日本でも様々な効果が期待されているCBD は、世界的なマーケットで注目を集めています。CBDは略称で、国際一般名はカンナビジオール(Cannabidiol)と呼ばれます。

カンナビジオールは麻に含まれる成分で、多くの試験結果から良好な安全性の特徴が出ています。THCのような精神作用がなく依存性は見られないです。

CBDは基本的にダウナー(ゆったりする、カラダが重くなる)

ダウナーと呼ばれる作用が報告されていますが、だるさや体の重さなどの体感には個人差があります。

カンナビジオールは完全に合法なので、関連商品は通販ショップでも問題なく購入でき、成分自体に違法性がないので安心して使えます。

精神作用がなく人間にとって有益な作用があります。

免疫や睡眠、運動機能に加えて記憶効果などにも関与しているためストレス社会で高齢化社会の日本でも注目を集めています。

カンナビジオールを体内に摂取しやすくしたのがCBDオイルです。

人間には体が本来の状態に戻ろうとする機能が備わっていますが、この機能はECSと呼ばれています。

年齢を重ねて老化が進んだり、外部からの強いストレスを受けたりするとECSの働きが弱ってしまう人もいます。

カンナビジオールを摂取すれば、ストレスで弱った心身を健康的にサポートできます。

日本では違法とされるTHCとは違う!カンナビジオールは安全で合法な成分

CBDはTHCとは異なり合法で、安全性はすでに確認されていて、カラダの調整機能を復活させるだけでなく、不眠の解消にも役立ちます。

様々な理由で壊れてしまった体の調節機能を回復させ、本来の体調を取り戻します。

CBDが世界的に人気を集めているのには理由があります。

細胞活性化システムに作用するので、慢性的な病気に対する利用も期待されています。

一般的な生活を送っている場合でも様々な効果が期待できます。

社会人になると会社勤めでストレスが溜まる人が増えますが、カンナビジオールにはECSと呼ばれる機能があるため心身の回復を助けてくれます。

仕事でストレスが溜まると精神的な圧力がかかります。

カンナビジオールはイライラの解消や気分転換にも役立ちます。

人間の脳はストレスを避けるために様々な働きをしています。

過剰なストレスがかかると、脳の働きが邪魔されるので集中力や記憶力が低下します。

カンナビジオールを摂取すると集中力と記憶力が向上するので、これまで以上のパフォーマンスを発揮しやすくなります。

精神的なストレスが長く続くと体にも悪影響を及ぼします。

男女を問わず食欲がなくなってしまう人もいます。

CBDは精神状態を調整してくれるので、食欲増進効果も期待できます。