THCV ワックスは製品化されてないけどフルスペ製品に入ってる!

 

ドンキホーテに行くとCBDリキッドやグミが売られてるのご存じですか。想像以上に身近になってきていますね。

ぜひCBDを日常に取り入れてみてくださいね〜。素敵な毎日が送れるようになるはずですよ。

 

で、使っていくうちに「より濃度の高いものを」「もっとコストパフォーマンスの高いものを」という気持ちを持つようになるかもしれませんね。

そんな方におすすめなのが、CBDワックスです。より成分が濃縮されていて満足度が高いのが特徴です。

電子タバコでの吸引だけでなく経口摂取もできて、シチュエーションの幅もひろがりますね。

世界に目を向ければ「THCワックスだってあるはず、もっとしっかり味わいたい」と濃度を求める流れはおなじです。

ただし日本ではTHCの使用は禁止、持っているだけでも捕まるのでご注意ください。決して関わらない方が身のためです。

単体のワックスはないけどTHCV配合のCBDワックスも最高!

それではTHCVワックスは?今のところそのような商品はありません。日本では違法だからということではなく、世界中探したところで見つかるはずがないのです。

THCと似た名前だから誤解されてしまうのですが、THCVは違法ではありません。

だからフルスペ系のCBD製品に配合されていて、わたしたちも知らない間に使ってるかもしれません。

なんで違法とならないか、THCほどキケンじゃないからです。

体への影響は4分の1程度とか、それだとこわくないですね。「THCVはハイになるからキケン」、なんてうわさはまったくのデマなのです。それどころかメリットも多いみたい、ぜひTHCV入りCBD製品を探してみてください。

つい最近まで日本人は当たり前にヘンプを栽培し、摂取していました。

取締法が作られたのは第二次世界大戦後のこと、遠ざかってしまって体内から不足しています。

しっかり濃度のワックスで取り入れるのは良いことなんです。

THCVは希少!ワックスは製品化されていない

それにしてもなぜ合法のはずのTHCVはワックスがないのでしょう。

残念ながら、ワックスだけでなくリキッドもオイルもTHCVオンリーの製品は作られてません。

品種に関係なくヘンプからたっぷり抽出されるCBD、一方で THCVは品種が限られ抽出量もほんのわずか、THCVワックスを作ることはできたとしても希少性ゆえにめちゃめちゃ高い1本となって庶民にはとても買えないでしょうね。

世界中で買い求められることとなるのですからそもそも日本にやってくるかどうか、ちょっと今のところはわかりませんが、

自国で原料から栽培し作り出すことが禁止されてる以上は、THCVワックスを日常に使用するのはまだまだむずかしそうです。

ですが、THCVが多い品種を選んで育てる国も増えてきているので将来的には期待できるかもしれません。

THCVを取り入れるにはフルスペ系!どうやって選ぶ?

