THCVは違法ではない・リスクが高い成分とは正反対の作用!

    THCVも違法成分の一つなのでしょうか。

    そもそも、取締法という法律が出来たのは戦後すぐのことです。

    日本にいたアメリカ人兵士がきちんとお仕事をするように・生活や宗教など様々な部分で利用されてるヘンプを日本人から奪い取ることでちょっとは力を弱められるんじゃないか、そんな様々な思惑からマッカーサー率いる連合国軍最高司令部が制定し、そのまま現代に続いてるんです。

    フルスペクトラムといった形でTHCも入った製品を作り出し、それを使ってる方もたくさんいるんですから使い方さえ誤らなければ危険なだけの成分ではありません。カナダなど合法の国もあり、ただ日本だとTHCは栽培も制限されてるので研究が出来ない。

    だから本当に安全かどうかの実験もできない、なので違法じゃないと強く推すことも出来ずといった八方塞がり状態を続けてるに過ぎません。

    小学校とかでも危険なものといった教育がなされていて、なかなか意識を変えることは難しいでしょう。似たような名称であるTHCVに対しても苦手意識が発揮されるのではないでしょうか。

    ただし、こちらは合法です。

     

    THCVは合法!手軽に始めてみたい方はコチラへ!

    (ドンキにも売ってるプラスウィードの公式サイト)

     

    THCVは違法ではない・遅れた言語記憶の有意な減少と記憶侵入の増加が見られた

    THCとCBD、同じく3文字です。

    THCとTHCVもVが加わるかどうか、でも違法と合法真っ二つに分かれるので注意してください。

    なぜTHCVは違法じゃないのか、危険度が少ないからです。

    THCに関しては勝った敵国からの圧力で制定された法なので日本国の意志は入ってません。そちらは例外として、普通は日本の国に取り入れることでどういった弊害が起こるのかが法律の基準となるでしょう。

    危険度が低いTHCVまで違法にする必要はないんです。

    だって似た名前だしと思われるかもしれませんが、THCVの方はTHCの4分の1の効果しかありません。

    含まれてる量だってほんのわずか、THCをこわがってる日本人だってさすがにこれは怖がる必要なしと思えるでしょう。

    ライオンや虎などの猛獣が4分の1サイズになったら、可愛らしささえ感じられるはずです。

    THCと同じく精神への作用があって、でも気にするレベルではなしと判断されたので合法となったわけです。

    名前が似てるのはいくつかの類似点があるから、どちらも我々の身体の特定の受容体・CB1とCB2に影響を与えるのです。

    でも全く同じで強弱の差があるというのではありません。

    むしろ、危険度が高く違法なTHCとは正反対の作用をTHCVがもたらしたり、同じヘンプ由来の成分なのに面白いことです。

    THCVがTHCをブロックする受容体拮抗薬となることあり、THC使用者にこそ使っていただきたい成分だったりもします。

    恋わずらいでやつれてしまうことも、精神が弱ると食欲が無くなってしまうこともあるでしょう。

    重要な会議・発表会を前にご飯がのどを通らないという方も、そんな時にCBDのリラックス作用で食欲が取り戻せたりしますがTHCはより強い食欲刺激の効果があります。

    すでにご飯を食べているのにお腹がすく、それだけ強い影響力だからこそ日本では使用を止められるんですが、もしも手術後などでちゃんと食べて栄養を補給しないとダメなのに食べられずにいる方にはお薬となるでしょう。

    医療用としてのみは違法とはみなされないといった国が多いのもそのためです。

    それではTHCをブロックするTHCVはどのような働きをするか、食欲抑制するのです。栄養補給だけでなく美味しいものを食べることで得られる満腹感を求めてついつい食べてしまうといった方もいるでしょうが、それを抑える作用も持っているようです。

    痩せてガリガリの方にTHCVを投与したら危険、でも飽食の時代の今は逆に食べ過ぎて肥満になってしまってる方の方が多いんじゃないでしょうか。

    太りすぎは糖尿病などさまざまな病気をもたらす危険なもの、THCVで無理なくダイエット出来たら万々歳です。

    というわけで、危険などころか夢のお薬となるのです。危険な作用も少ないし、THCVが違法とはならない理由お分かりいただけたでしょうか。

    実際に、THCとTHCVを使っての研究も行われています。

    THCを使用している10人の男性に、片方はTHCVも経口投与させもう片方にプラセボを同じく与えたのです。

    そして10日間、それぞれの精神活性レベルを比較したところTHCVを投与した側は遅れた言語記憶の有意な減少と記憶侵入の増加が見られました。

    陶酔感低下の報告もあって、見事THCの負の作用にTHCVが打ち勝ったのです。

    糖尿病患者に投与することで血糖の調整もできます。

    筋肉管理や神経の保護、骨の保護と成長・抗炎症作用、THCVは様々なメリットも持っています。

    こういったメリットを享受するためにも積極的にTHCVを摂取した方が良いのか、そうとはまだ言い切れません。

    残念ながらまだTHCVがどのような精神活性を起こすのか、詳細な研究はまだ行われていません。

    これから更に多くの研究者に注目されてより多くのメリットが見つかるまでは、少なくともTHCと似た名前だから違法なのではとむやみに怖がることだけは避けて、静かに見守っていることにしましょう。

    無いとは思いますが、THC以上に恐ろしい副作用とか見つかったら大変です。

     

     【違法ではない】THCVを美味しく摂りたい方はコチラ!

    (ドンキにも売ってるプラスウィードの公式サイト)

     

    で、THCVは合法?海外製でも信頼できるルートなら大丈夫!

