違法

CBNハーブとは違法?こんなにスゴイのにオッケーなの?

CBN ハーブは違法ではありません。合法なので試してみてください。

「すでにCBDを取り入れてるので大丈夫」って人、CBDも変わらずぜひ続けてほしいのですが、合間にCBNのリキッドやハーブを挟むことでもっと毎日が生き生きとしてくることでしょう。

のりたまもおいしいですが、しゃけにおかかとせっかくいろんな味があるのですから試さないとモッタイナイ、みたいな。

今どきは、各メーカーが変わり種もバンバン出してきてますよね。CBN以外にも合法のカンナビノイドはどんどん出てきているのです。

中には違法認定されてるTHCの何倍もキマるような成分だってあります

カンナビノイド界の変わり種は、ふりかけ以上に取り扱い要注意。でもうまく合法カンナビノイドを使いこなせるようになったら、もっと毎日は面白くなるでしょうね。

まずはCBNから、試してみてはいかがですか。

続きを読む

THC-Oは違法?イタチごっこの対象になる可能性大!

「HHCロス」という言葉があるくらい、
HHCの衝撃が忘れられないという人も
多いのではないでしょうか。

次に注目されてきたのがTHCO。

同じようにTHCを化学変化させたカンナビノイドです。

ただ、THCは違法です。

ということはTHCOも違法なのでしょうか。

もしも合法だったとして

  • 危険性はないのか
  • 安心して使ってもらって大丈夫なのか

など、THCOについて詳しく見ていくこととします。

続きを読む

CBN リキッドは違法?「これからも大丈夫」と確信しているワケ

CBDリキッドかと思いきやCBNリキッドで思わず目をこすってしまったという方もいるかもしれません。

すでに海外だと当たり前となってきてるみたいですが、カンナビノイドについては常に流行遅れの日本ですから

CBNという名前自体見たことも聞いたこともなかったって方の方が多いのではないでしょうか。

ヘンプから抽出されるカンナビノイド類は100種類以上、その全貌は分かっておらず現在も研究がすすめられていて、CBN・カンナビノールもその中の一つです。

ただ知らないのも当然で、ヘンプに微量にしか含まれてない成分なのです。

ヘンプが古くなってきて酸化していく中でTHCの含有量が減っていくと共に、CBNへと変換されていくみたいです。

あくまでヘンプという植物内での変化であって、違法のTHCリキッドを加工させてCBNリキッドを製造しているわけではありません。

違法品もずっと所持し続けるうちに合法な成分へと変化していく、なんてこともないですよ。

THCがCBNに変換された・つまりCBNはTHCとイコールなんだいう解釈をして、せっかくの良い成分を遠ざけてしまうなんてこともないようご注意ください。

続きを読む

THCVは違法ではない・リスクが高い成分とは正反対の作用!

THCVは違法ではなく合法です

THCVの原料となるのはヘンプ。

戦後すぐに日本では取締法が作られ、
ヘンプ製品がことごとく排除されたのです。

それまでは麻の栽培が日本でも当たり前に行われてたこと、
現代の日本人には信じられないでしょうね。

麻の実は七味唐辛子に必須、
夏場は麻素材の服が通気性も高く
着心地バツグンです。

完全にシャットアウトってわけではありませんが、
ヘンプイコールキケンという意識が植え付けられたのは確実です。

ですから、すでにドンキホーテなどでもお馴染みの
CBDでさえ違法だから使ってはダメ
と思ってる方もいるかもしれませんね。

そもそもCBDって聞いたことさえない方が
大多数かもしれませんね。

ただ、世界ではヘンプ製品が注目されるようになり
さまざまな業者が研究や開発を進めてますよ。

日本人だけ取り残されてるのは
まずいんじゃ。。。?

取締法が撤廃されたわけではありませんが、
THCVに麻の実・THCとヘンプには違法のものと
合法のものが混在してるのです。

すべて違法、キケンと乱暴な判断で遠ざけてしまうのは
モッタイナイこと、情報に耳を傾けてほしいと思います。

続きを読む

THCグミは違法!絶対に日本へ持ちこまないで!

