ヤクモソウはTHCの代わりになる?漢方薬局だと50gで400円!

    THCは日本では違法です。

    その代わりとして知られてるものと言えばやはりCBDでしょう。

    ところでヤクモソウってご存じですか。

    それにホワイトセイジ、実はCBD以外にもTHCの代わりになるもの結構あるんです。

    いずれも合法、危険なものを敢えて入手しなくても十分代用できます。

    一般的なのはCBD、THCと同じくヘンプを原材料とする成分ですから似かよった部分が多いのも当然です。

    リラックス効果や食欲増進といった効果が得られて、THCほど強い副作用がないので続けても危険がない、日々の生活に嫌気がさしてというならまずこちらから試してみましょう。

    ドンキホーテに行っても購入できますし、インターネットで調べればもっといろんな製品が見つかります。

    THCなんかよりはよっぽど安価で、でも決してすごくお買い得な製品じゃあないから躊躇してしまうのかもしれません。

    歴史の浅い成分だからこそまだまだ研究段階だったりします。

    その点、ヤクモソウは古くから漢方薬として用いられてきた歴史を持つので安心感がつよいでしょう。

    英語名はマリファニヤ、小さなマリファナを意味しておりTHCの代用品としてピッタリなんです。

     

    コチラのCBDも代用品として十分です!合法だし

     

    ヤクモソウはTHCの代わりになる?それならCBDとお酒がイイかも

    メハジキという日本語名ならご存じの方も多いでしょうか、まぶたにはめて目を開かせてあそんでたことが由来となってます。

    北海道南西部から沖縄に分布する植物なので、身近にあるんです。

    昭和初期まではヘンプだって日本人にとって身近だったんですが、取締法が作られ栽培も制限されてしまいました。

    違法とされるTHCと違ってヤクモソウは合法、なので変わらず私たちの周りに存在しています。

    リラックス効果が得られるヤクモソウ、THCリキッドと同じように気化して摂取できます。

    ただこの方法はあまり一般的には使用されておらず、たいていは乾燥させた葉をローリングペーパーやパイプで喫煙したり沸かしてお茶にして飲まれています。

    小さじ1杯から3杯分のヤクモソウをお湯にひたすこと15分、それを飲んでみてください。

    まるでアルコールを摂取したかのように酔っぱらうそう。(人によると思いますが)

    益母草、その名前だけでやさしく効果をもたらしてくれそうな予感です。

    このような漢字が当てられてるのは、婦人科系の疾患に効果をもたらすからです。

    「母を有益にする草」、ヤクモソウはTHC代わりだけでなく月経の調節・血行促進・利尿作用によるむくみとりなどにもおすすめです。

    ゆっくりと効果をもたらす漢方のお薬は、西洋薬のように即効性がない代わりに副作用のリスクも減るのです。

    THCの代用品というとどんな作用があるか心配かもしれませんが、正しく使用するなら問題ありません。

    月経不順・産後のめまい・不正子宮出血・血便下痢などなど、症状を少しでもラクにするためにも試してみてはいかがでしょう。

    ただし、妊娠中は使用しないようにしてください。

    ヒンズー教の世界ではプージャという儀式で、ヤクモソウの花が使われています。

    葉っぱを野菜としてたべる・豚肉と一緒にいためて食卓になんて国も、THCの代用物として考えると恐ろしいイメージのあるヤクモソウですが野に咲くその他の植物と同じように、人々の生活に自然に入りこんでいるんです。

    漢方薬局だと50gで400円程度、金と変わらないお値段のTHCと比べると全然安いです。

    巻きたばこ用のペーパーやフィルターはインターネットで手に入ります。

    更に効果的にするためにも、CBDのパウダーも振りかけて自家製CBDジョイントを作ってみるのがおすすめです。

    ソーセージはセージの葉っぱが入っているからその名がつきました。

    ホワイトセージもセージの一種、こちらはインディアン達に活用されてきたTHCの代用品です。

    CBDと組み合わせることでヤクモソウは、まるでTHCを摂取したかのような「瞑想」状態が得られるといいます。

    ホワイトセージも、気持ちがスッキリする・モチベーションが高まるといった効果があり昔から愛されてきたんです。

    インディアンらは儀式やまじないに用いていました。

    それはスピリチュアル的な浄化作用もあったからこそです。

    こちらも合法、楽天市場とかAmazonのようなところで普通に買うことができます。

    50g入り1600円、やっぱり金よりも安いんです。

    妊娠中、コーヒーが飲めないからとタンポポコーヒーを飲んでは「やっぱり違う」とモヤモヤしてませんでしたか。

    ビールと発泡酒だって違う、繊細な舌を持つ方にとっては代用品はやっぱり代用品でしかないかもしれません。

    THCだからこそのトリップ感が欲しいという方、確かにCBDにホワイトセージ・ヤクモソウを摂取したとしてもハイになる・すっごく楽しくなるといった精神作用はないでしょう。

    それならお酒プラスCBD、やってみませんか。

    実際に海外にはCBDの成分入りのお酒が売られてたりするので、この組みあわせはありです。

    なんだか楽しくなったりふわふわしたり、お酒で十分得られる作用です。

    それがCBDによって倍増されて、日ごろのストレスを忘れて思いっきり楽しめるはずです。

    お酒のみでその状態まで持っていったわけではないので、翌日の二日酔いといった悩みもありません。

    違法のTHCを使わずとも意外とどうにかなるもんです。

     

    お酒に混ぜて使いやすい、飲むタイプもあります

    THCと同じヘンプから採れるCBDは日本でも合法ですよ〜。おすすめはヘンプタッチ社の980円のCBDオイルです。

     

    980円でお試し!飲むCBDはコチラ

     

    CBDオイルをタバコに垂らす方法よりVapeで気化させた方が気軽

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