違法

THCは日本では違法!取締法で厳しく規制されている

THCは日本では違法となっています。

さまざまな有名芸能人が、THCを理由にせっかく手にいれた地位から転落していくのをテレビ報道などで見ています。

どれだけ危険なものかについての教育も子どもの頃からバッチリ受けてるので、きっとダメと言われなくても怖くって近づけないでしょう。

ただ、最近になって「もしかしたらそんなに怖いものじゃあないんじゃないの」と考えてる人増えてませんか。

一番の理由は「CBD」、おなじようにヘンプを由来とする成分です。

THCがというよりヘンプそのものに恐怖してた方も、「健康効果バツグン・美容にもおすすめ」なんてうたい文句に「あれ?」と思いはじめたんです。

と言っても、CBDだってこわい。

だから詳しく調べる、その中でTHCが日本では違法だけど合法な国もあること知ったはずです。

依存性や中毒性があって一度使いはじめたらもう逃れられないというイメージでしょうが、タバコのニコチンやアルコールの方がもっと依存性は高いです。

CBDよりもリラックス作用とか食欲増進効果がもうちょっと高まるだけ、けっこうムリなくコントロールできそうだし、うまく活用できるのではと思ったはずです。

分からないからの恐怖ってあります。

正体が分かれば案外ダイジョウブってことも、THCが合法っていう国があるのもとうぜんかもと納得いくことでしょう。

でもそれとこれとは話は別、日本には取締法があって禁止されてるんですから日本人としてはそれを守るしかありません。

もしもTHCを日本で使用してしまった場合は違法、即逮捕です。

続きを読む

THCVは違法ではない・リスクが高い成分とは正反対の作用!

THCVも違法成分の一つなのでしょうか。

そもそも、取締法という法律が出来たのは戦後すぐのことです。

日本にいたアメリカ人兵士がきちんとお仕事をするように・生活や宗教など様々な部分で利用されてるヘンプを日本人から奪い取ることでちょっとは力を弱められるんじゃないか、そんな様々な思惑からマッカーサー率いる連合国軍最高司令部が制定し、そのまま現代に続いてるんです。

フルスペクトラムといった形でTHCも入った製品を作り出し、それを使ってる方もたくさんいるんですから使い方さえ誤らなければ危険なだけの成分ではありません。カナダなど合法の国もあり、ただ日本だとTHCは栽培も制限されてるので研究が出来ない。

だから本当に安全かどうかの実験もできない、なので違法じゃないと強く推すことも出来ずといった八方塞がり状態を続けてるに過ぎません。

小学校とかでも危険なものといった教育がなされていて、なかなか意識を変えることは難しいでしょう。似たような名称であるTHCVに対しても苦手意識が発揮されるのではないでしょうか。

ただし、こちらは合法です。

 

THCVは合法!手軽に始めてみたい方はコチラへ!

(ドンキにも売ってるプラスウィードの公式サイト)

 

続きを読む

THCグミは違法!絶対に日本へ持ちこまないで!

THCグミにTHCリキッド、CBDグミやCBDリキッドと同じくいろんな製品がありますが、似たような3文字のアルファベット、「だってヘンプが材料なのは同じだし」と日本に持って帰ってはいけません。

THCグミは違法、捕まります。

なんで日本だと所持も禁止されてるような製品が世界にはあるのか、THCは危険だといった思想はどちらかというとアジア諸国を中心の考え方なんです。

カナダでは国を挙げて合法に、アメリカだってすべての州で禁止されてるわけではありません。

危険なんじゃと思われるかもしれませんが、だってタバコやお酒も依存性があることは同じです。扱いによっては危険なもの、その中の一部であるTHCを禁止してる国もあれば気を付けて使いましょうというだけで放置の国も、世界を見渡すと様々な考え方があるんです。

