THCVは違法ではない・リスクが高い成分とは正反対の作用!

    THCVは合法ではなく違法」、だから排除すべしと思ってはいませんか。

    完全なるデマです。

    電子タバコを利用する方、街中で見かけることが多くなりましたが、

    ニコチンタバコと違って健康を害するような成分は入っておらず、むしろベイプリキッドの代わりにCBDリキッドを吸引するようにすれば健康に対してプラスの効果が得られるほどです。

     

    THCV配合の喫煙用リキッドの詳細を見てみる

    (ページ下へスクロール)

     

    THCVは違法ではなく合法!デマが広まるその理由とは

    CBDについて取り上げたネット記事も増え、「どちらもヘンプ由来の成分ではあるもののTHCは危険だけどCBDは大丈夫」といった正しい情報も広がっていっています。

    ただ一方で「THCVも危険、日本では合法ではなく違法」というデマ情報に惑わされる方も、THCとTHCVが一文字違いだからこそのカン違いですね。

    「V」が付くか付かないかで大違い、THCVは違法ではなく合法ですからCBD製品に入っていても気にせずご利用ください。

    そもそもCBD製品自体に対しても「危険・排除すべし・近づくべからず」なんて思っている方、まだまだ多かったりはします。

    日本人のヘンプに対する嫌悪感はかなりのもので、原因は「取締法」。第二次世界大戦後すぐの頃にできました。

    あのマッカーサー元帥率いる連合国軍最高司令部の制定したものです。

    それ以前は、日本でもごく普通に栽培されていたワケなんですね。

    でも危険なものだったから「日本人を守るためにマッカーサーが立ち上がってくれたんだ」「THCVも合法ではなく違法にして正解だ」なんて思うのはちょっと違うかなって思います。

    確かに戦後、日本は近代化に向けて大きな発展を遂げました。

    そして今の日本があるわけですが、むしろ日本人の力を弱めようとして取締法を作ったのです(諸説アリ)。

    CBDやTHCの原料となるヘンプは、衣類とか帆布・漁網など日常に欠かせない製品の原料でもあるのです。

    石鹸や化粧品にだって使われていますし、インクや燃料などの工業製品からチンキ・オイルといった医薬品にも、ヘンプの花も茎も根っこも余すところなく利用されているのです。

    お盆の送り火に神事と宗教関連でもお馴染みです。

    CBDオイルなど口に入れるなんて危険だと思われているかもしれませんが、七味唐辛子には麻の実が入っていますよね。

    昔から日本人の暮らしに溶け込んでいたヘンプを自由に栽培し利用できなくすることで力を奪ってやろう、取締法にはそんなGHQの思惑があったのです。

    そんな法律が現代社会にも変わらずあり続け、違法のTHCだけでなくCBDやTHCVといった合法の成分まで遠ざけようとする日本人の心を生み出しているのですから、皮肉なものです。

    同じヘンプでも違法と合法の成分がある!

    もう一つ皮肉なことに、そんな法を作り出したマッカーサーの生まれたアメリカではTHCすら合法としている州だってあったりします。

    お酒やたばこと同じ、誤った使い方をしなければ決してTHCだって危険なだけの成分ではないのです。

    ですが栽培すら制限されている日本では安全であることを確かめる研究もできず、なので取締法を覆すことも難しいといった八方塞がりの状況にあるようです。

    取りあえず、今の日本では危険かどうかはともかくTHCは違法と定められているので法律を守るようにしましょう。

    安さだけを選択基準に、個人輸入などで取りよせたCBD製品だと違法成分が入っている可能性が高まります。

    THCが違法という日本の法律を守って合法なものを手に入れるためにも、口コミ評判なども参考にしながら取捨選択することです。

    その際、THCVは違法との定めはありませんから入っているもの・入っていないもの気にせず購入し利用されて大丈夫です。

    THCと一文字違いのTHCV、そしてTHCとCBDは同じく3文字となっています。

    似たような名称を付けて、それで合法違法と分けられてもややこしいと混乱する気持ちは分かります。

    ただ実はこの3つだけではなく、ヘンプには更に100種類以上のカンナビノイドが含まれているのです。

    ヘンプに含まれる特有成分、それがカンナビノイドでありCBEにCBL・CBT・CBNDなど似たような名前のオンパレードです。

    THCVだけでなくこれらも違法か合法か気になるところでしょうが、実はまだまだ研究段階にあるものばかりで人間に対してどういった作用をもたらすか不明です。

    タイプ別に分類するもそれが不可能な未分類だけでも20種類以上あったりして、カンナビノイドについての研究はこれからも進められていくことでしょう。

    カンナビノイド類に加えてテルペン類・フラボノイド類などを合わせたら化合物は500種類以上含有されていて、大変奥深い植物であることはお分かり頂けたでしょうか。

    徳川の何代目が誰か・世界史の一世二世、暗記系で学生時代に苦労した方にとっては頭の痛い限りですが、取りあえず今はCBDとTHCVが合法でTHCは違法ということだけ覚えておきさえすれば大丈夫です。

