THCVは「きまる」?ほんのわずかしか入っていないのでリスクなし!

    THCVを使った場合、「きまる」のでしょうか。

    THCを摂取すると、ついさっきご飯をたべたばかりなのにまたおなかがすいてきてたべたくなってしまうそうです。「マンチ」という名の食欲増進作用が働いている状態です。

    脳の病気によっては性格が変わってしまい、すっかり怒りっぽくなった・仕事をするうえでのミスが多くなったなんて例もあります。どんなに禁煙しよう・もうやめようと思っても、タバコやアルコールがやめられなくなる依存症だって同じく自分の意志で脳を動かせなくなってる状態といえるでしょう。

    ココロというのは心臓・頭の中、どこにあるのでしょうか。

    それを守りとおすことは思ったほど簡単なことではありません。

    人格を変えてしまうのでは、そんな恐怖心から日本人はTHCを遠ざけます。

    でも一方で合法の国だってあるんです。

    「きまる」という状態とは脳があやつられている状態のことなのか、そしてTHCVでもきまるものなのでしょうか。

    THCVは「きまる」?THCの4分の1程度の作用しかもたらさない

    それを使用することで精神的に作用をうけた状態が「きまる(=キマる)(=決まる)」です。

    広い意味でかんがえればお酒をのんでよっぱらった状態だって「きまる」、ただふつうはTHCを使ってつよい陶酔作用がもたらされてる状態をさす言葉となってます。「ハイになる」「ラリる」「ブリブリ」「飛ぶ」といった表現方法も、日本だとTHCは違法ですから直接みたことがある方はほとんどいないでしょうが、知識としては知っているはずです。

    THCVは違法ではない・リスクが高い成分とは正反対の作用!

    このきまる状態になったらどうしようとTHCと似た名前のTHCV・そしてCBDに対してもこわがってるんです。

    でも、どちらもきまることはありません。

    安心してください。

    CBDを使うことで、健康を維持する作用は起こります。

    お酒をのんだ時だってそう、ふわふわとしたその感覚を「きまった」というならそうなのでしょう。

    でも自身でコントロールできないほどではありません。

    せいぜい車の運転をさけるようにする程度、180度まわりを気にしながら常に精神をはりつめた状態でおこなわなければならない運転をふわふわぽやぽやとなったままやってたら、事故が起こってもフシギではないからです。

    CBDの製品によっては仕事中もやめといた方が、大切な会議のときに眠気がおそってきてスヤスヤ眠ってるなんてことをしたらリストラ対象となってもおかしくはないのです。

    THCVでもきまる・つまりなんらかの精神作用はあるのでしょうか。

    THCVリキッドとかグミなんてドンキホーテはもちろん、インターネットで探してもみかけたことはないでしょう。

    目にするとすれば、フルスペクトラム製品のラベルの表示の中でです。

    THC・CBDと同じヘンプのカンナビノイドの一つ、100種類以上ある中の一つに過ぎません。

    メインはTHCでありCBD、THCと名前が似てるから注目して怖がる方がいるだけでほんのわずかしか入ってないんです。

    まあ、致死量がたったの0.0000001グラムの毒だってあるそうですから油断はできませんが、THCVはTHCの4分の1・5分の1の作用しかもたらさないというので安心していいです。

    THCVは人間に精神活性効果をもたらす・つまりきまる、でも低い作用なので気にすることはないといった結論です。

    キケン度が低いことは法律面で見てもわかります。

    THCはもちろん違法、でもCBDもそしてTHCVも合法となってます。そもそもおそろしい作用をもたらす成分を、日本の国がとり入れようなんて絶対にしませんよね。

    作用は低いけれどきまるということになると、どのような状態となるのか気になるはずです。

    THCを摂取することでお腹がすいてくると言いました、でもTHCVはその逆でTHCをブロックして食欲抑制作用をもたらすのです。

    おいしいものを食べた後の満腹感も抑えるそう、飽食の今はダイエットを考える方の方がむしろ多いです。

    THCVをうまく活用することができれば摂食障害改善にやくだつかも、THCVできまる状態がつくられることを望み研究をしている人たちも多いです。

    ほかにも、血糖の調整や抗炎症作用などのメリットもみつかってます。THCVリキッドやグミが作られる日のそう遠くはない、と期待していることでしょう。

    ただどうやらほんのわずかしか取れない希少なもののようで、だからこそ研究はもちろん単体で商品化までの道のりがまだまだといった状態なんです。

    きまるというのは何らかの精神作用があったということで捉えれば、私たち日本人のまわりにもきまる成分はさまざまあります。

    THCと同じくカンナビノイド受容体に作用をもたらすかどうかで分類すれば、CBDももちろんアルコールやニコチンも候補から落とされます。

    THCVは残るのですが、何しろ抽出される量が少なくはいってるといっても他のカンナビノイドと一緒にごくわずかだけです。

    そもそも作用がわずかの成分、メインであるCBDに相乗効果をもたらす役割をもってるだけで、それがはいってるからきまるなんてことはありません。

    THCVの名にぎょっとして使うのをやめるなんてことは無いように、でもちゃんとラベルチェックしてるのはいいことですよ。

    ちなみに、THCって依存性とか中毒性はアルコール以下なんです。

    THCも正しく使えばきまると言ってもそんなに怖いものじゃあなし、なので海外には合法の国もあるんです。

    まあ日本では違法なので、キケン度が低くても使っちゃあだめです。

     

    関連記事:

    THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

     

    (Visited 315 times, 4 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