THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

    CBD(カンナビジオール)の安全性に不安を感じる人、多い気がするのはわたしだけでしょうか?「ヘンプ由来の成分だから」というだけで、遠ざけてしまうのはモッタイナイです。

    CBDに興味があれば聞いたことあるかもしれません。

    THCV(テトラヒドロカンナビバリン)という成分を聞いたことないでしょうか?

    配合されている量がそもそも少ないため、あまり話題になってこなかった成分ですが、ハイになってしまう成分であるTHCの4分の1程度の効果しかもたらさないことが研究でわかっています。

    え、THCVって違法じゃないの!!???

    実は、日本では合法とされている成分なんです。

    名前がTHCとかぶってしまいます。

    違法成分THCとTHCV、名前が似てるだけ。

    (正確には構造がほぼ同じで、ほんのちょっと炭素原子数が違います)

    「禁忌がある以外は、ヘンプを摂取してもTHCVの量がスゴくわずかだから、無視できるレベルだから大丈夫だよ」という判断です。

    慎重派の日本がスルーするレベルだから大丈夫ですよ、って表現するとわかりやすかもしれませんね。

    インターネットで調べれば、THCVに関する研究や、海外の人が検索するような情報を手に入れることができます。

    THCV(テトラヒドロカンナビバリン)のことだけでなく、CBDの危険性についても「用心するに越したことはない」ですが、「怪しい」と切り捨ててしまう前に、一度ご自分で調べてみるとよろしいかと思います。たとえば欧米やイスラエルのサイトであれば、じゅうぶん信頼できる情報がありますよ。

    特にTHCVについては、英語のサイトが多いような印象ですね。

    わたしと同じく超心配症だけど「健康の考え方を少しずつ変えていきたい」って方は、ぜひ続きを読んでみてください。

    THCVの安全性は、英語を翻訳してわかったことです。ちゃんと科学的が根拠があります。(2013年からCBDを使い続けてわかった、THCVを生活に活かす方法も一緒にお伝えしています)

    オイル意識がますます高まってきてますね。

    THCV配合をライフスタイルに上手に取りいれたい方、ぜひご覧いただければと思います。まずはハイにならないという根拠について!!

     

     【ハイにならない】THCVを美味しく摂りたい方はコチラ!

    (ドンキにも売ってるプラスウィードの公式サイト)

     

    THCVで「ハイ」にならない根拠・研究論文の英語を訳してみると….

    THCにVをプラスすればTHCV、でもTHC以上の恐ろしい作用をもたらすわけではありません。

    むしろ「ハイ」と反対の効き目をもたらしてくれるのがTHCV(テトラヒドロカンナビバリン)です。

    日本人も、昔はよく食べていたのかもしれません。ヘンプの種(麻の実)が食卓にあがることが珍しくなく、微量だけど口からTHCVやCBDを摂取できていたんだと思います。

    でも最近とってないよね、だから口にしておけばきっとイイことがあるよ、ってことなんですね。

    2021年現在では、カナダなど、もっとヘンプに自由な国では当たり前で、向こうの人は生活の中にTHCVをとり入れていることでしょう。

    THCVと似た成分THCも生活に親しいハズですが、日本では違法なので注意です。

    あくまでヘンプの一部のTHCVという成分は合法ですよ、ということです。

    そしてもう一部のTHCという成分はダメですよ、違法にしましょうね、ってことなんですね。

     

    今になってようやく、THCV(テトラヒドロカンナビバリン)を「適量摂った方がイイらしい」と、意識高い系の人たちの耳にも届き始めている感じがします。

    今のライフスタイルにあってるのは間違いないでしょう。

    2016年の研究で、THCV(テトラヒドロカンナビバリン)も投与。すると….

    同じく日本でも違法ではない「CBD」とTHCVを上手く活用すれば、とにかく健康維持へつながるのは間違いないと、わたしは確信してますね。

    THCV(テトラヒドロカンナビバリン)には他にも、医療用として使われている例もあるので、効果を謳うことはできませんが、メリットが多いのは間違いないでしょう。

    最近では2016年に、THCに対してどういった拮抗作用を持つかの研究が行われました。

    THCを投与中の患者にTHCV(テトラヒドロカンナビバリン)も投与、すると言語記憶が遅れていたのが減少して記憶侵入が増加したことがわかっています。

    陶酔感も低下、みごとTHCの作用にTHCVが打ち勝ったわけです。

    THCと同じようにTHCVもCB1とCB2という体内の受容体に影響を与えます。

    でもこの実験からもTHCVの危険度の低さや効果が証明されたのです。

    ヘンプにはCBDにTHC・THCVを含めて100種類以上のカンナビノイドが入っています。CBDオイルやリキッド、CBD単体で入っているものよりもこれらのカンナビノイドも含めたフルスペクトラム製品の方が人気が高い傾向にあるようです。

    「余分な成分が入っていてこそ」が、ヘンプ本来の姿なのです。

    同じヘンプの中の成分でもTHCとTHCVのようにまったく違う作用をするものが入ってる、不思議な植物です。

    そして、2016年に行われた実験でTHC服用中の患者にTHCV(テトラヒドロカンナビバリン)を投与すると、副作用が薄れることがわかりました。

    負の作用よりも正の作用が強く出てくる傾向にあるのも面白い事実ですね。

    *副作用、負の作用は「ハイ」になってしまうこと

    CBDの違法性の問題ナシ!だけど海外の製品から増粘剤が検出された事件知ってる?

