税関

税関で止められる前に知っておきたいこと

一部のCBDオイル商品は、厚生労働省によって向精神成分の混入が疑われています。

税関においても対応が厳しくなっていますから、場合によっては通関で止められたり没収されることもあり得ます。ただ税関における明確な基準は発表されていないので、CBDオイルを取り扱う業者も苦慮している状態です。

この記事では、どんなタイプのCBD製品が税関で止められるのか、安全に輸入するためにはどうしたらいいのか、通販する前に知っておきたいことをまとめてあります。

これからCBDオイルを購入したいとお考えの方はご参考にされてくださいね。

続きを読む

厚生労働省のCBD製品に関する見解まとめ

厚生労働省はCBDオイル・リキッドの問題において、酩酊を引き起こす違法成分、THCが検出された商品があると発表しています。

これはヘンプに含まれる向精神成分に該当するもので、日本においては医療関係者であっても取り扱いが禁止されます。CBDオイルに関してはそれ自体が違法というわけでなく、THCが含まれている物だけが処罰の対象となります。

厚生労働省の発表によると、THCが検出されたCBDオイルは、米国で取り扱いのある人気ブランドの商品とのことです。

商品名が明らかにされていませんから、消費者が個人輸入を行おうとする際に、これを避けたり代替品を選ぶといった自衛が困難です。

以下では具体的な厚生労働省の見解と、どのようなCBD製品を選ぶといいのかについてご紹介していきます。ご一読いただけると幸いです。

続きを読む