THCVワックスはあきらめ、取りあえずはCBDのフルスペクトラム製品でTHCV入りのものをえらぶようにしてください。

単体で入っているものの方が良さそうに見えて、CBDオンリーの製品をえらんでしまいがちですよね。

実はCBDにはアントラージュ効果があって、いろんなカンナビノイド類と混ぜあわせた方が力を発揮するのです。

CBDだけのものよりフルスペ系を、ガツンと味わいたいならリキッドやオイルよりも濃いワックスをえらんでください。

中にTHCVもちゃんと入ってて、今のところ最強と言えるのはこのえらび方なのではないでしょうか。

THCVにTHC・CBDだけでなくカンナビノイドの数は100種類以上、まだいずれも研究段階にあります。

今後、もっとすごい〇〇ワックスなる商品が誕生するかもしれませんから常に最新の情報に注目しておくことです。

フルスペクトラム、「フル」という文字からもお分かりのようにヘンプのカンナビノイド類がそこには丸ごと入ってるのです。

アントラージュ効果バツグン、なのは良いですがつまりTHCVだけでなくTHCも入ってたりするわけですよね。

濃度の高いワックスだとTHCの作用も濃くなる、ということはなく互いに負の作用を打ち消しあうという特徴もカンナビノイド類にはあります。

なので思ってるほどキケンじゃなく世界中に出まわっているんですが、日本ではそもそも禁止されてる成分ですよね。

吸引したことが見つかったらタイホ、その前に税関で止められて手元に届くことはありません。

CBDのワックスはドンキホーテで売られてないのでネットで取りよせることになりますが、商品えらびはくれぐれも注意しましょう。

THCVはオッケー、THCはアウトですよ。

個人輸入はキケン?逮捕や健康被害のリスクも

THCVもとり入れたいとフルスペクトラム製品をえらぶ、リキッドよりも濃いワックスにするというのはいい事なんですが、当然ながらいろんなカンナビノイドが入っていて濃度しっかりとなるとお値段も上がっていきます。

毎日の生活で利用するからとついついお値段も気になってしまうところですが、優先度第1は「信頼性の高さ」にしといてください。

海外のものを安く手に入れる方法として、個人輸入をしてる方もいるかもしれませんが、薬ならともかく、CBDワックスを買うときにはできればにやめておいた方がイイかもしれません。

THCVだけでなくTHCも入ってた・タイホされたという程度ならマシなんです。

命を落とすこととなるかもしれません。

命とお金、どちらが大切かは言うまでもないでしょう。

THCVと聞いたときにTHCがイメージされて購入を躊躇された方いませんか。

その反対に健康に良さそうな名前だからとスルーしてしまう成分が、それがビタミンEアセテートです。

化粧品とかには普通に入っていて、保湿力を上げてくれてとむしろいい効果が発揮されるのも厄介なところです。

リキッドやワックスで吸引することで、肺に絡みつきアメリカにて多くの若者たちの命を奪いました。

キケンそうなTHCVが安全で安全そうなビタミンEアセテートがキケン、ややこしい話ですね。

当然禁止となってる成分ですが、いまだに配合して売られてる粗悪品もあり個人輸入だとまちがって注文してしまう可能性大です。

THCVとかビタミンEアセテート、CBD製品に関わろうということであれば正しい知識を身につけるようにしてください。

ただし個人輸入で購入の製品には知識を持ってる人をあざわらうかのようなものも、中身とラベルが違ってたりということがあるのです。

悪徳業者の目的は金もうけ、使用する人が健康を害そうが関係ありません。

「ビタミンEアセテートでとろみを付けたら、濃度が高く見えるからワックス購入者にも選んでもらえるかもしれない」「最近THCVのメリットが知られてきてるから入っていることにしてやろう」、そんな意識で作られた製品とラベル、どんなキケンな毒薬となっていることでしょう。

日本のCBD製品利用者らの口コミ評判などを参考に、優良サイトを見つけだすようにしてください。

THCVは安全。だけど信頼できるサイトから購入するのが鉄則!

THCとTHCV、一文字違いで大ちがいです。

違法と合法、どちらを利用するかで今後の人生も180度変わります。

たっぷりとり入れたいところですが、残念ながら今はまだTHCVワックスは出てないので今後に期待です。

ただフルスペCBDリキッドを大量摂取すれば、結果的にTHCVを体内に大量に取り込むことになるのではという安易な考えを持つのはやめといてくださいね。

お金のムダ遣いです。

研究はまだ途中、THCVの大量摂取が体にどんな影響をおよぼすかについても分かってません。

少量摂取するからこそ効果ありということがもしも判明したら、THCVワックスは夢まぼろしでおわるかもしれませんね。

CBDワックスにちょこっと入ってる程度なら、ステキな日々を送るためのスパイスとなることでしょう。

「THCV」についてぜひ自分でも調べてみて、日常に取り入れてみませんか。

 

THCVはコチラの記事も人気でーす↓

THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

 

(Visited 513 times, 1 visits today)
 

↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