吸いすぎ

CBNを吸いすぎると?ハーブで実験した結果とエビデンスまとめ!!

CBDって大量摂取しても大丈夫な成分です。

1日に1500㎎・CBDオイル1本半と過剰摂取すぎる量を試してみたとしても身体に害を及ぼさないこと、過去に実験結果が出ているのです。

何もなかったからよかったものの、その方なかなかのチャレンジャーですね。

ヘンプ由来のカンナビノイドなら何でも大丈夫とは言いきれません。

日本では違法とされるTHC、適量を超えて使用するとあまり良くない作用もあります。

たかが植物と侮っていてはいけませんよ。

トリカブトなど少量で人を死に至らしめる成分だって、植物由来です。

最近、ヘンプのカンナビノイドが新たに製品化されてどんどん日本人にも身近になってきていますね。

THC-Oのように、実はTHCの3倍もの精神作用がある成分もなぜか違法とならないままに出まわっているので注意は必要です。

ただ信頼できるサイトでも見かけるようになりましたし、CBNはCBDとおなじく安心な成分みたいです。

続きを読む

リッチルは吸いすぎても大丈夫?1日に1280㎎でも悪影響なし

CBDリキッドってどれもこれも草の香りばかり、ベイプリキッドみたいに味も楽しむことができたらもっと毎日がイキイキしていいのになって思ってる方いるでしょう。

「かぼすだち・ミルク金時・巨峰・柚子マロン・赤しそ・黒糖抹茶」、バリエーション豊富なリッチルなら願いはかなえられます。

季節によってフレーバーの入れ替わりもあるみたい、6種類試したら終わりではないのです。

アイソレートのCBDベイプなんでもちろん合法、ドンキにも置かれてるはずです。

シーシャ屋さんの作った「リッチル(Richill)」、ぜひおすすめします。

ただし、一つだけ欠点があります。

CBD感が弱めなんでキック感を感じることはないはず、日常的に愛用してる方にはもの足りないかもしれません。

CBDリキッドとベイプリキッドの中間って位置づけで、楽しんでみてください。

おいしそうな味がいっぱいのリッチル、ついつい吸いすぎてしまうかもと不安に思われてるかもしれませんが大丈夫ですよ。

CBD自体があまり入ってないんですから、他社のCBDリキッドよりたっぷり吸ったところで吸いすぎとはなりません。

続きを読む

THCリキッドは吸いすぎないように!カートリッジタイプはやりすぎ注意

THCリキッドって吸いすぎた場合、どんな状態になってしまうのか心配ですね。

摂取量は個人差があるので、実際に吸ってみないとわからない部分もあります。

とくに初めてであれば、過剰摂取してしまうリスクも。

今まで使ってきた方も、初めての方も、オーバードーズになった場合どんなことになるのか、対処法はないのか、じっくりご説明していきますね。

わたし自身もCBDを吸いすぎて気分が悪くなった経験が、少なからずあります 笑。

THCリキッドは日本では禁止されています

続きを読む

CBDリキッドを吸いすぎた !!?? でも大丈夫。

 

吸いすぎても安心のCBDリキッドはコチラ

(下へスクロール!)

 

ヘンプとかCBDってヤバいんじゃないの?って思ってる方は少なくないかと思います。なんとなく、イメージが。。。

1回でも吸いすぎると戻ってこれなくなるんじゃ。。。?

まず結論。ただの思い込みです。CBDリキッドを過剰に吸いすぎても事故になったり、まして死んでしまうようなことはありません

以下では、興味はあるけど不安って方のためにCBDをはじめとする、ヘンプの成分のリスクや正しい情報をご紹介していきます。

ただ、THC-OやHHC-Oもありますが、ちょっと話が違って吸いすぎると地獄を見ます。。。最悪なバッドトリップにならないためにも、成分の違いにも注目してみてくださいね。

