CBD(Vape)は違法?茎や種子から抽出されたものならOK

    CBD(Vape)は違法?茎や種子から抽出された製品は100%合法!

    CBD(Vape)を愛用する人が少しずつ増えてきていますが、まだ名前だけしか聞いたことが無い人や、違法なのではないかと感じて手を出せない人もいます。

    詳しく知るためには、まずはCBDに関しての知識を身に付けなければなりません。

    これはカンナビジオールの略称であり、麻に含まれる少なくとも113あるカンナビノイドのうちの一つです。

    簡単に言ってしまうと、麻に含まれる成分の中の一つということです。

    様々な効果があるCBD(Vape)ですが、気になるのが違法ではないかという点であり、法に触れるようなものなら利用するわけにはいきません。

    調べてみると日本では茎や種子から抽出されたものなら違法ではありませんので、安心して利用できます。

    利用するのに法的な制限がないことが分かったところで、次に調べておきたいのが種類です。

    現在どのくらいの種類があり、日本で購入できるものがどれくらいあるのかをチェックしてみましょう。

    実は種類はとても豊富であり、CBDワックス・オイル・リキッド・パウダー・ペースト・グミ・タブレット・使い捨てカートリッジと色々あります。

    利用しやすいと感じるものは人それぞれですので、いくつかの種類を試して自分に合ったものを見つけるのがお勧めです。

    初めて利用する人に試して欲しいのが、吸引摂取という方法です。

    吸引摂取はリキッドやワックスといった種類を電子タバコ等のデバイスを使用して蒸気にし、その蒸気を吸い込むことで摂取します。

    最近人気の出ているCBDワックスも主に喫煙によって摂取するものであり、最近ではカートリッジ型やペン型のような使いやすいものも流通しているようです。

    蒸気にする場合、濃度が濃いので慣れないとむせてしまうことがあります。

    その他にも経口摂取することが可能ですので、なにも道具が無い時にはそのまま口に含んでも構いません。口に含む際には、舌の下に1~2分ほど留めましょう。

    ジェル状のものが多いのですが、固まってしまうことがあります。

    固まってしまったら湯煎すると元に戻りますので、すくにくいと感じた時に試してみることをお勧めします。

    固まるのは残量が減ってきた時ですが、残量が多い場合でも冷蔵庫に入れてしまうと固まりますので注意が必要です。

    保存方法としては、日差しの当たる場所に置いておくと変色してしまう恐れがあるため、日の当たらない場所を選んで保管することが大切です。

    蛍光灯の光も好ましくありません。

    「キマる」作用はないので安心!勘違いしていることが多い

    CBDオイルを利用すればキマると勘違いしている人がいますが、実際にはそのような効果はありません。

    摂取しても精神に影響を与えることはなく、安全性に優れています。

    なぜキマるという変化が現れないのかというと、THCという成分が入っていないためです。

    THCは精神に影響を与えるため、摂取すると精神に大きな影響を与えて他の人から見ても利用していることが明らかな状態になります。

    CBDを使ったことがない人はこのあたりの情報を勘違いしていることが多いのですが、一度使用してみると分かります。

    これまで多くの試験が実施されており、良好な安全性の特徴や忍容性があることが分かっていますので、テンションを上げるために導入を考えている人は実際に得られる作用を学びましょう。

    依存性は無く、耐性もありませんので、長く使用しても問題はありません。

    キマる効果が無いのであれば使う意味があるのかと感じる人もいるかもしれませんが、CBDオイルには優れた作用がたくさんあります。

    有益な薬効として挙げられるのが吐き気の軽減や食欲増進、痛みを鎮める、炎症の軽減、ストレスや不安の緩和等です。

    様々な作用が得られる理由は、エンドカンナビノイドシステムという身体調節機能を活性化させるところにあります。

    現代はストレス社会と言われますが、ストレスを受けるとカンナビノイド欠乏症という状態に陥って、エンドカンナビノイドシステムが鈍化します。

    その結果様々な疾患や不定愁訴が引き起こされますので、この働きを活性化させることができるのは大きなメリットです。

    良い効果があるからと言って、大量に摂取して良いというわけではありません。

    1日の効果的な摂取量は体重で決められており、40~68kgの人なら12~18mgとされています。

    現在抱えている症状によっても変わりますので、少しずつ調節して様子を見ましょう。
    最近注目されているCBDグミは、摂取しやすいと評判の種類です。

    CBDグミも安心して利用できるものであり、摂取方法は食べるだけです。

    1日あたり2粒程度を目安にして、噛むよりも舌の下で溶かした方がより高い効果を実感できます。

    オイルと同様に口内で溶かす粘膜摂取をすることで、より効率的にCBDを吸収させることができます。

    他の方法と異なり、食べるだけですので摂取するのは非常に楽ですし、独特の苦みもありませんので初めての人でも違和感無く取り入れられるのがメリットです。

     

    ↓2020年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドを厳選【高濃度】↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    忖度なんてしてらんない・高濃度CBDリキッドを厳選!

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