    日本ではTHC入りフルスペクトラム製品は禁止とされてますが、世界ではCBDをはじめ、多くのヘンプ製品に人気があります。

    ちなみに、ヘンプの中の一成分といったくくりに当てはまるものなら、一緒に摂取することで結束を高めますが、気をつけたいこともあります。

    抗凝結剤や抗けいれん剤・抗うつ剤などを使ってる方、薬の効き目を変えてしまうこともあるので注意しないといけません。

    飲み合わせで危険がもたらされることがあります。

    THCV(テトラヒドロカンナビバリン)は危険などころか健康維持に役立つことが分かりましたが、

    もしもビタミンEアセテート(増粘剤)入りCBDやTHCリキッドを使用することとなったら大変なことに、アメリカにて死亡事故が何件も起きているのです。

    どの成分が入ってるか・どれが危険かなんて素人にはわかりませんよね。

    安全なものを手に入れるにはとりあえず口コミ評判も高く人気度ランキング上位にあがる信頼性のあるメーカーから買うことです。

    まとめ・THCVにリスクなし!フルスペクトラムCBDに配合されてるよ

    THCVの健康への効能をご紹介してきました。

    THCVだけの製品はまだありませんが、フルスペクトラムCBDに配合されています。

    CBDとTHCVの相乗効果が期待できるため、CBDだけのピュア系を続けるより健康維持の効果が高いことが知られています。

    フルスペは一般的に値段が高くなってしまいますが、国産のプラスウィードは値段を抑えてあるため、コアなユーザーの間でも人気の商品です。

    THCVが気になる方は、プラスウィードのフルスペクトラムをチェックしてみてはいかがでしょうか。大容量タイプのCBDリキッドと、使いやすいカートリッジタイプの2種類あります。高濃度はワックスがあります。1g1万円前後です。

    THCVを生活にとり入れると嬉しいこと3つ

    CBDと同じくらい、THCVは海外で健康意識の高い人たちに注目されている天然の成分です。

    THCVを濃縮してある「フルスペクトラム製品」を選んでおけば、CBDを単体でとり続けるより、効率よく健康維持につなげるため、ムダにならならいというメリットがあります。

    まだCBDほど知られていませんが、THCVが配合されている製品が多くみられるようになりました。

    THCVは希少性が高く、フルスペクトラムは値段が高めに設定されています。

    THCV(CBD)を続けると起こるイイこと
    スポーツの合間に一服して栄養素を摂取できる
    カンナビノイド受容体に足りない成分を補える
     整ったバランスの生活のために

    THCVを続けると以上のような反応が期待できます。日本で販売されている製品は、世界中どこを探しても簡単には見つからないような高品質なものばかりです。

    THCVを含む製品は、他にもCBGやフラボノイド、テルペンなど、まとめて摂取できるのがメリットです。

    「CBD100パーセント」と「THCV配合」どっちがイイの?

    製品には、「CBDが100%のもの」とTHCVを配合している「フルスペクトラム製品」があります。

    より効率よくカラダに必要なカンナビノイドを補えるのは後者のフルスペクトラムです。CBD100%はフルスペクトラムより栄養素が少ないのが理由です。

    ただ、コストパフォーマンスや吸い心地(飲み心地)はCBD100%の方がイイという考えもあります。

    THCV配合CBDサプリの比較してランキング化!

    それでは、THCVをたっぷり配合したCBD製品をランキングでご紹介していきます。すべてわたし自身が使ってみて、濃度や使い心地、効率の良さ、他のユーザーの評判などを徹底的に比較してランク付を行いました。

    「値段が安いから」という理由で買っても、肝心の変化が感じられないと意味がありませんよね。

    使い続ければライフスタイルに磨きがかかるサプリだけを取りそろえたので、余計なネットサーフィンをする手間がはぶけますよ。

    1位 +WEED(プラスウィード):THCV配合フルスペが低価格!

    高品質で低価格。効率よくTHCVを補えるCBDといえば、国産のプラスウィードで間違いありません。

    最高濃度60%なので、一度に吸えるTHCVの量がダントツで多い。

    濃度をごまかして、見せかけのサプリが多いですが、厳重な管理のもと国内で製造された「フルスペクトラム」です。

    また他のメーカーと比べても低価格なのも嬉しいポイント。

    定期購入だと5500円のヴェポライザー本体が無料、しかも故障した場合は交換してくれる保証つきです。

    ドンキホーテでも売っていますが、年間で言うとカートリッジが9240円オフ+送料無料なので、公式サイトを利用するのがベストですよ。

     

    THCVは「決まらない」!健康意識を変えるためのCBD

    (はじめてでも使いやすい使い捨てカートリッジ)

    レビューはコチラから

    2位 Hemp Baby(ヘンプベイビー)CBDグミ:楽天で売上1位に輝いた実績NO1のサプリ

    あとはグミも人気があります。楽天のグミランキングで1位に輝いた「ヘンプベイビー」。Vapemaniaで良心的な価格で手に入れることができます。

    Vapemaniaは東京の上野に店舗をかまえる老舗。パイオニア。

    ヘンプベイビー は2020〜2021年でイチバン売れたCBD製品の1つです。

    場所を選ばないので、タクシーの中でサクッと食べられて、しっかりCBDも感じられます。

    電子タバコの匂いが苦手な方。飲むオイルは苦くてムリって方は価格の安いCBDグミ。モグモグ食べてTHCVもちゃっかり摂取できます。

    THCV入りCBDグミはコチラ【Hemp Baby】

    送料無料のVapemania公式サイトへ)