THCグミにTHCリキッド、CBDグミやCBDリキッドと同じくいろんな製品がありますが、似たような3文字のアルファベット、「だってヘンプが材料なのは同じだし」と日本に持って帰ってはいけません。

THCグミは違法、捕まります。

なんで日本だと所持も禁止されてるような製品が世界にはあるのか、THCは危険だといった思想はどちらかというとアジア諸国を中心の考え方なんです。

カナダでは国を挙げて合法に、アメリカだってすべての州で禁止されてるわけではありません。

危険なんじゃと思われるかもしれませんが、だってタバコやお酒も依存性があることは同じです。扱いによっては危険なもの、その中の一部であるTHCを禁止してる国もあれば気を付けて使いましょうというだけで放置の国も、世界を見渡すと様々な考え方があるんです。

流通システムが発達してる現在、世界のどこかで利用されてる製品を日本にいながらにして購入することは簡単になりました。

家具や家電・薬など個人輸入で手に入れてることでしょう。

でもTHCグミなどのTHC製品・そしてCBD製品の一部に関しては、これらと同等に考えることはどうやら難しいみたいです。

いつもの調子で取りよせしてると、違法行為をしてると逮捕されるかもしれませんし命の危険さえ出てくるのです。

CBDは合法なのではと思われた皆さん、中にはTHCも配合されたCBD製品が普通にあります。

CBD グミとは?場所を選ばない・たった1粒で十分過ぎる効果!

決して悪質な業者とは言えず、CBDはその他のカンナビノイドを含むことでより効果が高まる性質を持ってるので親切心から行ってるんです。

続きを読む

CBDクリスタルは違法?純度99%の表記でも中身が違う場合も

​CBDクリスタルは違法?純度99%の表記でも中身が違う場合も

おやつのグミの中に成分が配合されていたり液体状になっていたり、CBD製品の形状は実に様々です。

その中でも、決勝粉末タイプのものをCBDクリスタルと言います。

他には補助成分は入っておらず、純度は99パーセントとほぼCBDのみです。

残りの1パーセントはテルペン、これは香りの元となる成分です。

フルスペ系で入っている成分としてもお馴染み、これがあることで相乗効果でCBDの良さが高まるのです。

香りの元と言ってもCBDクリスタルを食べたところで無味無臭、わずか1パーセントほどのテルペンで香ってくるようなこともないのです。

混ざりもののないピュアなCBDだからこそ効果もしっかりと実感出来ます。

続きを読む

シービーディーは違法ではないけど信頼できる製品でなければダメ!

シービーディーは違法ではない!ただ信用のあるメーカーの商品でなければ安心できないよねって話

日本でも入手できるカンナビスオイルとかCBD(シービーディー)オイルと呼ばれるものは、使用をすれば精神の安定に役立つことが知られています。

でも原材料を確認すると、違法薬物と同じということで、使用をすることに不安を抱く人もいるでしょう。

実際のところ、それらの製品を使ったら警察に逮捕されるのかというと、その心配はないです。というのも、違法な薬物と大きく違う点があるからです。

相違点は違法薬物にはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分が含まれていることで、それが異常なほどの高揚を感じる状態、いわゆる「キマる」原因です。

「キマる」という状態では多幸感やリラックス効果を感じていまるので、カンナビスオイル・CBDオイルにも共通する部分はありますが、それだけでは終わりません。

大量にTHCを含んだ違法な薬物を摂取すると、未成年は脳への影響が強くなり記憶力の低下が起こってしまう可能性があります。

このことから法律では、THCを成分とした薬物に対して厳しい規制をかけています。

一方でカンナビスオイル・CBDオイルはどうかというと、同じ植物が原材料でも、THCを含まない部分だけを使っています。

中毒症状や依存症が起きることはなく、日本で捕まってしまうこともありません。

むしろ、中毒症状や依存症に陥っているときには、改善する効果が期待できます。

法律に関する話題をするならば、販売されている商品で海外産と国内産となることにも触れたほうが良いでしょう。

海外産というのは成分の抽出から加工、パッケージまですべてを海外で作業したものです。一方で国内産ですが、国内で育てたヘンプを使うということは法律に反することなのでできません。

ですから、成分の抽出をしてつくった原料を輸入して、加工・パッケージを行ったものを国内産と呼んでいます。

一般的に国内産というと、すべてを国内でやっているイメージがあるかもしれませんが、法的にそれは無理なので別の方法がとられていることを理解しましょう。

ちなみに海外を見てみると、その優れた効果があるにもかかわらず法律で規制しているところもあります。

その流れを受けて将来的に日本でもなんらかの規制ができる可能性はゼロではありません。

それでも、現時点で法律で規制されていませんから、誰にも遠慮することなく100パーセント合法的に使用できます。

繰り返しになりますが、THCは日本では違法成分です。絶対に手を出してはいけません。

特にアンダーグラウンドで流通しているTHCリキッドには「ビタミンEアセテート」が混入している可能性があり、呼吸困難に陥ってしまう危険性が知られています。

 

THCリキッドに混ぜ物?違法の製品に混入している「アレ」

 

続きを読む

AZTECのCBDは違法?実際に使ってみたけど信頼性高め!