ベイプでリキッドを吸いすぎると「どうなる」?6つの成分をあげてみた

ヘンプの成分を網羅して過剰摂取のリスクについてご紹介しますね。

2022年6月現在、特に知っておいてほしい成分は以下の6つ。

  • CBD
  • CBG
  • CBN
  • THC
  • THC-O
  • HHC-O

CB系は吸いすぎのリスクはありません。あっても軽く気持ちが悪くなるくらい。

でもTHC系、HHC系にはマジで注意してほしいと思います。

CBDをベイプで吸いすぎるとどうなる?軽く気持ち悪くなる程度

2013年に解禁されたCBD(カンナビジオール)。2017年頃にWHO(世界保健機関)が安全性を保証したことで、日本でも認知されるようになってきました。

WADAでも禁止薬物から除外されるなど、ヘンプの成分の中で1番最初に人気となってきています。

ってことは、もちろん吸いすぎても大丈夫。

煙の吸いすぎて気持ち悪くなることはありますが、CBDが入っていない煙でも気持ち悪くなりますが、その程度。

体験的にも横になっていれば30分くらいで、元の状態に戻ってきますね。

CBGリキッドを吸いすぎるとどうなる?CBDと同じで気持ち悪くなる程度(推測)

CBDの次に注目されるようになったCBG(カンナビゲロール)。初めて製品が手に入るようになったのは2017年くらいだったかな?

まだまだ厚生労働省が慎重だった頃だったので、わたしとしても安心して使っていました。CBDと同じで、基本的に吸いすぎてもどうなるってことはありません。

わたし自身はCBGを過剰摂取したことはありませんが、使い心地としてはCBDとあんまり変わらないな〜ってのが正直なところです。

CBNリキッドを吸いすぎるとどうなる?エビデンスはないけどCBDと同程度

で、CB系の最新プロダクトのCBN。個人的にはCB系の中でもイチバンのお気に入りです。まだまだ研究されて日が浅いので、吸いすぎたらどうなるのか、エビデンスを見つけることはできません。

が、毎日吸ってますけど、CBDやCBGと摂取量の限度は変わらないのでは?ってのがぶっちゃけの感想ですね。

ちなみに効果としてはCBD、CBGでは到達できない領域へ連れて行ってくれます。ココだけの話。。。

もしまだCBNを試したことがなければ、吸ってみる価値はありますよ〜

と本当にそう思っています。

 

CBNでブリブリ?ハーブを700mg使いきってみたら…!!!!!

 

 

THCリキッドを吸いすぎるとどうなる?慣れてないとパニック、嘔吐、めまいが起こることも

で、こっからちょっと注意してください。吸う量を間違えると地獄なんで。

THCは違法です。精神に作用する効果があるからです。CBD、CBG、CBNは作用しないため日本でも規制されていません。

精神に作用するのが悪いことなのかどうなのかはさておき、THCリキッドやワックスは吸いすぎるとヤバいので気をつけてくださいね。

例えば海外で吸う機会があるかもしれませんが、特にカートリッジには濃度が80パーセントを超えるものもあります。

1〜2回で十分ですが、特に初めての人は10回も吸ってしまうとパニックになったり、嘔吐、めまいなどが起こってしまいます。

1時間もすれば落ち着きます。死亡例もありません。でも、マジでテンパると思うんで、CBDのノリでガンガン吸うのはやめておいた方がイイですよ。

THC-Oリキッドを吸いすぎるとどうなる?時間差があるので過剰摂取になりやすい

さてさて、わたしがイチバン気にかけているTHC-O。どうして気にかけているかというと、吸ってからタイムラグがあるので吸いすぎてしまいやすいからなんです。

「ちょっと足りないかも」

と調子に乗って何パフもしちゃうと30分後。。。ズドーン!です。

THCの3倍の強さのテンパリが襲ってくる可能性があります。

あ、日本ではまだ合法ですが、購入する際はマジで気をつけてください。中には濃度を高くみせるために増粘剤(ビタミンEアセテート)が混ぜられている可能性も否定できません。