    レビューはコチラから

     

    そもそもTHCVとは?スパイスの刺激をマイルドにしてくれるような成分

    THCVとはどういうものか、知ってますか。

    「CBD・THCは知ってるよ」と自慢げに言ってる場合じゃあありません。

    話題はもう次のカンナビノイドに移っていってるのです。

    まあ日本ではCBD普及率だってまだまだこれからといった段階、国内でなら大きな顔をしていられるでしょう。

    なので今のうち、こっそりこちらの記事をカンペに利用してくださいネ。

    THCVもカンナビノイドの一つ、ヘンプには100種類以上のカンナビノイドがありますが研究が進められる中で「THCVってけっこういいかも」っていうことが分かり、注目されはじめたんです。

    世界には当たり前にお店で売られてる国もあって、でも日本だと違法だというTHCの存在があるので「どうせうちらは仲間はずれでしょ」とひがんでませんか。THCと名前があまりに似すぎてる点もネックに、でもTHCとTHCVとは違う物質です。ほんのちょっと炭素鎖が長いだけ、分子構造も激似だけど気にしないでください。

    重要なのは、THCは違法でTHCVは合法だということだけです。

    とにかくキケンに敏感で、まゆでくるむように私たち日本人を守る超過保護な日本の政府が、「ま、大丈夫でしょ」と認めてるんですから大丈夫なんです。

    THCだって使い方を間違えなければ、楽しく毎日を送るスパイスとなってくれるでしょう。ただスパイスが効きすぎることがあるのが難点、THCVは優しく作用するハーブといったイメージで捉えたらいいのかもしれません。無くてもいいけど、合った方が日常が豊かに彩られるんじゃあないですか。なんだかんだあってストレスも多い世の中で、THCVとは何か変えてくれそうな成分です。

    街中で見かける電子タバコ、ベイプリキッドを使用してる方もいるでしょうがきっとCBDリキッド派も確実に増えてきてるはずです。

    CBDリキッドをしっかりと楽しみたいという時、THCVは活躍してくれます。だってTHCVとはカンナビノイドの一つだから、いわゆるフルスペ系というやつです。

    素人だととにかくCBDがたっぷり入ってるものをと単一タイプを選んでしまいそうなもんですが、自然界と同じ状況に・他のカンナビノイドも一緒に入れてやるとCBDは張り切ってもっと頑張ってくれます

    保険が適用されてるでもなし、それなりに高いCBDは買うのに一瞬ためらってしまう気持ちもよく分かる、でもどうせ買うなら思い切ってTHCVとかも入ったフルスペクトラム製品にしときましょう。

    THCVとは縁の下の力持ち、CBDを陰ながら支えてくれます。

    お値段は高くなるけど試してみるべきです。

    まあ、プラスウィードのCBDリキッドならば思ったほどの値段アップは無いので安心して購入できます。

    +WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

    100種類以上あるカンナビノイドの中で、THCVだからこその良さというのもあります。フルスペクトラム製品である以上、あのTHCだって入ってる可能性は大です。日本で出まわってる製品は取締法があるから税関を通るギリギリレベルまで量は抑えられてるでしょうが、海外だと知りません。

    もしもTHCならではのスパイスが効きすぎたらこまる、そんな時にもTHCVの出番です。ハーブを加えることで、スパイスの刺激がマイルドになり食べやすくなるなんてこともあるはずです。

    THCVとはそんな役割を果たしてくれるんです。

    そのことが分かったからこそ、世界から注目されはじめたのです。

    なんだか良さそうなTHCVですが、じゃあTHCV単体・それかTHCVが主成分となったリキッドはどうして無いのでしょう。

    日本はともかく、世界にはヘンプを栽培することで収入を得ているという方もたくさんいます。

    CBD製品の需要はいま世界中からですから、それに応えていっぱい生産しては成分を抽出し製品作りが急ピッチでおこなわれているんです。

    でもそのすべてのヘンプからTHCVがたっぷり摂れるのかというと、そうではないんです。品種によって摂れる摂れないの差が、THCVとは希少な成分なんです。

    とても主成分にして世界になんてことは難しいです。

    望めば作ることは可能かもしれませんがいくらかかることか、毎日の暮らしの中で取り入れようと考えるとお金持ちの道楽となってしまいます。

    THCVはアフガニスタン・アフリカなどのヘンプの品種に含まれてることが分かりました。特に高配合なのがダーバンポイズン・ピンクブーストゴッドネスなどの品種、それぞれの地域で環境の違いはあるので世界中でこれらの品種を育てるわけにはいかないかもしれません。

    でもこれからは、採取される量は着実に増えていくでしょう。

    研究も更に進められていって、もっとTHCVの良さがわかっていくはずです。

    とりあえず今は、THCVとはCBDリキッドのフルスペクトラム製品に含まれてる一成分でしかありません。

    でもTHCの副作用を抑えたりCBDの良さを引き出したり、いっぱい頑張ってくれてるわけです。今度から、リキッドの表示をみて確認してみてはどうでしょう。

    残りの100種くらいのカンナビノイドについても研究中、また違った良さがみつかるかもしれませんね。

    「CBDを摂ってたらなんだかいいみたい、THCは日本の法律で禁止されてるから気を付けて」という基本情報で止まることなく、インターネットなどをフル活用して、ぜひぜひヘンプ博士になっちゃってください。

    THCVリキッドが出来たら、いち早く取り入れるんです。

    CBDリキッド『高濃度タイプ』ベスト10選はコレだ!

