やばい

THCリキッドはやばい?間違った知識がイチバンやばいかも

日本ではTHCが違法とされてます。

なのでTHCリキッドはやばいと思ってるはず、でも世界を見渡すと合法の国だってあるんです。

違法薬物なんかとごっちゃになってませんか。

やばい点もないわけではなし、でもちょっと過剰に反応しすぎてる日本人に真実をお伝えします。

校則なんかでも、禁止されてることは敢えてやってみたくなるもんです。

ただ、THCリキッドを使いたいと思うのはそれだけが理由ではありません。

メリットがあるから、使用することで気持ちがリラックスする・食事がおいしくなる・集中力がアップするなどの効果が得られます。

これってCBDリキッドとおんなじです。

でもCBDよりももっと強い作用で、すでにご飯をたべたあとでもTHCリキッドを使うとまたお腹がすいてきてしまうとか、やばいですね。

THCリキッドがやばいのは一度使うとやめられなくなってしまうから、そう思ってる日本人けっこう多いんですよ。
でもその知識まちがってます。

自分の意志でやめられないのは中毒症・依存症という病気になってるから、お医者さんと一緒に薬を使って治そうと禁煙外来に通ってる方いませんか。

タバコとかアルコールの方がよっぽど中毒性・依存性の数値は高いです。

依存性なしではありませんが、お酒にのまれず日常生活が送れてる方がそんなに怖がる必要もないですよね。

続きを読む

CBDオイルは「やばい」?知らないと勘違いすることまとめ!

黒い怪しげな瓶に入った液体、それを舌の下にスポイトで注ぎいれてというCBDオイルにやばいと感じている方、心配無用です。

同じことをTHCオイルでやったら捕まります。

CBDリキッドの「やばい」ヤツが入荷しました

でも、同じようにヘンプから採取されてるもののCBDオイルを使ったからといって幻覚がみえたり精神的にやばくなる心配はないんです。

それよりも、気持ちがリラックスできるし食欲も戻ってくる・ぐっすり眠れてといい効果がたっぷりでカフェインよりも低い毒性、日本政府が認めてくれないわけないですよね。

まあ、CBDオイルと言いながら実際にはTHCとかその他の危険な成分がはいってるやばいものも世界にはけっこうたくさん出回ってます。

そんなのを使ってしまったらやばい、「知らなかったんだ」って言ってもたいほされてしまうこともあります。

CBDオイルの品質にこそ気を配って選んでいたら、危険性も捕まる可能性もないでしょう。

やばい状況がすぐ近くにある、そんなところがやばいです。

CBDオイルを使うことで身体に変化が訪れるわけです。

なのですから、副作用ゼロとは言えません。

特に過剰に摂取してしまった時には副作用が強まる傾向にあり、適量を守るようにしましょう。

強い眠気とか下痢・イライラといった症状が起きた例が報告されてます。

リラックスするために摂取したのにイライラ、食欲改善のためにと使ってむしろ食欲が減退してしまっていたのであれば意味が無いんです。

どれだけ安全な薬だって取扱説明書にはどのような副作用があるか書かれてるでしょう。

過剰に心配する必要もないけどむやみに信頼しすぎもやばい、日々使用する以上はCBDオイルについて最低限の正しい知識は身に付けておくことです。

続きを読む

CBDリキッドの「やばい」ヤツが入荷しました

CBDリキッドの「やばい」ヤツは…日本最高濃度60%濃度!

CBDリキッドといえば、合法的にポジティブな気分になれたり痛みが緩和されたり不眠症が緩和できることでも知られています。

タバコのようにリラックス効果があるのに、身体に有害な成分が入っていないので多くのユーザーが世界中にいるのも特徴です。

最近ユーザーの間でもやばい、として知られているのはより高い濃度のタイプのものです。

濃度が高いということは、効き目も高いということが実感できますし、コストパフォーマンスにも優れていますので色々な意味でやばいと感じることが出来るでしょう。

高濃度タイプは、日本でも全国的に人気を集めています。

やはり、多くの人がより高い効果のタイプを求めているというニーズにこたえていますし、そういう意味では+WEED(ウィード)はもっともその部類に近いと言えるでしょう。

日本で売られているCBDリキッドの中でも最高の60%濃度のリキッドが封入された、人気の高い製品ですね。

+WEEDは、CBDの他にもテルペンやCBGなどが配合されているフルスペクトラム系なので、実感力がバツグンです。

他の製品と比べると、初回特典や最大10パーセントの割引があるので、コストパフォーマンスにも優れています

使っているうちに夜中に目が覚めることがなくなったり、強いリラックス効果を得ることが出来て毎日平和な気持ちで過ごすことができるようになったというレビューが多いです。

実際に60%濃度を試しましたが、ひかえ目にいってヤバかった。。。↓

+WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

 

正しい使い方まとめ・吸い方、吸う量、温度やセッティングなど

CBDリキッドは吸うタイプなので、正しい使い方を知っておくとムダなく摂取することができます。

逆に適当に使っていると、やばいくらいむせる原因にもなりかねませんので、いま一度確認しておきましょう。

正しい吸い方・しっかり息を吐きだして、肺に留めておく

普通のタバコのようにスパスパ吸うのではなく、しっかり肺に留めておく必要があります。5〜20秒程度で、ムリはしないようにしましょう。

肺が痛くなったり、苦しくなったらもうちょっと短くした方がいいでしょう。一度に多く吸い込むためには、はじめに「息を吐き出しておく」とグッド。

特にCBDワックスは煙をムダにするともったいないので、丁寧に吸いたいところ。

またCBDペンも基本的に同じですが、1度に吸いまくってしまうとスグになくなってしまうので時間を作ってゆったり音楽でも聴きながら楽しむのがオススメ。

何回吸うのがベスト?ヴェポライザーのタンクの目盛りを目安に!