増粘剤が肺に入るとパンパンに膨れあがって、最悪死亡するケースがあるみたいです。吸いすぎと増粘剤のリスクをしっかり考えた上で試してみてください。

安易に手を出さない方がイイと思います。次のHHC-Oも同じですね。

HHC-Oリキッドを吸いすぎるとどうなる?THCと同じでパニック、嘔吐、めまいなど

まだ情報が少ないHHC-Oも、先ほどのTHC-Oと同じ。「ノリ」がちょっと違うみたい。超高濃度のタイプは吸いすぎるとバッドトリップの可能性があります。

そもそも規制されるのも間近だと思うんで、違法性にも注意ですね。規制されたあと、所持しているのが見つかれば容赦なく刑務所行きですから。

THC、THC-O、HHC-Oは、吸いすぎのリスクうんぬんの前に、警察に捕まるリスクがあるので、自己責任ですね。逮捕のリスクがないのは「CB系」ですね。

中でもCBNはカンナビノイドのいいところがしっかり詰まっていて、個人的にはベストだと確信しています。

CBDリキッドの過剰摂取について・1日に1瓶も2瓶も吸う人以外は心配なし!

CBDリキッドをタバコの代わりに使う人もいますが、健康を維持するためのサプリメントとしての役割もあります。

例えばよく見かける「グッスリ休息できた」という効き目。悩みが大きいほど健康へのリターンを実感できている印象ですね。わたしも横になってからの感じがまるで違ってきました。

推奨量の目安はけっこう幅がありますが、だいたい100mg前後です。足りなければ最大10倍くらいまで増やしても体に悪い作用はありません。

10倍というと1000mgです。製品の配合量は500〜1000mgですから、1〜2本をまるまる使ってしまっても問題ないということです。

過剰摂取の心配がないという根拠は、1日に1瓶も2瓶も吸いきってしまうようなことがないことです。普通に使っている範囲であれば、まず吸いすぎてしまうことはないでしょう。

そもそもそんなに吸うと喉が痛くて吸えたもんじゃありません。

アルコールやニコチンタバコは摂りすぎるとスグ気持ちが悪くなってしまいますが、CBDは多少吸いすぎたとしてもオッケーなのでご安心を。

副作用は?普段気になるのは「喉の渇き」

CBDやCBG、CBNは基本的に副作用の心配はありません。あったとしてもとても軽いものです。

普通に使っていてイチバン気になるのは「喉、口の渇き」ですかね。

成分が唾液の分泌をおさえてしまうので、長く使っていると渇きが気になってくることがあります。

ただ、時間が経てばもとに戻るので、特に気になるものではありません。

CBDを吸う上では仕方のないことですし、実際スグ慣れてきますよ。

水を飲みながら吸うとか、加湿するとか、一般的な対処法で解決できます。あとはのど飴を舐めたり、ハチミツ入りのお茶を飲むとか、ベイパーはみんなそうしてます。

ほとんど聞いたことがありませんが、想像以上に良くない反応が出たときは一旦やめてみましょう。

あとは薬との相性とかもありますが、基本的に心配しなくて大丈夫です。心配な方はいつも行ってる病院の先生と相談しておけば、より安心して使えますね。

 

吸いすぎても安心のCBDリキッドはコチラ

(下へスクロール!)

 

CBDリキッドは1日何回 吸う?吸引回数ではなく「タンクの目盛り」が測りやすい

CBDリキッドを何回吸えばイイのか知っておきたいって方も多いハズ。吸引回数ではなく、ベイプ本体の「タンク」の容量を目安にするとわかりやすいすよ。

たとえば10%濃度で、タンクの容量が2ミリリットル(2ml)であれば、成分量は200mgになりますね。半分で100mgです。

後ほど説明しますが、目安となる1日の摂取量は20mgになります。

とすると0.2ミリリットル吸うと、1日の目安になります。0.2ミリリットルというと、タンクの10分の1くらいの量になりますね。

吸引回数でいえば10吸いくらいになるでしょうか。

でも何回吸うと0.2ミリリットルになるのか個人差がありますよね。肺活量の多い人であれば5吸いくらいで吸いきれるかもしれませんし、逆にもっと多い吸引回数になる人もいますよね。

濃度や肺活量によって吸引回数は変わってきますが、だいたい5〜20回くらいと考えておいて間違いないでしょう。何回吸うのかというより、あなたのカラダの反応に従うのがイチバンかと思います。

