CBDって「よくない」イメージがあるけど海外では人気のサプリ!

    どうしてCBDってよくないイメージがあるのか?原材料に麻(ヘンプ)を使っているから

    CBDは日本ではよくないイメージはあり、まだ認知されていませんが、海外では注目されている成分です。

    身体に高い健康効果を与えることから世界中で注目されており、医療現場や気軽に購入できる製品が販売されているので誰でも気軽に購入することが可能です。

    よくないイメージを与える理由のひとつに、原材料に麻を使っていることが考えられます。

    日本で原材料が麻を使用したものはマイナスのイメージがもたれることはあり得ます。

    そのため安全性が気になるという人も少なくないでしょう。

    CBDは麻に含まれる成分のひとつで、医療への効果などが期待される有効成分です。

    日本で麻の成分というとドラッグなどネガティブでマイナスなイメージがありますが、この成分は麻に含まれる成分の中でも精神作用がない化学物質です。

    麻は人が栽培した最も古い作物のひとつで、繊維をとるために古来より重宝されきました。

    一部では精神作用の部分が問題視されていますが、精神作用を引き起こさずに健康効果が期待できる成分として世界で注目されている成分でもあります。

    麻に含まれる活性化合物のなかで、体内のカンナビノイド受容体を刺激する神経伝達物質をカンナビノイドといって、植物性と内因性があります。

    植物性のカンナビノイドは麻のみに含まれ、内因性カンナビノイドは人の体内で生成されます。

    植物性カンナビノイドには2大成分のTHCとCBDです。日本でよいイメージがないのはTHCです。

    THCは悪い部分ばかりではなく、ストレスやうつの軽減、痛みの緩和などの医療効果が期待できるものですが、THCは精神に強く作用する物質で、カフェイン程度の依存性がある物質でもあります。

    2つの成分の大きな違いは精神に作用するか否かという点にあります。

    CBDは多幸感を感じることはなく、様々な医療効果を得ることができる物質です。

    よくないイメージがあるCBDですが、抗炎症作用や抗酸化作用、神経保護作用という医療効果があります。

    抗炎症作用は、脳と身体の両方の炎症を鎮めたり、予防する働きが期待できます。

    直接作用するだけではなく特定の受容体の働きをブロックするなど間接的に症状を緩和することが期待できます。

    抗酸化作用では、抗酸化ビタミンの代表とも言えるビタミンCやビタミンEよりも強力であることが分かっています。

    また脳を保護する神経保護物質の働きもあるため、脳と神経系への損傷を軽減するなどの効果により様々な神経疾患の予防や進行を抑制することが期待できます。

    WHOは2017年に公衆衛生上の問題も汎用の危険性もないと報告

    CBDには健康効果が期待できるので世界で注目されている成分ですが、副作用は気になるものです。

    基本的に安全性の高い物質で、世界では多数の臨床実験や研究が行われており、論文も公表されています。

    化学的な根拠を元にWHOは、2017年に非常に安全で幅広い容量で忍容性が良好であり、公衆衛生上の問題も汎用の危険性もないという報告があります。

    WHOの報告での忍容性とは、副作用の程度を示す製薬や医療業界の専門用語で、副作用が殆どなく副作用があっても非常に軽いということを意味しています。

    実験でも最大1日1500mgを長期間摂取しても、副作用が起こらなかったというデータや、アメリカの国立がん研究所では、過剰摂取によって死亡することはないという結果もあります。

    CBDは副作用は殆どなく安全な成分ですが、副作用は全くないというわけではありません。副作用には頭痛や薬物間相互作用、発がん性物質などが考えられます。

    頭痛は質の悪い商品を使用した場合に起きる可能性があります。

    薬物相互作用は、複数の薬物を併用した時に有害な作用が起こることで、どの薬を服用する時にも起こることですが、抗生物質や抗てんかん剤、ステロイドや抗ヒスタミン薬などの薬や他の薬を複数飲んでいる場合には、薬の相互作用をかかりつけの医師に相談することが必要です。

    発がん性物質は、リキッドなど電子タバコを使用して摂取する場合には、使用する成分の成分をしっかりと確認することが大切です。

    製品のなかには加熱することで発がん性のある有害物質に変わるものもあるので摂取は避けるにようにします。

    CBDには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

    デメリットには、実感するのは個人差がある点です。同じ製品を同じ量摂取しても、効果時間が異なったり、実感できる人もいれば実感できないという人もいます。

    これは多くの健康食品やサプリメントにも言えることですが、誰でも同じように使用しても誰でも同じように効くものはないということを考えておくと良いでしょう。

    選び方が難しいこともデメリットです。日本国内で生産されていないので、国内の検査機関を経て販売されているものはありません。

    そのため成分表記などは外国語表記のものが大半なので、良い製品であるかの見極めが難しいです。

    日本国内では医療用として認められていないので、自分の抱えている身体のトラブルにCBDの効果的であっても、仕事中などに使用することが難しいです。

    医療目的で使用したいと思っても、法律上使用できないので、これもデメリットと言えます。

    関連記事:

    CBD(カンナビジオール)の副作用や違法性について

     

    ↓2020年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドを厳選【高濃度】↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    忖度なんてしてらんない・高濃度CBDリキッドを厳選!

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