吸う回数を測るのはちょっと難しいです。ヴェポライザーのセッティングによってベイパーの量は違いますし、吸い込める量も個人差があります。

なので、ヴェポライザーのタンクの目盛りを目安にしましょう。

例えば2mlのタンクを満タンにすると、CBD量は100mgです。半分で50mg。1日の推奨量は20〜100mgなので、タンクの4分の1〜1杯分を目安にすれば、適量になりますね。

むせる原因と対処法・掃除や部品の交換で格段に吸いやすさアップ!

ヴェポライザー本体をちゃんと調整しないとむせる原因になります。

まずコイルやウィッグが古すぎませんか?やっぱり美味しく吸うためには、できるだけ早めに交換しておきたいところではあります。また、タンク、「吸いくち」の汚れもキレイにしておきましょう。

むせるのを我慢していると、喉や肺が痛くなってきて、「ちょっともうCBDリキッド、吸いたくないです」みたいになってしまいます。

まずは掃除や部品の交換。しばらくやっていないという方は、やってみると吸いやすさに驚くことでしょう。

あとはやっぱり温度のセッティングも大事になってきます。

正しいセッティング・高抵抗で爆煙ではなく、低いワット数!

フルスペクトラムは、温度のセッティングは220度前後がベスト。(リナロールと呼ばれる成分の沸点が200度前後なので)

単一系は、195〜225度くらいがイイでしょう。

ワット数は低ワット数が基本です。高すぎるとCBDの燃焼温度を超えてしまい、喉の痛みの原因になってしまうためです。

テクニカルMODの場合は、20ワット前後で煙の量を調整しましょう。

ペン型のMODの場合は、コイルの抵抗値でワット数を調整います。たとえば、わたしも愛用している「ジャストフォグ」であれば、0.5オームのコイルであれば24ワット、0.8オームで15ワットになります。

あくまで爆煙のセッティングではありません。

低めのワット数でじっくり吸う方法がベストですよ。

 

「キマる」作用はないけど、「キマった」というレビューを見た方へ

CBDリキッドは、タバコのようにちょうどイイ刺激がありつつ、生活のクオリティを向上させてくれる効果があります。

ただ原料であるヘンプのイメージからか、間違った情報を発信しているウェブサイトもあります。

CBDリキッドに限らず、CBDオイル、CBDワックスを摂取しても「キマる」ような作用はありません。

日本で取り扱いのある製品は、厚労省の許可がおりて、税関のチェックをスルーしたモノなので、違法成分は入っていません。

違法成分であるTHCは不検出レベルなので、キマるような効き目はありません。

逆にキマるような製品は、日本では合法ではありません。

じゃあどうして「キマる」とレビューしているサイトがあるのでしょうか?

広告としてインパクトがあるためです。

インパクトのある方が、クリックしたくなることが心理学的にあきらかになっています。科学的な根拠がなくても、クリックされたもん勝ちでしょう、というやばい発想ですね。

CBDに精通している方であれば、スグに嘘だとわかりますが、はじめての方であれば信じてしまい、買ってはみたものの、期待と違うからといって使うのをやめてしまうことでしょう。

とてももったいないことです。

せっかくCBDにたどり着いたのに、恩恵を経験できないまま辞めてしまっては、せっかくのチャンスを棒に振ってしまうようなものです。

わたしは心からCBDの可能性を信じています。「キマる」と表現しているようなサイトは信じないようにしていただきたいと思います。

ただ、副作用がまったくないワケではありません。

CBD、とくに高濃度のタイプ(ワックスなど)を吸ったあとに眠くなってしまうことがあります。

自宅でゆっくり一服しているのであれば、そのまま眠ってしまってもなんの問題もありませんが、車やバイクを運転するときには十分気をつけてください。

「眠くて眠くてやばい」というほどではありませんが、マナーとして運転する直前にはやめておきたいところです。

まとめ・「キマる」とうたった誇大広告に注意!

よく勘違いされやすい、CBDはキマるのか?ということについて、まとめてきました。CBDにはTHCは入っていないため、キマったり、ブリブリになったり、マンチーになったりするような効能はありません。

「CBDでキマった!」とかいうレビューは鵜呑みにしないようにしてくださいね。

また、運転前に吸わないようにすること以外は、基本的に悪影響は心配することはありませんので、安心して使ってください。

 

WEED(プラスウィード)の公式サイトはコチラ

(送料無料・最大10%オフ!)

 

続きを読む