CBDの1回に吸う量(摂取量)はどれくらい?1日あたり20mg前後が目安

じゃあそもそも吸う量はどれくらいなのかというと、メーカーによって違ってきますが、だいたいCBD量が10〜20mgが目安です。

もちろん、どれくらい恩恵を受けとりたいかによって違ってきます。

まずは少しずつ5mgで満足できるのか試してみて、足りなければ倍に、さらに足りなければ倍にって感じで上限20mgを目安に増やしてみるとイイですね。

できるだけ少ない量で済むようにすれば、「持ち」もよくなりますよね。

実際にどうやって測るのかについては、先ほどのタンクの量で測るのがイイかと。

「今日はタンクの4分の1吸ったから吸った量は20mgくらいかな」

って感じで、おおまかで全然構いません。

ちなみにCBDリキッドのスポイトで測る方法もあります。

濃度が10%であれば、1ミリリットルあたり40滴と考えると、リキッド1滴あたり0.025ミリリットルとなります。

つまり1滴あたり、だいたい2.5mgのCBDが入っている計算になります。

1日に25mg摂取したいと考えると、スポイトから10滴のリキッドを垂らすことになりますね。

う〜ん、計算がめんどくさい!

って方は、やっぱりタンクの量で測る方が簡単ですね。

そもそも、摂取量にこだわる方はリキッドではなくCBDグミの方がイイかもです。

1粒あたり○mgなので、摂取量を調整しやすいですよ。

CBDグミのランキング記事へリンク

摂取方法まとめ・吸収されやすさ、使いやすさが全然違う!

摂取方法はリキッドの他にもイロイロあります。

摂取効率のイイ順番でご紹介しますね。

  1. 腸から吸収させる(腸溶性カプセル)
  2. リキッドの蒸気を吸う(蒸気摂取)(最大56パーセント)
  3. 肌に塗る方法(最大50パーセント)
  4. 舌下にオイルを垂らす(舌下摂取)(最大35パーセント)
  5. CBDオイルを飲む、グミを食べる(最大20パーセント)

腸溶性カプセルや食べるグミを選んでみるとイイですよ。1つ○mgなので摂取量を調整しやすいメリットがあります

もし吸いすぎで気分が悪くなったとかであれば、

例えば1粒20mgのグミであれば、1粒だけで1日に必要な摂取量を簡単に食べることができます。

ただ、リキッドのように場所を選ばないメリットもありますが、即効性や摂取効率がリキッドより劣るので覚えておきましょう〜

CBDはどれくらいカラダに残っている?

CBDがどれくらいカラダに残っているのか、実はまだ詳しいことはわかっていません。推測では1週間程度と言われていますが、ハッキリとはわかっていません。2週間以上残っていると言われることもあるので、結論は「わからない」という感じです。

摂取量が多いほどカラダに残りやすい

感覚としておわかりかと思いますが、高濃度の方がカラダに残りやすいです。

例えば5パーセントと10パーセントを比べてみると、前者の方が半分の早さで排出されるハズです。

CBDをベイプで吸う頻度が多いほどカラダに残りやすい

コチラも同様に、吸う回数が多いほどカラダに残りやすいと言えますね。週に1度しか摂取しない人より、2度摂取する人の方がカラダに残りやすいということですね。

個人差・身長、体重、水分量、代謝などの影響が大きい

どれくらいの量でCBDの恩恵を感じられるかは、人それぞれです。

つまり、必要な量は人によって違うということですね。

必要な量が違うということは、カラダに残っているCBDの量も違うので、排出されるまでの時間には個人差がある、ということ。

1つだけ、脂肪率が高いほどカラダに残りやすいことがわかっています。

カラダに残りやすいのは食後

よくCBDオイルは食後に摂取した方がイイと聞きますね。食後の方が長くカラダに残るので、効率よく摂取できる、ということなんです。

つまり、食後にとっている人の方がカラダに残りやすいというと言えますね。

逆にお腹が空いている人の方が、残りにくいということです。

病院で処方される薬の影響

CBDの吸収を抑える薬を飲んでいると、早くカラダから排出されます。

どれくらい蓄積するのか気になる方は、尿検査が心配なのでは?

