CBDオイルを直腸から吸収させるには専用のカプセルがあればオッケー!

一般的にCBDオイルは、口から摂取するよりも、浣腸のようにお尻から入れた方が吸収率が良く高い効果を実感出来ます。

その為海外メーカーは座薬タイプのCBDオイルを製造販売しています。

日本でもこれらの商品は流通していましたが、国内においてCBD製品は健康食品として輸入許可を得ていた為、座薬は食品ではないという理由から輸入が出来なくなりました。

しかし自分でカプセルとCBDオイルを入手して、座薬を完成させれば問題ないという人もいますが、実際はそんな簡単に作れるものではありません。

そこで有効なのが胃の中で溶けないで、腸で溶けるカプセルを利用するという点です。口からカプセルを飲んで、それが胃で溶けず腸まで届けば座薬を入れたのと同じ効果になります。

日本国内でもこうした腸溶性のカプセルは売っています。もちろん中身は空っぽなので自由に好きなものを詰める事が可能です。

ここにCBDオイルを詰めるのですが、やり方はカプセルをパカッと開けて、オイルを中に入れるだけです。

この時の注意点は、外側にこぼさないようにする事です。内側はオイルが入っても溶ける事はないので問題ありません。

またふたを閉める時もしっかりと中身がこぼれない様に閉めましょう。

ふたを閉めてしまえば、匂いも味もまったくしませんので、味が苦手という人でも簡単に飲み込む事が出来ます。

飲んだからといって、すぐに効果があるというものではありません。何故なら腸溶性なので、普通の胃の中で溶ける風邪薬のカプセルよりも効果が出て来るまで時間がかかるからです。

そして飲み込んでから大体2時間ぐらいすると次第に効果を体感する事が出来ます。しかも座薬を入れた時と同じ吸収率なので、効果もより大きいです。

CBDオイルを腸溶性カプセルに詰めて飲むメリットは、匂いや味が苦手な人でもカプセルなので簡単に飲み込む事が出来るという点です。また直腸で吸収する為、高い吸収率を体感出来るというのも魅力の1つとして挙げられます。

他にも一度カプセルに詰め込んでしまえば、保管や持ち運びも簡単に出来るので、どこでも使用出来るというのもメリットです。

一方、作り方は簡単ですが詰めるのに多少手間がかかったり、飲んでから効果を得られるまで多少の時間がかかるというのがデメリットとして挙げられます。

それでも自分で材料を用意して、作れば市販品より安く出来るので、興味がある人は一度試してみると良いです。

続きを読む