    日本では禁止されている「THC」と違う?THCVは結合をブロックする作用

    THCVとTHCは違います。THCプラスVというよりも「THC5」といった雰囲気でTHCが思いっきりパワーアップしたかのような名前なんですがその逆、THCの4分の1・5分の1ほどの作用しか持たないんです。

    「だってあんな恐ろしいTHCの5分の1なんですから、それだけでも十分脅威なんでは?」と思われてるかもしれませんが、それは禁止国の日本だからこその発想です。他に禁止になっているヘロインとか覚せい剤と一緒になってませんか。

    THCは使い方を誤らなければハリのある毎日を送るのに役立ってくれるもの、だからこそ合法の国もあります。

    日本人もアルコールを思い浮かべれば分かります。気持ちよく酔ってうまくコミュニケーションツールとする方が大半です。

    でも、中には何度も失敗を繰り返したり依存症状態となる方もいるでしょう。アルコールの5分の1と言えば取るに足らない作用と分かるはず、THCと似た名前ですがTHCとは違いTHCVまで恐れる必要はないのです。だから日本でも合法です。

    ムダに怖がらせてしまう罪深い名前、そこには理由があります。

    THCと似たもの、だから似た名前が付けられているというだけです。

    CBDと似たCBN・CBCなる名前のカンナビノイドも存在します。

    何が似てるか、分子構造がそっくりです。ちょっとTHCVの方が炭素鎖が長いだけ、その分「V」という文字が付け加わっているのです。

    文字列の長さも見た目の長さもTHCVの方が勝っている、なのに身体への作用はむしろTHCの方が大きい、なかなかややこしい関係性ですね。

    THCとは違い、そんな取るに足らないTHCVがどうして最近注目を浴びてるのかというと、研究の中でその性質が分かっていく中で

    間接的にですが、我々のスムーズな生活を手助けしてくれそうということが分かったからです。

    我々人間の体への影響力はそれほどでもないTHCVですが、THCなどその他のカンナビノイドに対しては相互作用をもたらすのです。

    特に期待されているのがTHCとの関係、日本だと違法なので怖がってるだけで実際の姿をみたことがある人はごく一部だけでしょう。

    CBD(電子タバコ)は違法?買い方を間違えると処罰対象なので注意

    でも合法で身近に存在する国の方たちは、使い方を誤ってという姿だって実際に見ています。

    お酒の負の作用がなく、誰もが気持ちよく酔うだけで終わるのなら嬉しいもの、THCVとTHCの関係性においてもこういった状態が求められているのです。

    どうやら精神活性効果をもたらすCB1受容体と結合するTHCと違い、THCVはその結合をブロックする作用を持っているみたいです。

    結合できなければ身体の化学に影響が与えられることはなし、THCの負の作用が強くでることが無くなるのです。

    1970年頃よりマウスを使った実験で分かってきたTHCVの実態、2016年には実際に人を使っての実験も行われています。

    THC使用者にTHCV・あるいはプラセボを与え比較することで、陶酔感が低下することや遅れていた言語記憶が有意に減少することなどが報告されています

    THCもTHCVも人間に対して精神活性効果を持つという点では同じ、でも影響の大きさの違いがあります。

    それだけでなく、同時に摂取することでTHCの作用が強まるのではなくTHCVが抑え込んでくれることが分かったのです。

    ちなみに、CBDに対してはCBDの良さを引き出してくれることとなります。

    だってTHCVもカンナビノイドの一つ、CBDは同じくヘンプに含まれる彼らの力を借りることで相乗効果がもたらされるのです。

    THCは違法だから日本人には関係ないと思われてるかもしれませんが、フルスペクトラム系のCBD製品の中にTHCVは入っています。その他のカンナビノイドと一緒に頑張ってくれているのです。

    それに、日本人だってごくごく微量のTHCなら摂取している可能性はあるのです。

    税関における検査でも引っかからないレベルの量、さすがにそんなCBD製品までせき止められるようなことはありません。

    他のカンナビノイドも一緒に入れた方がCBDの効果が高まるんだからと、世界にはフルスペクトラム製品は多く出回っています。

    そして日本と違い海外だとTHCVだけでなくTHCも合法の国もある、まさにどれもこれも入れてのフルスペクトラムが当たり前なのです。

    そんなCBD製品でTHCならではの負の作用が出ないのは、だって100種以上のカンナビノイドの一つとして入ってるだけなんだからちょこっとしか配合されてないというのもあるでしょう。

    それだけでなく、THCVがTHCが悪さをしないようにと見ていてくれてるのもあるようです。

    人間に対する効果はちょっとでも、大切な役割を持っていることはお分かりいただけたことでしょう。

    どうやら精神作用を持つTHCと違いTHCVは逆の作用を持っているようで、革命を起こしそうです。

    ハリのある毎日を送るために、そして少しでもキレイを手に入れるためにもTHCVは役立ってくれそうなのです。

    まだまだ研究途中の成分、何よりどのヘンプからもたっぷり抽出は難しいようでとっても希少なものです。

    ですから、THCVリキッドやワックスといった製品となって我々の身近になるのはもう少し先の未来のようです。

     

    THCVのリキッドはないけどCBDリキッドはコチラから!