    これから研究が進めばその他の成分に対する注目が集まることもあるかもしれません。

    更にややこしくはなりますが、CBDよりももっと我々の健康に良い効果をもたらしてくれる成分が見つかるかもしれないのですから、楽しみなことです。

    しっかり「成分内容」を確認しないと痛い目にあうかも

    合法であるはずのTHCVを違法製品を取りよせてしまったと大騒ぎするのは困りものですが、中にどのような成分が入っているかCBD製品の裏の表示を見て確かめる姿勢そのものはすばらしいことです。

    日本で栽培が許されていない以上は海外製を取りよせることとなるものの、THCが合法の国のCBD製品だと当たり前にTHCが入っていたりするからです。

    THCかTHCVか、よく確認することをおすすめします。

    ちなみにTHC入りとあってもとにかくその配合量が微量であれば税関で引っかからないままに我々の手元に届くこともあります。

    THCVかTHCか・合法か違法かと言う前に、怪しげなルートから購入の製品の中には成分表示と中身が別ものといったものが売られていたりもするのです。

    当然ながら、そういったものは粗悪な材料が使われていることも多いです。

    違法製品を取りよせたからと逮捕されるだけならまだ良い方、どのような健康被害を受けるかも分かりません。

    自身の身体を守るためにも信頼性こそを第一ポイントに選ぶことです。

     

    THCV配合の喫煙用リキッドの詳細を見てみる

    (ページ下へスクロール)

    THCは違法、ですがTHCVは合法です。

    日本と海外で法律は異なりますし、リスクの高い製品が売られていることも多いのでCBD製品購入前によくお勉強しておくことをおすすめします。

    正しい知識があれば、THCVは違法といったデマに振り回されることなどありません。

    THCVってこんな成分・CB1・CB2という受容体に影響

    合法な成分なのに違法と間違われることの多いTHCVですが「似た名前で紛らわしいのが悪い」と思うかもしれませんが、理由があります。

    THCVとTHCでいくつかの類似点があるからこそなのです。

    やはり危険なのではと怖がらなくても大丈夫、だってTHCVはTHCの4分の1の効果しかありません。

    どんな作用があるとしても、4分の1なら身体にもたらされる影響力は少ないですよね。

    合法だというならCBDリキッドのようにTHCVリキッドあっても良いはず、それが無いからこそ知名度が低く見つけた時に驚かされるんだという思いもあることでしょう。

    実は日本だけでなく海外でも、THCVリキッドなる商品は売られてはいないのです。

    なぜならヘンプにほんのわずかしか含まれていない成分だから、製品として流通させるだけの量を集めるのが難しいわけです。

    効果も低いし抽出される量も少しだけ、CBD製品に貼られた成分表にTHCVの文字が見つかったとしてもちょこっと配合されているだけでしょう。

    合法か違法かなんて大騒ぎしなくても良さそうです。

    THCVとTHCの類似点として、CB1・CB2という身体の特定の受容体に影響を与えるというのがあります。

    THCだと影響力は大、使い方を誤ると大変なこととなってしまうため違法とする国が多いわけです。

    THCVとTHCは似ているけど、正反対の作用も

    ところで、THCVはTHCの弱小版という認識は正解ではあるものの決してそれだけではない事は知っておいてください。

    正反対の作用をもたらすこともあり、THCVはTHCの受容体拮抗薬としての効果を発揮したりもします。

    アントラージュ効果を狙ってフルスペクトラム系のCBD製品を利用されている方も多いはずです。

    カンナビノイド類は、種類が多いだけでなく同じくヘンプ由来の成分なのに正反対の効果を示したり互いに影響しあったりということも、研究が進まないのも当然の複雑さを持っています。

    THCVは合法なのに遠ざけるのはモッタイナイ、むしろ違法のTHCを使用している方にこそ使っていただきたい成分だったりもします。

    気持ちをリラックスさせてくれるCBD、緊張が高まっていたり思い悩んでいたりして食欲が落ちてる時に使ってるという方もいませんか。

    CBDリキッドを嗅いだ後は心が落ち着き、食欲が取り戻せたでしょう。

    日本では禁止されているTHCはというと精神作用があったりCBDより強烈で、人体への影響力の大きさはかなりのものです。

    THCが戦後からずっと違法のまま、日本で合法になることが無い理由はお分かり頂けましたか。

    手術後、しっかり体内に栄養を取り込まねばならないのに食べられないなんて時には良い効果をもたらしてくれることも、THCを違法としながらも医療用としては合法にしている国も多いのはそのためです。

