CBDオイルを自作した豆乳ヨーグルトに混ぜるとめちゃウマ

CBDオイルの味が苦手・・・。
CBDアイソレートは飲みにくい・・・。

そんな方はヨーグルトに混ぜると抵抗なく毎日続けられますよ^^

とくに豆乳ヨーグルトが個人的におすすめです。乳製ヨーグルトも美味しいですが、ナチュラルな味がCBDオイルとよく合う気がします。

この記事では豆乳ヨーグルトを自作する方法や乳酸菌の効果についてご紹介していきます。

自作で豆乳ヨーグルトを作る方

豆乳ヨーグルトは、けっこう流行っていますよね。はじめは市販の豆乳グルトを購入しましたが、定期的に食べるのには値段が高い…ということで、豆乳とヨーグルトを買ってきて自作しています。

わたしはCBDに混ぜて、毎日欠かさず食べています。仕込みも週1回ですから、手間もそんなにかかりません。なんといっても自作すると余計に美味しく感じられるのでおすすめですよ♪

作り方はとっても簡単です。1ℓ前後の無調整豆乳の注ぎ口から機能性タイプの飲むヨーグルト100㎖を入れてフタを閉めて、何度かパックを数回逆さまにしてゆっくりかく拌させるだけ

(容器のスペースに余裕が無ければ豆乳を100㎖取って、その分ヨーグルトを注いで下さいね。もったいないので豆乳は捨てずに飲むか、お料理に活用を。)

あたたかい時期なら放置のままで豆乳ヨーグルトの完成。発酵で膨張するのでわたしの場合はかく拌後はパックのフタを開けて、ラップをかけてゴムで留めて発酵・保存しています。

寒い時期には鍋で40℃前後まであたためてから部屋で放置しておくとかたまって完成します。ヨーグルトメーカーがなくても出来ますよ^^

保存もラクラク

この方法だとパックのままで保存も出来ますし、菌繁殖も抑えられます。ただし、あたためる場合には調理器具は清潔なものを使うようにするよいいですよ。だいたい毎日食べる量は150~200㎖前後で1週間位で食べ切れます。

私はCBDオイル以外にも冷凍ブルーベリーを加えて、甘味をくわえずに、シリアルを入れて食べています。昼食を少なめにして一緒に食べることが多いのですが、満腹感もあるので朝食代わりにもなります。甘い物が好きな方はジャムやハチミツを加えるなど、アレンジはいろいろ出来ると思います。

効能としては、腸内環境の改善が一番大きく、習慣的に食べて、免疫力をアップさせて、少しでも健康を増進させることをひそかに期待しています。

免疫力に関係する乳酸菌

テレビでも雑誌でもヨーグルトの効果について紹介されていますが、調べてみるとかなりポジティブな側面がありました。

人間の腸は年齢と共に機能がさがってきます。クロストリジウムなどの悪玉菌が増えすぎてしまうと健康に悪い影響をあたえます。

善玉菌に分類される乳酸菌やビフィズス菌の中でも「プロバイオテクス」は腸内で威力を発揮する生きている菌として注目されています。

CBDとヨーグルトで健康的に♪

この記事では豆乳ヨーグルトの作り方と効果についてご紹介していきました。

CBDを混ぜると美味しく召し上がれるだけでなく、乳酸菌の効果もプラスされるのでとてもおすすめです。豆乳ヨーグルトは安くないですから、自作するとコスパもいいです。

CBDオイルをもっと美味しく手軽に続けていきたいという方はご参考にしていただけると幸いです。

➡️ CBDオイルのおすすめ&レビューはコチラ

 

↓2017年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

 

↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