    (大容量のリキッド!送料無料!)

     

    THCVワックスについて・いつか製品化される日も遠くないかも

    THCVだけを含むワックスはまだ製品化されていません。でもきっとあれば飛ぶように売れることでしょう。

    ドンキホーテなどでお馴染みなのはリキッドタイプ、それを更に凝縮してジェル状になっていたり固形タイプとなったものがワックスです。

    リキッドならば高濃度タイプを選んだとしてもせいぜい20パーセント程度、一方でワックスは30から60パーセントが通常のものということなんですからどれだけ凝縮されているかお分かりいただけるはずです。

    濃度が高いほどガツンと来る、もちろん自身に合ったものを選ぶのが良いとは言え濃度が高いものほど好まれる傾向にはあります。

    ただしお値段も比例して上がっていくので、その点には注意してくださいネ。

    ワックスともなるとどれくらい高いのかと心配になるかもしれませんが、高濃度なので使用量や回数を減らすこととなるでしょう。

    ビールを毎日数本飲むのとスコッチをちびりちびりと楽しむのの違いと言えば分かりやすいでしょうか。

    スコッチタイプのTHCVワックス、気になりますよね。

    ちなみに、濃度の高さナンバーワンはなんと言ってもパウダータイプで90パーセント以上となります。

    中には99パーセントなんて製品も、どれだけのキック感が得られるのだろうと期待されるかもしれませんが思ったほどではなく拍子抜けされるはずです。

    99パーセントとなればほぼCBDのみを摂取することに、アントラージュ効果が期待できないのです。

    ヘンプから抽出されるその他のカンナビノイドも一緒に加えることで、CBDは本来以上の力が発揮できるといいます。

    とにかく効果の高いものをと求めるなら、パウダーよりもむしろワックスです。

    なのでTHCVの良さを知れば知るほど、ワックスタイプがほしいと思えてしまうこと間違いなしです。

    きっと皆さんそう思われるはずなのに、なぜTHCVのワックスは無いのでしょう。

    CBDワックスの効果まとめ༄

    ちなみに言うと、リキッドもグミもパウダーもありません。

    THCVと出会える場といえば、せいぜいCBDのフルスペクトラム系の製品の中でだけです。その他のカンナビノイドと一緒にちょこっと入ってるだけ、それが限界です。

    THCVは大変希少な成分、どのヘンプからも大量に抽出できるわけではありません。リキッドやグミが無理なんですからTHCVのワックスなんてのがあるはずもなく、今後に期待しておくしかないのです。

    ワックスでたっぷり高濃度でほしいと思われるTHCVの良さって何か知ってますか。2005年にTHCVとカンナビノイド受容体のCB1・CB2との相互作用についての調査がおこなわれ、THCVがその他のカンナビノイドが受容体と結合するのをブロックする作用を持っていることが分かりました。

    2007年にはTHCの精神活性効果の一部をブロックすることも判明、続く2016年には実際にTHC使用者にTHCVを経口投与させることで、陶酔感を低下させるなどの作用が見られたのです。

    どうやらTHCVにはTHCの負の作用を抑える効果があるようです。

    日本ではTHCは禁止されています。

    ですがこっそり使用している方がいないわけではなし、世界を見わたせば愛用者はもっと大勢いるでしょう。

    THCVワックスがあれば、THCという暴れ馬を飼いならすことも不可能ではありません。今よりももっと豊かな生活を送るのに活躍してくれそうです。

    THCVワックスは女性の味方となるかもしれません。

    身長や年齢・体質によってちょうどよい体形というのはそれぞれに異なります。

    キレイと言われるためには、それよりもむしろ痩せ気味の体形こそ望まれる傾向にあるでしょうか。

    痩せるためにはスポーツなどをしてカロリーを消費する・そして余分なカロリーを摂取しないという、当たり前のことをしてればいいだけです。

    でもそれが出来ないから、いろんなダイエット関連グッズが世の中には溢れてるのです。THCには食欲増進作用あり、医療の分野でも活用されています。

    そしてTHCVは逆の作用を持っているのです。

    THCVワックスさえあれば、効率良く成分を摂取できるでしょう。

    体形が自由自在にコントロールできる、THCVの良さがおわかり頂けたはずです。

    濃度の高いTHCVワックスはもちろん、リキッドやグミもないのでTHCVでキレイを手に入れるというのはまだ難しいです。

    ただCBDリキッドに含まれることで、THCの負の作用を抑える役割は果たしてくれています。

    カンナビノイドの一つとして、アントラージュ効果を発揮しCBDの良さも高まっていることでしょう。

    CBDは、体に備わるカンナビノイド受容体にとって必要な栄養素となります。

    そんなCBDを陰ながら支える縁の下の力持ちとなってくれているのです。

    それに、THCVワックスはありませんがCBDワックスならあります。

    こちらを愛用することで、毎日が今よりももう少しよくなったらいいですね。

    CBDについての研究が重ねられる中で、ワックスにリキッド・パウダーなどさまざまな製品が生みだされました。

    THCVもまた、ワックスタイプがいつか実現してこれらのメリットを私たち日本人も享受できるようになるはずです。

    そんな日を楽しみに、今は自力で頑張るしかなさそうです。

     

    日本でも合法のCBDワックスはコチラから!