AZTECのCBDは違法?輸入時に数十種類の書類を関税に提出&厳しい審査を通過

最近イライラした気持ちがいつまでも続いていてリラックスすることができない、落ち着きがなくて毎日憂鬱な気分で生活している、夜になると寝付けなくなって寝不足の状態で仕事に向かうことが多い等、何か一つでも思い当たる症状が現れた場合にはぜひAZTECのCBDを使用してみましょう。

CBDという言葉を始めて聞いた方も多いと思いますが、簡単に説明すると、アメリカやヨーロッパを中心に人気を集めているサプリメントの一種になります。

使用されている成分の中に日本では禁止されている薬物性の高い草が含まれているため、口コミなどで違法性があるのではないかと噂されてしまうこともある商品でした。

しかし、そんな噂を気にする必要は全くないほど合法的に輸出されている商品で、イギリスで誕生した信頼性の高いAZTECの商品だけを積極的に輸入して販売しているので、厳しい検査を通過してきた合法的な商品であることは間違いありません。

どうしてそこまで信用できるのかと言うと、AZTECの商品は全て輸入時に数十種類の書類を関税に提出している背景があり、厳しい審査を通過したものだけを安全に販売するように義務付けられているため、国からの正式な許可を得ていると言う大きな強みがあるからです。

海外からサプリメントなどを輸出する際には国からの許可が必要になるのですが、日本の基準が世界に比べてもかなり厳しく設定されているため、輸入するには様々な審査が必要になるなど厳しい状況で置かれることが多いとされてきました。

このような行動は安心と安全を守るうえで非常に大切なことですし、私たちの健康を守るためにも有難い制度であることは言うまでもありません。

そして、100%合法であると証明された商品だけを買えるようになるので、海外製に対する偏見なども一切無くなってくるというメリットがあります。

また、度々中毒性について心配する声が聞かれたりしますが、CBDにはそのような問題は一切ないと言われており、度重なる研究を行ったうえで販売されているので安心することができるでしょう。

心が落ち着かなくて何も手に付かないと悩んでいる方には非常におすすめできますし、なかなか治すことのできない不眠症の改善にも大きな期待ができるのでぜひ利用してみてください。

違法は商品ではないので値段もかなり手頃に販売されていたり、一度使うだけで驚くような効果を実感することができるので、気になる方は積極的に購入してその効能を確かめてみて欲しいと考えます。

続きを読む

CBD(電子タバコ)は違法?買い方を間違えると処罰対象なので注意

 

CBD製品の中でもちょっと怪しいイメージがついて回る電子タバコ用リキッド。

タイやマレーシアでは電子タバコそのものが違法ですし、日本でもCBDのイメージから「怪しい」と感じてしまう方も少なくないかもしれません。

結論から言うと電子タバコ用のCBDオイルリキッドを購入しても違法性に問われることはありません

ただ、それでも不安って方のために「どうして違法性について不安に感じる人が多いのか」「日本でも捕まらないという根拠」「通販する際の注意点」などをご紹介していこうと思います。

続きを読む

ファーマヘンプは違法ではない!第三者機関による品質検査も徹底

いまやCBDメーカーの中でもっとも知名度の高いといっても過言ではない「ファーマヘンプ」。

本当に違法性は大丈夫なのか、気になっている人も多いかと思います。

ちょっと前に、某E社のCBDオイルから違法成分「THC」が混入していて、販売停止になったこともあるので心配になってしまいますよね。

日本では本当に合法なのか、所持していても大丈夫なのか、科学的な根拠も合わせてご紹介していきます。

まぁ、わたしは2013年からファーマヘンプを使っていますが、怪しい噂も聞いたことありませんので、安心して読み進めていただければと思います。

続きを読む