ということで、尿検査についてサクッとご紹介しますね。

CBDは尿検査で検出されるのか?THCと同じとすると2週間は検出される

THCは2週間程度、体内に蓄積されることがわかっていますが、CBDはまだよくわかっていません。

また蓄積される時間には差があるので、たとえわたしが実験したとしても参考にはなりません。水分量や代謝などが関係してそうですね。

もしTHCと同じだとすれば、CBDも2週間程度、尿検査で検出されることになります。どちらにせよ、THCは違法でCBDは合法なのでお忘れなく。

「ぶっ飛ぶ」作用はある?一般的にはないけど。。。

CBDは合法で、THCは違法です。つまりCBDには精神作用はなく、THCにはあるということです。

精神作用とは「ハイになる」「ブリブリ」「キマる」「飛ぶ」などの表現がありますが、どれもCBDの作用を表す表現としては正しくありません。

最近では「実はCBDは少しだけどハイになる」という意見もあります。確かに言われてみれば、お酒に似たような状態になる感じはあります。

でもお酒でハイになる、とはあまり言いませんよね。

わたしの結論は、CBDはキマるような作用はないとしてきましたが、「ハイになる」という意見を否定することはできないな。。。というスゴく微妙な感じです。

1つだけ言えるのは、THCは世間が思うような「悪い成分ではない」ということ。

実はCBDはTHCと一緒にとった方が効果を発揮するという研究結果もあるくらいですから。

当然、管理人としてはTHCをおすすめする立場にはありませんが、将来的には今の常識が180度変わってしまっているかもしれませんね。

 

吸いすぎても安心のCBDリキッドはコチラ

(下へスクロール!)

よくある質問まとめ・CBD単体はガンガン吸ってしまいがち

当サイトでよく検索されているワードや質問についてサクッとご紹介します。

Relx CBDを吸いすぎると?

「Relx CBD」はコンパクトで振動する珍しいベイプを採用しているメーカーです。

フルスペクトラムではなくCBD単体のリキッドを採用しているので、吸いすぎて気持ち悪くなるとかより、吸いやすくてガンガン吸ってしまいやすいのがデメリットと言えますね。

フルスペ系は吸いすぎてしまうと気持ち悪くなったり、喉が痛くなってしまいやすいのですが、Relx CBDは軽い煙で喉への負担が少ない分、スグになくなってしまいやすいんですね。

Relx CBDの吸いすぎによる悪影響というよりは、CBD単体は耐性がつきやすいので、ほどほどにしておくのがイイですよ。

Richillを吸いすぎると?

Richill(リッチル)は吸いすぎ防止のために、10分以内に15回以上吸うとアラームがなるシステムになっています。

Richillは先ほどのRelxと同じで、フルスペではなくCBD単体のリキッドです。CBDだけの成分なので、吸いすぎてしまうとスグに耐性がつくのでもったいないと言えます。

Richillの吸いすぎによる悪影響というよりは、タンクの減りが気になってしまうので気をつけましょう。

まとめ・吸いすぎの心配なし!気持ち悪くなっても横になっていればスグもとに戻ります

さぁ長くなってしまいましたが、まず吸いすぎを心配しすぎる必要はありません。

もしちょっと具合が悪くなったら、横になっていれば30分もすれば落ち着いてくるのでご安心を。

余裕があれば換気をして、水をベッドの横において、スッキリ系の飴でもなめていれば完璧です。

リキッドは摂取量がわかりにくいので、それでも心配って方はグミやカプセルに変えてみるというのも1つの手だと思います。

イイ時間をお過ごしくださ〜い

 

↓プラスウィード公式サイト↓

 

プラスウィード!国産だから安心!公式サイトはコチラ

 

2022年、新登場したCBNがコアなヘンパーに人気で、まずはあなたに体験してみてほしいんです。CBDとの違いがハッキリわかります。

 

高濃度CBNランキングはコチラから!