    (国産のCBDサイトへ)

     

    THCVは「決まる」?影響力が少なく、そもそも配合量が少ないから決まらない

    THCVを使用したことで「決まる」ことはあるのでしょうか。

    THCは日本では違法とされています。なぜなら「決まる」からです。

    それって、幻覚が見えたり幻聴が聞こえたりすることだと思ってませんか。

    他の人には見えない敵の姿が見えて暴れまわったり、そんな状態をイメージしているのかもしれませんが覚せい剤・ヘロインなどと混同している証拠です。

    それよりも、お酒に酔ったような感覚になると言う表現の方が適切です。違法ゆえに日本では過剰に反応しすぎているようです。

    正にアルコールを摂取したときにだって酩酊状態は得られるわけで、経験したこともないような恐ろしい状態になってしまうわけではありません。

    THCが合法の国もある理由、納得できるでしょう。その程度は人それぞれ、どれくらいの濃度のものを摂取したかによっても違います。

    広い意味では、CBDだって体に何らかの影響が及ぼされる以上は「決まる」と言ってもいいわけです。

    THCVもTHCと同じくヘンプを原材料とする成分です。なので決まるのです。

    ただしTHCの4分の1程度の作用があるだけ、THCを使用したところで私たち日本人が怯えてたような恐ろしい症状が出てくることはありません。

    THCVは恐れるに足らずと言ってよいでしょう。

    そのため、THCVは日本でも合法です。

    THCも、第二次世界大戦の後にやってきたGHQが日本を支配するために作らせた取締法によってがんじがらめにされているだけです。

    ただ闇雲に恐れる必要なし、とはいえ現状日本では違法となっているのですから絶対に使用してはダメですよ。

    決まるとは、人の体に何らかの影響を及ぼしている状態を表す言葉です。

    THCVからの影響力は少なく、決まるかもしれませんが何しろ4分の1ですから感じないレベルでしかありません。

    それよりもTHCVがTHCに対して影響し、それが我々に反映されるといった仕組みを気に掛けた方がよいでしょう。

    たとえばTHCならではの「決まる」という作用、同時にTHCVも摂取するようにすれば薄れることが研究で分かっています。

    精神活性効果をもたらすCB1受容体にTHCが結合することで決まるのですが、その結合をブロックする作用がTHCVにはあるのです。

    THCVをうまく活用することで、THCだって安心して使用できるカンナビノイドとなるかもしれませんね。

    THCの食欲増進作用もTHCVが抑えることに、摂取することで食欲抑制作用が働くことも研究で分かりました。

    THCVは決まるにしても影響力は微力、なので合法の成分です。

    THCVは違法ではない・リスクが高い成分とは正反対の作用!

    ヘンプからTHCやCBDを抽出する技術も確立されているのですから、これらの利点を生かしたTHCVリキッドなんて製品があってもいいようなものですが、見かけたことありますか。

    残念ながら無いんです。

    ヘンプでも特にアフリカ原産の品種に少量入ってるだけ、大量に抽出して世界に発信というのはまだまだムリそうです。

    CBD自体もようやくここ数年で広まってきたばかり、ヘンプに対しては後進国の日本ですからTHCVと触れ合う機会なんて無いのではと思われるかもしれません。

    ですが、そのCBDにこそTHCVは入っています。

    その他のカンナビノイドも配合のフルスペ系のCBD製品に、カンナビノイドの一つとしてTHCVはあるのです。

    つまりは日本人が摂取するTHCVはごくごくわずかの量だけ、これで決まるはずはないですよね。

    真面目な国民というイメージが強い日本人ですが、金曜の夜ともなると仲間と飲みに行き楽しくわいわい騒いでることでしょう。

    決まるというと覚せい剤を長期使用し中毒症状となっている姿が思い浮かぶかもしれませんが、軽く酔っぱらった状態の方が正しいと分かれば身近に感じられる方も多いはずです。

    ですから品質にこだわって正しく使用している限りは、CBDもTHCVも実はTHCだって怖くはありません。

    それよりも、合法の成分でありながら何十人もの人の命を奪ったビタミンEアセテートの方がよっぽど恐ろしいです。

    CBD リキッドを使って死亡!!??【勘違いする前に】

    化粧品とか食品でお馴染みのこの成分、本来はTHCリキッドやCBDリキッドに入れられることはないはずですが少しでも成分が多く入っているように見せかけようと入れられた結果、悲惨な事件が起きたのです。

    このような小細工をすることからも分かるように、違法な製品を作っているメーカーのリキッドが原因でした。

    長くTHCから遠ざけられTHCはキケンだという教育をなされてきた私たち日本人は、THCに対して・「決まる」ということについて過剰なまでのイメージを持ってしまっています。

    そのため、違法のTHCだけでなく日々の暮らしを豊かにしてくれるであろうCBDも不安視して取り入れられずにいる方も多くいるのです。

    更にはTHCと一文字違いのTHCVが遠ざけられるのも当然のこと、ですがぜひその良さや決まるという状態の実際の姿について知っていただきたいものです。

    酩酊状態が決まるならば、アルコールを摂取することで私たち毎日のように決まってます。

    THCVについての正しい姿を知る方がふえればTHCV製品がほしいと願う声も多くなり、製品化実現への時間が短縮されることでしょう。

     

    CBDリキッドのフルスペクトラムにはたっぷり配合されてるよって話

    THCVのリキッドってないですよ。

    ふと気が付くと街でタバコを吸ってる方がずいぶん減って、その代わりに似てるけどなんかメタリックでかっこいいものを吸ってる若者が増えてたりします。

    それが電子タバコ、いい香りを楽しめるベイプリキッドを吸っているんです。

    素敵なニオイってなんか安らぐんですよね。

    アロマテラピーというと女子のイメージがあるけど、電子タバコでなら男だって堂々とたのしめます。

    でもどうせなら、喫煙することでより充実した毎日が手に入ったらイイナという方もいるでしょう。

    そういう方たちに注目されてるのがCBDリキッドです。

    ドンキにも置いてるしネットで探せば盛りだくさん、リキッドだけでなくグミとかワックス・パウダーなんかもあって種類豊富で、もっとCBDのこと知りたいってきっと思えるはずです。

    CBD リキッドがドンキホーテで売ってるけど…大丈夫なの…??

