THC-Oは日本で売ってる?危ない橋を渡る必要ナシ!

    ドンキホーテって、とにかく何でもありますね。

    ところ狭しと並ぶ商品の数々、とは言え最新グッズ・話題となっているものはすべて置かれてるってのは言いすぎでしょう。

    少なくともヘンプ製品はCBD製品がある程度、しかもグミやリキッドといったごくごく一部だけです。

    CBNにHHC・THC-Oと耳にする機会も増えたはず、いずれもヘンプのカンナビノイド類です。

    CBDオイルやワックスがないのは管理が大変だからってのもありますが、そしてTHCは違法だから置くはずないとしてその他のカンナビノイドたちは、日本での知名度もまだまだだからこそドンキホーテでの取り扱いがないみたいです。

    ドンキにないならスーパーマーケットやドラッグストアにも当然なし、CBNもHHCもTHC-O日本のお店で買うことはできません。

    THC-Oは日本で売ってる?これから買えるかもだけどおすすめしない

    取締法で「ヘンプ=キケン」と刷りこまれてるのも原因でしょうが、日本はヘンプ関連に関しては完全に後進国となってます。

    ドンキホーテだって商売、ほとんど知られてなくって購入者がほぼいないこれらをわざわざコーナーを設けて置こうなんて考えるはずはありません。

    ただ、こちらの記事であなたもそれらカンナビノイドの存在を知りましたよね。

    こうして知ってる人・「試してみたいな」と考える人が増えれば、いつかは日本でも当たり前に店頭に並ぶ日はそう遠くはないのかもしれません。

    日本のお店には置かれてないけどインターネットなら買えますよ。

    すぐにも使ってみたいということであれば、覗いてみてください。

    ヘンプ関連製品を取り扱うサイトは多数ありますが、その中でも特に日本人人気の高いベイプマニアなどにはCBNカートリッジが売られてます。

    ただ同じように日本でも合法で最近注目され始めたカンナビノイドですが、THC-OやHHCに関してはちょっと事情が異なるようです。

    これらの成分に関しては、「安全だからぜひぜひ使ってみてください」とは言いがたいのです。

    新しく注目されはじめたばかりで法律が追いついておらず、グレーゾーンにあるだけです。

    今、世界ではヘンプ製品は金になると注目が集まってます。

    カンナビノイド類は次々と研究がなされ、どんどん製品化されて行ってます。

    今のところは合法だけど実はTHC以上にキケンっていう成分も、日本の法律に守られないままに我々の手元に届いてしまうという可能性が十分にあり得るわけです。

    自分のことは自分で守るようにしましょう。

    THCよりも3倍ほども精神に与える作用がすごいのに、すぐに効き目が出てこないからこそ調整がむずかしくてついつい摂取しすぎてしまう、THC-Oはそんな恐ろしい特徴を持っています。

    なのに合法、どれだけ日本のヘンプ対策が遅れてるかおわかり頂けるでしょう。

    ドンキホーテも注目をあつめるものならば何でも手当たり次第に導入してるわけではなし、すでに今の時点でキケンそうだということは分かっていますからTHC-Oは将来的にもドンキの店頭に並ぶ日はこないでしょう。

    そんな恐ろしい成分も出回っているのがインターネットの世界です。

    リキッドにグミ・ティンクチャー、THC-O製品はアメリカでかなりの注目をあつめておりすでにこれらの製品がオンラインにて販売されているのです。

    メルカリやオークション・個人輸入と、日本人が購入する方法はいくらでもあります。

    THCなら税関で止められますが、THC-Oは違法じゃあないのですから日本の方のところにも届いて使用できるのです。

    同じヘンプから抽出されているとは思えないほど、カンナビノイドはそれぞれに違った作用を我々に与えます。

    普段CBDリキッド愛用してる方がCBNリキッドを試してみるということなら、お散歩でいつも歩いてる道とは違う道を歩いてみた・普段のお食事にいつも入れてるのとは違ったスパイスをかけてみた、といった感じで心地よい刺激感や発見があるだけです。

    そう、ヘンプ製品は日常の中でのスパイスのようなもの、無くても困らないけれど使用すればもっと毎日が楽しくなりますよね。

    THC-OやHHCも調味料入れの中に入って食卓に置かれてますから選ぶことはできます。

    ですが刺激が強すぎる、手を出さない方が身のためです。

    もしかしたら「日本で売ってないなら作ってやれ」って考える方もいるかもしれません。

    CBDリキッドにCBDジョイント、いずれも混ぜるだけ・シートで巻くだけと簡単に自分ごのみに作れてコスパもいいです。

    THC-Oも「THCを無水酢酸と硫酸でTHC-Oアセテートに変化させて」、やり方は単純そうですね。

    ただTHCは違法なんだから売られてません。

    「合法なTHC-Oに変えるための材料にするから」なんて言い訳してもダメ、所持してる時点でアウトですよ。

    更には無水酢酸ってのが高可燃性の液体でとってもキケンで、製造には特殊な装置が必要となります。

    作るのもキケンだし使うのもキケン、そんなTHC-Oがどうしても試してみたいというなら止めはしませんが、何かあっても自己責任と思っておいてください。

    CBDでも十分にヘンプの良さは実感できるわけですし、CBNリキッドとかもあるのですからキケンな橋をあえて渡る必要はないのです。

     

    当サイトの人気記事はコチラです→陰部

     

     

    (Visited 125 times, 3 visits today)
     

    ↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓コスパでフルスペクトラムを選ぶなら↓

     

    ➡️ プラスウィードの効果レビュー