流通システムが発達してる現在、世界のどこかで利用されてる製品を日本にいながらにして購入することは簡単になりました。

家具や家電・薬など個人輸入で手に入れてることでしょう。

でもTHCグミなどのTHC製品・そしてCBD製品の一部に関しては、これらと同等に考えることはどうやら難しいみたいです。

いつもの調子で取りよせしてると、違法行為をしてると逮捕されるかもしれませんし命の危険さえ出てくるのです。

CBDは合法なのではと思われた皆さん、中にはTHCも配合されたCBD製品が普通にあります。

決して悪質な業者とは言えず、CBDはその他のカンナビノイドを含むことでより効果が高まる性質を持ってるので親切心から行ってるんです。

続きを読む

CBDクリスタルは違法?純度99%の表記でも中身が違う場合も

​CBDクリスタルは違法?純度99%の表記でも中身が違う場合も

おやつのグミの中に成分が配合されていたり液体状になっていたり、CBD製品の形状は実に様々です。

その中でも、決勝粉末タイプのものをCBDクリスタルと言います。

他には補助成分は入っておらず、純度は99パーセントとほぼCBDのみです。

残りの1パーセントはテルペン、これは香りの元となる成分です。

フルスペ系で入っている成分としてもお馴染み、これがあることで相乗効果でCBDの良さが高まるのです。

香りの元と言ってもCBDクリスタルを食べたところで無味無臭、わずか1パーセントほどのテルペンで香ってくるようなこともないのです。

混ざりもののないピュアなCBDだからこそ効果もしっかりと実感出来ます。

続きを読む

CBD(Vape)は違法?茎や種子から抽出されたものならOK

CBD(Vape)は違法?茎や種子から抽出された製品は100%合法!

CBD(Vape)を愛用する人が少しずつ増えてきていますが、まだ名前だけしか聞いたことが無い人や、違法なのではないかと感じて手を出せない人もいます。

詳しく知るためには、まずはCBDに関しての知識を身に付けなければなりません。

これはカンナビジオールの略称であり、麻に含まれる少なくとも113あるカンナビノイドのうちの一つです。

簡単に言ってしまうと、麻に含まれる成分の中の一つということです。

様々な効果があるCBD(Vape)ですが、気になるのが違法ではないかという点であり、法に触れるようなものなら利用するわけにはいきません。

調べてみると日本では茎や種子から抽出されたものなら違法ではありませんので、安心して利用できます。

利用するのに法的な制限がないことが分かったところで、次に調べておきたいのが種類です。

現在どのくらいの種類があり、日本で購入できるものがどれくらいあるのかをチェックしてみましょう。

実は種類はとても豊富であり、CBDワックス・オイル・リキッド・パウダー・ペースト・グミ・タブレット・使い捨てカートリッジと色々あります。

利用しやすいと感じるものは人それぞれですので、いくつかの種類を試して自分に合ったものを見つけるのがお勧めです。

初めて利用する人に試して欲しいのが、吸引摂取という方法です。

吸引摂取はリキッドやワックスといった種類を電子タバコ等のデバイスを使用して蒸気にし、その蒸気を吸い込むことで摂取します。

最近人気の出ているCBDワックスも主に喫煙によって摂取するものであり、最近ではカートリッジ型やペン型のような使いやすいものも流通しているようです。

蒸気にする場合、濃度が濃いので慣れないとむせてしまうことがあります。

その他にも経口摂取することが可能ですので、なにも道具が無い時にはそのまま口に含んでも構いません。口に含む際には、舌の下に1~2分ほど留めましょう。

ジェル状のものが多いのですが、固まってしまうことがあります。

固まってしまったら湯煎すると元に戻りますので、すくにくいと感じた時に試してみることをお勧めします。

固まるのは残量が減ってきた時ですが、残量が多い場合でも冷蔵庫に入れてしまうと固まりますので注意が必要です。

保存方法としては、日差しの当たる場所に置いておくと変色してしまう恐れがあるため、日の当たらない場所を選んで保管することが大切です。

蛍光灯の光も好ましくありません。

続きを読む

シービーディーは違法ではないけど信頼できる製品でなければダメ!

シービーディーは違法ではない!ただ信用のあるメーカーの商品でなければ安心できないよねって話

日本でも入手できるカンナビスオイルとかCBD(シービーディー)オイルと呼ばれるものは、使用をすれば精神の安定に役立つことが知られています。

でも原材料を確認すると、違法薬物と同じということで、使用をすることに不安を抱く人もいるでしょう。

実際のところ、それらの製品を使ったら警察に逮捕されるのかというと、その心配はないです。というのも、違法な薬物と大きく違う点があるからです。

相違点は違法薬物にはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分が含まれていることで、それが異常なほどの高揚を感じる状態、いわゆる「キマる」原因です。