    インターネットで調べればCBD情報、いくらでもありますよ。

    リキッドの正しい吸い方・自家製リキッドの作り方、なんてマメ知識も手にはいって、THCは日本では使っちゃあだめなことも分かります。

    そしてTHCVがなんだか良さそうだぞと別のカンナビノイドにまで知識の枝葉はどんどん広がっていって、THCVも注目が高まって

    きてる成分だからこの流れは当然考えられるでしょう。

    ベイプリキッドからCBDリキッドと移行してきた方、次はTHCVリキッドを使ってみたいと意気ごんでませんか。

    残念ながらこのような製品は存在してないんです。

    それじゃあどうすればTHCVを摂取できるのか、THCVだってカンナビノイドなんですからCBDリキッドのフルスペクトラム系に配合されてますよ。

    ただし、いろんなカンナビノイドが入ってる中の一つという位置付けだから配合量はごくごくわずかです。

    THCV単体として何かいいことあるかなと効果を期待することはできないません。残念・・。

    じゃあなんで入ってるのよ?とキレないで、フルスペクトラム系だとCBD単一よりお値段も高くなるから気持ちも分かります。
    CBDリキッドにTHCVも配合されてるのには意味があるんです。

    どうやら寂しがり屋らしいCBDちゃん、一人だと本来の力が発揮できません。

    そんな彼もヘンプの時にも一緒だった仲間たち・カンナビノイドが加わると途端に強気になります。

    「横断歩道、みんなで渡れば怖くない」というすばらしい?言葉もありますが、100パーセントどころか120パーセント・150パーセントの力を出してくれて、なのでCBDのパワーを上げて、もっと毎日を良くしたいなという方はフルスペクトラム系をえらびましょう。

    中でもプラスウィードのフルスペクトラムは低価格で始めやすいですよ。

    +WEEDの効果【フルスペ系は値段が高いと思っている方は必見】

    でもそれじゃあTHCVじゃなくても他のカンナビノイドが入ってたらいいんじゃあないというご意見、確かにその通りです。

    そうなんですが、“他のカンナビノイド”というところにTHCがあったらどうなるでしょう。

    カンナビノイドがあればCBDがパワーアップするみたいだぞ、ということで世界には「とにかくどんどんぶち込め!」とあれもこれもと入れてる製品が、けっこうありますよ。

    そんな時にこそTHCVの出番!!

    2016年に、THC愛用者にTHCVを投与したらどうなるかという研究がおこなわれました。

    するとTHCならではの陶酔感が減少しました。

    言語記憶が遅れてしまってたのが記憶侵入が増加して、みごとTHCVがTHCの負の作用を抑えてくれたのです。

    まあ日本ではどんどんぶち込めとTHCがたっぷり入ったCBD製品が出回ることはありません。

    個人輸入で気がつかないままに・もしかしたら確信犯でそんなリキッドを購入したところで、税関の優秀な職員がシャットアウトしてくれるでしょう。

    ただ、税関の検査にも引っかからないほどの少量なら入ってることはあり、そんな時にTHCVもあればTHCの負の作用を抑えてくれてるから大丈夫ねと安心できるのです。

    ​THCは日本では違法だけどTHCVは合法です。

    THCを抑えてくれる頼もしい味方になるし、THCV自体は体にそんなに大きな影響をあたえることがないからです。

    過保護な国で有名な日本が「まあいいでしょう」と受けいれてるんだから安心してていいです。

    それならTHCVリキッドってなんで無いのと不思議に思われてることでしょう。

    その答えは簡単、「少ない」からです。どのヘンプからもたっぷり抽出できるわけじゃあなく、とっても希少な成分なんです。

    そんなTHCVをたっぷり主成分として入れたリキッド、作れたとしてもどれくらいのお値段となるか健康増進どころか減っていくごとに、一緒に減っていくお金に胃がキリキリすることでしょう。

    今のところは、CBDリキッドに入ってる分だけで我慢してください。

    ほんの少しだけど、縁の下の力持ちでTHCVもいいお仕事してくれますよ。

    たとえばプラスウィードのCBDリキッドなら、フルスペ系でTHCVも入ってるのにそんなにお高くないし日本製だしとおすすめです。

    日本はTHC禁止国、でも世界には合法の国もいくつもあってTHCの恩恵を受けてたり、逆に使い方を誤って困ったことになんて事例もあったりします。

    THCの負の作用を抑えてくれるTHCVがあれば、もっとうまくTHCを活用できるようになります。

    世界から注目されてるのはそのためです。

    なので、THCVが多く入った品種のヘンプの栽培も盛んになりました。

    もう少し待てば、THCVリキッドもきっとできるはずです。

     

    今はコチラの「THCVが配合されているCBD」で我慢しておきましょう!

