リッチル

リッチルは吸いすぎても大丈夫?1日に1280㎎でも悪影響なし

CBDリキッドってどれもこれも草の香りばかり、ベイプリキッドみたいに味も楽しむことができたらもっと毎日がイキイキしていいのになって思ってる方いるでしょう。

「かぼすだち・ミルク金時・巨峰・柚子マロン・赤しそ・黒糖抹茶」、バリエーション豊富なリッチルなら願いはかなえられます。

季節によってフレーバーの入れ替わりもあるみたい、6種類試したら終わりではないのです。

アイソレートのCBDベイプなんでもちろん合法、ドンキにも置かれてるはずです。

シーシャ屋さんの作った「リッチル(Richill)」、ぜひおすすめします。

ただし、一つだけ欠点があります。

CBD感が弱めなんでキック感を感じることはないはず、日常的に愛用してる方にはもの足りないかもしれません。

CBDリキッドとベイプリキッドの中間って位置づけで、楽しんでみてください。

おいしそうな味がいっぱいのリッチル、ついつい吸いすぎてしまうかもと不安に思われてるかもしれませんが大丈夫ですよ。

CBD自体があまり入ってないんですから、他社のCBDリキッドよりたっぷり吸ったところで吸いすぎとはなりません。

続きを読む

リッチルはドンキに売ってる?都会ならともかく田舎だとない可能性高

インターネットでCBDについて調べてみてください。

リキッドに限らずいろんなのが売られてますね。

中にはCBD以外にPGとかVG・ヤクモソウとかを使っての「自家製リキッドやジョイントの作り方」なんて投稿もあって、マニアックな香りがプンプンとしてきます。

まあ混ぜるだけ・巻くだけなんで思ったほどむずかしくはないのですが、とにかく奥が深い世界であることは伝わってきます。

でもネット閲覧後にドンキホーテのCBDコーナーを見た方は、「あれ?」と拍子抜けするかもしれません。

ぱっと見は種類豊富に見えて、リキッドやグミがメーカー豊富に並んでるだけだったりするのです。

チョコレートのいろんなメーカーが揃ってるのってうれしくないわけじゃあないですが、キャンディーにガム・クッキーと他の種類のお菓子も食べたくなりますよね。

なんでも揃ってるイメージのドンキホーテなのに、なぜ何でしょう。

ではリッチルは?ドンキで売られてるんでしょうか

続きを読む

リッチルは違法?余計な心配なく安心して使える「POD」が豊富!

日本でどんどん広まってるヘンプ製品たち、けれども取締法のある日本はむしろヘンプに関しては後進国です。

世界はもっともっとすごいのです。

「ヘンプ関連を取り扱ってたら金になりそう」、といろんな企業がどんどん参戦して次々といろんな製品ができて、興味を持った人たちが更にどんどん買っていってと相乗効果がかなりのものです。

CBNとかTHC-Oとか、いろんなカンナビノイドの名前を耳にする機会も多くなりましたね。

研究が進んでる証拠です。

CBDとはまた違った刺激を求めるために試してもいいでしょう。

それぞれに、THCから生まれた成分・THCの3倍もの強さを持つ成分ですからガツンと感は半端ないです。

でもちゃんと合法です。

やっぱりCBDの方がいいなって方、おすすめの製品をご紹介しますよ。

それが「リッチル(Richill)」、こちらも違法じゃなく合法なのでご安心ください。

続きを読む