THCリキッドのワット数は?PGかMCTオイルベースで違ってくる

    THCリキッドは電子タバコを使用します。

    火をつけてふかすだけのニコチンタバコと違って、電子機器なんです。

    ワット数の調整も可能、それではどれくらいのワット数が最適なのでしょう。

    調整することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

    もちろんTHCリキッドは日本だと違法、CBDリキッドを使用する際の参考としてください。

    調整可能な製品もある一方でそれが難しいものも、ワット数を変えられないならベイプリキッドとTHCリキッドで別々のものを用意しましょう。

    ベイプリキッドについて調べてるとよく出てくるのが「爆煙」というキーワード、たっぷりのミストを吐き出す吸い方こそが好まれます。

    ただ、それだとせっかくのTHCの成分が空気中にどんどん放出されることとなり勿体ないんです。

    東京だと金と同じくらい高価なTHCリキッド、無駄にはしたくありません。

    そこでワット数調整を、ミストの量を変えることができるんです。

    数値が大きいほど強いエネルギーが発生するので、ミスト量が多くなります。

    熱に弱いTHC、高熱で温めると成分が変わって効果が得られにくくなるといったデメリットもあり、出来るだけミスト量は少なく設定した方が良さそうです。

    ちなみに、爆煙はリキッドに含まれてる香料も飛んでしまってます。

    ゆっくりと複雑な味を楽しみたいなら低ワット数、THCリキッドに限らずベイプリキッドもおんなじです。

    ミストの量を増やしたら一瓶があっという間に無くなる、次々と消費してほしいというメーカー側の思惑なのでしょうか。

    まんまと踊らされてたなんて、たくさんある中から正しい情報を精査できる賢い消費者となることです。

    一気に煙を吸い込むとむせやすくなります。

    肺に溜めて吸収するTHCリキッド、すぐにすべて吐き出してしまわないようにするためにもワット数には要注意です。

    THCリキッドのワット数は?PGは20〜30W、MCTオイルベースは7W前後

    それでは本題、THCリキッドを吸うのにどれくらいのワット数が最適なのでしょうか。

    基本的には、MOD別に異なるものの7から30Wくらいがおすすめです。

    テクニカルMODならば20から30Wにしてください。

    20がよいか30かは人それぞれ、10Wとほんのわずかの差でも30はむせて吸えないという方もいます。

    逆に20だと物足りないということも、CBDリキッドにTHCリキッドと適量を自身で探ったはずです。

    同じように自分に合ったワット数も自分で見つけるしかありません。

    ペン型MODは交換コイルの抵抗値でワット数を変えていくこととなります。

    POD型MODはワット数の調整が不可能、抵抗値が異なる製品も少ないです。

    とりあえず、定格電圧出力・抵抗値から算出するしかないんです。

    THCの粉末・あるいは結晶を液体に溶かしたものがTHCリキッドです。

    ここで使われてる液体、PG(プロピレングリコール)ならば20Wから30Wでの設定が最適です。

    ただMCTオイルベースの場合、PG以上に気化しやすいといった特徴を持っているのでより低ワット数でないとどんどんミスト化されてしまいます。

    こちらは7W前後での設定にするのです。

    もしも高いワット数のままで使おうと思っても無理な場合も、THC量が多い高濃度のTHCリキッドとなっているかもしれないからです。

    むせる以外にのどの奥がひりひりする・やけどのような刺激感がするという時にも調整が合ってない証拠です。

    CBDリキッドは喉にツライ?むせる原因と対処法

    できるだけ低ワット数から、慣れてくる中で少しずつ設定を上げていき自分にピッタリを見つけ出すんです。

    ワット数の調整が可能な機種なのであれば、ベイプリキッド用とされてるものを使っても構いません。

    ベイプ用のテクニカルMODの場合、75Wまで出せるもの・中には300WtoハイパワーのMODだってあるんです。

    それだけの最大出力を持ちながら実際には半分以下の力で運用するのです。

    安全性が高まるだけです。

    制御用基板が付いてないメカニカルチューブMODの使用は不向き、こちらこそ爆煙のための製品です。

    高抵抗での運用は危険、生半可の知識で手軽に使える代物ではありません。

    電子タバコは、その他にもコイル抵抗値やモード設定の変更も可能です。

    ただスパスパ吸ってればいいだけでなく自身に合わせて調整、それが面倒でもあり奥深さにはまる方もいるんでしょう。

    とはいえそれはベイプリキッド・あるいはCBDリキッドを使用する際にのみ行ってください。

    THCリキッドには関わらない事が身のためです。

    有名芸能人が逮捕されるニュースもお馴染み、その恐ろしさは日本人なら誰もが知っているでしょう。

    ちょっとした好奇心が、身を滅ぼすこととなるのです。

    ところで、ワット数を低く温度も低くと頑張っているでしょうがTHCリキッドは気化してミストを吸い込むことで効果を得るんです。

    気化する沸点・燃焼温度から考えて、200度前後まで温める必要はあります。

    CBD単一・THC単一・フルスペクトラム系とそれぞれに最適温度が違ってくるため、その点にも注意です。

    そうして出てきたミストはしっかりと肺から吸収すること、ワット数も低く煙もわずかでも吸い方がへたくそで上手く取り込めてないという方、結構います。

     

    THCリキッドの吸い方・吸いこむ前に5秒ほど息をはいておく!

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