究極のリラクゼーションとCBD製品ガイド

ようこそ、究極のくつろぎと、ちょっとした陶酔感の世界へ。CHILLAXYは、贅沢なリラクゼーションを提供するCBDブランド。ユーザーの幸福と健康を高めるために、CBDとレアカンナビノイド製品の研究に熱心です。国内製品で物足りない方、CHILLAXYがあなたの答えです。

それと同時に、「きまる」という言葉も一つの魅力。これは心地よさや陶酔を得ること、つまり何か心にはたらく薬理作用がある物質を用いることを指します。CHILLAXYはこの「きまる」文化にも貢献しています。そして、心地よい陶酔感を求める人たちに最適な製品を提供しています。

興味が湧いたら、どうぞ続きをお読みください。こちらでCHILLAXYの魅力と「きまる」の神秘について、さらに深く掘り下げてみましょう。

CHILLAXYとは?

CHILLAXYは、贅沢なくつろぎを提案するCBDブランドとして、人々に新しいレベルのリラクゼーションを提供しています。日本国内だけでなく、世界で認められたCBD製品のパイオニアとして、研究開発に優れたスキルと情熱を持っています。国内製品に満足できないユーザーも多く、そのような方々にも自信を持って製品を提供しています。

CHILLAXYが提供する製品の概要

CHILLAXYは主に三つのカテゴリーで製品を提供しています。

1. フルリキッド

    特に人気なのはCBD以外にも「HHCH」が配合されているもの。様々なカンナビノイド成分やアロマ成分を独自に調整し、本物の麻のようなフレーバーを再現しています。

2. ハーブプリロール

    厳選されたミックスハーブを使用し、本格的な味わいと高いレクリエーション性が特徴。HHCHを含まないバリエーションもあり、用途や好みに応じて選べます。

3. ウェルネスリキッド

    健康志向の方に向けた製品であり、複数のカンナビノイドと植物由来テルペンのみを使用。リラクゼーションと健康を同時に追求できます。

CHILLAXYの製品は、横浜・伊勢佐木町、原宿、浅草、タイ・バンコクの4箇所にある直営店でも手に入れることができます。各店舗には専門スタッフが配置され、最適な製品を提案しています。

以上がCHILLAXYの基本的なブランドの概要と製品情報です。この世界観と製品がどのように「きまる」文化に寄与しているかは、次のセクションで詳しく説明します。

何回吸える?使用回数:使い捨ては80回程度、1mlカートリッジは600回程度

CHILLAXYの使い捨てPODとフルリキッド、これらの容量と使用回数の関係について考えてみましょう。

0.3mlの使い捨てPOD容量が0.3mlの使い捨てPODは約7080回吸引できる設計です。例えば、ハイブリッド品種「オージークッシュ」の使い捨てPODは、アロマが土っぽさとパインウッドの香りがミックスしたワイルドなフレーバーで、リラックスしながら集中力を高めたい時に最適です。

1mlのフルリキッド 1mlのフルリキッドはさらに長持ちで、約600回吸引が可能です。たとえば、510規格フルリキッド「ブルースキットルズ」は新鮮なベリーと柑橘系を感じる甘酸っぱいベリー・キャンディのようなフレーバーで、気持ちを和ませる時に良い選択です。

使い捨てPODは手軽に持ち歩きやすい反面、使い切るのが早い可能性があります。一方で1mlのフルリキッドは長期間楽しめるので、自分のライフスタイルやニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。

製品によってはお得なまとめ買い条件もあります。たとえば、対象商品を3点以上お買い上げで10%オフが適用される場合があります。より多くの体験を求める方には特に魅力的かもしれません。

何回吸引できるのかを把握することで、より効率的なCHILLAXY体験が可能です。吸引回数の目安を知っておくことで、毎日のリラックスタイムをより充実させる手助けができるでしょう。

次のセクションでは、CBDベイプの使い方について詳しく解説します。

113回程度、吸引は12秒が目安

CBDベイプはすっきりとした気分への近道、だけど「どれくらい吸えばいいの?」って疑問はよくありますよね。一般的には、113回程度、吸引は12秒が目安です。これはあくまで一つの参考で、吸引回数や時間は個々の体調や好みに応じて調整可能です。

CBDベイプの1日の使用回数>

こちらは賛否が分かれるところですが、先程触れた通り113回程度が多くのユーザーにとって実用的な目安とされています。何回も何回も吸っていると、その特有のリラックス感も薄まる可能性があるので、ちょっとした休憩を挟みながら使うのも手です。誰もが違う体質とライフスタイルを持っているため、自分自身のペースで使うことが大事。最初は控えめに始めて、自分がどう感じるか確認しながら調整していくのが賢い方法と言えるでしょう。

CBDベイプは、リキッド、ハーブ(プリロール)、グミといった様々な形態で手に入ります。そのため、吸引する製品によっても、使い方が微妙に異なる場合があります。例えば、リキッドタイプは早めに効果を感じやすいですが、ハーブやプリロールは少し時間がかかる場合も。

最後に、どの方法でCBDを摂るにせよ、効果を感じ始めたらしばらくはその状態を楽しむことを心がけましょう。一気にたくさん摂るより、ゆっくりとその感覚を味わうことで、より良い体験が得られるはずです。

CBDHHCHの作用は?

CBD、それに続く話題の成分HHCH。どちらも健康やウェルビーングに対する効果が期待されていますが、どう違うのでしょうか。

CBDはどんな効き目が期待されているのか?

まず、CBDはリラックス効果が評価されています。痛みを和らげ、不安やストレスを軽減すると言われています。これは神経に直接作用するため、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質に影響を与えます。さらに、睡眠の質を向上させるとも考えられています。

  • リキッド: ベイプ形式で、吸入することで直接的な効果を感じやすい。
  • ハーブ(プリロール): 紙で巻かれた形で、ゆっくりと吸い込むことで持続的な効果を期待できます。
  • グミ: 食べる形で、効果は徐々に現れるが長く続きます。

2023年からの新鋭成分「HHCH」の効果はまだ不明な点が多い

一方で、HHCHはまだ研究段階の成分です。興奮作用があると言われていますが、詳細な効能や副作用、法的な側面は不明な点が多いです。

  • 肌と目の影響: 乾燥肌になる可能性や目に違和感を感じるという報告もあります。
  • 副作用: 吐き気や目に違和感など、副作用についても報告がありますので慎重な摂取が必要。

CBD vs HHCH

CBDはリラックスと安心、HHCHは未知と冒険。どちらにも魅力があるが、目的に応じて選びましょう。あるいは、CBDHHCHを併用することで、新たな効果が見つかるかもしれません。ただし、この点については専門家のアドバイスが必要です。このセクションを読んだ後、CBDHHCH、それぞれの魅力について少しでも理解が深まったなら幸いです。

注意点:HHCHは特に初心者は慎重に

CBDHHCHの違いを理解し、自分に合った形状と摂取方法を選ぶことが重要です。特にHHCHは情報が不足しているため、初心者は慎重な摂取が必要です。

以上の効果は個人差がありますので、試してみる価値は十分にあると言えそうです。ただし、全てのカンナビノイド製品は医療用ではなく、あくまでセルフケアの一環としての使用が前提です。メーカー提供の情報やユーザーの口コミを参考にしながら、安全な摂取方法を確認してください。

 

関連:チラクシーの体験談

 

(Visited 36 times, 1 visits today)
 

↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