デメリット

電子タバコのデメリット・ヘンプの独特のフレーバーが気になるかも

CBD(電子タバコ)のデメリットは?専用の機器が必要なこと、ヘンプの独特のフレーバーが気になること

日本でも少しずつ知名度が上がってきているCBD、ただしまだ実店舗で置かれているのは空港や都会にのみ存在するCBD専門店・そしてドンキホーテなどだけです。

実はCBD製品にはパウダーやワックス・オイルなど様々な形状があるものの、ドンキホーテで見かけるのはせいぜいCBDリキッドとグミ程度でしょう。

まずは電子タバコを使用するようになってそこからCBDリキッドにも興味を持ってといった経緯でこの世界に入っていく方も多く、何となくそのままリキッドを使っているかもしれません。

でもせっかくその他にも形状があるのに勿体ない、CBDリキッドならではのデメリットも多くそれを不満に思っている方・使いづらい効果が得にくいと考えているのなら、この機会に違ったCBD製品に移行を考えてみてもいいのです。

続きを読む

CBDは「ブリブリ」にならない!海外では医療用として認められている

VAPEでCBDを摂取すると、いわゆるキマるとも呼ばれるブリブリになると思われがちです。

実際に販売店のスタッフにも同じような質問をするお客様も多いので、多くの人が気になっている疑問かもしれません。

CBDは「ブリブリ」になる成分は一切含まれていない!

しかし結論から述べると、CBDを摂取してキマることはありません。

一般的にやばいとされる成分は、一切含まれていないからです。

日本の法律でも認められている範囲の成分を商品化し販売しているので、ブリブリになって精神的にハイになることはないとされています。

医療用としても海外では認められていますから、キマることはなく安全に摂取できる成分です。

現在では医薬品ではなく健康食品やサプリメントと同じ位置付けになっていますから、安心して使用できます。

もし不安があるなら、購入前にお試しできる店舗を利用するのがおすすめです。

店舗で専門知識が豊富なスタッフから説明を受けながら、少しずつお試ししていくと安心して摂取できるようになります。

何度か試してやばい成分ではないと理解できてからは、ネット通販を利用し購入するのが便利なのでおすすめですが、不安や疑問がたくさんある初心者は専門家のアドバイスを受けられる店舗を利用しながらCBDの摂取を始めると良いでしょう。

世界的なCBD(ヘンプ)の位置づけ・幅広い医療への応用

CBDは、世界的に認められている成分です。

ヘンプの茎や種に含まれている化学物質の一つとして、日本国内では健康食品やサプリメントと同じ位置付けになっていますが、海外では医療用途があるとして認められています。

国際的な機関も幅広い医療への応用が可能と判断しており、実際にアメリカではプロのアスリートも身体のメンテナンスなどに使用しているほどです。

紙タバコを吸うように、試合後の記者会見でも多くの記者やカメラの前で使っているほどですから、世界的には違法な薬物ではないと認められています。

日本国内でも違法な成分ではなく、健康食品やサプリメントと同じ位置付けです。

そのためドンキホーテなどの量販店でも取り扱いがされており、紙タバコと同じ感覚で店頭購入できます。

紙タバコの代わりとして使われる電子タバコで吸うことも可能ですから、ドンキホーテで買って気軽に使えるところまで国内でも広がりを見せ始めています。

ここまで広がっても不安に思う人もいるかもしれませんが、ドンキホーテは日本を代表する量販店です。

そうした店舗が法律で認められない違法なものを店頭で販売するわけがないので、ヘンプから抽出される成分でも合法であり安心して試せる成分です。

 

関連記事:

THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

CBDで「ぶりる」?規制物質を除去しているので悪影響なし

 

CBDクリスタル(結晶粉末)のメリット・デメリットを検証

CBDクリスタル(結晶粉末・アイソレート)は他の成分をいっさい含まない純度の高いCBDを摂られるメリットがあります。

他にも料理にそのまま使ったり、ダブやCBDリキッドに混ぜて喫煙したり、いろんな用途に合わせて使える万能アイテムでもあります。

ただ、デメリットもあります。この記事では、CBDクリスタルのメリットだけでなくデメリットについても検証していこうと思います。

続きを読む