    (大容量のリキッド!送料無料!)

     

    購入したいならTHCV配合のCBDを買おう!

    カラダに備わるカンナビノイド受容体に栄養を与えてやりたいとCBDを取り入れる方増えました。

    更にTHCVがあればもっと素敵な日々を過ごせることまでご存じならば、よく勉強してる証拠です。

    そこでさっそく、THCVリキッドとかパウダーを探そうとしてませんか。

    CBDパウダーを3週間使い続けるとどうなる?体験レビュー

    それならあと一歩調べが甘い、THCVだけの製品ってまだ売られてないんです。

    アフリカとかを原産国とする品種に少量入っているだけの希少な成分だから、主成分として製品化して世界に出まわるまでは至ってません。

    日本に居ながらにしてTHCVを摂取したいというならCBD製品を買いましょう。

    CBD単一ではなくフルスペクトラム製品をえらぶこと、そうすれば配合されてる成分の中にひっそりと「THCV」の文字を見つけられるはずです。

    すでに購入した製品の中にこの文字を見つけてドキッとした方もいるかも、あの「THC」が連想される名前だからです。

    それもそのはず、THCVとTHCはほとんど同じ分子構造をしています。けど安心して、THCVは合法なんで購入して使っても逮捕されるようなことはありません。

    人間への効果はTHCの4分の1ほど、取るに足らない存在というわけです。

    ただしこれは対人間という場合に限ります。

    2016年にTHC投与中の患者を対象とした実験が行われました。

    彼らにTHCVも投与し、どう作用するかの研究です。

    すると二つが合わさることで負の作用が抑えられ正の作用が強く出てくることがわかったのです。

    具体的には、ハイになる作用が薄まった・遅れた言語記憶が減少した・記憶侵入が増加したといった報告があります。

    日本には取締法があるからTHCは入っていてもごく少量、税関の審査を通過するレベルですよね。

    でも海外だとTHCも含めてのフルスペ系が当たり前、そんなCBD製品を体に害を成すことなくうまくとり入れられたらいいなという願い、THCVはかなえてくれることでしょう。

    THCVだけの製品はないけどTHCV入りCBDを選ぶことで素敵な毎日が送れるという意味、お分かりいただけたでしょうか。

    日本製じゃないととこだわって選ばない限りは日本で購入できるCBD製品にもTHCはちょっとは入ってるわけで、日本人だって知識があればTHCVの名に安心感を覚えるはずです。

    THCVも含めていろんなカンナビノイドが入ってるフルスペ系のCBDリキッド、CBD単一よりもお値段が高めで購入しようかどうしようか、迷ってたりしませんか。THCVは、というよりカンナビノイド全体に言えることですがCBDに対しても大きな効果をもたらします。

    同じ濃度のCBD製品、アイソレートとフルスペクトラムを両方試してみたらすぐに分かります。

    フルスペの方がガツンと来るんです。アントラージュ効果というやつです。

    CBDの良さを引き出してくれる、これは同じヘンプから取れたカンナビノイドじゃあないとだめです。

    ビタミンEアセテートなんて配合されたCBD製品なんて絶対にダメ、知ってますか。これのせいでアメリカで何十人もの方が亡くなったんですよ。

    何でもかんでも入ってればいいと思わず、ここでも正しい知識が必要となってくるわけです。

    「ビタミンE」なんて名称に騙されてる場合ではありません。

    THCVは名前は怖いけど恐ろしい作用が起こる心配はなし、ぜひこの成分がはいったCBDを購入していただきたいものです。

    プラスウィードのCBDリキッドとかなら、お値段も手ごろで品質も抜群ですよ。

    THCを摂取することで、人は強い空腹感を感じるそうです。

    マンチと呼ばれるこの作用、患者の食欲増進のために役立てられてます。医療面では役立つものの、余分なカロリーを摂取しすぎると体重増加に繋がり糖尿病などの病気を引き起こす原因となってしまいます。

    そこでぜひTHCVを、逆に食欲を抑制する作用を持つことも研究で判明しています。

    構造は似ていても真逆の存在、不思議な関係です。

    がん患者はTHCVを含むCBD製品を使用しないよう、推奨されているそうですよ。

    健康な毎日を維持するために、美しさを手に入れるのにも体重の増減を管理できることは重要ですね。

    飽食の時代ですから、どちらかというと痩せたいという方の方が多いのかもしれません。そういった意味でもTHCVは注目されているのです。

    ただCBD製品を購入し摂取することで得られるTHCV程度では、体型に影響を及ぼすようなことは残念ながらないでしょう。

    せいぜい現状が維持できればいいなという程度です。

    世の中にいったいどれだけのダイエット関連のグッズがあることか、女性を中心に多くの方が注目してる分野です。

    これからTHCVについての研究は更に深められ、THCVリキッドも作られるかもしれません。

    そうなれば、体重の増減が労せず得られる時代がくるかもしれないのです。

    今のところは、CBDに含まれてるTHCVはほんの少し、希少性ゆえに継続してある程度の量を摂取し続けることはまだ不可能です。

    でもTHCVが入ることでCBDの健康増進効果が高まってることは確かです。

    日本でも合法、これからはCBD製品を手に入れようと思ったらTHCV入りのものを選んで購入することをおすすめします。

     

    THCV配合のCBDで健康への意識を変えてみたい方はコチラ!

    (プラスウィード公式サイトへ)



     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