「キマる」という状態では多幸感やリラックス効果を感じていまるので、カンナビスオイル・CBDオイルにも共通する部分はありますが、それだけでは終わりません。

大量にTHCを含んだ違法な薬物を摂取すると、未成年は脳への影響が強くなり記憶力の低下が起こってしまう可能性があります。

このことから法律では、THCを成分とした薬物に対して厳しい規制をかけています。

一方でカンナビスオイル・CBDオイルはどうかというと、同じ植物が原材料でも、THCを含まない部分だけを使っています。

中毒症状や依存症が起きることはなく、日本で捕まってしまうこともありません。

むしろ、中毒症状や依存症に陥っているときには、改善する効果が期待できます。

法律に関する話題をするならば、販売されている商品で海外産と国内産となることにも触れたほうが良いでしょう。

海外産というのは成分の抽出から加工、パッケージまですべてを海外で作業したものです。一方で国内産ですが、国内で育てたヘンプを使うということは法律に反することなのでできません。

ですから、成分の抽出をしてつくった原料を輸入して、加工・パッケージを行ったものを国内産と呼んでいます。

一般的に国内産というと、すべてを国内でやっているイメージがあるかもしれませんが、法的にそれは無理なので別の方法がとられていることを理解しましょう。

ちなみに海外を見てみると、その優れた効果があるにもかかわらず法律で規制しているところもあります。

その流れを受けて将来的に日本でもなんらかの規制ができる可能性はゼロではありません。

それでも、現時点で法律で規制されていませんから、誰にも遠慮することなく100パーセント合法的に使用できます。

繰り返しになりますが、THCは日本では違法成分です。絶対に手を出してはいけません。

特にアンダーグラウンドで流通しているTHCリキッドには「ビタミンEアセテート」が混入している可能性があり、呼吸困難に陥ってしまう危険性が知られています。

 

THCリキッドに混ぜ物?違法の製品に混入している「アレ」

 

続きを読む

CBD クリームは違法ではない!正しいの製品の選び方

CBD クリーム(肌用)は違法ではない!違法成分が非検出レベルにまで取り除かれている製品を選ぶ

成熟した茎・種子などから抽出された、化学物質の一種である植物性カンナビノイドが含まれているのがCBD クリームです。

舌などの皮膚から直接摂取すれば神経系を整える・炎症を落ち着かせる・けいれんの発作を抑えるなど、良い効果があります。だからこそ日本でも話題となっているのです。

同じ植物でも葉や花から抽出されたTHC・テトラヒドロカンナビノールという成分こそが危険、こちらは陶酔感や感覚刺激・肯定的気分の変化といった心地よい感覚を作り出し、使用している時には良い気分が得られますが同時に不安やパラノイアという妄想へと陥ることだってあるのです。

このTHCは日本の国では麻薬及び向精神薬取締法にて「麻薬」指定されている違法成分、同じ植物でも採取される部位によって名称も身体に働きかける効果効能も異なっています。

日本で発売されているCBDオイル、製造の段階にてTHCが完全排除されています。

非検出レベルにまで取り除かれている以上はCBDクリームは違法ではありません。

使用したからといって妄想を抱いたりするようなことは無し、健康面で何ら危険な働きを起こすことは無いのです。だからこそ合法、安心して使って大丈夫です。

CBDに関しては世界保健機構のWHOでも安全性が高い成分と言われています。

人間の健康にかかわる国家機関の最高峰である団体が推奨するのですから不安を感じる必要は無いのです。

むしろ、他の治療薬では結局改善することが出来なかった痛みを軽減させることが出来ます。

関節リウマチも発症原因となるTNF-αの分泌が抑えられるので楽になります。

パーキンソン病を悪化させる原因となる神経細胞損傷の働きが抑制出来ます。

アルツハイマーの発症原因とされる神経の炎症が抑制されます。

癌細胞増殖も抑制、不安やストレスや筋肉の緊張などもCBDがあれば緩和させられるのです。

医療面において重宝されており、日本だけでなく様々な国で使われています。アメリカだとCBDから抽出の抗てんかん薬が医薬品認定もされています。

日本では最近になってようやく広まってきたばかり、ですから中途半端な知識で危険視する方も多かったりします。

でも危険な成分は排除されているのですからもちろん合法、上手く使用して痛みや辛い症状を回避し楽しく心豊かな毎日を送ることです。

WHOにも認められていることから、国内でも医療現場へと次第にCBDクリームは浸透していっているのです。

続きを読む

AZTECのCBDは違法?実際に使ってみたけど信頼性高め!

