THC-Oは「キマる」?安易に手を出さない方がイイよって話

    CBD・CBN、THC、HHC、THCV、そしてTHC-Oといずれもがヘンプから抽出されるカンナビノイドです。

    まだまだこんなもんじゃない、ヘンプのカンナビノイド類は100種類以上もあるのです。

    やっかいなことに、そのそれぞれが違った性質を持っていて健康な毎日にプラスとなってくれるものもあれば、むしろマイナスとなりそうなキケンなものも、だからこそ出てくるたびに日本製品は違法か合法か一つ一つ判断しなけりゃならないわけです。

    なのにそのどれもが研究はまだまだの段階で、カラダにどういった作用をもたらすのかがハッキリとわかっていない。

    カンナビノイド類、とくに精神に作用する可能性のある成分に関しては、とにかくいたちごっこの状態なのです。

    そんな状況ですから「違法か合法なのか」で使う使わないを決めていると、どういったトラブルに巻き込まれるのか。

    THC-Oを含め「キマるキマらない」すなわち精神面にどういった作用がもたらされるかまで、ちゃんと調べてみて欲しいと願っています。。。

    THC-Oは「キマる」?規制対象になるのは時間の問題って話

    名前だけで「きっと大丈夫なはず」「使うのはやめとこう」と決めつけることだってできません。

    たとえば「ビタミンEアセテート」と「THCV」どちらがキケンでどちらが安全かわかりますか?

    「ビタミンEって健康に良さそう」「THCと一文字違いだなんてヤバイ」、そんな決めつけはしてはいけません。

    アメリカではたくさんの若者が亡くなっています。

    THC-OもTHCと一文字違いですね。

    THCVはTHCの4分の1程度の作用がもたらされるだけ。ですから」キマるようなことはなく安全」と日本政府も認めて、フルスペクトラム系の製品に当たり前に入って日本にやってきています。

    ラベルを見て「ギョッ!」とした経験を持つ方、いるでしょう。

    THC-Oも一文字違い、ですがこちらは逆にTHCの3倍もの力を持っているのです。

    確実にキマるもの、と予想できますね。しかも恐ろしいことに作用をもたらすまでにちょこっとタイムラグ長めなんです。

    「試してみたけど全然何ともないじゃん」、そう思っても絶対に「追いTHC-O」はやらないようにしましょう。

    あとから痛い目に合うことになりますよ。

    THC-Oってこんな成分なのに、日本でも今のところは違法になってませんよね。

    ちなみにリキッドで吸引してしまったら命の危険をもたらすビタミンEアセテートも、化粧品とかには普通に入ってるしあの名前ですから、なかなか警戒心持てませんよね。

    一方でTHC-Oだけじゃなく、CBDとかCBN・THCVについてもキマるよなんて記事も出てて、だからこそ更にややこしい。

    こちらに関してはからくりがあります。

    「キマる」の捉え方のちがいです。

    「トリップする・ハイになる」、とか言い方いろいろですが、キマるってどういう状態を指すのでしょう。

    広い目で見ればお酒を飲んで酔っ払ってるのだってキマる、リキッドを吸い込んだ瞬間のキック感をキマると表現する方もいて、人それぞれです。

    警戒すべきは精神活性効果、少なくともCBDにはありません。

     

    そしてTHCにはあり、THC-Oは更にそれ以上ということでくれぐれも気を付けるべしというわけです。

    日本がまだキマるはずのTHC-Oを違法としていないのは、日本での知名度がそれほどではないことも関係しているでしょう。

    CBDに関してはドンキホーテのコーナーもだいぶ充実してきましたね。

    ですが次々と現れる一応合法とされるカンナビノイドたち、そのどれもがリキッドやグミとして商品が日本のお店に並んではないんです。

    何しろ取締法のある日本、警戒心バリバリでヘンプ関連についてはかなり遅れてます。

    CBNにHHC・THC-OにTHCVなどなど、初めて耳にしたという方の方が多いんじゃないでしょうか?

    CBDリキッドなんて「ヘンプから抽出されるものを使ったらキケンなのでは」「キマるんじゃ?」なんて思ってる方、まだいるかもしれませんね。

    合法となっている今がチャンスとばかりに、すでにTHC-Oを使用してみたって方もいるはずです。

    自家製リキッドにCBDジョイントを手作りしたりなんて方も、人によってヘンプとの接し方はさまざまです。

    もっと日常にヘンプを取り入れたい、そう考えるのはすばらしいことです。

    それを可能としてくれるサイトはネット上にさまざまあり、ただ中には金稼ぎこそを目的とする悪徳業者も紛れてたりするので気を付けましょう。

    今、世界ではヘンプ製品が莫大な富をもたらしてくれる注目すべき存在だとされて多くの企業がヘンプ業界への参戦を始めています。

    まだまだ身近とは言えない存在だからこそTHC-Oの脅威から逃れることができている我々日本人のすぐ近くまで、キケンなカンナビノイドは迫っているのです。

    これから様々な製品を目にするようになった時に、日本の法律が追いついているかどうかは、正直疑問です。

    キマるかキマらないか、我々の身体にどういった作用をもたらすかを自分でもちゃんと調べるようにしましょう。

    THC-Oのような合法だけどキケンな存在を遠ざけるためには、自身で動かなければならないのです。

    ちなみに、HHCに関してはようやく最近になって指定薬物となり規制が開始しました。

     

    THC-Oもスグ規制されるのが、目に見えてますね〜。

     

    日本でおそらくイチバン売れてるであろうCBD(プラスウィード)もカンナビノイドです。

    効率良く健康を増進したい方はTHC-Oよりこっちでしょう。

     

    関連記事:

    THC-Oは日本で売ってる?危ない橋を渡る必要ナシ!

     

    (Visited 100 times, 1 visits today)
     

    ↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓コスパでフルスペクトラムを選ぶなら↓

     

    ➡️ プラスウィードの効果レビュー