THCVリキッドは製品化されていないけど「アレ」に配合されてる!

    THCVリキッドって、聞いたことはありますか。CBDリキッドならばきっとご存じでしょう。

    ドンキホーテに置かれてますし、インターネット経由で手にいれることもできます。

    日本でも合法、しかも健康や美容によい効果を持つことがわかって若者を中心に利用者は増えてきました。

    THCリキッドなんてのもありますが、日本だとTHCが違法なので購入はむずかしいです。

    THCリキッドは個人輸入しちゃダメ【増粘剤が混入しているリスク】

    けど、合法のカナダとかに行けばふつうに見かけるはずです。

    CBDにTHC、そしてTHCVといずれもヘンプから抽出される化学物質・カンナビノイドであるといった共通点を持ってます。

    それ以外にもCBGにCBE・CBDVなどなど、ヘンプには実に100種類以上ものカンナビノイドが存在しています。

    でもTHCVリキッドもCBGリキッドも製品化はされておらず、あるのはCBDとTHCだけです。

    それはなぜなんでしょう。

    CBD製品に入っているけど、THCVリキッドもCBGリキッドも製品化はされていない!

    CBDの中にTHCVが入っているので、CBDを摂取すればTHCVも一緒に取り入れることができます

    実はカンナビノイド一つ一つにどんな効果があるかはまだ研究途上です。

    CBDに関しては、WHO・世界保健機構も安全であると太鼓判を押しました。

    THCはメリットがある一方でCBDよりも強く体に作用してしまうこともあり、そのキケン度がわかったうえで使用を許可してる国もあれば日本のように徹底排除しているところも、対応はそれぞれです。

    どちらもある程度は研究しつくされてるからこそ、リキッドにグミ・オイルと製品化されたものは数多くあります。

    まだほとんど研究されてない分野のカンナビノイドの場合、製品化して世界の市場に流すのはリスクが大きすぎます。

    なので今のところは、THCとCBD以外のリキッドはありません。

    CBGリキッドにCBEリキッド、生みだされるとしても当分先です。

    その他のカンナビノイドのリキッドがないのは研究がまだだから、でもTHCVリキッドに関してはこの法則は当てはまらないんです。

    THCと似た名前だけにリスクが高いから製品化を見合わせてるということもありません。

    こちらは希少性の高さゆえに単体での製品化が追いついてない成分、それなりに研究はおこなわれてます。

    そして見つかったTHCVならではの特徴は、現代に生きるわたし達にとって夢のお薬となりそうな予感をただよわせています。

    きっともう少し待ったらTHCVリキッドは出来あがるはず、というかぜひ出来てほしいものです。

    ちなみに、フルスペクトラム系のCBDリキッドにはTHCVもその他のカンナビノイドもあたりまえに配合されてたりします。
    気がつかないままに摂取してたりするのです。

    とりあえずは単体だとくわしい効果は今一つ分かっておらずのカンナビノイドたちも、少量ずつ集まったらCBDを相乗効果で高めてくれるつよい味方となっていることは確かです。

    THCVリキッドがもしあれば、女性たちはダイエットの悩みから解消されるでしょう。

    THCVには食欲抑制作用があるのです。

    「マンチー」という言葉を聞いたことありますか。

    THCを摂取することで食欲がわいて、ご飯がおいしく楽しくなるという現象です。

    ストレスとか不安でご飯が食べられなくなってる状態だとありがたい、でもそんな時は食が細くなるよりも自分にご褒美とケーキとか食べすぎちゃって体重増加でよりストレス倍増って人の方が多かったりしませんか。

    脳に誤った信号が送られるのですでにモリモリ食べた後とかでも関係なく食欲が、威力が強すぎておそろしいほどです。

    THCと似た分子構造を持つTHCVですが、食欲に関しては正反対で摂取することで食欲が抑えられるのです。

    たっぷり食べた時の満腹感も起こらない、食べすぎてしまうのも日常生活で満足できないからどこかで満たされたいという精神構造も影響していたりします。

    うまく活用すれば食事量を適切に調整することが可能となる、だからこそ夢のダイエット薬となりうるのです。

    2016年におこなわれた研究ではTHCのデメリットを抑えてくれる効果があることも分かっています。

    てんかんとか糖尿病の治療にはすでに使われはじめているようです。

    ヘンプからの抽出量が少ない希少な成分だからこそTHCVリキッドとして商品化はされてないTHCVという成分、ただ研究の中で特に多く入ってる品種は分かってきました。

    たとえばダーバンポイズン・ピンクブーストゴドネス・パイナップルパープスなど、アフリカ原産のサティバ原種に由来するこれら、目に見えて栽培量は増えていくはずです。

    CBDリキッドの中に配合されているからダイエットに使えるかしら、そんな期待をされているかもしれませんが残念ながらそれはむずかしいです。

    ごくわずかなのでTHCV本来の働きをすることはありません。

    低用量のTHCVだとTHCの作用をブロックする効果あり、THCVが入っているCBDリキッドというのは、つまりさまざまなカンナビノイドが含まれるフルスペクトラム系です。

    日本で出まわってるフルスペ系だとこだわって日本製を選べばTHCはまったく入ってないものもありますが、海外メーカーのものを取りよせると税関で止められない程度の少量は含まれてることでしょう。

    THC入りで大丈夫なのかと不安がってるかもしれませんが、THCVがTHCの作用をブロックしてくれてるので安全安心です。

     

    THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

     

    (Visited 15 times, 1 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