→能書きはいいから
今スグ最新のランキングを見る

(ページ中部へスクロール)

 

CRDにHHCPを足した
CRDPの販売が
アマゾンでもスタートしましたね!

 

わたしとしては「信頼できる店舗から購入する」
ってのがイチバン大事だと思っています。

  • 余計な成分が入っていないのか
  • 顧客情報の管理はしっかりしているのか

しっかり販売店を見極めるのが
安心してキマるコツです。

また、キマるリキッドの条件は
高濃度であること
です。

濃度が高い方が効果的なのは
周知の事実。

ってことで

以下ではCRDリキッドを買う際の選び方
高濃度リキッドを取扱う店舗のランキング
ご紹介していきます。

まずは「CRD リキッドとは
について。

>>CRDのランキングへスクロール

CRD リキッドとは?
CBD +CBC+CBT等が配合された
「結晶化しない」カンナビノイド

Crystal Resistant Distillate の略。

面倒な湯煎で溶かす作業の必要がない
結晶化しないように造られた
CBDのブロードペクトラムディストレート。

成分的にはCBDやCBC、CBTなどの
カンナビノイドが配合されています。

🟥CRDPとは?

CRD+HHCPの略。
CRD+Pとも。

CRDとHHCPは
まったく効果が異なる。

◼️CRDとCRDPは
まったくの別物。

CDRリキッドを選ぶ2つのコツ

まずは重要な選び方について。

選び方のコツ①
アイソレートではなく
ブロスペを選ぶべし!

後悔したくなければ、
「フルスペクトラム・ブロードスペクトラム」と
表示されたリキッドを選ぶべきです。

CRD リキッドはブロードスペクトラムになります。

アイソレートだと効果はいまいち、
ただ取締法がある以上はTHC入りに要注意。

日本は、ブロスペもフルスペと
表記されてたりするからややこしいんですよね。

海外だとヘンプのカンナビノイドすべて入りがフルスペで、
たとえばCBDにその他のカンナビノイドや
テルペンが含まれているものが

ブロスペと定義されます。

つまり入ってる数が異なるということ、
単一成分のアイソレートと対を成す言葉です。

ガツンと感じたければ
アントラージュ効果は活用したいもの。

だからこそフルスペかブロスペなのです。

どちらの定義で表記されてるのかの見極めは重要、
タイホされちゃったら大変ですもんね。

選び方のコツ②
リスクの高そうな店舗は避ける!

信頼できるサイトから
購入しましょう。

決して個人輸入は
利用しないことです。

もちろん税関職員も違法のものを
入れないようがんばってますが、

個人的なやり取り一つ一つを
漏らさずすべてせき止めるのは
むずかしいです。

決して違法じゃないけど
リキッドとして取り入れることで
キケンをもたらす、

ビタミンEアセテートなどの
成分もあります。

安くなっても
大量のリスクは
引き受けたくないでしょう?

取締法がある日本、
海外には粗悪品も多く出回っていて、

個人で取りよせるのは
思ってる以上に面倒です。

信頼できるサイトに
丸投げする方がよっぽどラクチン。

それに最近は十分に良心的な価格です。

更に個人輸入のメリットは少なくなってます。

CRD リキッドの効果は?
「より自然で優しい」体感

CRD リキッド効果
ひと言で表現すると、

「より自然な体感」です。

さまざまなカンナビノイドが
ミックスされているので
相乗効果が期待できるからです。

より体感が得られやすい
ってことですね!

結晶化させないために
CBT、CBCが配合されているだけでなく、

CBG、CBDV、CBNなどなど
豊富な成分が入っているため
アントラージュ効果により

よく効かせることが
できるんですね。

◼️CRDの体感を表す10の表現
「キマる」というのは精神が
活性する状態のことを言います。他にも「ブリブリ」とか
色々表現があります。

  1. キマる
  2. きまる
  3. 決まる
  4. キマル
  5. ブリブリ
  6. マンチ
  7. ハイになる
  8. ぶっ飛ぶ
  9. ふわふわする
  10. トリップ

アマゾンにCRD+Pが登場!

以上まで紹介したCRDに
レアカンナビノイドHHCPをプラスした

CRD+Pが、あのアマゾンでも
販売されています。

HHC-Pは
CBDとかと比べ物にならないくらい
ガッツリ来る成分なので

初めての人は
しっかりレビューとかを
参考にしてからにして欲しいですね。

慣れてる人だと
「あのCRDのヒーリングに
HHCPのパンチがたまらない」
って意見多数。

じゃあどんなCRDPが売ってるのか
価格と濃度を比較して、
ランキングにしてみました!

続きを読む