AZTECのCBDは違法?輸入時に数十種類の書類を関税に提出&厳しい審査を通過

最近イライラした気持ちがいつまでも続いていてリラックスすることができない、落ち着きがなくて毎日憂鬱な気分で生活している、夜になると寝付けなくなって寝不足の状態で仕事に向かうことが多い等、何か一つでも思い当たる症状が現れた場合にはぜひAZTECのCBDを使用してみましょう。

CBDという言葉を始めて聞いた方も多いと思いますが、簡単に説明すると、アメリカやヨーロッパを中心に人気を集めているサプリメントの一種になります。

使用されている成分の中に日本では禁止されている薬物性の高い草が含まれているため、口コミなどで違法性があるのではないかと噂されてしまうこともある商品でした。

しかし、そんな噂を気にする必要は全くないほど合法的に輸出されている商品で、イギリスで誕生した信頼性の高いAZTECの商品だけを積極的に輸入して販売しているので、厳しい検査を通過してきた合法的な商品であることは間違いありません。

どうしてそこまで信用できるのかと言うと、AZTECの商品は全て輸入時に数十種類の書類を関税に提出している背景があり、厳しい審査を通過したものだけを安全に販売するように義務付けられているため、国からの正式な許可を得ていると言う大きな強みがあるからです。

海外からサプリメントなどを輸出する際には国からの許可が必要になるのですが、日本の基準が世界に比べてもかなり厳しく設定されているため、輸入するには様々な審査が必要になるなど厳しい状況で置かれることが多いとされてきました。

このような行動は安心と安全を守るうえで非常に大切なことですし、私たちの健康を守るためにも有難い制度であることは言うまでもありません。

そして、100%合法であると証明された商品だけを買えるようになるので、海外製に対する偏見なども一切無くなってくるというメリットがあります。

また、度々中毒性について心配する声が聞かれたりしますが、CBDにはそのような問題は一切ないと言われており、度重なる研究を行ったうえで販売されているので安心することができるでしょう。

心が落ち着かなくて何も手に付かないと悩んでいる方には非常におすすめできますし、なかなか治すことのできない不眠症の改善にも大きな期待ができるのでぜひ利用してみてください。

違法は商品ではないので値段もかなり手頃に販売されていたり、一度使うだけで驚くような効果を実感することができるので、気になる方は積極的に購入してその効能を確かめてみて欲しいと考えます。

続きを読む

CBD(電子タバコ)は違法?買い方を間違えると処罰対象なので注意

 

CBD製品の中でもちょっと怪しいイメージがついて回る電子タバコ用リキッド。

タイやマレーシアでは電子タバコそのものが違法ですし、日本でもCBDのイメージから「怪しい」と感じてしまう方も少なくないかもしれません。

結論から言うと電子タバコ用のCBDオイルリキッドを購入しても違法性に問われることはありません

ただ、それでも不安って方のために「どうして違法性について不安に感じる人が多いのか」「日本でも捕まらないという根拠」「通販する際の注意点」などをご紹介していこうと思います。

 

CBD(電子タバコ)の違法性が心配な方はコチラから

(国産で安心のプラスウィード公式サイトへ)

 

続きを読む

ファーマヘンプは違法ではない!第三者機関による品質検査も徹底

いまやCBDメーカーの中でもっとも知名度の高いといっても過言ではない「ファーマヘンプ」。

本当に違法性は大丈夫なのか、気になっている人も多いかと思います。

ちょっと前に、某E社のCBDオイルから違法成分「THC」が混入していて、販売停止になったこともあるので心配になってしまいますよね。

日本では本当に合法なのか、所持していても大丈夫なのか、科学的な根拠も合わせてご紹介していきます。

まぁ、わたしは2013年からファーマヘンプを使っていますが、怪しい噂も聞いたことありませんので、安心して読み進めていただければと思います。

 

実際にCBDリキッドを吸ってみたレビューはコチラです↓

最強?PharmaHemp PREMIUM BLACK CBDリキッドを徹底レビュー

 

飲むタイプのレビューもあります↓

本音!ファーマヘンプ社 CBDドロップ5%の効果&口コミレビュー

 

続きを読む