THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

    CBDの効果よりも安全性に不安を感じる日本人、多いです。

    だってヘンプ由来の成分ですもの、どんどん詳しく調べてる中でTHCV(テトラヒドロカンナビバリン)という成分に行き当たった方いませんか。

    THCとTHCV、名前が似てるのは構造がほぼ同じでほんのちょっと炭素原子数が異なるから、それを知ると益々不安に襲われるでしょう。

    でも大丈夫、こっちは違法じゃないんです。

    配合されている量がそもそも少ないうえに、ハイになってしまう成分であるTHCの4分の1程度の効果しかもたらさないからです。精神作用4分の1、それならほんの少量の薬でもすぐ影響されてしまう体質を持っててという方以外は、無視できるレベルだから大丈夫でしょう、という判断です。

    なのでそこまで恐れる必要は無し、慎重派の日本政府がスルーするレベルです。

    インターネットで調べれば、そこには様々な情報が溢れてます。

    THCV(テトラヒドロカンナビバリン)のことだけでなくCBDの効果や危険性についても、確かに危険と隣り合わせにあるCBDなので用心するに越したことはない、でもそこにある情報の中には素人が根拠のない情報をさも本当のことかのように拡散してるものだってあります。

    同じく超心配症の方なのかもしれないですし、ただの変人・どこかの企業の回し者なんて場合もあるでしょう。

    そんな方たちの情報を鵜呑みにするのは危険、溢れる情報の中から正しいものをすくい取り上手く活かしていくのも私たち現代人に必要な能力となります。

    THCVは違法ではない・リスクが高い成分とは正反対の作用!

    THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

    THCにVをプラスすればTHCV、でもTHC以上の恐ろしい作用をもたらすというわけでは無し、むしろ反対の効果をもたらしてくれるのがTHCV(テトラヒドロカンナビバリン)です。

    カナダなどTHC合法の国では当たり前に摂取されてるのですが、彼らはTHCを服用することで「いつもの料理がよりおいしく感じられた」と言います。

    すでにご飯を食べた後なのに更に食欲がわいてくる食欲増進作用・マンチー(きまる)が備わってるのです。

    胃を摘出した後や化学療法を受けた後、ご飯を食べたいとは到底思えないでしょう。精神面などからも食欲不振といった形で不調が出てきたりします。

    でも食べて栄養を補給しないと元気は出ない、そんな時にTHCは力を発揮してくれるのです。医療用に用いられることがあるのも分かります。

    ただし、飽食の時代の今はむしろ肥満に悩む方の方が多いかも、精神面の不安を改善しようと食欲不振になるどころか食に走る場合も、そんな時にこそTHCV(テトラヒドロカンナビバリン)は効果を発揮します。

    こちらは食欲をブロックする効果があります。

    食べたいという気持ちだけでなく、美味しいものを食べた後の満腹感・満足感を抑えてくれます。

    THCとTHCVを上手く活用すれば、ダイエットなんて簡単で自由に体形を変えられる時代がやってくるかもしれませんね。

    THCV(テトラヒドロカンナビバリン)にはその他にも、血糖調節効果もあり糖尿病治療にも役立っています。

    筋肉管理や神経保護・骨の保護や抗炎症作用とメリットは多数なのです。

    最近では2016年に、THCに対してどういった拮抗作用を持つかの研究が行われました。THCを投与中の患者にTHCV(テトラヒドロカンナビバリン)も投与、すると言語記憶が遅れていたのが減少して記憶侵入が増加しました。

    陶酔感も低下、みごとTHCの作用に打ち勝ったわけです。

    THCと同じようにTHCVもCB1とCB2という体内の受容体に影響を与えます。

    でもこの実験からもTHCVの危険度の低さや効果が証明されたのです。

    ヘンプにはCBDにTHC・THCVを含めて100種類以上のカンナビノイドが入っています。CBDオイルやリキッド、CBD単体で入っているものよりもこれらのカンナビノイドも含めたフルスペクトラム製品の方がガツンと効果が得られて人気が高いようです。だってあれこれ入っていてこそヘンプ本来の姿なのです。

    同じヘンプの中の成分でもTHCとTHCVのようにまったく違う作用をするものが入ってる、不思議な植物です。

    そして、2016年に行われた実験でTHC服用中の患者にTHCV(テトラヒドロカンナビバリン)を投与すると危険な作用が薄れて良い効果が高まったように、負の作用よりも正の作用が強く出てくる傾向にあるのも面白い事実です。

    日本ではTHC入りフルスペクトラム製品は禁止とされてますが、世界では使われてますしうまく組み合わせればそれほど恐ろしいものではないのかもしれません。

    ちなみに、ヘンプの中の一成分といったくくりに当てはまるものなら仲間同士結束を高め、張り切って身体によい影響をもたらしてくれますが、違ったメンバーが入ってこようとすると厄介です。

    抗凝結剤や抗けいれん剤・抗うつ剤などを使ってる方、薬の効き目を変えてしまうこともあるので注意しないといけません。

    飲み合わせで危険がもたらされることがあります。

    THCV(テトラヒドロカンナビバリン)は危険などころか効果ももたらしてくれることが分かりましたが、

    もしもビタミンEアセテート入りCBDやTHCリキッドを使用することとなったら大変なことに、アメリカにて死亡事故が何件も起きているのです。

    どの成分が入ってるか・どれが危険かなんて素人には分からない、安全なものを手に入れるにはとりあえず口コミ評判も高く人気度ランキング上位にあがる信頼性のあるメーカーから買うことです。

    まとめ・THCVを配合したフルスペ系CBDが人気!

    THCVの健康への効能をご紹介してきました。

    THCVだけの製品はありませんが、フルスペクトラムCBDに配合されています。CBDとTHCVの相乗効果が期待できるため、CBDだけのピュア系を続けるより健康維持の効果が高いことが知られています。

    フルスペは一般的に値段が高くなってしまいますが、国産のプラスウィードは値段を抑えてあるため、コアなユーザーの間でも人気の商品です。

    THCVが気になる方は、プラスウィードのフルスペクトラムをチェックしてみてはいかがでしょうか。大容量タイプのCBDリキッドと、使いやすいカートリッジタイプの2種類あります。

     

     ハイにならない!THCVの効果が期待できるリキッドはコチラ

    (大容量のフルスペCBDリキッド)

     

     

     フルスペクトラム・CBDカートリッジはコチラから!

    (プラスウィード公式サイトへ)

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