CBDをタバコに塗る方法・ジョイントにする方法もあるよ

CBDはそのまま水蒸気で吸う方法以外にも、2つの吸い方で楽しむことができます。その2つとは「タバコに塗る」「ジョイントする」というもので、タバコの美味しさとCBDを同時に楽しめることから愛好家もとても多いのが特徴です。

まずタバコに塗る場合は、リキッドではなくワックスタイプのCBDを手に入れましょう。一般的なリキッドの場合は液体なので上手くタバコに染み込ますことができず、十分な美味しさを味わえないというデメリットもあります。

ワックスの場合は約26%の濃度で凝縮されており、油脂成分が多いのでタバコに塗りやすいのが特徴です。

通販で気軽に購入することができ、リキッド同様に豊富なフレーバーが用意されています。

初めてタバコに塗る場合は、フィルター部分ではなく先端から2/3の位置に塗るのがいいでしょう。

最初はタバコの味と混ざり合って独特の風味となりますが、慣れてくるとタバコ本来の味とCBDを区別できるようになります。

ジョイントをする場合は、専用のフィルターを用いると効率良く吸えるのでおすすめです。

ジョイントの方法は愛用しているタバコを1/2にちぎってから、専用フィルターを取り付けます。

この時はリキッドタイプとワックスのどちらを使用しても構いませんが、長く吸っていたいという方はリキッドが打って付けです。

フィルターはパイプ式になっているのが特徴で、約0.5mgから2mgまでのリキッドを注入できる仕組みです。

最初はもっとも少ない0.5mgから挑戦をして慣らしていきましょう。フィルターの先端部は消耗品なので、5回に1回は新しいものに取り換えるのが望ましいです。

もともとは葉巻のように作られたものでしたが、現在では電子たばこにも対応するジョイントも販売されています。

この電子たばこのジョイントだと専用リキッドも使用できるので、よりお安い価格で手に入れられるのも特徴です。

アメリカ製であれば40%濃度のCBDがあります。

タバコに塗る時は浸すという感覚で用いるといいでしょう。

吸い方は塗る場合とまったく変わらないので扱いやすいです。水蒸気の吸い方よりも遥かに効果が高いので、日本の愛好家の間でも非常に人気があります。

なおひとつ注意をすることは、メンソールのタバコとは相性が良くないので避けるのが賢明です。

オーソドックスなものか、リキッドを無味のものにしてメンソールを堪能するかと使い分けるのが理想的な吸い方です。

続きを読む