THCリキッドのヴェポライザー・目的が違うとおすすめの機種も違う

日本では入手困難なTHCリキッド、なんとか手にいれることができたならその相棒として力を発揮してくれるヴェポライザーをえらばなければなりません。

そのリキッドはTHCオイルのように飲むわけではないんだから、過熱して気化してやらないと体内に取りいれられないんです。

今回はヴェポライザーに焦点をあてて見ていくこととします。

ヴェポライザーは3つのパーツから構成されてます。

バッテリー・コイル・アトマイザー、これらのうちどれか1つでもそろってなければ使用できないのでどれも要チェックです。

熱を起こすのがバッテリー部分、USBケーブルなどで充電して使用します。

その熱をリキッドに受けわたす役割を持つのがコイルとなります。

そして、THCリキッドはアトマイザーに入れられてるのです。

これらの3つの用語とその意味さえ知っていればもう、ヴェポライザーは制したと言ってよいでしょう。

とにかくいろんな種類があるヴェポライザーですが、なにしろTHCは日本では違法となってるわけで「THC専用・THCリキッドを使うのにおすすめ」なんてうたい文句が見られるはずもありません。

同じようにヘンプを由来とするCBD専用のもの・CBDリキッドにおすすめだよという製品をチェックしてください。

注意しなければいけないのは、ベイプリキッド用は避けることです。

あちらは香りを楽しむだけ、そしてCBDやTHCリキッドはその成分を体内にしっかりいれられるものじゃないと意味がありません。

目的が違う以上はヴェポライザーのおすすめ機種もちがってくるんです。

THCリキッドのヴェポライザー・目的が違うとおすすめの機種も違う

液体タイプのTHCリキッドではなく固形のワックスを使うためのヴェポライザーもあり、アトマイザーに入れる形状が何かも確認しておかないと、せっかくの良い効果が十分に発揮できなくなりますよ。

というわけで、ぜひぜひCBDリキッドにもTHCリキッドにもおすすめというヴェポライザーを具体的にご紹介していくことにします。

1つはAIRIS TECH社のairisVertex、2000円ちょっととお値段お手頃です。

リキッド用の製品ながらワックス用のアトマイザーを購入すればワックスだって楽しめる、マルチにかつやくしてくれるのもありがたいです。

しっかりした造りで、安いからすぐこわれてしまうなんて心配もありません。

逆にワックス用が標準仕様、でもアトマイザーさえ買ってくればTHCリキッドだって使用できるというのがairisQuaserです。

1つ目のものよりはお値段が高くはなるものの、CBDMANiAにて購入することで20パーセントオフクーポンも使えます。

こちらのサイト、品質の良い製品が多数手にはいると正にマニアに人気です。

残念ながらTHC製品はありませんが、ヴェポライザー関連のお買い物にいいでしょう。

そもそもTHCは日本での使用はNGなんですから、リラックス効果がほしい・食欲がなくてという時にはまずCBDリキッドを買ってためしてみることです。

リキッドも高濃度リキッドもワックスも、airisトリプルなら3つの機能付きです。

お値段は高め、でも別売りアトマイザーをわざわざ買うよりはお得だし手間もはぶけます。

と、これだけ紹介してなんですがヴェポライザーがちがったからといってTHCリキッドの効果にそこまで大きな差がつくことはないでしょう。

というか素人にはわからない、温度が低すぎたら気化しないけど高すぎる温度でガンガン煙をあげているとどんどん良い成分が空気中ににげていってしまいます。

それにTHCの成分が破壊されて効果がなくなる、なので温度調整できることは必須です。

素人が無茶な改造をして爆発事故だって起きてるので、むやみにいじらないようにしましょう。

当たり前の注意点を気にかけておけば、ぶっちゃけ何でもいいんです。

ヴェポライザーがいっぱいあってまようという方、お値段と見ためのかっこよさできめてください。

法に違反するTHCリキッドを使ってワルぶってるのに、めっちゃださいヴェポライザーだと締まりません。

自分にとってのいいなとデザインのものをピックアップして、あとは予算として考えてるよりも高いものをはじいていく。

一度買ったら長く使うのだからヴェポライザーの費用がプラスされるのは初回だけ、でもめちゃくちゃ高いTHCリキッドを買うためにも節約できるところはしておきましょう。

相方とはいえヴェポライザーはあくまでわき役、主役はTHCリキッドです。

CBDMANiAの20パーセントオフクーポンのように、お得に購入できる裏技は探せばあります。

これらを活用してかしこくお買いものするんです。

ヴェポライザーにだって粗悪品はあり、電化製品ですから安全性にも十分に気を配らなければなりません。

THCリキッドもヴェポライザーもこだわるべき第1ポイントは品質、ヴェポライザーの人気度ランキングもあるので、上位にあがるものをえらぶことです。

THCリキッドを買ってきたのに実はワックス専用だったなんてうっかりにも注意、せっかく手にいれたんですからすぐにも使いたいものです。

何でもOKのairisトリプルならと思われてるかもしれませんが、こちらは1.0ml用アトマイザーは使えないというトラップがあります。

あ、THCリキッドは手を出したらダメですよ〜!

 

関連記事:

ドンキのヴェポライザー

 

 

(Visited 262 times, 1 visits today)
 

↓最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