    THCとよく似た名前のTHCV、でもちゃんと合法ですから安心してください。

    買ったCBD製品、ちゃんと裏の表示を見てなにが入ってるか確かめてたことありますか。

    日本の法律だと禁止されてるTHCも配合されてるじゃないと驚いてる方、ほんのちょっとだったら税関検査で引っかかることはないんです。

    取りあえず、海外製でも信頼できるルートを使って取り寄せたものならば大丈夫です。

    「なんでTHCが入ってるのよ!!」とクレームを付けるのは無知を広めてるようなものなんで、恥ずかしいからやめておきましょう。

    世界にはTHC入りCBD製品がどれだけ多いことか、100パーセントダメと徹底してると日本のCBD界はいつまで経っても発展していきませんよ。

    どんなにちょっとでもTHCは嫌だというなら、日本製とか日本向け製品を作ってるメーカーを選ぶという手もあります。

    日本人が過敏になりすぎてる部分はあって、THCが合法の国だってけっこうあるんですけどね。

    THCは全くはいって無いものをと安全性に気を配ってる方なら、きっとちゃんとラベル確認もしてるはずです。

    そして、「THCは入ってないって言ったのに!!」と怒りが爆発してませんか。

    よく見てください、THCじゃなくてTHCVですよ。

    日本の法律で合法なので、日本製CBDリキッドでも入ってて当たり前なんです。

    それほどこだわらずCBD選びしてた場合にはTHCもTHCVも両方の名が並んでることもあるでしょう。

    何の気なしに眺めてて発見した時、青くなる気持ちも分かります。

    でも税関で摘発されない量のTHC、そして日本では合法というTHCVなのですからなにも怖がる必要はありません。

    THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

    THCにTHCV、名前が似てるのも当然で分子構造がほとんど同じ成分です。

    でも全くの別物です。

    世界には、ハッピーに暮らすのにTHCを活用している方いますよね。

    そして日本でも一部の方が活用していて、ただ実はこの成分ちょっと元気すぎるかな・やりすぎかなってところもあるんです。

    それを抑えてくれるのがTHCVの役目というわけ、暴れ馬を乗りこなして自分自身は控えめなこの成分まではさすがの日本も「ダメ!!」というわけがありません。

    日本はようやく「CBDっていいかも」、なんて言い出してる段階なので知らないかもしれないですがTHCVブームはすぐそこまで来てますよ

    ヘンプから抽出されるカンナビノイドは100種類以上、その中でぜひ注目しといてほしい成分です。

    THCVは合法です。

    なのに、扱いが地味じゃあないですか。

    「CBD」リキッドとかいう冠製品があるわけではなし、CBDリキッドの一成分といった場所でしか見ることができません。

    誰もが目をやるでもない場所にひっそりと隠れるように入った「THCV」の文字、怪しげな雰囲気がただよってきますね。

    でもしょうがない、主役を張るにはあまりに希少すぎるんです。

    違法だからこっそりとうがった見方はしないでくださいね。

    注目され始めたのもごく最近のこと、これからどんどんTHCVがたっぷりの品種が育てられて生産量が増えていって、いつか表舞台へとのし上がってくることでしょう。

    それまでは縁の下の力持ち的活躍をひそかに応援してやってください。

    CBDリキッドのラベルを見たからこそ、「THCも入ってるわ」とか「THCと似た名前の成分が配合されてるけど大丈夫なのかしら」とヤキモキしてしまったのです。

    心臓に悪いし見るのはやめようという結論には至らないことです。

    ぜひとも、THCVを含めCBDに関連するいろんな情報(合法か違法か・どのように使用すればよいのかなどなど)調べる機会としてください。

    やっかいなことに、合法で化粧品とか医薬品・食品なんかに当たり前に入ってるのにリキッドで摂取したら呼吸器系に重篤な症状を与えるなんて成分だってあります。

    それがビタミンEアセテート、アメリカでは何十人も死亡事故も起こってます。

    化粧品とかだと大丈夫、保湿効果も与えてくれるいい成分ということで普通に出回ってるものが使い方を変えて肺から吸いこむと毒になるというのは恐ろしいことです。

    この出来事は世界中に知れ渡ったのでこれ以上はビタミンEアセテート入り製品は生産されてないはずですが、すでに出回っているものをすべて回収することなど不可能でしょう。

    違法で悪質な製品にこそ含まれてる成分なので、この事件を教訓にするどころかまだまだ生産を続けてる可能性だってあります。

    健康な毎日を送れるようにと取り入れたものでキケンな状態となってしまわないよう、品質にこだわり自分がどんなものを体内に入れようとしてるのかきちんと確かめる行為は必要です。

    それにしても、THCVはTHCと似た名前だからと遠ざけられる傾向はあるでしょう。

    ビタミンEアセテートはビタミンEが入ってるならなんだか健康増進に良さそうとついつい手に取ってしまうかも、正しい知識を持ってないと誤った選択をする場合だってあるのです。

    正しい行動と知識の両方があって、自分を守ることはできるのです。

    とはいえ、中身と外のラベル表示が違うなんていうイカサマ製品まであるのですから恐ろしいことです。

    どんなところからCBD製品を買うかは重要です。

     

     

     【合法!】THCV配合のリキッドはコチラ!

    (ドンキにも売ってるプラスウィードの公式サイト)

     

     

    「THCV入りのCBD」のランキングはコチラから!

     

     

    (Visited 651 times, 3 visits today)
     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