CBDリキッドでバッドトリップ?心配なら低濃度から始めるべし!

CBDリキッドは、気分を落ち着けたい時などに吸うことで効果を実感することができますが、中には初めて吸うので濃度や使う頻度などがわからずに、吐き気がしたり気分が悪くなってしまうケースがあるので注意が必要です。

CBDリキッドは、吸いすぎても毒にはなりませんし5パーセント程度のものを、香りを楽しむ感じで吸っている分には何の問題もありませんが、初めてで超高濃度タイプを思いっきり吸うことで気分が悪くなったように感じることがありますが、焦らず30分程度休んでいれば元に戻りますし気にすることもありません。

初めての時にはその使用感に戸惑うかもしれませんが、濃度に気を付けていれば大丈夫です。10パーセントのものを使うとかなり濃いと感じることがあるので、3から5パーセント程度のものをたしなむようにしましょう。

バッドトリップになるのではないかと心配するかもしれませんが、その心配をする必要はないです。

たいていの場合は、少し休んでいれば元に戻るので安心して吸うことができます。

バッドトリップになることはないですが、初心者のうちは濃度の低いものから初めて楽しむ感じで味わうのがお勧めの使い方です。

気分が悪くなってしまったら?30分くらい横になれば大丈夫。

CBDリキッドを吸いすぎて気分が悪くなってしまった時の対処法は、特にありませんが少し休んでいれば改善することがほとんどです。

初めのうちは、吸い方に慣れていないので大きく深呼吸をするように吸い込んでしまったため、リラックスよりもだるさの方が買ってしまうことがあります。

人によっては、それが気分が悪くなったと感じることがありますが吸い方の問題が大きいですし、濃度を低くすることでそうした症状が感じられなくなることが多いです。

人に合う予定の時は、少し時間をずらしてもらって横になるなどの対応をするのをお勧めします。

CBDリキッドは、推奨されている濃度や頻度を守っている限りは具合が悪くなるというケースは少ないです。

でも、体調がもともと悪かったり濃度が高いものを吸うと気分がすぐれなくなることがあります。

横になることができるなら、30分程度休んでいると症状が治まってきますしそこまでかからないケースも多いです。

初めて使う場合には、濃度の高すぎるものを避けてゆっくり香りを楽しむ感じで吸うと、トラブルを避けることができます。

又、体調の悪い時に使って効果を感じる人もいますが、効果には個人差があるのでそういう時には避ける必要もあります。

数少ない国産のCBDリキッドはプラスウィードです。濃度も5パーセントから60パーセントと幅広いので、目的にあった商品を選びやすいですよ。

 

バッドトリップの心配なし!安心・安全のCBDはコチラ

(国産のプラスウィード公式サイトへ)