THCリキッドとは?メリットはあるけれど今の日本では禁止!

    日本で今少しずつ知名度が上がってきているCBD、すでに世界ではヨーロッパやアメリカを中心に多くの企業が参戦しており様々な製品が販売されています。

    CBDグミにリキッド・ワックス、いずれもCBDが配合されグミや液体状に加工されているのです。

    その形状ごとに、使いやすさや摂取して効果が得られるまでの時間・濃度が異なり、好みやライフスタイルに合わせて選び摂れるというわけです。

    海外のものだとCBD製品にTHCが含まれているものもあります。

    THCリキッドとは?メリットはあるけれど今の日本では禁止だから注意!

    CBDにTHC、いずれもヘンプのカンナビノイドの一つです。

    100種類以上あるとされるカンナビノイドをCBDと共に加えることで自然に近い状態となり、相乗効果でより高い効果が得られるのです。

    少量であれば、THCのバッドトリップしてしまうといった負の作用はCBDに打ち消されます。

    海外だとむしろTHCも含めてのフルスペクトラム製品は当たり前です。

    一方で、CBDではなくTHCを主としたリキッドがTHCリキッドです。

    CBDリキッドと同じく電子タバコで気化して吸引することで使用します。

    タバコと言ってもニコチンは入っておらず、肺がんなどのリスクはありません。

    THCリキッドは、カナダやアメリカの専門店では普通にきれいなパッケージに入れられて陳列されています。

    摂取することで味覚や聴覚が研ぎ澄まされるので、普段の食事や音楽でもより豊かに楽しめるといったメリットがあるのです。

    深いリラクゼーション効果もあり、日々のストレスや緊張を忘れて身体を休めることが出来るでしょう。

    CBDリキッドだってリラックス効果や集中力アップといった作用があるのですから、同じくヘンプを原材料とするTHCリキッド、似たような良さがあるのです。

    ただし、日本で使用することは出来ません。

    THCは禁止薬物として法律で定められているのです。

    THCリキッドもCBDリキッドと同じく濃度が様々、中には70パーセントを超えるような高濃度のものもあればほんのわずか入っているだけのことも、そのいずれもが日本において所持していたことがばれたら逮捕されてしまいます。

    日本でもCBDのフルスペクトラム製品は手に入りますが、フルとは名ばかりでTHCはフリー・それ以外のカンナビノイドが配合されているだけです。

    世界で皆が使っていて安全だ・健康効果があると賞賛しているものでさえTHCが入っているからという理由で禁止、かなり厳しく制限されているので注意しなければなりません。

    カナダのショップで購入したTHCリキッド、持ち帰って自宅で使おうと思っても空港で止められてしまうでしょう。

    CBDリキッドにCBDグミ、サプリメント感覚での使用を考えると、手が出ないわけではありませんがちょっとお高めです。

    ただ、CBDならば続けることで日々の医療費や美容費を節約できるのですから決して高すぎる買い物では無いのです。

    でもTHCリキッドを摂取したからといってメリットが得られるのはほんの一瞬、その後は心も体もむしばまれていくばかりです。

    カナダだとTHCリキッドもCBDリキッドと変わらない価格帯で手に入ります。

    一方で日本ではTHCリキッドを売る人物と接触することができたとしても、法外なお値段を請求されることとなるでしょう。

    需要と供給のバランスで決まる商品のお値段、そもそも日本では公には出回っていないのですから供給量はどうしても少なくなってしまいます。

    どうやら東京で売られているTHCが世界で一番高いよう、持っていると逮捕されてしまうリスクがあるだけでなく財産もあっという間に失われていくというデメリットもあるのです。

    植物から抽出された成分なのに金の相場、需要と供給のバランスが崩れるとここまで金額は上がるのです。

    健康効果が得られるわけではなくむしろ逆です。

    もしも逮捕されたら社会的信用も失うことに、そんなものに無駄にお金をつぎ込む必要はありません。

    ちなみに北海道に行くと自生するヘンプを目にすることもできますが、わずか1パーセント以下の含有量しかないのです。

    それを加工してTHCを抽出させてTHCリキッドを作ったところで労力のわりに得られるものはほとんどなし、怪しげな行動は警察にも目を付けられます。

    絶対にやめておくべきです。

    原材料は同じくヘンプ、ですがTHCリキッドは花冠や葉から抽出し凝縮させました。

    CBDリキッドは茎や種子、抽出箇所が異なるだけで違法と合法に別れるのです。

    素人が見た目だけで判断することは不可能です。

    CBDリキッドとラベルに書かれていながら中にTHCの成分が入っているようなものもあり、どこで接触することとなるか分からないのです。

    合法の国もあり、THCだって品質の良いものを正しく使用すればそれほど害を成すことはありません。

    タバコやお酒だって、健康や精神面に大きな影響を与えることもあるものの日本で禁止まではされていません。

    メリットの一方でデメリットがあることを知って賢い消費者となるべきです。

    THCリキッドに関しては、メリットはあるけれど今の日本では禁止されていることを分かっておくこと、使いたかったらカナダなど旅行に行った時に摂取してみてはいかがでしょう。

     

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