    違法のTHC利用者にTHCVを使っていただきたいのは、THCVが食欲抑制の働きを持っているからです。

    食欲抑制というTHCの働きを妨げます。

    食べたいのに食欲が出ないといったケースよりも、むしろダイエットを望む方の方が今の世の中だと多くはありませんか。

    違法のTHCと違ってTHCVは合法で危険な作用も少ない、そういった意味でもTHCVは今注目されてきています。

    THCVの研究が進めば、体重を自由自在にコントロールできるようになるかもしれません。

    肥満や糖尿病といった病気が減り、ダイエットすることへのストレスも減るでしょう。

    うまくいけば、夢の薬となりそうです。

    この情報を知り、THCVを遠ざけていた方々もむしろTHCVが入ったCBD製品こそを摂取しようとされているかもしれません。

    合法の成分ですから、その行為は決して後ろ暗いことはなく逮捕につながるようなことは無いでしょう。

    ただ、無意味ではあります。

    だってCBD製品の中に入っているTHCVの量はほんのわずか、そもそもTHCの4分の1の作用しかもたらさないような成分なんです。

    違法ではなく合法だからと大量摂取したところでどれだけ体重に影響を及ぼしてくれるでしょう。

    それよりかは、お金が無くなりご飯がまともに食べられず結果的に痩せられるといった可能性の方が高いかもしれません。

    それに副作用の危険性の低いCBD製品ですが、大量に体内に取り入れるのはあまり良い事とは言えないのです。

    特にTHCVは積極的に摂取して、どういった影響が及ぼされるか・精神や身体がどうなるか詳しい研究はまだまだ、自身が実験体となって世の中に貢献しようということならともかく、「ダイエットできるかも」という安易な気持ちで使用するのはやめておいた方が良さそうです。

    THCと一文字違いのTHCV、名前は似ているけれどそれぞれ日本では違法・合法と正反対の取り扱いであり要注意な成分です。

    そしてCBDリキッドとありながらも、フルスペクトラム系で中にTHCも入って売られていたりといったことも起こりえます。

    次第に利用者が広がるCBDの世界、すぐそばに危険があるので注意は必要です。

    信頼できない製品に混入している「ビタミンEアセテート」

    ところでビタミンEアセテートというのを知っていますか。

    「ビタミンE」と言う名称からなんだか身体に良さそうといったイメージがありますね。

    化粧品とかに配合されてるのを見たことがある方もいるでしょう。

    だからこそCBDリキッドに入っていても特に気にせず使用して、その結果アメリカにて何十人もの方が亡くなっています。

    THCVと同じく違法では無く合法で化粧品だけでなく医薬品・食品にも使われていて、ただリキッドとして摂取した場合に限り危険な存在となってしまう成分です。

    増粘剤としての効果が、肺から吸いこむことで呼吸器系に重篤な悪影響を及ぼすのです。

    これもまた名称だけで良い悪いを自己判断してはならないという、良い例となりそうです。

    お仕事が忙しくてストレスも溜まる毎日、リラックス効果を求めてCBD製品に興味が湧いたのに、カンナビノイドが100種類以上あるとか似たような名称で合法違法・安全かと思った成分が死に至るほどの危険性があって、これだと全然気が抜けないじゃないと思われていませんか。

    口コミ評判などを確認し、信頼性の高いサイトを見つけ出してください。

    あくまで日本人からの評判を見ること、THCが合法の国の口コミだと日本の法律に引っかかるものを選んでしまうこととなるかもしれません。

    優良サイトのCBD製品であれば、合法のTHCVは入っていても違法なTHCが大量に入っているようなことはないです。

    当然ながらビタミンEアセテートもなく、良い効果だけ得られることとなるのです。

    個人的には、コスパも抑えられて続けられる、国産のプラスウィードが好きですけどね〜

     

    ↓プラスウィード公式サイト↓

     

    THCV配合【濃度60%!!!】のCBDリキッドはコチラ!

     

    THCVはコチラの記事も人気でーす↓

    THCVは「きまる」?ほんのわずかしか入っていないのでリスクなし!

     

    (Visited 4,463 times, 21 visits today)
     

    ↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓コスパでフルスペクトラムを選ぶなら↓

     

    ➡️ プラスウィードの効果レビュー